コーヒーを淹れるならフレンチプレスがおすすめ、特徴などやさしく解説

コーヒーに興味がある人

フレンチプレスで淹れるコーヒーってどんな感じか知りたいです。

特徴など基本的なことを教えて下さい。

バリスタネコ

コーヒーの淹れ方を調べていくとたどり着くフレンチプレスは、美味しい上に簡単なためおすすめの淹れ方です。

本記事ではフレンチプレスについて、誰でもわかるよう紹介しています。

本記事の内容

フレンチプレスで淹れたコーヒーの特徴とは

フレンチプレス入門におすすめの器具なんかを紹介

 

 

フレンチプレスで淹れたコーヒーの特徴とは

フレンチプレスで淹れたコーヒーは、他の淹れ方に比べて、コーヒー豆の味がストレートに引き出されたコーヒーになるのが特徴です。

これは、コーヒーの成分をほとんどろ過することなく抽出されるため。

結果として美味しいコーヒーが飲めるんですよ。

では、以下で詳しく紹介していきます。

 

最も簡単で最もコーヒー成分を抽出できるのがフレンチプレス

フレンチプレスの特徴は大きく2つあります。

  • 最も簡単なコーヒーの淹れ方である
  • 最もコーヒー豆を味わうことができる淹れ方である

 

フレンチプレスが簡単というのは、淹れる人の技術などが関係ないのが理由です。

コーヒー豆とお湯の量を計って、器具にいれてプレスするだけ。

基本的にコーヒーは淹れる人によって味わいがかわる飲み物。

良い豆があっても、適当に淹れたコーヒーだと美味しくないことも多々あります。

だから、バリスタなんて職業もあるんですよ。

しかし、フレンチプレスは誰がやっても味はほとんど変わりませんから、プロにお金を払わなくても、コーヒー豆さえ美味しければ美味しいコーヒーを飲むことができるんです。

こちらの記事を見ていただければどれだけ簡単かわかると思います。

 

記事の始めにも触れましたが、フレンチプレスはろ過されにくい淹れ方であるため、豆の味を味わえることになるんです。

コーヒーを淹れる方法としては、ペーパードリップ(コーヒーメーカー)がメジャーですよね。

ペーパードリップは紙でろ過しますが、フレンチプレスは紙よりも目が粗い金属製のフィルターでろ過します。

目が粗いので、他の方法では残らないコーヒーの油分や細かい粉などが、そのままコーヒー液に残りますので、よりコーヒー豆の味がはっきりとわかることになります。

油分と行ってもくどいものではなく旨味成分ですから、美味しさにつながるものと考えてくださいね。

 

フレンチプレスはいつ生まれた?

フレンチプレスですが、いつどこの国で生まれたのでしょうか。

フレンチの名の通りフランス生まれのようですが、ヨーロッパで全般的に使われていたようです。

コーヒープランジャーやコーヒープレスなど様々な呼び名で呼ばれています。

似たようなコーヒー抽出器具でエアロプレスがありますが、異なるものである。

 

ハンドドリップやコーヒーメーカーとの違いとは

フレンチプレスはハンドドリップやコーヒーメーカーといったメジャーな淹れ方とどのような点が異なるのでしょうか。

大きく異なる点をまとめると以下のとおり。

  • フレンチプレスとハンドドリップ(コーヒーメーカー)
  1. 使われるコーヒー豆の挽き具合
  2. コーヒーの味わい調整が簡単にできる
  3. コーヒーの味わいと香り

 

  • フレンチプレスとハンドドリップ
  1. ハンドドリップは淹れる人によって味わいが変わる

 

フレンチプレスはフィルターの目が粗いため、細かく挽いたコーヒー豆は使えません。

ハンドドリップ(コーヒーメーカー)よりも粗挽きのコーヒー豆を使うことになります。

一般的に豆を細かく挽いたほうが味が濃く苦味がつよくなります。

 

では、フレンチプレスは薄味なのかということになりますが、味わい調整が簡単にできるのもフレンチプレスの特徴です。

コーヒー豆が粗挽きでも、お湯につけておく時間を長くしたり、粉の量を増やせば濃く・苦くすることは可能。

そのため、自分好みの味わいを作りやすいのがフレンチプレスなのです。

 

あと、これはハンドドリップとフレンチプレスを比較した時の話ですが、フレンチプレスは淹れるのがとても簡単です。

一方ハンドドリップは経験が必要と言われています。(上でもでてきましましたね。)

しかしコーヒーメーカーもセットするだけなので、ペーパードリップで美味しいコーヒーを飲みたいときはコーヒーメーカーを使うのが無難です。

 

フレンチプレス入門におすすめの器具なんかを紹介

フレンチプレスに興味がある方向けにおすすめの器具や便利な使い方なんかをまとめておきます。

参考にしてみてください。

 

入門におすすめのフレンチプレス器具

フレンチプレス器具はコーヒー関連メーカーから何種類も販売されています。

選ぶときは、デザインと抽出量(一人なら350ml用でOK)で選びましょう。

 

安すぎるモノ以外はおおよそ中身はかわりません。

上で紹介したとおり、機能はシンプルなものだからですね。

具体的なおすすめ商品名などはこちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

 

アイスコーヒーも作れるのがフレンチプレス

ホットコーヒーだけでなくアイスコーヒーもフレンチプレスは作ることができます。

 

ホットで淹れて氷で一気に冷やす急冷法だけでなく、水出しコーヒー(コールドブリュー)も作ることができます。

ホットコーヒーと同じく簡単でコーヒー豆の旨味が出て美味しいアイスコーヒーができるので、夏にはおすすめです。

 

良い豆が手に入ったらフレンチプレスを使ってみよう

フレンチプレスはコーヒー豆の旨味を引き出してくれるコーヒーの淹れ方ですから、良い豆とあわせて使いたいところ。

良い豆というのはモノがいいのはもちろん、モノは普通でも新鮮なものだったりすればOK。

逆に古くなったコーヒー豆などは豆のまずさもそのまま出てきてしまうので、あまりおすすめはしません。

フレンチプレスとコーヒー豆については下の記事でもう少し深堀りして解説しています。

 

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら