コーヒーを淹れるならフレンチプレスがおすすめ、特徴などやさしく解説

コーヒーに興味がある人

フレンチプレスで淹れるコーヒーってどんな感じか知りたいです。

特徴など基本的なことを教えて下さい。

バリスタネコ

コーヒーの淹れ方を調べていくとたどり着くフレンチプレスは、美味しい上に簡単なためおすすめの淹れ方です。

本記事ではフレンチプレスについて、誰でもわかるよう紹介しています。

本記事の内容

フレンチプレスで淹れたコーヒーの特徴とは

フレンチプレス入門におすすめの器具なんかを紹介

 

 

フレンチプレスで淹れたコーヒーの特徴とは

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、他の淹れ方に比べて、コーヒー豆の味がストレートに引き出されたコーヒーになるのが特徴です。

これは、コーヒーの成分をほとんどろ過することなく抽出されるため。

結果として美味しいコーヒーが飲めるんですよ。

では、以下で詳しく紹介していきます。

 

最も簡単で最もコーヒー成分を抽出できるのがフレンチプレス

フレンチプレスの特徴は大きく2つあります。

  • 最も簡単なコーヒーの淹れ方である
  • 最もコーヒー豆を味わうことができる淹れ方である

 

フレンチプレスが簡単というのは、淹れる人の技術などが関係ないのが理由です。

コーヒー豆とお湯の量を計って、器具にいれてプレスするだけ。

基本的にコーヒーは淹れる人によって味わいがかわる飲み物。

良い豆があっても、適当に淹れたコーヒーだと美味しくないことも多々あります。

だから、バリスタなんて職業もあるんですよ。

しかし、フレンチプレスは誰がやっても味はほとんど変わりませんから、プロにお金を払わなくても、コーヒー豆さえ美味しければ美味しいコーヒーを飲むことができるんです。

こちらの記事を見ていただければどれだけ簡単かわかると思います。

 

記事の始めにも触れましたが、フレンチプレスはろ過されにくい淹れ方であるため、豆の味を味わえることになるんです。

コーヒーを淹れる方法としては、ペーパードリップ(コーヒーメーカー)がメジャーですよね。

ペーパードリップは紙でろ過しますが、フレンチプレスは紙よりも目が粗い金属製のフィルターでろ過します。

目が粗いので、他の方法では残らないコーヒーの油分や細かい粉などが、そのままコーヒー液に残りますので、よりコーヒー豆の味がはっきりとわかることになります。

油分と行ってもくどいものではなく旨味成分ですから、美味しさにつながるものと考えてくださいね。

 

フレンチプレスはいつ生まれた?

フレンチプレスですが、いつどこの国で生まれたのでしょうか。

フレンチの名の通りフランス生まれのようですが、ヨーロッパで全般的に使われていたようです。

コーヒープランジャーやコーヒープレスなど様々な呼び名で呼ばれています。

似たようなコーヒー抽出器具でエアロプレスがありますが、異なるものである。

 

ハンドドリップやコーヒーメーカーとの違いとは

フレンチプレスはハンドドリップやコーヒーメーカーといったメジャーな淹れ方とどのような点が異なるのでしょうか。

大きく異なる点をまとめると以下のとおり。

  • フレンチプレスとハンドドリップ(コーヒーメーカー)
  1. 使われるコーヒー豆の挽き具合
  2. コーヒーの味わい調整が簡単にできる
  3. コーヒーの味わいと香り

 

  • フレンチプレスとハンドドリップ
  1. ハンドドリップは淹れる人によって味わいが変わる

 

フレンチプレスはフィルターの目が粗いため、細かく挽いたコーヒー豆は使えません。

ハンドドリップ(コーヒーメーカー)よりも粗挽きのコーヒー豆を使うことになります。

一般的に豆を細かく挽いたほうが味が濃く苦味がつよくなります。

 

では、フレンチプレスは薄味なのかということになりますが、味わい調整が簡単にできるのもフレンチプレスの特徴です。

コーヒー豆が粗挽きでも、お湯につけておく時間を長くしたり、粉の量を増やせば濃く・苦くすることは可能。

そのため、自分好みの味わいを作りやすいのがフレンチプレスなのです。

 

あと、これはハンドドリップとフレンチプレスを比較した時の話ですが、フレンチプレスは淹れるのがとても簡単です。

一方ハンドドリップは経験が必要と言われています。(上でもでてきましましたね。)

しかしコーヒーメーカーもセットするだけなので、ペーパードリップで美味しいコーヒーを飲みたいときはコーヒーメーカーを使うのが無難です。

 

フレンチプレス入門におすすめの器具なんかを紹介

フレンチプレスに興味がある方向けにおすすめの器具や便利な使い方なんかをまとめておきます。

参考にしてみてください。

 

入門におすすめのフレンチプレス器具

フレンチプレス器具はコーヒー関連メーカーから何種類も販売されています。

選ぶときは、デザインと抽出量(一人なら350ml用でOK)で選びましょう。

 

安すぎるモノ以外はおおよそ中身はかわりません。

上で紹介したとおり、機能はシンプルなものだからですね。

具体的なおすすめ商品名などはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

 

アイスコーヒーも作れるのがフレンチプレス

ホットコーヒーだけでなくアイスコーヒーもフレンチプレスは作ることができます。

 

ホットで淹れて氷で一気に冷やす急冷法だけでなく、水出しコーヒー(コールドブリュー)も作ることができます。

ホットコーヒーと同じく簡単でコーヒー豆の旨味が出て美味しいアイスコーヒーができるので、夏にはおすすめです。

 

良い豆が手に入ったらフレンチプレスを使ってみよう

フレンチプレスはコーヒー豆の旨味を引き出してくれるコーヒーの淹れ方ですから、良い豆とあわせて使いたいところ。

良い豆というのはモノがいいのはもちろん、モノは普通でも新鮮なものだったりすればOK。

逆に古くなったコーヒー豆などは豆のまずさもそのまま出てきてしまうので、あまりおすすめはしません。

フレンチプレスとコーヒー豆については下の記事でもう少し深堀りして解説しています。

 

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします