買ってはいけないコーヒーメーカーの見分け方【選び方教えます】

コーヒーメーカーを探している人
いい感じのコーヒーメーカーを探していますがたくさんあって選べません。
どのように選べば良いのか知りたいです。
高額なので、外したくないです。
おすすめも教えて下さい。

 

バリスタネコ
このようにコーヒーメーカーをさがしている方向けに買ってはいけないモノ目線解説していきます。
また、記事の最後では私のおすすめも解説していますので、選べない人は参考にしてみてください。

 

この記事を読んでわかること

  • コーヒーメーカーの種類とは?
  • 買ってはいけないコーヒーメーカーの特徴
  • 人気のコーヒーメーカーを買って失敗するケース
  • 自分にあったコーヒーメーカーを特徴と性能でチェック
  • タイプ別コーヒーメーカー比較!おすすめはこれだ!

 

この記事を書いているわたしは元コーヒー店員。
初心者向けにコーヒーメーカーの購入に際し後悔しないようわかりやすく情報提供いたします。
この記事を読み終えていただければ、買ってはいけないコーヒーメーカーを避け、買ってよかったコーヒーメーカーに出会えるでしょう。

 

目次

 

わたし的一人暮らしのベストアンサーはネスカフェドルチェグストです。

  • ボタン一つで誰でもおうちで本格カフェのコーヒーが飲める
  • 冬はホットやラテ・夏はアイスコーヒーと一年中大活躍
  • 1杯あたり57円~とコンビニや缶コーヒーの半額以下

\今なら21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします

 

コーヒーメーカーにはどのような種類がある?

コーヒーメーカーってたくさんの種類があって値段もバラバラ・・・

 

何が良いのかわからなくて困ってしまいますよね。

 

良い・悪いの前にどんな種類があるのかは押さえておきましょう。

 

コーヒーメーカーの種類

  • オーソドックスタイプ(抽出のみ)
  • 全自動タイプ(豆と水をセットするだけ)
  • エスプレッソマシン
  • カプセル式コーヒーメーカー

 

まずは、それぞれの特徴をわかりやすくあっさり紹介していきます。

 

オーソドックスなコーヒーメーカー

一番メジャーなタイプです。

職場などに置いてある方も多いのではないでしょうか。

 

使い方は簡単で

  1. 水とペーパーフィルター・コーヒー粉をセット
  2. 電源を入れると、温めたお湯を自動抽出
  3. コーヒーは画像のようにビンにたまる仕組み

 

 

バリスタネコ

特徴としては、安価・シンプル。

コーヒー豆を挽いたコーヒー粉が必要。人が手でやる作業を機械化したイメージ。

 

 

全自動コーヒーメーカー

全自動コーヒーメーカーは先に紹介した、オーソドックスなコーヒーメーカーの上位版というところでしょうか。

 

水とコーヒー豆をセットすると自動的に下部のビンにコーヒーが抽出されます。

 

“豆を挽いてフィルターにセット”という工程が省略されることから全自動式と言われています。

 

バリスタネコ
洗浄も自動化しているモデルすらあるので、煩わしい掃除もほぼ行わなくていいタイプも。

 

エスプレッソマシン

エスプレッソマシンはその名の通りエスプレッソを抽出するマシンです。

 

エスプレッソとレギュラーコーヒーだと、淹れ方だけでなく、豆の煎り具合・挽き方が異なるため、別物だと考えてOKです。

 

そのため

  • エスプレッソが飲みたいのか
  • レギュラーコーヒーが飲みたいのか

最低限ここははっきりさせておきたいところですね。

 

 

カプセル式マシン

カプセル式マシンは、コーヒー粉が入った専用カプセルからコーヒーを抽出するマシンです。

 

操作の簡単さとメンテナンスフリーっぷりは他より突出しています。

 

1杯ずつ抽出されることや、カプセルに使われているコーヒー豆が高品質なので、1杯淹れることに特化したマシンです。

 

バリスタネコ
カプセル式もエスプレッソ・レギュラーコーヒーとそれぞれあります。

 

買ってはいけないコーヒーメーカーの特徴とは?

買ってはいけないコーヒーメーカーの特徴は以下の5つです。

 

買ってはいけないコーヒーメーカーとは?

  • 飲みたいコーヒーを淹れられない
  • 機能が充実していない
  • サイズと需要があっていない
  • 手入れがしにくい
  • 毎日使いにくい

 

一つ一つ解説していきます。

 

 

飲みたいコーヒーを淹れられない

買ってはいけないコーヒーメーカーの特徴その1が、飲みたいコーヒーを淹れられないパターン。

 

コーヒーマシンによって淹れることのできるコーヒーが異なるので、この事象が発生します。
例えば・・・
  • エスプレッソマシン→レギュラーコーヒーは飲めない。
  • エスプレッソが飲みたい→エスプレッソマシンが必要
  • カフェラテ・カプチーノ→エスプレッソマシンが必要

 

飲みたいコーヒーとマシンの性能を一致させる必要があります。

 

機能が充実していない

機能が充実してない(しょぼい)マシンも買わない方が良いです。

 

格安のコーヒーメーカーに多いのですが、最低限の機能しか付いていません。

 

もちろん使えないことはないですが、わざわざ手間をかけてマシンを買って使うメリットは薄いでしょう。

 

割り切って買わないと、安物買いの銭失いとなるケースが多いです。

 

ちなみに必要な機能は以下の4つがあれば良いでしょう
  • 保温機能
  • 蒸らし機能
  • 抽出温度への配慮がある
  • スチームノズル(エスプレッソマシンのみ)

 

サイズがあっていない

 1番気にかけて欲しいのがサイズがあっていないというパターン。

 

個人的に買わない方が良いマシンの条件筆頭です。

 

例えば
  • 一人暮らしなのに4人用を買う
  • 家族みんなコーヒーを飲むのにカプセル式マシンを使う
  • キッチンが狭いのにどデカいマシンを買う
など

 

需要とマッチしないので、結局使わなくなることがほとんどです。

 

手入れがしにくい

手入れのしやすさも大切です。

 

なぜなら、いくら美味しいコーヒーを淹れることができたとしても、手入れが大変だと間違いなく使わなくなります。

 

コーヒーメーカーはガンガン使ってなんぼですよ。

 

毎日使いにくい

買わない方がいいコーヒーメーカー=毎日使いにくいものです。

 

毎日美味しいコーヒーを飲むためのコーヒーメーカーですから、使わなくなったときに
買わなければよかった…となるのです。

 

人気のコーヒーメーカーを買ったのに失敗・・・

人気のコーヒーメーカーを買えば間違いないのでは?

 

前述の買ってはいけないコーヒーメーカーを無視すると人気商品を買っても後悔するでしょう。

 

参考までに人気のコーヒーメーカーを買っちゃいけない人目線で紹介していきます。

 

以下の3つについて、紹介していきます。(全て売れ筋商品です。)
  • パナソニックNC-A57
  • デロンギマグフィニカS
  • ネスカフェバリスタ50

 

パナソニックNC-A57

人気コーヒーメーカーといえばパナソニックのマシンです。

 

豆から全自動でコーヒーを淹れることが出来るのですが、その分複雑な構造をしており、洗うのは大変です。

 

また、コーヒーミルがプロペラ式(安価なタイプ)なことから、臼式のミルを持っている方からすれば、
味に満足はいかないかもしれません。

 

デロンギマグフィニカS

デロンギのマシンはエスプレッソマシンです。

 

つまり、レギュラーコーヒーを求めている方やエスプレッソが苦手な方が買ってしまうと、
買わなければよかったコーヒーメーカーになってしまいます。

 

価格が6万もするので、失敗することはないだろうと思いそうですが、人によっては価格だけに大失敗になりえます。

 

ネスカフェバリスタ50

ネスカフェバリスタはインスタントコーヒーを美味しく飲むためのマシンです。

 

そのため、レギュラーコーヒーが飲みたい方からすれば肩透かしを食らいます。

 

自分に合ったコーヒーメーカーを性能と特徴でチェック

コーヒーメーカーは需要と機能を一致させないと、良いもの・評価の高いマシンでも買って後悔するマシンになってしまいます。

 

では、買ってよかったマシンを選ぶためにはどうすればいいのか。

 

答えは、自分が求めているコーヒーメーカーを知ることです。

 

具体的には次の2つをチェックしていくことで、あなたに合ったコーヒーメーカーが見つかるはずです。

 

  • 誰が・どんなコーヒーを飲む?
  • コーヒーメーカーの性能と価格から選ぶ

 

ここからは、コーヒーメーカーの選び方について、解説していきます。

 

 

誰がどんなコーヒーを飲むためのマシンなのか

コーヒーメーカー選びの本質は、誰がどんなコーヒーを飲むのか、飲みたいのかだと考えています。

 

ここをはっきりさせれば、美味しいコーヒーを飲むことができるからです。

 

さて、コーヒーメーカーのタイプは大きく次の4つに分類されるんでしたね。

コーヒーメーカー4分類

  • オーソドックスタイプ
  • 豆からひいてくれるタイプ
  • エスプレッソマシン
  • カプセル式コーヒーマシン

 

そして、「誰が」と「どんなコーヒー」ごとに分類し表にまとめてみました。
誰が どんなコーヒー おすすめのコーヒーメーカー
自分だけ~2人 レギュラーコーヒー オーソドックスタイプ

豆から挽いてくれるタイプ

カプセル式コーヒーマシン

エスプレッソ カプセル式コーヒーマシン(エスプレッソ)
3人以上

使用予定

レギュラーコーヒー オーソドックスタイプ

豆から挽いてくれるタイプ

エスプレッソ エスプレッソマシン

 

次にこの分類の中から何を選ぶか、解説していきます。

 

コーヒーメーカーの性能と価格からマシンを選ぶ

それぞれのマシンができること・性能と主要な価格帯を紹介していきます。

 

自身の予算や必要な機能から選んでいくと良いでしょう。

 

オーソドックスタイプ

オーソドックスタイプはコーヒーを抽出・ろ過するところを行ってくれるマシンです。
性能の違いが現れるのは、容量・容器・淹れ方です。

 

シンプル構造ですが、やはり値段が高いほうが優れていたりします。

 

容量では、安価なものは500ml程度、多いものは1リットル以上コーヒーを作ることができます。

 

容器だと、安価なものはガラス瓶、高いものは保温瓶(魔法瓶)でできています。

 

淹れ方については、基本的にはハンドドリップ。中にはサイフォン式のものもあります。

 

上位のモデルには、抽出時にコーヒー粉を蒸らす機能がついているマシンもあります。

 

主要な機能
保温機能・蒸らし機能・大量抽出
価格帯
3000円~50000円

 

豆からひいてくれる全自動式

全自動式コーヒーメーカーと呼ばれるものは、コーヒー豆をマシンが挽いてくれた上でコーヒーを淹れてくれます。

 

挽きたてのコーヒー豆が一番うまいですから、必然とオーソドックスタイプのマシンより美味しいコーヒーが飲めます。

 

しかし、高いです。

 

全自動式の中でも、価格帯が異なるのは付随する機能が異なるため。

 

良いマシンは、温度設定や抽出方法・ミル機能が高級な臼式だったりします。

 

そのため、値段の高さがより美味しいコーヒーを自動で淹れてくれると考えるとわかりやすいです。

 

このタイプを選ぶ際は、いくらまで出すことができるかが重要といえるでしょう。

 

主要な機能
ミル機能・保温機能・蒸らし機能・大量抽出・自動洗浄機能・浄水機能
価格帯
20,000円~50,000円

 

エスプレッソマシン

エスプレッソが飲みたい、カフェラテが飲みたい、ラテアートをやってみたいって方はエスプレッソマシンを選んでください。

 

エスプレッソもレギュラーコーヒーも両方いけるマシンはありますが、高額ですし、エスプレッソに寄ったレギュラーコーヒーです。

 

エスプレッソマシンの大きな差は
  • 全自動式か
  • 1杯用か2杯用か
  • ミルクを泡立てるミルクスチームがついているか
がポイント。

 

ミルクスチームは、カプチーノやラテアートを行いたい方は必須ですね。
良いものには大体ついていますよ。

 

主要な機能
全自動式・ミル機能・2杯抽出・ミルクスチーム・レギュラーコーヒー抽出
価格帯
20,000円~100,000円

 

 

カプセル式コーヒーメーカー

カプセル式は、専用カプセルからコーヒーを抽出するコーヒーメーカーです。

 

レギュラーコーヒータイプもエスプレッソタイプもあります。

 

上記3タイプと違い、コーヒー豆・粉ではなく、専用のコーヒーカプセルを買う必要があります。

 

メリットとしては、掃除が楽で淹れるのも簡単、掃除不要とめんどくさがりさんには神アイテム。
デメリットは、1杯あたりの値段がちょっと高いのと、自分の好きなコーヒー豆を買ってきて淹れることはできないこと。

 

ちなみにコーヒーの味は、値段がちょっと高いだけあって美味しいです。
主要な機能
カプセル抽出機能
価格帯
0円(無料)~30,000円

 

タイプ別コーヒーメーカー比較!おすすめはこれだ!

タイプ別のおすすめを紹介していきたいと思います。

 

オーソドックスタイプのコーヒーメーカー

3種類紹介します。
レギュラーコーヒー派向け、抽出サイズに気を付けて選びましょう。
  • 珈琲通
  • サイフォン式コーヒーメーカー
  • バルミューダ ザ・ブリュー コーヒーメーカー

 

珈琲通

オーソドックスなコーヒーメーカーです。
水道水のカルキを抜いてくれる効果がついていて、美味しいコーヒーを淹れることができます。
値段もかなり安いので、安くて良いものがほしい方にはおすすめ。

 

サイフォン式コーヒーメーカー

自宅で本格的なサイフォン式コーヒーが飲めます。
コーヒーはハンドドリップで淹れるけど、サイフォンも試したいコーヒーマニアの方におすすめ

 

バルミューダ ザ・ブリュー コーヒーメーカー

徹底的にこだわり抜いた自動ドリップ技術で、ご家庭で美味しいコーヒーを味わえます。
値段は張りますが、所有欲を満たすおしゃれなデザインと美味しいコーヒーで満足度は高いでしょう。

 

豆からひいてくれるタイプのコーヒーメーカー

3種類紹介します。
レギュラーコーヒー派向け、抽出量に気を付けて選びましょう。
  • シロカ全自動コーヒーメーカー
  • パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー
  • ツインバード 全自動コーヒーメーカー

 

シロカ全自動コーヒーメーカーSC-A111

sirocaの全自動コーヒーメーカーになります。

デザインがおしゃれ。

小さくコンパクトなマシンですが、豆から挽いてくれるので毎回美味しいコーヒーを飲むことができます。

蒸らし機能とメッシュフェルターのおかげか普通のコーヒーメーカーよりも美味しく感じますよ。

 

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ

全自動式で価格もそこそことコスパが良い人気商品。
豆から挽いて淹れてくれるのはもちろん、浄水機能と自動洗浄機能付き。
アマゾンのレビューでもベストセラー商品&星4.5と高評価
コーヒー豆を買って、簡単にコーヒーを飲んでみたいって方はは買って間違いないです。

 

ツインバード 全自動コーヒーメーカー

かなり値は張りますが、本当に美味しいコーヒーが飲みたい方はこちらのマシンがおすすめ。
高価な臼式のミルを採用しているため、雑味の少ないコーヒーが味わえます。(前2つのマシンは安価ミルのプロペラ式)
1杯~3杯まで淹れるモデルと最大6杯まで淹れるモデルの2種類あるのも良いですね。

 

エスプレッソマシン

エスプレッソマシンは2種類
家庭でエスプレッソが飲みたい×複数人家庭におすすめ。
  • デロンギマグニフィカS 
  • デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー

 

デロンギ コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカS ブラック ECAM23120BN

家庭でもお店で飲むようなエスプレッソや、カフェラテなどの派生メニューを作ってみたい方はこちらがおすすめ。
ホットやアイスはもちろんミルク系メニューも一通りこちらがあれば再現可能。
もっとも定番のエスプレッソマシンと言えるでしょう。

 

かなり高額ですよね、しかしまだ安い方。
エスプレッソマシンはコーヒーメーカーとは仕組みが違うため、高くなりがちです。
レギュラーコーヒーのベストセラー商品がパナソニックのコーヒーメーカーなら、エスプレッソの場合はこちらのデロンギマグフィニカSです。

 

デロンギ エスプレッソ・カプチーノメーカー ブラック×シルバー EC152J

エスプレッソマシンにしてはリーズナブルな値段。

機能も最低限のものがついているのでエスプレッソ入門にはぴったりの機種です。

安くて良いものがほしい人向け

上のマシンとは比べてはいけない。

 

 

カプセル式コーヒーメーカー

3つ紹介します。
一人暮らし~2人まで用でしょう。
  • ネスプレッソ
  • ネスカフェドルチェグスト
  • UCCドリップポッド

 

ネスプレッソ

エスプレッソが飲みたいけど、マシンに5万もかけたくないし、掃除や細かい操作は面倒ならこちらがおすすめ。

カプセル式ですので、カプセルをセットしてスイッチ1つで、圧倒的クオリティーのコーヒーが飲めます。

 

バリスタネコ
ネスプレッソのコーヒーは、高級ホテルや3つ星レストランでも採用されています。

 

掃除もほとんど必要ないうえ、サイズもコンパクトなので(エスプレッソマシンは結構大きいです)

一人暮らしのキッチンにも容易に設置可能です。

実際に私も使っています。

関連記事

ネスプレッソに興味がある人 ネスプレッソってコーヒーマシンに少し興味があるので、どんなものか詳しく知りたいなぁ   バリスタネコ こういった疑問をお持ちの方向けに、約1年間ネスプレッソを使い続け[…]

 

ネスカフェドルチェグスト

レギュラーコーヒーが飲みたい方でとにかく簡単な操作性を求めるかたにはネスカフェドルチェグストをおすすめします。

カプセル式なので、何種類もある豆の中から選ぶ必要もありませんし、掃除の必要もほとんどありません。

 

味も美味しいコーヒーが飲めます。

 

朝の忙しい時間や疲れて帰ってきた夜でもカプセルをセットしてすぐに美味しいコーヒーを1杯抽出することができます。

 

ちなみに私もフル活用しています。詳しくは下記をどうぞ。

 

ネスカフェドルチェグストについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

実際の使用レビュー等丁寧に解説しています。

参考記事ドルチェグストをコーヒー店員が口コミ評価【おうちがカフェに】

関連記事

ドルチェグストに興味がある人 ネスカフェドルチェグストを実際に使っている人の口コミや評判が知りたいです。 いい点も悪い点も包み隠さず教えてほしいです。   バリスタネコ […]

 

 

UCCドリップポッド

ドリップポッドはUCC上島珈琲が販売している国産のカプセル式マシンです。

 

ネスカフェドルチェグストは苦みのあるコーヒーですが、ドリップポッドはマイルドな味。
喫茶店で飲む優しい味わいのコーヒーが家庭で飲めます。
バリスタネコ
ドルチェグストとドリップポッドで迷う場合はコーヒーのタイプで決めましょう。

 

UCCドリップポッドも私自身使用中です。

 

UCCドリップポッドについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

レビューしつつ良い点をわかりやすく解説しています。

参考記事【UCCドリップポッド口コミレビュー】一人暮らしの方におすすめしたい3つの理由【無料あり】

関連記事

コーヒーマシンを探している人 UCCドリップポッドが気になっています。 一人暮らし用としてはどうなんだろう? インスタントより美味しいコーヒーを飲みたいと思っているのですが・・・  […]

 

 

まとめ:買ってよかったと思えるために

最後に本記事についてまとめです。
買ってはいけないコーヒーメーカーの特徴
  • 飲みたいコーヒーを淹れられない
  • 機能が充実していない
  • サイズと需要があっていない
  • 手入れがしにくい
  • 毎日使いにくい
バリスタネコ
たくさん種類があるので、まずは自分に必要な条件を見極めましょう。

 

買ってよかったコーヒーメーカーを選ぶ方法

  • 誰が・どんなコーヒーを飲む?
  • コーヒーメーカーの性能と価格から選ぶ
バリスタネコ
レギュラーコーヒーかエスプレッソか、使用人数は何人かがポイント。

 

一人暮らしや少数におすすめのコーヒーメーカー
・ネスカフェドルチェグスト
・UCCドリップポット
家族みんなで飲むなら
・ツインバード全自動コーヒーメーカー
エスプレッソ派のあなた
・デロンギマグフィニカS
・ネスプレッソ

 

バリスタネコ
個人的には単身ならカプセル的激推しです。

 

買ってはいけないコーヒーメーカーの見分け方と、コーヒーメーカー選び方でした。

それでは良いコーヒーライフを。