MCTオイルだけコーヒー(バターなし)でもOK?

コーヒー好きのダイエッター

MCTオイルをコーヒーにいれるだけでもダイエット効果はありますか?

バターコーヒーはコスパが悪いので

 

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

MCTをオイルコーヒーだけの完全無欠コーヒーはどうなの?

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)の代替案を紹介します。

 

 

MCTをオイルコーヒーだけの完全無欠コーヒーはどうなの?

完全無欠コーヒー(バターコーヒー)を飲んでダイエットに挑戦しようと考えたときに、グラスフェッドバターの高級食材っぷりは結構ネックに感じるのではないでしょうか。

そうなってくると、MCTオイルだけでもいけないかな・・・?なんて思いますよね。

 

しかし、バターを入れない「MCTオイルコーヒー」ははっきり言ってやめたほうがいいです。

では、その訳と代替案をご紹介していきます。

 

MCTオイルとは?効果を知っておこう

バターコーヒーが完全無欠たる理由はMCTオイルにあると言っても過言ではありません。

そんなMCTオイルの効果は以下のようなものが挙げられます。

  • 空腹を抑えられる
  • 睡眠中に体脂肪の燃焼も助けてくれる。
  • 睡眠の質が改善する(しっかり眠れ、きちんと起きることができる)

などと言われています。

 

詳しくは触れませんが、普通の油よりもエネルギーへの変換効率がよく、脂肪の燃焼を助けてくれる。

それと合わせて、無味無臭と言われていますが油なので腹持ちが良くなる

そんなところがダイエット効果との相性がいいと言われています。

 

もちろん油ですので、カロリーは高く、摂取しすぎると太るのは言うまでもないでしょう。

ここで抑えておきたいのは、完全無欠コーヒーの効果はMCTオイルの効果であるという点です。

こうなるといよいよMCTオイルコーヒーで良いじゃないかとなるわけです。

 

MCTオイルコーヒーのデメリット

MCTオイルだけのコーヒーでも先に紹介した効果は期待できます。

しかし、まずくて続かないです。

まずい。これが一番のデメリットです。

 

本来の完全無欠コーヒーではグラスフェッドバターという高級バターを入れますが、このバターが美味しいコーヒーの元なんです。

オイルだけだと美味しいコーヒーにはなりません。

 

MCTオイルだけのコーヒーは脂っこいコーヒーになります。(油しかいれていないですからね)

そしてこころなしか正規のバターコーヒーよりも重く感じると思います。

 

バターコーヒーを利用したダイエットは毎日継続する必要があります。

毎日おいしいから続けることができるのであって、まずいと続けるのが苦痛ですよね。

結論として、MCTオイルだけのコーヒーはやめたほうが良いと言えるでしょう。

 

バターコーヒー(完全無欠コーヒー)の代替案を紹介します。

「バターコーヒーは高い」・「コスパが悪い」と思うけど試してみたいという方向けに代替案をご紹介いたします。

方法としては次の2つがあります。

ギーを使ってみる

すでに完成したものを使ってみる。

 

ギーを使ってみる方法

グラスフェッドバターの代わりにギーを使用する方法があります。

ギーは牛や山羊のミルクから作るバター。

グラスフェッドバターの代替品で使うことができます。

 

試したことはないので、正確な事は言えませんが、グラスフェッドバターよりは味が劣るそうです。

しかし、1000円ほど安いので代替になりますね。

なお、バターコーヒーの作り方は下記記事で解説していますので、参考に。

 

すでに完成したバターコーヒーを飲用する

おすすめはすでに完成しているバターコーヒーを利用することです。

 

初期投資が安く、手間もかからないというのは最高です。

 

スティックタイプのバターコーヒーが売られているのはご存知ですか。

簡単に淹れることができて、1杯約70円と安価。

満腹感もきちんとあり、味も割と美味なため入門編におすすめ。

これでバターコーヒーを続けようと思ったら手作りするのが続けやすいと思います。

今すぐチャコールコーヒーをチェックしてみる

 

ファミリーマートからは、約200円ほどでバターコーヒーが売られています。

1杯200円は割高ですが、まずは1回試してみたいという方には良いでしょう。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら