オフィスにドルチェグストを持込むってあり?職場でも美味しいコーヒーを飲む方法

オフィスでもコーヒーが飲みたい人

オフィスでも美味しいコーヒーを飲みたいのですが、ドルチェグストを持ち込むのってどうですか?

また、他にいい方法があれば教えてください。

オフィスにコーヒーマシンを持ち込む際に気をつけることがあれば教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

オフィスにドルチェグストを導入すれば美味しいコーヒーが飲める

コーヒーマシン持ち込みなしでも美味しいコーヒーを職場で飲む方法

 

 

オフィスにドルチェグストを導入すれば美味しいコーヒーが飲める

オフィスにドルチェグストなどのコーヒーメーカーを持ち込むことで美味しいコーヒーを職場でも飲むことができますが、職場によってはすんなりと行かない場合もあると思います。

今回は職場にドルチェグストを持ち込む方法や気をつけたいことを解説します。

 

オフィスにドルチェグストを持ち込む方法は2つある

ドルチェグストを職場に持ち込む方法は2つあって、実費(経費)で本体を家電量販店などで購入するスタンダードな方法と、ネスカフェアンバサダーとして導入するという方法になります。

 

割と思いつく方法ではあるんですが、割とハードルが高かったりします。

福利厚生で導入するなら問題ないですが、多くの方は個人的に使うために持ち込みたいはずですよね。

 

自分で買ったドルチェグストを持ち込むのは手軽ですが、少人数オフィスや個室がある場合以外はあまり良い顔をされないことが多いと思います。

 

ネスカフェアンバサダーとして導入する場合は、スタッフ全員が使うことになるので、自分の負担が大きくなって面倒なことは容易に想像できるでしょう。

 

課題はありますが、ドルチェグストを持ち込む方法は2つあります。

次は持ち込む際の注意点について深掘りしていきます。

 

オフィスにドルチェグストを持ち込む際に気をつけたいこと

ドルチェグストをオフィスに持ち込む際に気をつけたいことは誰が使うのか、誰が管理するのか、使わない人の迷惑にならないかを考える必要があります。

 

この3点に気を使わないとドルチェグストが災いの元になってしまいます。。。

せっかく「美味しいコーヒーを職場でも飲みたい」と思っても障害になってしまいます。

どこの職場にもうるさい方っていますからね。。。

 

まず、誰が使うのかという部分ですが、個人用として持ち込みオフィスのスペースを拝借するのか、アンバサダープログラムなどを利用しスタッフみなで使うのかは決めておく必要があるように思います。

そしてきちんと周知する必要があります。いきなり持ち込むのは権限がある方以外はご法度な職場が多いと思いますので。

 

持ち込む際に管理する人間を明確にすることも忘れないようにしましょう。

個人用として使うのであればそのことを周知するだけで問題はありませんが、ネスカフェアンバサダー制度を利用して設置する場合は金銭管理などがついてきますので、日常業務が忙しい人だと重労働かもしれません。

しかしこういったことは言い出した人が行うのが常、設置前に考えたほうが良いかもしれませんね。

 

また、コーヒーマシンにつきものなのが清掃です。

ドルチェグストは抽出時に水滴が飛び散ったり、定期的な清掃が必要です。

設置場所付近が汚れているとあなたに対して不快感を示す方が多いと思いますから、個人用として持ち込む場合はきちんと清掃するよう心がけましょう。

ネスカフェアンバサダーで設置した場合も同様です。

 

最後に、使わない方のことも考える必要があるということです。

具体的な話になってしまいますが、コーヒーを淹れる際に抽出音が結構します。

設置場所(給湯室)が隔離されていれば問題ありませんが、そうでない場合は電話中の方・会話中の方へ配慮する必要があります。

 

また、従業員全員が使えるパブリックスペースに設置するのであれば、ドルチェグストを見た方が不快に思わないようにしなければなりません。

例えば、他人のマシンでも汚れたまま放置されていたり、カプセルゴミが散らかっていたりすると嫌なものでしょう。

他人の目が気になるという方も多いと思いますので、気をつけるようにしたいですね。

 

持ち込むのは大変だなと思ったのではないでしょうか?

しかし、ドルチェグストをオフィスへ持ち込むと手軽に美味しいコーヒーが飲めます。

気をつけたい3点は他者への配慮として当然やらなければならないことですので、問題ないのであれば持ち込んでも良いと思います。。

 

コーヒーマシン持ち込みなしでも美味しいコーヒーを職場で飲む方法

ドルチェグストを持ち込むのはちょっと厳しそうだなという方は以下の方法でも美味しいコーヒーを飲むことができます。

参考にしてみてください。

 

家でコーヒーを淹れる(お湯がない場合)

簡単に美味しいコーヒーを職場で飲むなら、家でコーヒーを淹れて保温効果のある魔法瓶に入れて持ち込むという方法がベターではないでしょうか。

 

最近のポットは保温性が高く、午前中までなら平気で持ちますので、温かいまま飲むことができ、簡単にできます。

 

簡単なのですが、注意しなければいけない点が2つ。

1つ目はコーヒーの味について。

コーヒーは淹れたてが一番美味しく、どんどん風味が抜けて酸味が増してきます。

時間経過による劣化があるので、実際は満足できない可能性もあることを考慮しておきましょう。

 

次に、ドルチェグストはあまり向いていないかもしれないという点です。

魔法瓶で持ち込むなら、割と多めの量を持ち込む方が多いハズ。

しかしドルチェグストはマグカップ一杯分ずつの抽出のためあまり向いていませんし、コストが高く付きます。

魔法瓶で持ち込むのであればコーヒーメーカーでコーヒーをおとしたほうが良いと思います。

 

ドリップバッグコーヒーを使う(給湯室が狭いがお湯がある場合)

紹介するまでも無いと思いますが、ドリップバッグコーヒーを使うとお湯さえあればどこでも美味しいコーヒーが飲めます。

 

最近のドリップバッグコーヒーは美味しいものも多く、インスタントではなくコーヒー豆を使っているため美味しいコーヒーをオフィスで飲むにはぴったりではないでしょうか。

 

必要なものといえばお湯とマグカップくらいでしょうか。

さすがにお湯くらいはどこのオフィスにもあるのかなと。

もちろんゴミがでますので、きちんと職場ごとのルールに沿って片付けるようにしてくださいね。

 

ドリップバッグコーヒーを利用するのとても簡単で現実的かもしれません。

 

本記事のまとめ

この記事では

オフィスにドルチェグストを導入すれば美味しいコーヒーが飲めるのかという点

ドルチェグストを持ち込む際の方法と注意点

コーヒーマシン持ち込みなしでも美味しいコーヒーを職場で飲む方法

について解説しました。

 

職場で美味しいコーヒーを飲むことができれば仕事も捗ること間違い無しです。

是非チャレンジしてみてください。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら