ウィンナーコーヒーの由来と意味を解説します。

コーヒー初心者

ウィンナーコーヒーの由来や意味が知りたいです。

カフェなどでウィンナーコーヒーってありますよね、ソーセージが乗っているわけでないことはさすがにわかりますが、なぜウィンナーコーヒーなんでしょうか。

由来や意味が知りたいです。

あわせて知っておきたいことがあればおしえてください。

バリスタネコ

こういった疑問に答えます。

生クリームがたくさん乗ったウィンナーコーヒー美味しいですよね。

本記事の内容

ウィンナーコーヒーの由来や言葉の意味を解説

ウィンナーコーヒーについて知っておきたいこと

 

 

ウィンナーコーヒーの由来や言葉の意味を解説

ウィンナーコーヒーにウィンナーソーセージが入っていないことは誰でも知っていると思いますが、どういう意味かは知っていますか?

この記事ではウィンナーコーヒーの由来などについて、触れていきたいと思います。

 

 

ウィンナーはウィーン風のという意味

コーヒーの上に生クリームをどっさり乗せたコーヒーをウィンナーコーヒーと言いますが、なぜウィンナーなのか考えたことはありますか?

もちろんソーセージとは関係がなく、ウィンナーコーヒーのウィンナーはウィーン風という意味。

ウィーン風コーヒーというのがウィンナーコーヒーの語源なんです。

 

コーヒーの上に生クリームを乗せるという飲み方自体がオーストリアウィーン発祥と言われているため、ここが由来になっています。

オーストリアではアインシュペンナーという名称でコーヒーと同程度の生クリームをグラスに注がれていたものです。

 

ウィンナーコーヒーは和製英語なので、海外では伝わりません。

海外ではアインシュペナーやエスプレッソコンパナなどと呼ばれています。(国によって異なる)

日本のウィンナーコーヒーはレギュラーコーヒーの上に生クリームですが、海外ではエスプレッソの上に生クリームというのが主流。

コーヒーとクリームの比率が異なるので味わいも多少異なるでしょう。

エスプレッソを使っていて少量なことから、飲み物と言うよりはデザートに近いかもしれませんね。

 

ウィンナーコーヒーを最初に提供したお店?

ウィンナーコーヒーを最初に提供したお店は東京都神保町にある「ラドリオ」という喫茶店といわれています。

ウィンナーコーヒーの発祥はお店にきた方がコーヒーを冷ましてしまう。(会話や読書などに熱中してしまってつい)

これを解決するために、海外のアインシュペンナーを参考生クリームをのせたのが発祥とされています。

 

昭和の時代に作られたそうですから、意外と最近の飲み方なんですよ。

私はこの元祖ウィンナーコーヒーは飲んだことがありませんが、機会があれば飲んでみたいと思っています。

 

 

ウィンナーコーヒーについて知っておきたいこと

ウィンナーコーヒーの由来や言葉の意味については理解していただいたと思います。

続いてウィンナーコーヒーについて、知っておきたいことについても触れますので、参考にしてみてください。

 

ウィンナーコーヒーの飲み方

ウィンナーコーヒーはどのように飲めばいいか迷ってしまうって方も多いと思います。

もちろん正式に正しい飲み方はないのですが、私は混ぜないで飲むことをお勧めしたいです。

 

理由としては、生クリームを混ぜてしまうと分離してしまうことが考えられるため。

また、別々に口に入れることで甘みや苦味を楽しめるって点もあります。

 

ウィンナーコーヒーを実際に頼むと割と生クリームどっさりなことが多い気がします。

もちろんお店によって異なるのですが、、、

そうなるとやはり混ぜるよりも生クリームをすくいつ少し食べてからコーヒーを飲む感じにはなってしまいますよね。

好みによる部分が大きいとは思いますが、私は最初はあまり混ぜないで食べたい派ですね。

 

ウィンナーコーヒーがメニューにない?

スターバックスなどのコーヒー店ではウィンナーコーヒーというメニューはありません。

コメダ珈琲などではウィンナーコーヒーがあるのですが・・・

おそらくウィンナーコーヒーが日本の飲み物であるということから、外資系チェーンでは取扱いがないものだと思われます。

 

しかし、スターバックスならばトッピングでウィンナーコーヒーのようなものを頼むことが出来ます。

ドリップコーヒーやエスプレッソを頼んだあとにホイップクリームをトッピングするだけでOK。

ホイップクリームは+50円で追加することが出来ますので、喫茶店でウィンナーコーヒーを頼むよりコスパが良いかもしれません。

コメダ珈琲だとブレンドコーヒー+70円ですから。

 

ウインナーソーセージとの関係

ウィンナーコーヒーとウィンナーソーセージには全く関係がありません・・・

しいて言うのであればウィンナーという意味はウィーン風のという意味では同じ意味です。

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめましたので、確認用にどうぞ。

本記事の内容は以下の通りになります。

  • ウィンナーコーヒーの「ウィンナー」はウィーン風の意味
  • 海外ではアインシュペンナーという、また、ウインナーコーヒーの原点もこれ。
  • 海外ではウィンナーコーヒーでは伝わらないので注意したい。

本記事が参考になれば幸いです。

【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?

バリスタネコ
美味しいコーヒーを自宅や職場で簡単に飲むことができればとお悩みではありませんか?
または、インスタントや安いドリップバッグコーヒーなどのまずいコーヒーで困っていませんか?
もっと美味しいコーヒーを飲みたい人
できれば美味しいコーヒーを毎日飲めれば最高だけど・・・
私は一人暮らで仕事も忙しいから、片付けとか面倒なことは嫌。だから仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいます。
私も以前はハンドドリップで淹れていたけど、仕事が忙しくて今は・・・
しかし、美味しいコーヒーを飲むことはできていますよ。
せっかくここまで読んでいただいたのでご紹介しますね。
Name
多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。

 

コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。

特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?

 

また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?

わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。

 

そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。
それが、ネスカフェドルチェグストなんです。

ドルチェグストなら上記の問題をすべて解決できてしまうんです。

このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。
専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

 

そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・
しかし今なら、1日1杯以上コーヒーを飲む方ならなんとタダで手に入れることができるんです。


安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。

 

しかも今なら、2000円相当のラテグラスがタダでもらえるので、始めるには一番いい時期だと思いますよ。