カフェオレを水筒などの容器にいれて職場に持ち運ぶのはあり?なし?

水筒ユーザー

最近カフェオレが好きで毎日コンビニで買って飲むのですが自分で作ったものを飲んだ方が安くすむと思うのですが、衛生面が心配です。

大丈夫でしょうか?

あと、多くの水筒で乳製品NGとありますが、いい方法はあるのでしょうか?

 

バリスタネコ
こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

カフェオレを水筒に淹れるのは衛生面的にNG?

カフェオレなどのミルクや砂糖が入ったコーヒーを持ち運びすることはできる?

 

カフェオレを水筒に淹れるのは衛生面的にNG?

カフェオレ容器(水筒など)にいれて職場に持ち歩きたいという方も多いはず。

ブラックコーヒーはまだ許されますが、カフェオレはちょっと厳しそうな感じがしますよね。

解説していきます。

 

雑菌の繁殖リスクを考える

いきなり結論となってしまいますが、水筒などでのカフェオレの持ち歩きは雑菌が繁殖しやすく、結果として食中毒などのリスクが考えられますので、やめておいたほうが無難です。

 

まず、カフェラテって雑菌が繁殖しやすい乳製品を使っているんですね、なので牛乳でも脱脂粉乳でも同じように衛生的にはNG。

カフェオレを持ち歩きたい方のなかには砂糖(甘み)を入れたいという人も多いと思いますが、これはもっとNG。

コーヒーに砂糖を入れると入れないでは雑菌の繁殖量が倍以上増えてしまうと言われていますから。

 

細かいことは気にしなくて良いんじゃない?って方もいると思います。

しかし、あなたはなぜわざわざ家でカフェラテを作って持ち運ぶんでしょう。

買うと高いからですよね?

食中毒になって医療費がかかってしまうと元も子もないじゃないか。と考えると、細かいことですまされる問題ではないということもわかっていただけると思います。

 

水筒とコーヒーの組合わせはOK?

そもそも論ですが、水筒にコーヒーを入れるのがあまり良くないとされています。

ちなみにカフェオレのような乳製品は多く水筒メーカーからNGを言われています。

つまり、コーヒー全般水筒で持ち運びは避けたほうが無難と言えるでしょう。

 

これにはきちんとした理由があって、下にまとめました。

  • 水筒にブラックコーヒーを入れないほうがいい理由:酸性飲料なので、内部の塗装(ステンレス加工)などに傷が付きやすい
  • 水筒にカフェオレを入れないほうがいい理由:上記に加えて、乳製品を入れるとタンパク質がボトル内やキャップの細部にこびりつくことにより洗ってもとれず、腐敗・悪臭の原因になるため。

ペットボトルなんかと違って水筒は使い捨てしませんよね。

複数回つかうものだからこそ入れる飲み物にも気を使うことが大事に使うことになるのかなと思います。

 

カフェオレなどのミルクや砂糖が入ったコーヒーを持ち運びすることはできる?

カフェオレなどミルクや砂糖が入ったコーヒーの持ち歩きといえば、市販のペットボトルが挙げられますよね。

あれは、1回使い切りのペットボトルですぐ飲んでしまうことを想定していますので、水筒に入れるのとはちょっと話が変わっていきます。

そして、そもそもカフェオレの場合持ち運びしても・・・と思いますので、以下では記しておきます。

 

カフェオレを持ち運んでも美味しくないと思う話

カフェオレだけでなく、コーヒー全般淹れたてが一番美味しく、その後どんどんまずくなっていくと言われています。

そのため、入れてから数時間経過したカフェオレは美味しくないと私は思います。

 

この理由は、コーヒーは熱や空気にふれることで美味しさが劣化していく飲み物だからです。

 

コーヒー自体お店で提要されてから数分で飲みきってしまうものですが、少量残ったコーヒーを数十分後に飲み干してまずいなと思ったこともあると思います。

これは、コーヒーが劣化しているからまずくなっているのです。

 

節約と職場などで飲みたいなら・・・

毎日カフェオレを買うのはお金がかかって嫌だという人はどうすればいいのでしょうか。
そういった場合は、職場など持ち込み先でコーヒーを淹れるのをおすすめします。

こうすれば、食中毒の危険性もなく、カフェオレでもブラックコーヒーでも飲むことができます。

私も実際に行っている方法です。

 

職場でお湯が使える場合は、タンブラーとインスタントコーヒーを持っていけばOKですよね。

(冷蔵庫がある場合)牛乳かスティックタイプのコーヒー粉を持っていけば、カフェオレなども飲めると思います。

お湯がない場合はお湯のみ水筒に入れて持っていけばOKです。

保温性が高い水筒を選べば、コーヒー粉が溶ける程度の温度で入れることはできるでしょう。

 

自由な職場ならマシンを置くと本格的に楽しめます。

 

しかしこれらは、オフィスワーカーの話。

それ以外の方は上記の方法は難しいですよね、となるとやはりカフェオレなどのミルクが入ったコーヒーを持っていくのは難しいでしょう。

ブラックコーヒーであれば持ち出しも可能ですが、ミルクや砂糖入りの場合は諦めて買ってすぐ飲んでしまうことをおすすめします。

 

 

本記事のまとめ

では最後に本記事についてまとめます。

この記事の内容は以下の通り。

カフェオレを水筒などで持ち運ぶのはNG。夏場などは、食中毒の危険性も。

ペットボトルの市販品は1回使い切りのペットボトルですぐに飲み終わる前提の商品。

職場などでのみたいのであれば、別々に持ち込むほかはない。

本記事が参考になれば幸いです。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスカフェドルチェグスト公式サイトはこちら