【比較情報】ネスプレッソのミルクフォーマーエアロチーノを検討中の方へ

ネスプレッソ検討中の人
ネスプレッソのミルクフォーマーについて知りたいです。
何種類かあるようなので、比較して検討したいです。
ミルクフォーマーは必要なのでしょうか?

 

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。
この記事を読んでわかること
  • ネスプレッソのミルクフォーマー、エアロチーノについてわかる
  • エアロチーノが必要かどうかわかる。
バリスタネコ
私自身ネスプレッソを3年ほど使っているヘビーユーザーですが、エアロチーノの購入はかなり迷いました
本記事では、情報と代替案なども含めご紹介します。

ネスプレッソのミルクフォーマーエアロチーノとは

ネスプレッソのコーヒーでミルクメニュー(カプチーノやカフェラテなど)を楽しむための別売りミルクフォーマーがエアロチーノというシリーズ。
牛乳を淹れると空気を含んで泡立てることで、もこもこのフォームミルクができます。
※結構泡が激しめなので、ラテアートに使うミルクとは異なります。
それがエアロチーノです。

ネスプレッソエアロチーノ、発売中の2種を比較

ネスプレッソのエアロチーノですが、現在2機種発売されています。
エアロチーノ3とエアロチーノ4になります。
エアロチーノは基本的にコーヒーに入れる牛乳を泡立てる機械です。
それぞれ値段とサイズ・機能がそれぞれ若干ことなりますので、特徴をわかりやすくお届けします。

エアロチーノ3の特徴をざっくり

エアロチーノ3はベーシックなモデルです。
値段が安価な分できることはエアロチーノ4に比べるとちょっと劣ります。
エアロチーノでできることは、次の3つになります。
  • ミルクのあたため
  • ミルクを温めて泡立てる
  • ミルクを温めず(冷たいままで)泡立てる。
劣っているとは言いましたが、実際必要十分な機能はそろっています。
エアロチーノ3はスイッチが一つしかないのですが、長押しや内部の泡立てリングを外したりすることで、機能を使い分ける感じです。
エアロチーノ3の使い方
機能方法
ミルクのあたため泡立てリングを外してスイッチオン
ミルクを温めて泡立てるスイッチオン
ミルクを温めず(冷たいままで)泡立てる。
スイッチオン(長押し)
エアロチーノ3のみカラーが3色あります。
次にエアロチーノ4に行ってみましょう。

エアロチーノ4の特徴もざっくりと

エアロチーノ4はエアロチーノ3の上位互換バージョンです。
値段も多少(2,000円ほど)上がっています。
エアロチーノ4でできることは次の4通りになります。
  • ミルクのあたため
  • コールド・フォームミルク(冷たいまま泡立てる)
  • フォームミルク(泡多め)
  • フォームミルク(泡少な目)
エアロチーノ3よりより細かく泡の好みを探れるようになっています。
また、4種類のメニューそれぞれボタンワンタッチで作れるので、簡単にかつ便利になっているのは純粋な進化です。

エアロチーノは本当に必要なのか

エアロチーノ3とエアロチーノ4について、機能はわかっていただけたと思います。
では実際に購入する必要があるのでしょうか。
購入しようと思う方には蛇足ですが、検討中の方は読み進めてみてください。

エアロチーノはミルク専用(豆乳は泡立てられません)

便利そうに見えるエアロチーノですが、牛乳以外のものはあたためることができません。
たとえば、コーヒーのミルクの代わりに入れる代表的なものは豆乳ではないでしょうか。
スタバなんかでもソイラテ頼む方おおいですよね。
しかし、豆乳はダメです。
質問;牛乳の代わりに豆乳を泡立てられますか
「ラティシマ」シリーズ、および「エアロチーノ」で豆乳はご使用にならないでください。
豆乳には大豆由来の食物繊維が多く含まれ、機械の詰まりの原因となり、故障につながる恐れがあります。
ネスプレッソ公式:よくある質問より参照
豆乳以外にも、アーモンドミルクなんかもありそうですが、使用はできません。
あくまでも、ミルク専用です。
なので言ってしまえば、1万円以上かけてミルクの泡立てをするというわけです。

ネスプレッソでミルクメニューを楽しむ方法は一つじゃない

ネスプレッソのコーヒーでミルクメニューを楽しむ方法はエアロチーノ以外もあるのはご存じですか。
考えられるのは次の2つになります。
  • ラティシマシリーズを使う。
  • ハンディーミルクフォーマーを使う
これらを使うことで、エアロチーノと同等のミルクメニューを楽しむことができますし、手間もほとんど変わりません。
ラティシマシリーズはネスプレッソの本体機能にミルク機能が一体となったマシンです。
一番安価なのがラティシマワンですが、公式価格は30,000円ほどとちょい高めです。
しかし、1タッチでコーヒーと一緒に抽出できるので便利さは上でしょう。
また、ハンディミルクフォーマーを使うことで、ミルクを泡立てることは簡単に行えます。
1,000円程度で購入できますし、清掃も楽。
毎回ミルクメニューという方でなければ個人的にはハンディミルクフォーマーで十分と考えます。

エアロチーノを買うべき人とは。

エアロチーノを購入するべき人は、お金に余裕がある方かミルクメニューで毎回コーヒーを飲む方かなと考えています。
泡立てるだけで、10,000円近くのマシンを購入するのもそうですし、洗浄も毎回必要なので大変だなと。
便利なのは便利なんですがね。
個人的にはなんだかんだ購入していません。
ほとんどミルクメニューはしない派なので、不要と考えました。
なお、もし購入するのであれば、マシンとセットで購入できるバンドルセットをおすすめします。