コーヒーとお茶のカフェイン量を比較、少ないのは?多いのは?

カフェインについて知りたい人
眠気覚ましのためにカフェインを取りたいけれど、コーヒーと緑茶、どっちがおすすめか知りたい。カフェイン摂取にあたって、メリットやデメリットも把握しておきたいです。
バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

この記事を読んでわかること

お茶とコーヒーのカフェイン量と摂取におすすめはどちらかがわかる。
カフェイン摂取のメリット・デメリット・一日の摂取量上限目安がわかる。

お茶とコーヒーのカフェイン量を比べて、少ないのは・眠気覚ましにいいのは?

勉強や仕事中など、睡魔が襲ってくるときの頼れる相棒がカフェインなのではないでしょうか。

カフェイン摂取といえば、お茶・コーヒー・エナジードリンクなどがありますが、今回はお茶とコーヒーにフォーカスしてどちらがより作業などに向いているか見ていきます。

 

そもそもカフェインとは

カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である[10]。wiki参照

ちょっと科学的で意味がわかりにくいですが、要するに薬の一つってことになりますね。

カフェインが含まれているものについては以下の通り。

カフェインは初めて単離されたコーヒーの原料のコーヒーノキ以外にも、チャノキやマテやカカオやガラナなどにも含まれている。したがって、これらから作られた飲食物、例えば、各種コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、マテ茶、ココアなどの飲料や、チョコレートなどの加工食品にもカフェインは含まれる。wiki参照

wikiにあるようにコーヒーやお茶の原料になるコーヒーの実や茶の葉に含まれている自然由来の成分ということです。

だから、お茶やコーヒーにものは自然由来、エナジードリンクなんかのは科学的に添加させていることになります。

では、お茶とコーヒーどちらがカフェイン量がおおいのでしょうか。

 

各種お茶とコーヒーのカフェイン量比較

お茶とコーヒーのカフェイン量を比較してみました。

    • レギュラーコーヒー 60mg
    • インスタントコーヒー 57mg
    • 玉露 160
    • 紅茶 30
    • 煎茶 20
    • ほうじ茶20
    • 烏龍茶 20
    • 市販のペットボトルのお茶は平均11 10~14くらいまで

ダントツで玉露がカフェイン量が多く、ついでレギュラーコーヒー(ドリップしたコーヒー)となりました。

コーヒーに関してはエスプレッソでは、100mlあたりの豆の使用量が多いので更に高くなります。

データ参考先

日本食品標準成分表2015年度版

国民生活センター ペットボトル入りお茶のカフェインはどれくらい

 

眠気覚ましなどの頭を活性化させたいならコーヒーがおすすめです。

では、眠気覚ましや作業に集中したいときのお供に適切なのはお茶かコーヒーどちらでしょうか。

好みを抜きにすれば、コーヒーの方が作業のお供には優れているといえます。

 

カフェインの量が一番多いのは玉露ですが、高級品で気軽に飲める方は限られていますよね。

それに比べて、コーヒーはレギュラーコーヒーだけではなく、手頃なインスタントでも十分な量の摂取が可能です。

 

値段とカフェイン量のコストパフォーマンスに優れていますよね。

 

なお、エスプレッソなどコーヒーでもいわゆる濃いものであればカフェインの摂取量はあがることになります。

コーヒーの場合、豆の量(インスタントの場合は粉の量)を減らして、お湯の量を増やせばカフェイン量を気軽にコントロールできます。

ちょっと頑張りたいときは粉の量を増やしてみたり、寝れなくなりそうだなと思うときは、いつもの半分の粉の量で飲むことができるのも便利なポイント。

眠気覚ましや作業のお供にカフェインを摂取したい場合はコーヒーがベストということになります。

 

カフェイン摂取のメリット・デメリットと一日の摂取量について

作業のお供に心強いコーヒーなどのカフェイン飲料ですが、どのようなメリットとデメリットがあるのか紹介します。

また、海外では一日の摂取量が目安として決められていますので、摂取しすぎのないようみなさん自身で意識してつきあっていくことが大切です。

 

カフェイン摂取のメリット・デメリット

カフェイン摂取のメリットは、眠気が収まる・集中力が上がる・運動能力の向上が挙げられます。

これらは、カフェインが中枢神経に作用することで、眠気を阻害し、アドレナリンの分泌が促進されるため起こる現象です。

カフェインのデメリットとしては、副作用として不眠、めまいなどが挙げられます。

また、デメリットとは言い切れませんが、利尿効果もあります。

副作用はその人個人差が大きいので、もし該当する方は避けるのが無難でしょう。

 

 

とりすぎに注意!カフェイン1日の摂取量とは

カフェインのとりすぎ(エナジードリンクの飲み過ぎで、亡くなった方がいるというニュースもありました。)による健康阻害は厚生労働省も注意喚起しています。

カフェインは摂取しやすく、便利なものですが、とりすぎは健康を阻害する可能性がありますので、十分気をつけましょう。

参考までに、海外の1日のカフェイン摂取上限をご紹介します。

 

世界保健機関(WHO)2001(平成13)年に公表した「Healthy Eating during Pregnancy and Breastfeeding (BookletFor Mothers)2001」において、

カフェインの胎児への影響についてはまだ確定していないが、妊婦はコーヒーの摂取量を一日3~4杯までにすべき」とされています。

 

英国食品基準庁(FSA)新たな助言においては、妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を200 mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)、に制限するよう求めています。また、高濃度のカフェインは自然流産を引き起こす可能性があることを示す証拠があるとしています。

 

カナダ保健省 (HC)・健康な成人は最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)までとする。

・カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300 mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

 

大人であれば、1日マグカップ3杯程度、子供や妊娠している方などは2杯程度までにコーヒーの摂取は抑えておいたほうが良いでしょう。

常にコーヒーを飲んでいるような生活ではなく、メリハリをつけてカフェインを利用したいところですね。

 

コーヒーが習慣になっている方はカフェインレスも検討してみては?

UCC おいしいカフェインレスコーヒー ドリップコーヒー(50杯分)

 

本記事のまとめ

最後にお茶とコーヒーのカフェイン量および摂取についてまとめます。

カフェイン量については、ダントツで玉露がカフェイン量が多く、ついでレギュラーコーヒー(ドリップしたコーヒー)となりました。

煎茶などはコーヒーの3分の1程度です。

コーヒーに関してはエスプレッソでは、100mlあたりの豆の使用量が多いので更に高くなります。

このことから眠気覚ましや作業に集中したいときのお供に適切なのはどちらかというとコーヒーになります。

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします