カフェモカとモカコーヒーのモカってどういう意味?特徴などを解説

コーヒーについて知りたい人

モカコーヒーとカフェモカの違いについて知りたいです。

チョコレート風味の甘いコーヒーにカフェモカがありますがモカコーヒーというものもあると聞きました。

モカとはどういう意味ですか?カフェモカにはチョコレートが入っていますがチョコレートの意味なのですか?

それぞれの特徴や由来などを教えてください。

Name

こういった疑問に答えます。意外と知らない人も多いですよね、私も初めは迷っちゃいました

本記事の内容

モカコーヒーやカフェモカの「モカ」は甘いってこと?

モカコーヒーとカフェモカの特徴や由来を紹介

 

 

モカコーヒーやカフェモカの「モカ」は甘いってこと?

モカコーヒーとカフェモカの違い、説明できますか?

なんとなく別物で、間違って注文してしまうと残念なことになるって程度にわかっているかたが多いと思います。

結論から言ってしまうと

  • カフェモカはご存知の通りチョコレート風味のコーヒードリンクで、モカはチョコレート風のという意味。
  • モカコーヒーの「モカ」は地名からきている。

では、深掘りして説明していきたいと思います。

 

モカコーヒーとカフェモカの「モカ」に関連性はあるんです。

モカコーヒーとカフェモカのモカは同じ言葉ですが、指す意味は異なります。

しかし、関連していないかといえばそうではないんです。

むしろ、関連性があるネーミングなんですよ。

 

モカコーヒーのモカは地名から来ているもので、カフェモカのモカはチョコレート風味の意味を指します。

モカという言葉のルーツはモカコーヒーのモカという地名、カフェモカのモカはチョコレート風味という意味ですが、これはモカコーヒーがチョコレート風味であったことから来ています。

 

モカコーヒーにカカオ(チョコレート)っぽさがあったので、インスパイアされたのがカフェモカと言われています。

 

飲み比べてみると全然違う飲み物なのですが、カフェモカはモカコーヒーに似せてつくられたというのは驚きではないでしょうか。

ちなみに私はモカコーヒーからチョコレート風味を感じることはできませんでした。

もし、モカコーヒーを飲む機会があれば、チョコレートっぽさがあるか思い出してみてください。

 

モカコーヒーとカフェモカの特徴や由来を紹介

2つの「モカ」の違いや共通点についてはご紹介しました。

せっかくですので、モカコーヒーとカフェモカの特徴や由来についても説明させてください。

 

モカコーヒーの特徴と由来

モカコーヒーはイエメンの「モカ」という港の名前から来ています。

モカは商業目的のコーヒー輸出が初め確立された地域。

イエメンはコーヒーが世界に伝播するはるか昔からコーヒー栽培が行われていた歴史のある地域なんです。

港町モカではイエメン産のコーヒーとエチオピア産のコーヒーが輸出されていたため、これらのコーヒーをモカコーヒーと今では呼んでいます。

 

モカコーヒーの味わいですが、チョコレートのような香りやフルーツのような酸味といわれいます。

チョコレート風味と言われるだけあって、甘味を感じられるとも言われるのと嫌な酸味ではなく爽やかな酸味が楽しめます。

 

また、イエメンのコーヒー生産方法は800年間変わっていないと言われており、昔の人が飲んでいたものと同じ味わいを楽しむことできるんです。

 

カフェモカの特徴と由来

カフェモカはコーヒー(エスプレッソ)にチョコレートシロップやココアなどを加えた飲み物です。

アメリカで生まれたのですが、イタリア風にするため、エスプレッソを使用しているのが特徴。

チェーン店の普及や、甘くて飲みやすいことからモカコーヒーよりカフェモカの方が有名ですよね。

 

カフェモカの「モカ」はそもそもモカコーヒーがチョコレートに似た風味があって、モカコーヒーの感じに(チョコレートを感じられるような)近づけようと作られたものであるため、「モカ」を持ってきていると言われています。

 

ちなみにカフェモカといえば各チェーン店では生クリームを載せてくれますが、あれはカフェモカの必要条件ではないです。

デザートドリンクとしての美味しいコーヒーを追求したところ、今の形に至ったと考えられます。

 

モカコーヒーが地名から来ているのに対し、カフェモカはカカオ(チョコレート風)という意味でした。

 

おまけ:第三のモカコーヒー?

イタリアにはモカエキスプレスというコーヒー抽出器具があり、こちらで淹れたコーヒーもモカコーヒーと呼ばれます。

 

モカエキスプレスは日本ではマキネッタと呼ばれる直火式エスプレッソ抽出器具のこと。

つまり、モカエキスプレスを使って淹れるコーヒーはエスプレッソということです。

このモカエキスプレスですが、日本ではあまり見慣れないと思いますが、イタリアではどの家庭にもあるコーヒーメーカーらしいです。

もちろんエスプレッソですので、前述した2つの「モカ」とは関係なしです。

 

本記事のまとめ

本記事について最後にまとめました。

確認用にどうそ。

モカコーヒーとカフェモカの「モカ」別々の意味である。

モカコーヒーの「モカ」は昔の地名から由来、一方カフェモカの「モカ」はモカコーヒーがチョコレートっぽさがあると言われていて、モカコーヒー=チョコレートとなり、モカコーヒーからとっていると言われています。

イタリアではエスプレッソのことをモカコーヒー言うことがありますが、前述のモカコーヒーとは関係ありません。

これでモカコーヒーとカフェモカを間違えずにすみそうです。

モカの意味もわかってよかったです。

関係なさそうで意外と関係のあるネーミングなんですよね。

 

この記事を読んだ方の参考になれば幸いです。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。

\21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします