【2021年版】一番美味しいインスタントコーヒーとは?元コーヒー店員が解説

美味しいインスタントコーヒーを探している人

 一番美味しいインスタントコーヒーが知りたいです。

あと、できれば安く買いたいと考えています。

 

バリスタネコ

こういった疑問にお答えします。

商品リンクは最安値のショップを貼っていますので、参考にしてみてください。

 

この記事の内容

一番美味しいインスタントコーヒーをご紹介します。

インスタントコーヒーを美味しく飲むために知っておきたいことを解説

 

 

一番美味しいインスタントコーヒーはどれ?候補となるのはこの5つ

インスタントコーヒーはおなじみのブランドから聞いたこと無い商品まで星の数ほどあるのをご存知ですか?

そんな中でも本当に美味しい(味にこだわっている)のは一握り。

 

もちろん私もすべてを試したわけではありませんが、美味しいと言われるインスタントコーヒーは数多く試してきました。

その中でも特に美味しいものかつ、レビュー評価も高い。

そんな主観的にも客観的にも好評なインスタントコーヒーを5つ紹介していきます。

 

マウントハーゲン オーガニック フェアトレード インスタントコーヒー

一番美味しいインスタントコーヒーといえば、マウントハーゲンというインスタントコーヒーです。

 

なぜマウントハーゲンのインスタントが一番なのか、それは使っているコーヒー豆にあります。

コーヒー豆は主にロブスタ種とアラビカ種とあるのですが、違いを簡単に紹介するとアラビカ種の方が美味しくて高級です。

現在インスタントコーヒーのほとんどはロブスタ種(または、アラビカ種とロブスタ種のブレンド)であることが多いのですが、マウントハーゲンは100%最高品質のアラビカ種のインスタントコーヒーです。

 

マウント ハーゲン(Mount Hagen)のオーガニックコーヒーは焙煎コーヒーもインスタントコーヒーも、伝統的有機農法で栽培され、手摘みされた極上の高地栽培アラビカ種コーヒー豆のみを使用しています。

公式より引用

 

上にあるように、オーガニックなコーヒーなのでバターコーヒーとして飲んでいる方も多く、健康志向な人らからも人気の商品。

 

1000円程度とちょっとお高いのですが、値段に見合ったクオリティーはあります。

ぜひ安いインスタントコーヒーと比べてみてください。(アマゾンで1100円程度が最安値です。)

ちなみにカフェインレスもあります。(ふたが緑色がカフェインレス)

 

カフェインレスコーヒーについて詳しく知りたい方は下記記事をどうぞ

キャピタル シングルオリジン モカ

次の一番美味しいインスタントコーヒー候補は、キャピタルのシングルオリジンモカというインスタントコーヒーです

マウントハーゲンと同じくらいか、それ以上に美味しいインスタントコーヒーです。

 

こちらのインスタントコーヒーもアラビカ種100%使用。

味わいはインスタントコーヒーの域を超えていると言われるほど、美味しいコーヒーになっています。

モカコーヒーなので割とあっさりめなのですが、香りやコクはしっかりとあるので上質なコーヒーだということが飲めば分かると思います。

マウントハーゲンとは甲乙つけがたいかなと思いますよ。

シングルオリジン インスタントコーヒー モカ 60g瓶入り フリーズドライ

 

モカコーヒーについてはこちらも参考にどうぞ。

 

ネスカフェプレジデント

一番美味しいインスタントコーヒー候補、最後の1つはネスカフェプレジデントです。

ネスカフェのインスタントコーヒーの最上位シリーズがプレジデントという商品。

大統領の名の通り美味しいコーヒーです。

味わいは意外とさっぱりとしているのですが、コクや香りはしっかりとしている印象。

 

インスタントコーヒーといえばネスカフェという方も多いのではないでしょうか。

ネスカフェのインスタントコーヒーの特徴はインスタントの粒の中にコーヒー豆の粒が入っている点。

この製法のせいなのか製品全般香りがとても良いんですよ。

 

さらにネスカフェのインスタントコーヒーはネスカフェバリスタを使うことでさらに美味しく飲むことができます。

お湯に溶くだけなら先に出てきた2種類の方が上と言えますが、バリスタを使っていれることで一番美味しいインスタントコーヒーになりえます。

ネスレ ネスカフェ バリスタフィフティ HPM9634WB

 

ネスカフェプレジデントについてもっと詳しく知りたい方は下記もどうぞ

 

ネスカフェ香味焙煎シリーズ

ネスカフェのインスタントコーヒーで、プレジデントと双璧を担うのが香味焙煎シリーズです。

コーヒー専門店でもめったに出会うことができない、世界中から厳選された個性的で希少な豆を使用

 

香味焙煎シリーズでは、同社の通常のインスタントコーヒーとは異なり、貴重なコーヒー豆を採用しその味わいが際立つようブレンドされたハイラインのインスタントコーヒーです。

バリスタネコ

飲んだ感想ですが、万人受けを狙った味わいというより、個性を際立たせることでコーヒーの特徴を大切にしている印象でした。

ちなみに香味焙煎シリーズは3種類あって、味わいの特徴は次の通りです。

円やかジャガーハニーブレンド(緑)・・・3つの中では一番バランスがとれている

鮮やかアフリカンムーンブレンド(紫)・・・酸味があり苦味は薄い、あっさりした味わい

濃厚ボルガニックブラックブレンド(青)・・・濃さと苦味が印象、濃厚な味わい

コーヒーの苦みや酸味が嫌って方には刺さる味わいですよ。

【ネスレ公式通販】ネスカフェ 香味焙煎40g お試し3種セット【脱 インスタントコーヒー】

 

一番おいしいインスタントコーヒーはこれだ!INIC coffee

おすすめのインスタントコーヒー5つめはINIC coffeeです。

これまで紹介してきたインスタントコーヒーはどれも美味で、甲乙つけがたいのですが一番おいしいと言えるコーヒーを選ぶならこのINIC coffeeを挙げます。

 

「手軽においしいコーヒーが飲みたい」そんな方に届けたい。イニックコーヒーは、たった5秒でまるでドリップしたような、本格コーヒーが楽しめます。

INICcoffee公式より参照

 

これを推す理由ですが、やはりインスタントコーヒーはどうしてもインスタント感・粉感があり、香りはレギュラーコーヒーに劣るのですが、このコーヒーはまるで自分で淹れたような味わいと評判です。

他の4つに比べると高級なインスタントコーヒーになりますが、味わいは価値相応。

1杯あたり100円(amazon参照)ほどしますので、豆からコーヒーを淹れたほうが安いのではないかと思うところもありますが、ご褒美や贈り物などならうってつけでしょう。

 

もしかしたらあまり聞いたことがないかもしれまません。

近所のスーパーなどには置いていないと思いますが、Amazonなどで購入が可能です。

ちょっと高くても簡単にドリップしたようなコーヒーが飲みたいという本格派な方にはおすすめです。

インスタントコーヒーを美味しく飲むために知っておきたいこと

インスタントコーヒーを美味しく飲むために知っておきたい次の2つについて解説してきます。

  • インスタントコーヒーの製法と味の違い
  • インスタントコーヒーを美味しく飲むための正しいれ方

 

インスタントコーヒーってどうやって作られている?

インスタントコーヒーというのは、一度淹れたコーヒーの水分を飛ばしたもののことなんです。

そのため、お湯を入れるだけであっという間にコーヒーが出来るんですよ。

 

基本はこれだけの話なのですが、もう少し掘り下げていきます。

インスタントコーヒーの作り方は大きく2種類あります。

スプレードライ法:高温の乾燥筒の中に、高温のコーヒー液を噴霧して素早く乾燥させる方法。

フリーズドライ法:コーヒー液をマイナス40℃以下で一度凍結させた後に細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方法。

 

スプレードライ法の特徴

 

製品は微粉状となる。

冷たい水にも溶けやすいという利点があり量産性が高いが、製造時の熱によって香味をやや損ないやすい。

味の部分に難があるが量産しやすいため安価なインスタントコーヒーに用いられる

代表的なのは以下の商品

ネスカフェエクセラ(40g)
味の素AGF ブレンディ袋 70g

 

フリーズドライ製法の特徴

製品は2〜3mm程度の大きさで角が尖った粗い粒状。

スプレードライ法のインスタントコーヒーと比べて香味は損なわれにくいが、製造に手間がかかるため、スプレードライ法の製品より価格は高め

今回消化したインスタントコーヒーはもちろん全てフリーズドライ製法のもの。

ちなみにフリーズドライ製法のインスタントコーヒーはおおよそネスカフェバリスタで使用することができるとか。

代表的な商品

AGF マキシムブラックインボックス スティックコーヒーアソート 1箱(2g×50本)

上記から分かるように、インスタントコーヒーは方法は違えど一度ドリップで淹れたコーヒーの水分を飛ばした粉ということです。

そのため基本的にはドリップコーヒーより美味しくなることはあまりありません。

 

自己責任ですが、バリスタを使えば美味しいインスタントコーヒーが飲めます。

 

インスタントコーヒーの美味しい淹れ方

インスタントコーヒーを美味しく淹れることは誰でもできるのですが、多くの方が割と適当に入れてしまっています。

これではもったいないのでインスタントコーヒーも正しく淹れることを意識すると美味しく飲めますよ。

正しい淹れ方は以下の3つを守ってください。

コーヒー粉の量はスプーン1杯(2g)、お湯の量は140ml

お湯の温度は90度

瓶を開けたらなるべく早く使い切る(香りはどんどん飛んでいきます)

 

コーヒーは分量や湯温がとても重要な飲み物です。

苦味や香りは薄くなることで美味しくなくなりますし、濃くなるとエグみとして出てきてしまうので良くないですよね。

お湯の温度は香りに作用しますので適温で、沸騰したお湯をそのまま注ぐのは厳禁ですよ。

また、保存のきくインスタントでも長期保存は厳禁。

開けた瞬間が一番美味しいので、早めに飲み切るよう心がけたいところです。

 

まとめ:いろいろ試してお気に入りの1杯を見つけてみては?

最後に紹介したインスタントコーヒーをまとめます。

本記事で紹介したインスタントコーヒーは次の通り。

インスタントコーヒーは手軽な値段でコーヒーを楽しめるのが魅力です。

きちんとした方法で、美味しいインスタントコーヒーを飲めば、数千円で素敵な毎日を過ごせること間違いなしですよ。

あなたはどのコーヒーに興味がわきましたか?

  • ボタン一つでスタバ・上島珈琲などの本格コーヒーを自宅で再現
  • 1杯あたり80円~とコンビニや缶コーヒーより安価
  • 15,000円相当のマシンが無料で使える

今なら初回1980円キャンペーン中

キューリグ公式サイトで詳細を見てみる