エスプレッソの正しい飲み方、知ってますか?イタリア流のマナーを紹介

コーヒー初心者

 エスプレッソってあんまり飲まないんですけどどのように飲むのが正しいのでしょうか?

さらになにをしりたい? 他にもエスプレッソについて知っておいた方がいいことがあれば教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

エスプレッソの正しい飲み方とアレンジを紹介

知って楽しむエスプレッソの豆知識

 

 

エスプレッソの正しい飲み方とアレンジを紹介

エスプレッソは日本だけではなく多くの国で親しまれている飲み物です。

しかし、日本では正しい飲み方をしてる方が少なく、知らない方も多いのではないでしょうか。

美味しく飲むためのマナーのようなものがありますので、ご紹介したいと思います。

 

基本のエスプレッソの楽しみ方

基本的なエスプレッソの楽しみ方のポイントが3点あります。

それは、淹れてもらったらすぐに飲む、砂糖をいれる、混ぜないと言う点になります。

 

エスプレッソは淹れてもらったら(自分で入れた場合も)すぐに飲む、2~3口程度で飲み切るのがマナー。

少量で抽出されるエスプレッソは冷めやすく、味の劣化が通常のコーヒーよりも起こりやすいです。

そのため、まずくなる前にさっと飲んでしまう。

これが第一のルールです。

 

第2のルールは砂糖を入れるという点。

日本人の多くはエスプレッソもレギュラーコーヒーもブラックで飲む方が多いと思います。

かく言う私もブラック派ですが・・・

本場流の飲み方はエスプレッソは砂糖を2~3杯(ここはお好みで)入れた後で飲む飲み物とされています。

これは、海外ではコーヒーは砂糖やミルクを入れて飲む飲み物というところから来ていると思いますが、一般的にエスプレッソは砂糖を入れてのむ飲み物ということは覚えておきたいですね。

 

砂糖を入れるという第2のルールを実際に実行すると備え付きのスプーンで混ぜたくなりますが、これはNGです。

エスプレッソの表面にはクレマと呼ばれるコーヒーの泡の層があるのですが、ここはエスプレッソの風味が凝縮されているスポット。

まぜたら風味が逃げてしまいますので、混ぜずに砂糖が沈むのをまってさっと飲み干しましょう。

 

エスプレッソをいろいろな方法で楽しむ

エスプレッソはそのまま飲むのもありですが、様々なアレンジ方法があるのでご紹介します。

アレンジ方法は以下の通り沢山の種類があります。

 

カフェラテ・カプチーノ・マキアート

エスプレッソコンパナ

ブレーヴェ

リストレット・ルンゴ・アメリカーノ

アフォガート

エスプレッソマティーニ・ポートカシス

その他細かいアレンジは無数にあります。

 

カフェラテ・カプチーノ・マキアートはエスプレッソとミルクの比率の違いで名前が異なる定番メニュー。

一般的に左に行けば行くほどミルク感が強くなります。

最近ではカプチーノくらいの濃さであるフラットホワイトというアレンジもありますので、もし見かけたら定番メニューの仲間内だなと思っていただければと思います。

 

知って楽しむエスプレッソの豆知識

エスプレッソはレギュラーコーヒーほど日本ではメジャーではないかもしれません。

しかし海外ではもっと身近な飲み物なんですよ。

 

エスプレッソの由来

エスプレッソはなぜ少量なのでしょうか。

これはエスプレッソの由来に大きく関わっています。

エスプレッソは18世紀にナポレオンが大陸封鎖令を発した際にコーヒーや砂糖が極端に不足することが起こりました。

これをうけてイタリア・ローマのカフェ「カフェ・グレコ」のオーナーがコーヒーの量を減らして価格を下げたところこれがお客さんに評価されたことからエスプレッソで使われているデミタスカップが有名になりました。

つまりエスプレッソのルーツは普通のコーヒーの少量版だったということですね。

 

圧力をかけて抽出する今の形は19世紀に開発されました。

この技術が広まったのもイタリアで、開発以降広くイタリアで親しまれるようになりました。

 

ちなみにエスプレッソはイタリア語で「急速」・「急行」や「特別に」という意味だそう。

特別な1杯であることは間違いないので、ささっと美味しいうちに名前負けしないよう飲むようにしたいですね。

 

エスプレッソを飲んでみよう

コーヒー好きの方でもエスプレッソはアレンジ系メニューしか飲んだことがない方も多いですよね。

ですが、コーヒー好きならば一番コーヒーを深く味わえるエスプレッソを飲んでみてほしいのです。

 

エスプレッソはコーヒーの一番美味しい部分を切り取った飲み物であるため、コーヒー好きにはおすすめなんです。

 

日本ではエスプレッソよりも、エスプレッソのアレンジメニューであるラテ系の方が有名だと思います

これはスターバックスなどのシアトル系チェーンの功績です、彼らがエスプレッソを気軽に楽しめるため尽力した結果と言えるでしょう。

スターバックスなどのチェーンカフェでも飲めますし喫茶店でも取扱がありますし、エスプレッソマシンも最近は1万円以内で手に入るので、コーヒー好きならエスプレッソを知ればもっと楽しむことができますよ。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら