ウィンナーコーヒーの由来と意味を解説します。

コーヒー初心者

ウィンナーコーヒーの由来や意味が知りたいです。

カフェなどでウィンナーコーヒーってありますよね、

ソーセージが乗っているわけでないことはさすがにわかりますが、なぜウィンナーコーヒーなんでしょうか。

由来や意味が知りたいです。

 

バリスタネコ

こういった疑問に答えます。

生クリームがたくさん乗ったウィンナーコーヒー美味しいですよね。

本記事の内容

  • ウィンナーコーヒーの由来や言葉の意味を解説
  • ウィンナーコーヒーはどこで飲める?
  • ウィンナーコーヒーを飲んでみよう

 

 

本記事は元コーヒー店員の私が、ウィンナーコーヒーについて解説しました。

 

全てお読みいただければ、ウィンナーコーヒーについて、理解できるようになりますよ。

 

ウィンナーコーヒーの由来や言葉の意味を解説

ウィンナーコーヒーにウィンナーソーセージが入っていないことは誰でも知っていると思いますが、どういう意味かは知っていますか?

 

歴史のあるコーヒーの飲み方で、知っていれば美味しく飲めるかも?

 

この記事ではウィンナーコーヒーの由来などについて、触れていきたいと思います。

 

 

ウィンナーはウィーン風のという意味

コーヒーの上に生クリームをどっさり乗せたコーヒーをウィンナーコーヒーと言いますが、

なぜウィンナーなのか考えたことはありますか?

 

もちろんソーセージとは関係がなく、ウィンナーコーヒーのウィンナーはウィーン風という意味。

 

ウィーン風コーヒーというのがウィンナーコーヒーの語源なんです。

 

コーヒーの上に生クリームを乗せるという飲み方自体がオーストリアウィーン発祥と言われているため、ここが由来になっています。

 

 

本場ではアインシュペンナーと呼ばれます

 

日本ではウィンナーコーヒーと呼ばれる、生クリームが乗ったコーヒーですが、

本場オーストリアではアインシュペンナーという名称。

 

コーヒーと同程度の生クリームをグラスに注がれていたものです。

 

ウィンナーコーヒーは和製英語なので、海外では伝わりません。

 

海外ではアインシュペンナーだったり、エスプレッソコンパナなどと呼ばれています。(国によって異なる)

 

また、日本のウィンナーコーヒーはレギュラーコーヒーの上に生クリームですが、海外ではエスプレッソの上に生クリームというのが主流。

 

コーヒーとクリームの比率が異なるので味わいも多少異なるでしょう。

 

 

生クリームは蓋の役割だった?

生クリームが載っているウィンナーコーヒーですが、考案された際は蓋の役割だったとか。
考えたのは、オーストリアの馬車を操る人たち。
主人を待つ間コーヒーが冷めてしまうと言うことで、生クリームで蓋をするようになったと言われています。

 

ウィンナーコーヒーを最初に提供したお店?

ウィンナーコーヒーを最初に提供したお店は東京都神保町にある「ラドリオ」という喫茶店といわれています。

ウィンナーコーヒーの発祥はお店にきた方がコーヒーを冷ましてしまう。(会話や読書などに熱中してしまってつい)

これを解決するために、海外のアインシュペンナーを参考生クリームをのせたのが発祥とされています。

 

昭和の時代に作られたそうですから、意外と最近の飲み方なんですよ。

私はこの元祖ウィンナーコーヒーは飲んだことがありませんが、機会があれば飲んでみたいと思っています。

 

ウィンナーコーヒーの基本的な作り方

ウィンナーコーヒーの作り方はとても簡単。
淹れたコーヒーの上に、生クリームをソフトクリームのように載せるだけです。
生クリームは動物性脂肪のものがおすすめです。
コクがあって、コーヒーと混ぜた時にまろやかになります。

 

 ウィンナーコーヒーはどこで飲める?

ウィンナーコーヒーの由来や言葉の意味については理解していただいたと思います。

 

続いてウィンナーコーヒーはどこで飲めるのか、紹介していきます。

 

ウィンナーコーヒーがメニューにない?

スターバックスなどの外資系コーヒー店では、ウィンナーコーヒーというメニューはありません。

 

ウィンナーコーヒーが日本の飲み物であるということから、外資系チェーンでは取扱いがないものだと思われます。

 

ただ、スターバックスならばトッピングでウィンナーコーヒーのようなものを頼むことが出来ます。

 

ドリップコーヒーを頼んだあとにホイップクリームをトッピングするだけでOK。

 

ホイップクリームは+50円で追加することが出来ますので、喫茶店でウィンナーコーヒーを頼むよりコスパが良いかもしれません。

 

ウィンナーコーヒーが飲めるカフェ

有名カフェチェーンでウィンナーコーヒーの取り扱いがあるのは以下のお店になります。
  • コメダ珈琲
  • ルノアール
近所に同店舗があるなら、試してみると良いかもしれません。
なお、エスプレッソに生クリームを乗せたエスプレッソコンパナは以下2店舗にもあるようです。
  • スターバックスコーヒー
  • タリーズコーヒー
エスプレッソは少量で蓋をする意味はありませんが、濃厚なコーヒーと生クリームはそそられますよね。

 

ウィンナーコーヒーの飲み方

ウィンナーコーヒーはどのように飲めばいいか迷ってしまうって方も多いと思います。

もちろん正式に正しい飲み方はないのですが、私は混ぜないで飲むことをお勧めしたいです。

 

理由としては、生クリームを混ぜてしまうと分離してしまうことが考えられるため。

また、別々に口に入れることで甘みや苦味を楽しめるって点もあります。

 

ウィンナーコーヒーを実際に頼むと割と生クリームどっさりなことが多い気がします。

もちろんお店によって異なるのですが・・・

 

そうなるとやはり混ぜるよりも生クリームをすくいつ少し食べてからコーヒーを飲む感じにはなってしまいますよね。

好みによる部分が大きいとは思いますが、私は最初はあまり混ぜないで食べたい派ですね。

 

シナモンの使い方

本格的なカフェでウィンナーコーヒーを注文すると、シナモンスティックが付いてくることがあります。
使い方は香りづけ用ですが、スプーン代わりにコーヒーと生クリームを混ぜてもOK。
数回かき混ぜるとコーヒーやクリームにシナモン風味をつけることができます。(香り付けのみの場合は浸すだけでもOK)
シナモンが苦手な方は使わないようにしましょう。
シナモンスティックは、ポッキーではないので、食べないようにご注意を。

 

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめましたので、確認用にどうぞ。

本記事の内容は以下の通りになります。

  • ウィンナーコーヒーの「ウィンナー」はウィーン風の意味
  • 海外ではアインシュペンナーという、だからウィンナーコーヒーでは伝わらない
  • 誕生の由来は、コーヒーが冷めないための蓋替わり
  • 身近なお店だとコメダ珈琲なんかで飲むことができます。

本記事が参考になれば幸いです。

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします