コーヒーを水筒に入れるのは危険?話の真相を解説

水筒ユーザー

水筒にコーヒーを入れると金属が溶け出して金属中毒になると聞きましたが事実でしょうか。

事実ならとても怖いです。

そして、コーヒーを持ち運びできる水筒はあるのですか?

バリスタネコ
食中毒のリスクなどをよく聞きますよね、こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

水筒にコーヒーは危険って本当?

コーヒー持ち運びにおすすめの水筒

 

 

水筒にコーヒーは危険って本当?

水筒に酸性の飲み物(コーヒーやスポーツドリンクなど)を入れていると、中の金属が溶け出して身体に悪影響を与えるという話があるそうです。

はたして本当なのでしょうか、解説していきます。

 

巷で言われている危険な話

前にも出てきましたが、水筒にコーヒーを入れて持ち運びすることで内部の金属が傷つき、金属成分が溶け出すことで身体に悪影響を与えてしまう。

また、口をつけて飲むため、口内の雑菌が水筒内で繁殖してしまうなどです。

 

確かに一定の根拠がありそうですよね、

 

研究機関やメーカーの考えは?

結論から言ってしまうと、金属が溶けてしまい、身体に害を及ぼすことはないそうです。

 

メーカー担当者や健康安全センター担当者などのコメントがありますから、身体に影響が出るというのはデマ情報であると考えられますよね。

以下引用になります。

やはり、金属製の水筒にスポーツドリンクを入れるのは危険なのか。J-CASTニュースが18年7月25日、上述の東京都健康安全研究センターの担当者に聞くと、

「基本的には、金属製の水筒であっても内部にコーティングが施されている製品がほとんどですので、スポーツドリンクを入れたからといって、金属が溶け出すことはほぼないと考えています」

と説明。実際、類似の中毒事例の報告は「近年はほとんどありません。おそらく、08年の事例が最後だと思われます」という。

ただ担当者は、「今は少なくなっているかと思いますが、銅製の水筒では注意が必要です。内部に傷がついていて、酸性の液体を長時間入れていると、中毒の恐れはあります」とも指摘。一方で、

「水筒の素材がアルミや鉄であれば、少量の金属が溶け出したとしても中毒を起こすことは考え辛いです。よっぽど大きな傷が内部についているのであれば、話は別ですが」

とも話していた。引用元:https://www.j-cast.com

 

こちらはコーヒーよりも酸性度が強く、さらに塩分が含まれるスポーツドリンクに対する見解です。

メーカーやプロの方が一般使用においては酸性飲料を入れても問題ないと言っていますから問題はないと言えるでしょう。

 

しかし、100%安全というわけではないことはわかります。

重要なのは衛生面をきちんとしておくこと、水筒なんかはついつい洗い忘れてしまうことも多いですよね。

洗い忘れの積み重ねがリスクになることを把握した上で水筒を利用するべきでしょう。

 

水筒に入れても問題ないとわかれば一安心ではないでしょうか。

せっかくならば、コーヒーを入れて持ち運ぶことができるコーヒー向けの水筒を使いたいですよね。

では、どんな水筒がおすすめなのかについて、これからは解説していきます。

 

コーヒー持ち運びにおすすめの水筒

コーヒーを水筒で持ち運びたい方向けにおすすめの水筒をご紹介します。

 

コーヒーを持ち運びするならコーヒー用水筒がおすすめ

結局のところコーヒーを水筒に入れても安全なんですが、せっかく持ち込むなら専用水筒を使った方がいいです。

 

理由としてはやはり水などに比べるとコーヒーなどの酸性飲料は内部を痛めてしまう速度が早いことは否めません。

また、水筒の形状によっては洗い残しが発生しやすいものもあり、衛生面のリスクも考えられます。

しかし、コーヒー用水筒であれば、加味されていますから、リスクを抑えることができるだけでなく、コーヒーが美味しく飲めるよう設計されていますので、一石二鳥ではないでしょうか。

 

たとえば、カファのコーヒー用水筒やタンブラーなどがコーヒー用としては有名な水筒です。(タンブラーです。)

カファのコーヒー用水筒は、コーヒーを美味しく飲める水筒というキャッチフレーズで作られた商品。

匂い移りがしにくく、飲み口が広いので熱いコーヒーが飲みやすいのももちろんですが、大きい氷も入れることができるので、アイスコーヒーにもぴったりです。

ボトル内面にテフロン加工が施してあるため、耐用回数もしっかりしていますし、加工が強く剥げにくいのも特徴。

当然真空構造のため、当然保温と保冷はしっかりやってくれる水筒です。

コーヒーを持ち歩くということであれば、一番適しているのかなと思いますよ。

また、職場でコーヒーを淹れることができるならタンブラータイプのものもありますので、おすすめです。

 

おすすめの水筒として紹介しました。

とは言っても、まだまだ使える水筒があるのにあたらしいものを買う必要まではないのかなと思います。

せっかく買うならって程度で参考にして頂ければいいと思いますよ。

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめます。

この記事では以下の内容について解説してきました。

  • コーヒーなどの酸性飲料を水筒に入れると内部の金属が溶け出して食中毒になるという話があるが、信憑性はない。
  • もちろん不衛生なことが原因で内部の腐敗や液体の腐敗は十分考えられる。
  • 衛生的にしていればなんの問題もないので、そこだけ気をつけるようにしましょう。

本記事が貴方の参考になれば幸いです。

【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?

バリスタネコ
美味しいコーヒーを自宅や職場で簡単に飲むことができればとお悩みではありませんか?
または、インスタントや安いドリップバッグコーヒーなどのまずいコーヒーで困っていませんか?
もっと美味しいコーヒーを飲みたい人
できれば美味しいコーヒーを毎日飲めれば最高だけど・・・
私は一人暮らで仕事も忙しいから、片付けとか面倒なことは嫌。だから仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいます。
私も以前はハンドドリップで淹れていたけど、仕事が忙しくて今は・・・
しかし、美味しいコーヒーを飲むことはできていますよ。
せっかくここまで読んでいただいたのでご紹介しますね。
Name
多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。

 

コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。

特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?

 

また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?

わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。

 

そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。
それが、ネスカフェドルチェグストなんです。

ドルチェグストなら上記の問題をすべて解決できてしまうんです。

このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。
専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

 

そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・
しかし今なら、1日1杯以上コーヒーを飲む方ならなんとタダで手に入れることができるんです。


安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。

 

しかも今なら、2000円相当のラテグラスがタダでもらえるので、始めるには一番いい時期だと思いますよ。