【コーヒー初心者向け】おすすめ器具と知っておきたいことまとめ【家でも失敗しない】

家でコーヒーを始めたい人
コーヒー初心者です。
自宅でコーヒーを淹れてみたいのですが、どのような器具をそろえればいいでしょうか。
淹れ方やコツと合わせて教えてください。
バリスタネコ
本記事ではコーヒー初心者さん向けに
自宅でコーヒーをハンドドリップで淹れるために必要なことをご紹介していきます。

本記事の内容

  • ハンドドリップでコーヒーを淹れる際に必要な器具と方法がわかる
  • 知っておきたいコーヒー周りの知識を解説します。

 

 

コーヒーを淹れるために最低限そろえたい器具とは

コーヒーをハンドドリップで淹れるための器具はたくさんありますが、本当に必要な器具は意外と少ないんですよ。
自宅に当たり前にあるだろうお湯や最重要なコーヒー豆を除くと必要なものは以下の4つになります。
  • コーヒードリッパー
  • 細口ケトル(ドリップポッド)
  • ペーパーフィルター
  • はかり
重要性と用途について軽く解説していきます。

最低限揃えたいその1:コーヒードリッパー

ハンドドリップで淹れる際にまず買っていただきたいのがコーヒードリッパーです。
フィルターをセットするものですね。
コーヒーフィルターも勿論最重要です。しかしフィルターはコンビニにでも置いてますので、いつでも買えます。
まずはコーヒードリッパーを買いましょう。
コーヒードリッパーは様々な種類がありますが、形状によってコーヒー液の落ち方が違うというのが主な違いになります。
細かい話ですので、あまり気にしなくていいでしょう。
選ぶのが面倒な方向けに一番メジャーで安価なドリッパーを紹介しておきます。
こちらのタイプは一番使いやすいと思います。
私も利用しています。おすすめですよ。

最低限揃えたいその2:細口ケトル(ドリップポッド)

ハンドドリップでコーヒーを淹れるのであれば細口ケトル(ドリップポッド)も必須品です。
ハンドドリップでコーヒーを淹れる際に重要なのがお湯を注ぐ量です。
電気ケトルややかんでは一気に大量のお湯を注いでしまうので美味しいコーヒーは淹れられません。
美味しいコーヒーを飲むための必需品でもあります。
後述していますが、プロが淹れている動画や喫茶店などでも細口ケトルが使用されているので重要性がわかっていただけると思います。
ちなみに細口ケトルも安く購入することができます。
おすすめは、下記の3つです。
おしゃれで使いやすいアイテムになってます。

最低限揃えたいその3:ペーパーフィルター

コーヒードリッパーを買ったら一緒にフィルターも買っておきましょう。
セットで使うので必需品です。
入の際はドリッパーの形と合ったフィルターを必ず買ってください。
といっても規格はそこまで多くないので、迷うこともないと思います。
ちなみに上で紹介しているドリッパーの場合は下の商品を買ってください。スーパーなどでも置いているので手軽に購入可能です。

最低限揃えたいその4:はかり

最後の必須アイテム、それがはかりです。
豆の量とお湯の量を測るのに使用するアイテムです。
コーヒーを美味しく淹れるポイントがコーヒーの質とお湯の量と粉のバランスです。
美味しいコーヒーを淹れる第一歩は適切な粉の量とお湯の量を図ることなんです。
仮にすでに料理用のはかり(デジタル)がある場合は新規購入不要です。
ない方は買いましょう。
安価に買えてしまいますから。

初心者にまず試してほしいコーヒー豆とは

初心者こそちょっといいコーヒーを使ってみることをおすすめします。
解説していきます。

あえて最初は少し高いコーヒー豆を買ってみませんか

最初はちょっと高めのコーヒー豆(粉)を買ってみることをお勧めします。
これには理由があって、初めにおいしいコーヒーを飲むことで、ハンドドリップで淹れるとおいしいんだなってことをわかっていただきたいからです。
例えば器具をそろえてもあまりおいしくなかったとなってしまうとがっかりですよね。
コーヒーの美味さは豆と淹れ方によるので、まずは良い豆ときちんとした手順で淹れておいしい珈琲を味わってほしいと思います。

ブレンドではなくシングルを買って好きな味も模索する

ちょっと高めのおいしい珈琲を飲んだ後はシングルコーヒーを試してみてください。
シングルというのはブレンドコーヒーの対義語だと思ってください。
ブレンドは様々なコーヒー豆を味のバランスを整えるために文字通りブレンドしていますが、シングルは単一です。
味の個性がはっきり出る形になりますので、ブレンドの方がおいしく飲めることも。
しかし、自分がどんな味のコーヒーがすきなのか発見する機会になります。
好きな味を模索するためにもシングルコーヒーを買ってみてください。

初心者でも簡単に美味しいコーヒーを淹れる方法

器具と豆の話をした後はいよいよ淹れ方についてです。
ここでは、2つについて触れておきます。
  • コーヒーを入れる際のポイント
  • プロによる参考動画を紹介

コーヒーを淹れる際のポイントとは?

コーヒーを入れる際の重要なポイントは量と温度です。
これが重要かつ簡単にできるポイントになります。
まず量についてですが、コーヒーを抽出する際のお湯の量が多すぎると、薄くなるだけでなく本来抽出しないはずのえぐみや雑味なども出てきてしまいます。
適正な量のお湯を注ぐことでコーヒーのおいしさのみを抽出するということです。
コーヒー豆(粉)10gが一人前、お湯の量は140mlほどが適量といえるでしょう。
次にお湯の温度についても同様で、沸騰したお湯を使うと熱すぎて抽出の際にえぐみや雑味・苦味が抽出されるので若干冷まして抽出する方法が一般的です。
温度で言えば90度前後で淹れるのが一番良いとされています。

ハンドドリップで参考になる動画をご紹介します。

まずは、プロのバリスタの動画です。
丁寧に手順が説明されていてわかりやすいです。
次はブルーボトルコーヒー創設者のコーヒーの抽出解説動画です。
はかりを使って機械的に入れているので真似しやすいのではないでしょうか。

コーヒーをより楽しむために持っておきたい器具

コーヒーをハンドドリップで淹れるために最低限必要な道具を紹介しましたが、ほかにもあれば便利なアイテムは複数あります。
一部ですが、簡単に紹介していきます。
便利そうだなと思ったらお手に取ってみるのがおすすめですよ

コーヒーミル

よりおいしいコーヒーを飲むのであればコーヒーミルは必須品です。
コーヒーミルがあればコーヒー豆を購入でき、淹れる直前に挽くことができるので新鮮なコーヒーが楽しめるからです。
コーヒーは鮮度が命、そして豆は一度挽いてしまう(粉末状にする)とものの数時間で鮮度がガタ落ちするもの。
ですからよりおいしいコーヒーを飲むためには飲む前に挽くことが必要不可欠なのです。
クラシックミル#42003/カリタ(Kalita)/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

コーヒー豆保存容器と計量スプーン

鮮度にこだわるならコーヒー豆の保存容器も購入したいところです。
コーヒー豆は挽いた後(粉状)ではすぐに劣化するといいましたが、豆の状態でも徐々に劣化していきます。
空気にさらしていると数日しか持たないものと考えるのが無難です。
そこで、搭乗するのがコーヒー豆の真空保存容器です。
ついでに計量スプーンも買っておきましょう、容器を買えば大体ついてくると思いますが。

コーヒーサーバー

まとめてコーヒーを淹れるような場合にはコーヒーサーバーが便利です。
2杯以上飲みたい場合や家族来客の分も淹れたいときに重宝します。
人数に応じて購入するのがベターでしょう。

コーヒーメーカー

手で淹れている時間がないときに便利なのがコーヒーメーカーです。
ハンドドリップで淹れるとどうしてもつきっきりになりますから、時間と労力がかかります。
忙しい朝などはそれどころじゃないって方も多いはず。
コーヒーメーカーがあれば全自動でやってくれますから、ハンドドリップと使い分けするのが便利でおすすめです。
最近のコーヒーメーカーは洗浄まで豆から挽いてくれたり全自動で洗浄までこなしてくれる優れものが安価に手に入ります。
自宅で古いコーヒーメーカーを使用している方も便利機能つきに買い替えてみては?

様々なフィルターで味の違いを楽しむ

今回は基本的なドリッパー(フィルター)を紹介しましたが、ほかにもたくさんの種類があります。
お勧めなのが金属ドリッパーです。
金属性のフィルターと紙のフィルターの違いはコーヒーの油分抽出の面です。
味の好みはありますが、コーヒーオイルが抽出できる金属フィルターはより濃厚なコーヒーを飲むことができます。
ペーパーフィルターでコーヒーを淹れるのに慣れてきたらアクセントとして使ってみてはいかがでしょうか。
KINTO(キントー) SLOW COFFEE STYLE ステンレスフィルター 4cup [スローコーヒースタイル コーヒーフィルター 金属フィルター エコ 繰り返し使える]

コーヒー初心者向け必要な器具と方法まとめ

最後にまとめですが、コーヒーを淹れることにおいて最も重要なのは新鮮なコーヒー豆を使うことです。
古いコーヒー豆だとプロが淹れてもまずいコーヒーしか淹れられないと言われています。
このことを覚えておいていただけると美味しいコーヒーライフが楽しめると思います。
さて、自宅でハンドドリップを始めるには以下の道具などをそろえましょう。
  • 新鮮なコーヒー豆
  • コーヒードリッパー
  • 細口ケトル(ドリップポッド)
  • ペーパーフィルター
  • はかり
豆が新鮮なら美味しいコーヒーが淹れられますよ。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスプレッソというマシンなんです。
ネスプレッソなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ネスプレッソはなぜ簡単で美味しいのか?

ネスプレッソは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレ傘下であるネスプレッソ社が、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ネスプレッソは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ネスプレッソは高い?

1杯あたり約80円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると誰でも同じように淹れることができるネスプレッソを検討する余地はあるのではないでしょうか。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ネスプレッソのマシンサイズは

こちらの画像は、私が使っているエッセンサミニです。
本体サイズ:幅11cm x 高さ20.5cm x 奥行32.5cm
重量:約2.3kg
タンク容量:600ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ネスプレッソがおすすめな最大の理由

ネスプレッソは簡単で美味しいのはもちろん、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、コンパクトなマシンも上位機種も今なら100円で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、100円なんてものはないですよね。
マシンを100円手に入れる条件は、コーヒーカプセルやアクセサリーに使えるコインを定期購入するだけ、しかも定期購入額は2日に1杯分程度とかなり割安。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクってやつです。電話1本でいつでも解約可能。
また、解約時はカプセルやアクセサリーをネットで売却すればリスクを抑えることができますから、とりあえず試すというのもありでしょう。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスプレッソ公式サイトはこちら