ネスカフェバリスタの電気代はいくら?

バリスタがほしい人

ネスカフェバリスタ使用における電気代が知りたいです。

ネスカフェバリスタがほしいのですが、電気代はどれくらいかかるんでしょうか。

あまりお金がかかるようなら諦めようと思っています。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ネスカフェバリスタの電気代について

ネスカフェバリスタのコストについて知っておきたいこと。

 

 

ネスカフェバリスタの電気代について

ネスカフェバリスタは買ったら毎日使うものですから、電気代コストがどれくらいかかるのかは気になりますよね。

調査してみましたので、購入の際の参考にしてみてください。

ちなみに、マシンの種類にかかわらず、消費電力は同じです。

すべてのマシンに適応した数字になっています。

 

1杯あたりの電気代はいくら?

ネスカフェバリスタで淹れるコーヒーの1杯あたりの電気代は0.7円でした。

 

めちゃくちゃ安いですが、これは1杯淹れるのに30秒~1分程度しかかからないため。

 

本体の使用電力は1460Wとドライやー並ですから、電気代も多いのかと思っていましたが、気にならない程度でした。

1ヶ月毎日1杯分使っても20円程度ですから、気にする数字ではないということがわかると思います。

電気代とは直接関係ありませんが、気をつけたい点があります。

本体の使用電力が大きいため、他の家電と併用した際にブレーカーが落ちてしまったり、タコ足配線で接続する場合壊れてしまう可能性があるので気をつけるようにしましょう。

 

ネスカフェバリスタには待機電力もかかる

ネスカフェバリスタを使って、コーヒーを淹れる際にかかる電気代の話をしましたが、バリスタにはコンセントをさしているだけでかかる待機電力代もかかります。

この料金が1日あたり0.3円でした。

 

待機時の消費電力は0.5Wとのことですから、24時間で計算すると0.3円。

 

こちらも1ヶ月使用の場合は10円程度。

合わせても30円なので全く気にならないですね。

 

ネスカフェバリスタのコストについて知っておきたいこと。

コストの面で知っておきたいことを記しておきます。

参考にどうぞ。

 

ネスカフェバリスタの1杯あたりの総コストは?

ネスカフェバリスタの1杯あたりの総コストはコーヒー粉や電気代などすべて合わせてもおおよそ20円程度と言われています。

 

電気代や水代などはほとんどかからないことはわかっていただけたと思います。

つまり、ほとんどがコーヒー粉代。

コーヒー粉の値段は種類によって10円程度の差はありますが、ゴールドブレンドなどでは20円程度ですから、この値段になります。

 

バリスタシリーズにはミルクメニュー(カプチーノやカフェラテ)があるのですが、そちらにすると牛乳代等がありますので、少々高く付きますが、それでも数円程度。

ところで、コンビニでコーヒーを買うと安くても100円程度になります。

喫茶店でコーヒーを飲むと300~500円。

もちろんコンビニや喫茶店はインスタントコーヒーではありませんが、5分の1以下で美味しいコーヒーが飲めるのはメリットではないでしょうか。

 

本記事のまとめ

最後にこの記事についてまとめますので、確認にどうぞ。

ネスカフェバリスタで淹れるコーヒーの1杯あたりの電気代は0.7円

バリスタにはコンセントをさしているだけでかかる待機電力代が1日あたり0.3円でした。

ネスカフェバリスタの1杯あたりの総コストはコーヒー粉や電気代などすべて合わせてもおおよそ20円程度。

本記事が参考になれば幸いです。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスプレッソというマシンなんです。
ネスプレッソなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ネスプレッソはなぜ簡単で美味しいのか?

ネスプレッソは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレ傘下であるネスプレッソ社が、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ネスプレッソは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ネスプレッソは高い?

1杯あたり約80円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると誰でも同じように淹れることができるネスプレッソを検討する余地はあるのではないでしょうか。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ネスプレッソのマシンサイズは

こちらの画像は、私が使っているエッセンサミニです。
本体サイズ:幅11cm x 高さ20.5cm x 奥行32.5cm
重量:約2.3kg
タンク容量:600ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ネスプレッソがおすすめな最大の理由

ネスプレッソは簡単で美味しいのはもちろん、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、コンパクトなマシンも上位機種も今なら100円で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、100円なんてものはないですよね。
マシンを100円手に入れる条件は、コーヒーカプセルやアクセサリーに使えるコインを定期購入するだけ、しかも定期購入額は2日に1杯分程度とかなり割安。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクってやつです。電話1本でいつでも解約可能。
また、解約時はカプセルやアクセサリーをネットで売却すればリスクを抑えることができますから、とりあえず試すというのもありでしょう。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスプレッソ公式サイトはこちら