ドルチェグストは抽出液が飛び散って汚れるって本当?真相を解説

コーヒーメーカーを探している人

コーヒーマシンを探していてネスカフェドルチェグストを検討中です。

レビューで見たのですが、コーヒーを淹れる際に飛び散って汚れるって本当ですか?

実際に使っている方に聞きたいです。

あと、購入前に知っておいたほうが良いことがあれば教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ドルチェグストの飛び散りレビューの真相を解説

ドルチェグスト購入を考えている方が知っておくべきこと

本記事を書いている私はドルチェグストを使用して3年ほどになります。

実際に使っている経験を元に紹介していますので、購入の際の参考になると思います。

 

 

ドルチェグストって淹れるときに飛び散るって本当?

飛び散りがあるというレビューですが、これは本当です。

なぜなら、ドルチェグストはきちんと使わないと飛び散ることがあるから。

逆に言えば、きちんと使っていれば飛び散ることはありません。

解説していきます。

 

ドルチェグストは淹れるときに飛び散ってしまう?

ドルチェグストは淹れるときに飛び散りが発生しやすいマシンです。

 

マシンの形状上縦長なため、抽出口とコップの口が離れている場合が多く、抽出時の液跳ねが起こりやすくなっているため。

 

たとえば、こちらの画像だと抽出口から、カップの縁まで数センチほどの空間があります。

 

高いところから水滴を落とせばそりゃ跳ねますよね。

わかりやすいイメージとしては、ファミレスなんかのドリンクバーを想像していただければわかりやすいと思います。

ピークタイムに行くと結構汚れていますよね?

原因は液跳ねや抽出後の液もれまたは抽出が雑になっているって理由ですよね。

実際あそこまでひどくはないですが、液跳ね問題は私も割と最近まで気が付かず跳ねさせてました。

しかし、きちんと使えばコーヒーの飛び散りは防げることがわかりました。

 

ドルチェグストはきちんと使えば飛び散らない

正しい使い方をすれば飛び散ることはほとんどないです。

逆にドルチェグストは正しく使わなければコーヒー液の飛び散りが気になるかもしれません。

 

正しく使えばほとんど飛び散ることがないんですよ。

今回は実際に試してみたので、見てみてください。

 

飛び散る原因はカップをセットする台の高さにあります。

抽出部とカップの縁が離れていれば飛び散ります。

普通に抽出するとこのように飛び跳ねます。

 

しかし、台の高さをきちんと合わせると、飛び散りがなくなります。

 

しかし、カップの大きさによっては高さが中途半端になってしまい、どうしても飛び散りが避けられない場合もあります。

 

ですが、多くの場合でカップをセットする台の高さを調整すれば飛び散りを防ぐことができます。

 

ドルチェグスト購入を考えている方が知っておくべきこと

ドルチェグストを検討する際に飛び跳ね以外にも知っておきたいことをまとめておきましたので、気になる方は参考にどうぞ。

 

ドルチェグストの詳細やメリット、デメリットを確認したい

ドルチェグストは飛び跳ねがあると嫌だなあと考えているならば、他のリスクも考えておきたいですよね。

ドルチェグストの考えられるデメリットについて簡単に紹介しますので、参考にしてみてください。

考えられるデメリットは以下

  • 自分で豆を挽いて淹れるコーヒーには勝てない
  • 給水タンクが洗いにくい
  • 毎回カプセルのゴミが出る
  • 抽出に時間がかかり、複数人分淹れるのには向いていない
  • カプセルの収納に場所をとる、カプセル式なので買い出しが面倒
  • 本体の種類が多く、値段が高い

理由などは別記事で紹介していますので参考にどうぞ。

ドルチェグストのデメリットは?購入前に確認したい7つの注意点

 

また、メリットについても確認しておきましょう。

  • コーヒーを淹れるのが簡単
  • 美味しい
  • 安い(他のコーヒーマシンと比較)
  • カプセルの種類が多い
  • 豆(カプセル)の管理が簡単
  • 後片付けが簡単
  • ドルチェグストはマシン購入不要

理由等はこちらの記事を見てみてください。

ドルチェグストのメリットは?購入前に知っておきたい7つのポイント

以下の記事ではドルチェグストに関して簡単にまとめていますので参考にどうぞ。

一人暮らしのコーヒー好きに超おすすめ、ドルチェグストレビュー

 

本記事のまとめ

この記事ではドルチェグストの抽出時に飛び跳ねで周りが汚れてしまうというレビュー・懸念について触れました。

結果としては以下の通り

飛び跳ねはあるが、きちんと使用できていないケースに限る

カップ台の高さを調整すれば飛び跳ねは防ぐことができる

このような内容でした。

注意点として、使用するカップが小さい場合多少の飛び跳ねがあるかもしれません。

この場合は100均などで売っているコーヒーマシン用のカバーを設置したり、トレーを下に引くなどするれば問題ないかとは思います。

どちらにせよ大げさに不安視するほどの量は飛び跳ねませんのでご安心ください。

コーヒーマシン選びの参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら