ドルチェグストでおうちスタバ!人気ランキングとセットで紹介

スタバユーザー
自宅でもスタバのような美味しいコーヒーが飲みたいです。
再現する方法などはありますか?

 

バリスタネコ
自宅でスタバを楽しむ方法があるのでこのページでご紹介します。
この記事を読んでわかること
  • 自宅でスタバのコーヒーを味わう方法を紹介
  • 自宅でスタバのメリットとは
  • ドルチェグスト・ネスプレッソのスタバカプセルのおすすめランキング

自宅でスタバのコーヒーを味わう方法を紹介

おうちでスタバを味わう方法はオリジナルメニューを含めるといくつかあるようですが、一番確実なのはドルチェグストやネスプレッソのスターバックスカプセルを利用することです。
スターバックス公式で出している商品ですので一番味わいが近くまた、簡単で安価におうちでスタバが楽しめます。
本記事ではドルチェグストのスターバックスカプセルについてメリットやおすすめランキングを解説していきます。

ドルチェグストにはスターバックス味のカプセルがある

ネスレ社から販売されているカプセル式コーヒーマシンであるネスカフェドルチェグストには、スターバックス仕様のカプセルがあります。
これは、ネスレがスターバックスより商品の販売権を獲得したことによるもの。
つまり、スターバックス風ではなく、公式にスターバックスのカプセルなのです。
販売権については以下の記事をどうぞ。
参照:日本経済新聞 外部サイトです。
なお同社はブルーボトルコーヒーも買収しているようです。
今後ドルチェグストからブルーボトルコーヒーのカプセルが出てくることもあるかもしれませんね。

エスプレッソ派は”ネスプレッソ”も要チェック

スターバックスのカプセルが出ているのはドルチェグストだけではありません。
ネスプレッソからもスターバックスのカプセルが出ています。
スターバックスはエスプレッソベース系のコーヒー店ですので、ネスプレッソカプセルの方が満足感はあるかもしれません。
ちなみに単価が少々高いです。
詳しくは下記の記事で解説しています。

自宅でスタバのメリットを解説

スタバのコーヒーを自宅で飲み、おうちでスタバ体験をすることは大きなメリットがあります。
もちろん店舗でなければなしえない部分もありますが・・・
おうちスタバのメリットは次の2つになります。
  • 時間を有効活用できる。
  • ラテマネーを削減できる。
それぞれ解説していきます。

時間だけは人類平等という話

美味しいコーヒーが飲みたいと思ったときについついカフェに行ってしまう方って多いですよね。
家の隣にカフェがある方はさておき、やはりカフェに行くためにそれなりに時間を使うことになるでしょう。
混んでいることも多いですしね。
しかし、自宅で美味しいコーヒーを簡単に時間をかけず味わうことができたら、時間と労力を削減することができます。
時間は皆平等に与えられています。
やることに溢れている時代ですから、少しでも無駄な時間(カフェに並んでる時間や移動時間)を節約することができるのは大きなメリットでしょう。

ラテマネーは悪習?

ラテマネー(ラテマネーの法則)という言葉はご存じですか?
毎日ついつい使ってしまう少額のお金のことを指します。
例えば、コンビニでの買い物やATM手数料など・・・これらを総称した言葉です。
ラテマネーのようなついつい使っているお金を長い期間で考えるととても大きな額になっていることが多いのというのがラテマネーの法則です。
一般的には意識して減らす方が良いとされています。
そしてこのラテマネーの語源がスターバックスラテと言われています。
スタバのコーヒーが好きだけど、少しでも安く済ませたいな・・・と考えているのであればドルチェグストはピッタリです。
1杯100円程度で飲むことができるのでお財布にも優しいんです。

空間が好きなら店舗に行くしかない

時間とお金の面でおうちでスタバを推奨してきましたが、もちろん店舗には空間という大きなメリットがあります。
スターバックス店舗(他のカフェ含む)でしか味わえない雰囲気というものもありますし、また、スタバでしか味わえない飲み物もあります。
結局のところ使い分けるのがベストなのですが、美味しいコーヒーは店舗に行かなければいけないという点に、一石投じるものであることは間違いないでしょう。
では次にどのカプセルがおすすめなのか見ていきましょう。

ドルチェグスト・ネスプレッソのスタバカプセルのおすすめランキング

ドルチェグストのスターバックスシリーズのカプセルは全8種類出ています。
ブラックコーヒーとミルク系と分けて紹介していきます。

ブラック部門4位:コロンビア

ナッツを感じさせる味わいが特徴の1杯
  • コーヒーの量 30ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 81円
  • 12個入り / 12杯分
シングルオリジンのエスプレッソ。すっきりとしたバランスがとれたナッツを感じさせる味わい。
メモリ1(30ml)で淹れるためいわゆるエスプレッソになります。レギュラーコーヒーと間違えるとちょっと残念なことに。
ネスプレッソと価格が変わらないので、エスプレッソはネスプレッソの方が美味しいです。
購入者の声
カスタマーさん

評価: 3.5ドルチェグストとネスプレッソ両方持っていますが、エスプレッソとして30ml抽出で飲むなら、ネスプレッソのカプセルの方が美味しいと思います。

ブラック部門3位:パイクプレイスロースト

スターバックス創業の地の名前を冠した象徴的なブレンドです。
  • コーヒーの量 140ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 81円
  • 12個入り / 12杯分
カカオや炒ったナッツのような風味がほのかに香るバランスのとれた親しみやすい味わい。
抽出サイズはルンゴサイズとなっており、若干少なめです。
個人的にはドルチェグストにはどうしてもマグカップサイズを求めてしまいます。

ブラック部門2位:ライトノートブレンド

黄色いパッケージのカプセルがライトノートブレンドです。
やわらかく穏やかな味わいが特徴。
  • コーヒーの量 220ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 81円
  • 12個入り / 12杯分
 ラテンアメリカのコーヒー農園で飲まれているような、軽い焙煎のコーヒー。やわらかく穏やかな味わい。
焙煎度合いが他のスターバックスシリーズと比較すると浅めになっているため、あっさりとした感じです。
マグカップサイズで飲みやすく、すっきりとしたコーヒーです。
購入者の声
カスタマーさん

評価: 4.5わざわざスタバに行かなくとも家で楽しめて味もお墨付き。美味しいです。スーパーでも手に入るようですが、売り切れでなかなか買えません。又リピです。

ブラック部門1位:ハウスブレンド

いきいきとして調和のとれた味わい
  • コーヒーの量 220ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 81円
  • [12個入り / 12杯分
 スターバックス®の原点ともいえる一杯。ナッツとカカオのニュアンスにローストのかすかな甘みが加わった豊かな味わい
スターバックスの定番ブレンド。
ローストが強くスタバ風味とわかるコーヒーになっています。
スタバのコーヒーというならこれでしょう。
マグカップサイズなのでコスパもOK
購入者の口コミ

カスタマーさんの声その①

さすがに美味しいです。
家にこれがあると外で一人でカフェに行くことが減り節約になっています。

カスタマーさんの声その②

一杯あたりのお値段が普通のカプセルと比べてすこしお高めですが、その分おいしいです。
スターバックスに通っている人に黙って出してみたのですが、全く気づきませんでした。
下手な缶コーヒーやコンビニコーヒーよりおいしいので、これらと比較するのであればコスパはいいです。

ミルク系部門4位:カフェラテ

カフェで人気のラテ。毎日飲むのにぴったりの味わいです。
  • コーヒーの量 220ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 81円
  • [12個入り / 12杯分
スターバックス®のお店で人気の味わいが、カプセル1つで楽しめます。豊かでクリーミーな味わい。
カフェラテになります。
ミルク系メニューはちょっと値段が高めなのですが、カフェラテは安価でコスパ良です。
コーヒーはミルク系が良いってかたは試してみて。

ミルク系部門3位:ラテマキアート

まろやかでクリーミーな味わい
  • コーヒーの量 220ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 162円
  • 12個入り / 6杯分
お店で人気の、きめ細かく豊かなおいしさが楽しめます。まろやかでクリーミーな味わい。
スターバックスラテ的なやつです。
次に紹介するカプチーノよりもミルク成分多めとなっております。
どちらを選ぶかはお好みで。
購入者の口コミ

カスタマーさんの声その①

ミルクの泡がたっぷりで自宅で簡単に作れるラテマキアートとしては十分に美味しいと思いました。
材料を見るとミルクカプセルに乳化剤がなくバターオイルを使っているので安心ですし美味しさにも繋がっていると思います。

カスタマーさんの声その②

お店で飲むものよりミルクのコクがないけれど、自宅で簡単にこれだけのものが飲めるので満足です。
コーヒーの香りはスタバっぽい。

ミルク系部門2位:カプチーノ

濃厚でクリーミーな味わい
  • コーヒーの量 220ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 162円
  • 12個入り / 6杯分
 バランスがよくふんわりなめらかなおいしさ。濃厚でクリーミーな味わい。
よりコーヒー感が強い方です。
トッピングでシナモンシュガーなどをかけるとカフェで出てくるような味わいになりますよ。
みんなの意見
購入者の口コミ

カスタマーさんの声その①

スタバ行ってカプチーノを買ってきて飲み比べましたが、個人的見解ですが味的には遜色ない出来だと思います。
店頭で330円ほどのカプチーノがいつでも自宅で半値以下160円で飲めるのは、まぁ良いんじゃないかなと。

カスタマーさんの声その②
スタバシリーズのドルチェグストはどれも美味しいです。特にカプチーノは一番好きです。

ミルク系部門1位:キャラメルマキアート

クラシックキャラメルの味わい
  • コーヒーの量 220ml
  • 980円
  • 1杯あたりの値段 162円
  • 12個入り / 6杯分
お店で人気のメニューの、エスプレッソとミルク、キャラメルのクリーミなハーモニーが楽しめます。クラッシックキャラメルの味わい。
個人的に一番飲んでいるのがこのキャラメルマキアートです。
ほのかにキャラメルの甘みがあり、甘いコーヒーがに飲みたいとき用に常備しています。
キャラメルソースをかけると、写真映えも狙えます。
購入済ユーザーの声
カスタマーさん

評価: 5美味しい。お店に行かずともスタバの味が楽しめる。

特別枠1:抹茶ラテ

なめらかでクリーミーな味わい
 香り高い抹茶の風味とふわふわのミルクの泡が特長です。なめらかでクリーミーな味わい。
コーヒーだけでなく抹茶ラテもあります。
個人的に抹茶は苦手なので、深くは触れられません・・・

特別枠2:スターバックス サクラ ストロベリー ラテ

サクラとストロベリーの華やかで甘みのある味わいが特長の、春の限定フレーバー。
 
2021年春の新作とのことです。
人気商品だったようで、出荷分がすべて完売となっている様子。
こういった季節限定商品が家庭で楽しめるのもメリットですよ。

本記事のまとめ

本記事ではドルチェグストを使えばスターバックスの味が自宅でも楽しめるということについて解説しました。
コスト削減にもなるし、なにより自宅での生活の質が上がるので、スタバ好きの方はおすすめです。
ドルチェグストのスターバックスカプセルについては、次の2種がおすすめです。
ブラックコーヒー:ハウスブレンド・ライトノートブレンド
ミルク系コーヒー:キャラメルマキアート・カプチーノ
ちなみにドルチェグストを利用するなら、マシンを購入するより、マシン無料サービスを利用するのがお得です。
詳しくは下のリンクより公式サイトをチェックしてみてくださいね。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら