コンビニコーヒーを比較して一番オススメを紹介します。【2019最新】

コンビニコーヒーユーザー
コンビニのコーヒーってどこが一番なんでしょうか?
コスパや値段などを比較した情報がほしいです。

 

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

大手コンビニ3社のコーヒーを比較!おすすめは?
コンビニコーヒーよりも安くて美味しいコーヒーを飲む方法

 

 

大手コンビニ3社のコーヒーを比較!おすすめは?

コンビニで淹れたてのコーヒーを販売するスタイルのいわゆるコンビニコーヒー。
ここ数年ですごく普及しましたよね。
そのため、毎朝出勤時に購入しているという方も少なくないはず。
そんなコンビニコーヒーといえば、下記の大手3社ではないでしょうか。
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
本記事ではこれら3大コンビニコーヒーを比較して特徴とおすすめを紹介していきたいと思います。

セブンイレブンのコーヒー

セブンイレブンのコーヒーは3つの中で日本人に馴染み深い味わいになっています。
一番飲みやすいコーヒーと言えるでしょう。
これは、セブンのコーヒーはドリップ式で淹れているためです。
ドリップ式のコーヒーは一般家庭のコーヒーメーカーと同じシステムのため、馴染み深い味わいになっています。
味は苦味・酸味のバランスが取れていてコクもあり飲みやすいコーヒーと言えるでしょう。
そもそもコンビニコーヒーの火付け役といえばセブンイレブンのコーヒーではないでしょうか。
100円で淹れたての美味しいコーヒーが飲めるので、コンビニでコーヒーを買って飲む文化を日本人に根付かせた功績は大きいですよね。
そんなセブンイレブンのコーヒーの特徴をまとめてみました。
サイズSL
価格100円180円
容量150ml235ml
淹れ方ペーパードリップ式マシン
使用しているコーヒー豆ブラジル・コロンビア・タンザニア・グアテマラ
味の特徴苦味・酸味・甘みなど味のバランスがととのったコーヒー、飲みやすい
一番飲まれているのがセブンのコーヒーではないでしょうか。
なお、ブラックだけではなくカフェラテも人気商品ですよね。
飲んだこと無い方は一度飲んでみてください。おすすめですよ。

ローソンのコーヒー

ローソンのコーヒーは3つの中でも一番コーヒー党の方から支持があるコーヒーです。
ローソンはコーヒー豆の産地や焙煎方法にこだわりが強く、店舗によってはちょっとお高めのパナマ・ゲイシャ(500円)なんかも販売しているほどです。
ローソンコーヒーは他の2店舗と異なり抽出の際にエスプレッソ方式を採用しています。
これは自宅のコーヒーとはちょっと異なる方式で、コーヒー豆本来の味わいが出やすい・苦味が強めという特徴があります。
セブンのコーヒーが馴染みのあるコーヒーだとすれば淹れ方などは真逆のカフェっぽいテイストと言えるかもしれません。
他にも、店員さんがコーヒーを淹れてくれたり、紙コップにしわが付いていて持ち手が熱くなりにくいなど、ユーザーファーストな仕様になっています。
また、タンブラーを持ち込むと10円引きになるのでヘビーユーザーには優しいのも特徴
そんなローソンコーヒーの特徴は以下の通り。
サイズSMLS
価格100円150円180円500円
容量160ml250ml300ml160ml
淹れ方エスプレッソ方式
使用しているコーヒー豆ブラジル・コロンビア・グアテマラ・タンザニア・キリマンジャロパナマ・ゲイシャ
味の特徴エスプレッソ風でコクと苦味がしっかりとあるコーヒーリッチな味わい?
1杯500円のパナマ・ゲイシャは飲んだことはありませんが、飲んだ感想を見ていると「始めはスモーキーだが、柔らかい苦味で飲みやすい」との評でした。
見かけたら試してみるのもありかもしれません。

ファミリーマートのコーヒー

ファミリーマートのコーヒーですが、実はお店によって味が異なるんです。
理由としては、コーヒーを淹れるマシンがお店によってことなるため。
ファミリーマートは2018年より、従来のエスプレッソ方式のコーヒーマシンからペーパードリップ方式のマシンに変更がかかっているんです。
マシンの見分け方としては、カップセット口にカバーがついてればペーパードリップ式。
コーヒーの味としては、ちょっと濃いかなというのが印象です。
しかしファミマのコーヒーはコーヒーマシン横のパウダー類でアレンジ可能なのは有名ですよね。
もしかすると一番好みを作りやすいのがファミマのコーヒーなのかもしれません。
ファミマのコーヒーの特徴は次の通り
サイズSL
価格100円150円
容量155ml220ml
淹れ方エスプレッソ方式orペーパードリップ方式
使用しているコーヒー豆ブラジル・コロンビア・タンザニア・グアテマラ
味の特徴スモーキーで苦味が強い印象、備付のパウダーでアレンジ可能
ファミリーマートはコーヒー以外の飲み物もたくさん販売しています。
コーヒーでもキャラメルラテなんかもあり選ぶ楽しみもありそうです。

最も買うべきコンビニコーヒーはこれだ

最も買いだなと言えるコーヒーはセブンイレブンのコーヒーです。
理由としては一番飲みやすく、日本人が一番期待するコーヒーの味に近いため。
コーヒー豆へのこだわりなどはローソンの方が強いのかなと思います。
そして、コスパが良いのもローソンのコーヒーです。(同じ値段ですが、10ml多いです)
しかし、セブンのコーヒーの方が飲みやすいと感じました。
ただ、どのコンビニのコーヒーもいい勝負をしているので、一番近くのコンビニのコーヒーを結局選んでしまうかなぁと私は思います。
ローソンのコーヒーは好みが分かれると思います。
もし好きなタイプの方であれば、量も含めローソン一択でしょう。
ちなみにローソンはカフェラテが牛乳にも拘っていて美味しいですよ。

コンビニコーヒーよりも安くて美味しいコーヒーを飲む方法

コンビニコーヒーって美味しいけど1杯100円は毎日飲めないな・・・
自宅でもコンビニコーヒーと同じくらい美味しいコーヒーが飲みたい・・・
と思ったりしていませんか?
こんな方に朗報です。
コンビニコーヒーより安く、コンビニコーヒーより美味しいコーヒーを家庭や職場でのむ方法をご紹介します。

ネスカフェドルチェグストで安く美味しいコーヒーが飲める

ネスカフェドルチェグストと専用カプセルを使うことで、コンビニコーヒーと同格・それ以上のコーヒーを半値でのむことができます。
コンビニコーヒーと同じように厳選されたコーヒー豆を使用し、味に拘っているにもかかわらず、1杯50円程度で飲むことが可能なんです。
コーヒーやカフェラテなどのミルク系メニュー等が20種類以上あり、コンビニコーヒーには無いスペシャリティコーヒーもラインナップ。
そのため様々なコーヒーの味を楽しむことができ、自分好みを探すことも可能なんです。
私もコンビニコーヒーヘビーユーザーでしたが、今はドルチェグストに乗り換えています。
【本セットは9月27日正午で終売】【1480円のカプセルセット付き!】ネスカフェ ドルチェ グスト ルミオ ダークレッド バラエティカプセルセット【コーヒーメーカー コーヒーマシン ドルチェグスト 本体】
元コーヒー店員の私が実際に使ったレビューは下記をどうぞ

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら