コーヒーに塩を入れると美味しくなるって本当?

美味しいコーヒーが飲みたい人

コーヒーに塩を入れると美味しくなると聞いたのですが、本当ですか?

 

バリスタネコ

コーヒーに塩を入れるとマイルドになって飲みやすくなるんですよ。

本記事では塩コーヒーについて触れていきます。

本記事の内容

塩をコーヒーに淹れると美味しくなるのはなぜか

コーヒーに塩を入れて飲むメリットと塩に合うおすすめのコーヒーとは

 

 

塩をコーヒーに淹れると美味しくなるのはなぜか

コーヒーに塩を入れると聞くと、多くの方が「微妙じゃない?」・「美味しいの?」というイメージを持つと思います。

しかし、コーヒー通の中ではコーヒーに塩というのは、割と一般的といわれている「美味しい飲み方」の一つなんです。

また、コーヒー原産国でも愛飲されている方法なんですよ。

本記事ではそんなコーヒーに塩をひとつまみ入れた塩コーヒーについて、ご紹介していきます。

 

塩をコーヒーに入れると味覚はどのように変わる?

塩をコーヒーに入れるとコーヒーの苦味や酸味などの角がとれ、まろやかな味わいになります。

言い換えれば、飲みやすいコーヒーになります。

 

なぜ飲みやすくなるかといいますと、人間の舌のうえで起こる化学反応が原因です。

 

食べ物などを口にしたときに感じる味は、甘味・塩味・酸味・苦味・旨味の5種類で構成されています。

この5つの味の中で複数の味が混ぜ合わったときには、味の相互作用という現象が起こるのですが、塩とコーヒー(塩味と酸味or苦味)の場合は抑制効果という現象がおこります。

抑制効果は両方の味の刺激が対等なときに一方または双方の味が弱められる現象。

そのため、コーヒーの苦味や酸味が、塩の塩味によって抑えられるということです。

似たような現象に、レモンに砂糖をかけることで酸味を抑える方法があります。

参照(外部サイト)です。:http://www.nihon-chouri.ac.jp/glossary/kihonaji/

科学的にも悪くない組み合わせということを理解していただけると思います。

 

エチオピアではメジャーなコーヒーに塩

科学的な話はさておき、コーヒーに塩を入れるのはエチオピアでは一般的な飲み方です。

エチオピアはコーヒー原産国の一つで、コーヒーの歴史が深い国。

そんなエチオピアには、日本の茶道のような風習で客人をもてなすコーヒーセレモニーという文化があるのです。

コーヒーセレモニーは客人などに1人合計3杯コーヒーを提供するとされ、2杯目にはコーヒーに塩を入れて提供する方式がとられています。

 

きちんとこれには理由があって、エチオピアで取れるコーヒーは「モカ・シダモ」というコーヒーで酸味が特徴。

コーヒーの飲み方も、現代のようにドリップして飲む方式ではく、コーヒー粉をお湯に溶いて上澄みだけ飲む方法のため、よりコーヒーの酸味や苦味などがダイレクトに感じられるんです。

そんな背景から、酸味が強いコーヒーを飲みやすくする方法として、塩を入れることが一般的になったと言われています。

 

また、エチオピアでは、コーヒーに砂糖よりもコーヒーには塩の方が一般的といわれています。

 

実はアメリカ海軍でも塩コーヒーが飲まれていた

エチオピアだけでなく、アメリカの海軍でも塩コーヒーが飲まれていたと言われています。

海軍風コーヒーと言われ、コーヒーを淹れる際にコーヒー粉に塩を入れてドリップするという手法。

 

アメリカで飲まれていたコーヒーがロブスタ種という我々が現在飲んでいるコーヒー(アラビカ種)よりも苦いものであったため、少しでも飲みやすくするためと言われています。

 

ちなみにロブスタ種はアラビカ種よりもカフェイン量が多いため、眠気覚まし、覚醒効果を期待して飲んでいたとも言えそうですね。

コーヒーに塩を入れて飲むメリットと塩に合うおすすめのコーヒーとは

コーヒーに塩を入れて飲むことは、科学的にも飲みやすくなると言え、海外のコーヒー原産国では一般的という話でしたが、身体的なメリットはあるのでしょうか。

また、塩入りコーヒーはどんなコーヒーでも合うのでしょうか。

こういった点について、解説しています。

 

塩コーヒーにはダイエット効果がある

ブラックコーヒーにはダイエット効果があるというのは有名な話ですが、塩を入れて飲むとより効果が期待できるようになります。

 

塩には腸内活動を促進する働きがあると言われています。

余分なものを排出する手助けをしてくれるため、塩はコーヒーのダイエット効果を促進してくれる良きパートナーと言えるでしょう。

 

コーヒーのダイエット効果は脂肪の燃焼効果や食欲抑制などがあげられます。

また、ダイエット以外にも様々な健康効果が見込まれると言われています。

詳しくは下記の記事でご紹介しています。

塩コーヒーに適したコーヒーはこれだ

コーヒーに塩を入れて飲んでみたいという場合、やはりおすすめしたいのはモカコーヒーです。

 

モカコーヒーは酸味が特徴的で、塩との抑制効果により、まろやかな酸味とフルーティーさを楽しむことができるでしょう。

マイルドな感じのコーヒーに入れるのもわるくないのですが、せっかくであれば酸味が特徴のコーヒー豆を組み合わせるのがおすすめ。

モカというのはイエメンやエチオピアなどのアフリカの北東部など原産のコーヒー豆を指すのですが、フルーティーな酸味が特徴的と言われています。

 

淹れる際はフレンチプレスがおすすめです。

 

なお、変わり種ですが、ちょっと古いコーヒーを飲むときに塩を加えるというのもありです。

古いコーヒーのえぐみがだいぶマシになるので、試してみてください。

コーヒーを余してしまうってかたは次の記事もおすすめ

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。

\21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします