なぜインスタントコーヒーはまずいと言われるのか知りたい方へ

インスタントについて知りたい人

よくインスタントコーヒーを飲んでいるのですが、インスタントはまずいと言われます。

なぜまずいと言われるのでしょうか?

インスタントコーヒーを美味しく飲む方法や美味しいインスタントコーヒーがあれば教えてください。

バリスタネコ
今回はこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • インスタントコーヒーはまずいと言われる理由がわかる
  • インスタントコーヒーを美味しく飲むコツと美味しいインスタントコーヒーを解説

 

インスタントコーヒーはまずいと言われる理由

なぜインスタントはまずいと言われるのでしょう。

一番は飲み比べた人の感想だと思います。

しかし、感想だと主観的すぎるので、今回はコーヒーの違いから見ていきたいと思います。

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いから考える

そもそもインスタントコーヒーに使われているコーヒー豆とレギュラーコーヒーに使われている豆では、種類が異なっているんです。

 

インスタントコーヒーにはロブスタ種、レギュラーコーヒーには一部を除きアラビカ種というコーヒー豆が使われており、値段や風味に差があるんです。

 

ロブスタ種は成長が早くたくさん実がなる一方風味がアラビカ種には劣るため、インスタントや安いレギュラーコーヒーに使われるコーヒー豆。

アラビカ種は高品質なレギュラーコーヒーとして使われているコーヒー豆です。

つまり、ものにもよりますが、インスタントコーヒーで使われているコーヒー豆自体がレギュラーコーヒーと比較して劣るんですね。

実際にはロブスタ種・アラビカ種両方を混ぜ込んで作っており、アラビカ種の中でもローグレードなものがインスタントとして使われます。

 

インスタントは○○だからまずくなる!

インスタントのコーヒーがどのように作られているかご存知ですか?

インスタントコーヒーは通常抽出したコーヒーの水分を飛ばしたものを指します。

 

つまり、一度淹れたコーヒーの水分のみを飛ばし、またお湯を淹れて飲むのがインスタントコーヒーです。

そのため、香りや味わいが劣化してしまうのは仕方のないことかもれません。

 

やはりコーヒー本来の香りや風味を楽しみたい方にはインスタントよりもレギュラーコーヒーをおすすめします。

しかし、職場などでインスタントコーヒーしか飲むことができないような状況の場合は以下で美味しく飲む方法やおすすめのインスタントコーヒーを紹介していますのでチェックしてみてください。

 

インスタントコーヒーを美味しく飲むコツなど

ここからは、インスタントコーヒーを美味しく飲む方法をご紹介します。

美味しく飲む方法というよりは、正しく飲む方法といったほうが良いと思いますが、参考にしてみてください。

また、インスタントですが、高級志向の商品も紹介していますので美味しいインスタントコーヒーを飲んでみたい。という方は是非検討を。

インスタントコーヒーの美味しい淹れ方

インスタントコーヒーを美味しく淹れるポイントはお湯の温度と量です。

 

インスタントコーヒーの場合沸騰したお湯を目分量で淹れる方が多いのですが、それでは美味しく飲むことはできません。

お湯の温度は沸騰させて、一旦おろして95度くらいで淹れてみてください。

大体のメーカーでは、インスタントコーヒー粉2gに対しお湯140mlが適量とされているかと思いますので(詳しくは表示を確認してください)湯量を守りましょう。

これだけでもだいぶ変わりますので、試してみてください。

 

もし、粉っぽさが残るということであれば、粉を少量の水で説いてからお湯を注いでみてください。

粉がきちんと溶けるため、粉っぽさが解消されるはずです。

また、安価なコーヒーマシンであるネスカフェバリスタを用いれば簡単にインスタントコーヒーの魅力を最大限引き出すことが出来ます。

 

美味しいインスタントコーヒーの紹介

美味しいインスタントコーヒーがありますので、紹介させてください。

 

マウントハーゲンというインスタントコーヒーです

インスタントコーヒーは上でも紹介したとおりロブスタ種(または、アラビカ種とロブスタ種のブレンド)であることが多いのですが、マウントハーゲンはアラビカ種100%のインスタントコーヒーです。

1000円程度するのですが、ぜひ安いインスタントコーヒーと比べてみてください。

 

また、おなじみのネスカフェのゴールドブレンドですが、インスタントコーヒー粉とコーヒー豆を煎ったコーヒー粉を混ぜ合わせることによりより味わい深くしているんですよ。

レギュラーソリュブルコーヒーといいます。

同じネスカフェエクセラよりも美味しく感じられると思います。

意識してみると違いがわかるかもしれません。

 

最後にこの記事のまとめ

本記事では

  • インスタントコーヒーはまずいと言われる理由
  • インスタントコーヒーを美味しく飲むコツと美味しいインスタントコーヒー

について解説しました。

 

私の私見ですが、高いインスタントでもやっぱりレギュラーコーヒーを飲みたいなと思います。

インスタントに1000円も払うならもうインスタント(手軽)な価格じゃないような気がするんですよね。(貧乏性でしょうか)

ただ、簡単に淹れられるコーヒーだからこそ職場なんかでは輝くと思いますので、インスタントとレギュラーコーヒーとで棲み分けするようなコーヒーライフが良いと思います。

【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?

バリスタネコ
美味しいコーヒーを自宅や職場で簡単に飲むことができればとお悩みではありませんか?
または、インスタントや安いドリップバッグコーヒーなどのまずいコーヒーで困っていませんか?
もっと美味しいコーヒーを飲みたい人
できれば美味しいコーヒーを毎日飲めれば最高だけど・・・
私は一人暮らで仕事も忙しいから、片付けとか面倒なことは嫌。だから仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいます。
私も以前はハンドドリップで淹れていたけど、仕事が忙しくて今は・・・
しかし、美味しいコーヒーを飲むことはできていますよ。
せっかくここまで読んでいただいたのでご紹介しますね。
Name
多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。

 

コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。

特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?

 

また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?

わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。

 

そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。
それが、ネスカフェドルチェグストなんです。

ドルチェグストなら上記の問題をすべて解決できてしまうんです。

このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。
専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

 

そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・
しかし今なら、1日1杯以上コーヒーを飲む方ならなんとタダで手に入れることができるんです。


安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。

 

しかも今なら、2000円相当のラテグラスがタダでもらえるので、始めるには一番いい時期だと思いますよ。