コーヒー豆10gの測り方を画像で元店員が解説【大さじ2杯でOK】

コーヒーを淹れようとしている人

コーヒーを入れる際の豆の量は大さじ何杯か知りたいです。

コーヒー豆用のスプーンがありませんので・・・

また、大さじ以外にも代替可能なものがあれば知りたいです。

 

バリスタネコ
こういった疑問に答えるため、本記事ではコーヒー豆の計量について解説していきます。

 

記事を読んでわかること

  • コーヒーを淹れる際の豆(粉)の量は大さじで計るポイント
  • コーヒー豆を計るのに使える身近な道具がわかる

 

この記事は元コーヒー店員の私が、実際にコーヒーを淹れる際の参考情報として、作成しました。

 

コーヒーを淹れる際に、どうやって豆の量を計ろうか困っている方はチェックしてみてください。

 

コーヒー1杯の豆の量はもちろん、代表品を用いたはかり方まで解説していますので、覚えちゃえばどこでも、計量ができるようになりますよ。

 

 

 

ドリップコーヒー1杯分の豆の量はは大さじ2杯分である

結論から言ってしまうと、コーヒー1杯分(180ml)に必要なコーヒー豆の量はすりきり大さじ2杯分(10g)です。

 

補足知識を含めてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

ドリップコーヒー1杯に必要な豆の量とは

コーヒー1杯に必要な豆の量は10g、これは大さじでいうと、おおよそすりきり2杯分になります。

 

ちなみにお湯の量は140ml~180mlになります。

 

各コーヒーメーカー(チェーン)のサイトを見ると、推奨分量が表示されています。

 

また、コーヒーに関する書籍にも大体10gとされています。

 

有名コーヒーブランドのおすすめ量を見てみましょう。

 

スターバックス

180mlの水に対して大さじ2杯(10g)のコーヒーの粉がスターバックスのおすすめです。

https://www.starbucks.co.jp/howto/coffee/skill.html

 

スタバのコーヒーは焙煎度合いが強い、いわゆる濃いめ・苦めのコーヒーなので、水の量は少し多めなのかもしれません。

 

UCC

カップ一杯分(約140cc)あたり、10~12gが適量です。

https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/drip.html

 

キーコーヒー

分量は、1杯分=粉10g:出来上がり量120㏄です。

https://www.keycoffee.co.jp/story/culture/expert/paper

 

濃さは完全に好みですが、おおよそコーヒー豆の量は10g程度というのは共通ですね。

 

若干の差はコーヒー豆の焙煎度合いや好みで変えてもOK。という感じで問題ないでしょう。

 

実際に10gコーヒー豆を計ってみた

せっかくなので実際に計ってみました、参考にしてみてください。

大体これくらいの量を2回すくって・・・

11gでした。いい感じではないでしょうか。

 

バリスタネコ
コーヒー1杯分の豆は大さじ2杯と覚えてしまいましょう

 

補足:mlとCCについて

コーヒーの量を示すときにmlとCCという2つの単位が使われることがありますが、実際の量は同じです。

 

つまり100mlは100ccいうこと。

 

今はccって単位はあまり使わないそうです。(様々な表記がmlになっているはずです。)

 

コーヒー豆を挽いた粉の場合は大さじ何杯?

 

コーヒー粉の場合も豆と同じですりきり2杯でOKです。

 

粉状で大さじ計量した場合の方が若干多くなりますが、誤差の範囲内です。

 

こちらも実演してみましたので、参考にどうぞ。

すりきり大さじ2杯で計量してみました。

 

9gでした。

 

少し足したら10gでしたので、私のはかり方が悪かったのかもしれませんね。

 

豆も粉もほとんど変わりないことがわかっていただけたと思います。

 

 

バリスタネコ
挽いた後のコーヒー粉も大さじ2杯=コーヒー1杯分です。

 

レギュラーコーヒーについて、もう少し詳しく知りたい方は、下記ののページもチェックしてみてください。

≫コーヒー1杯で何グラムの豆が必要?一人分購入時の目安など教えます。

関連記事

コーヒー初心者の人 コーヒー1杯で何グラムの豆を使いますか? コーヒー豆を買ってみようと思うのですが、どのくらい買えばいいのかわかりません。 一人暮らしなので、そんなにたくさんは飲めないと思います。 […]

 

 

インスタントコーヒーの場合の計り方

 

ついでにインスタントコーヒーの場合も見てみましょう。

 

インスタントコーヒーの場合は、ティースプーン1杯分が適量になります。

 

大さじなら3分の1程度、小さじ1杯程度でしょうか。

 

この分量はインスタントコーヒーの適量である1.5~2gを計るための方法です。

 

日本インスタントコーヒー協会

コーヒーカップ(約140ml)に適量のインスタントコーヒーは小さじ1杯(約2g)ですが、お好みで味を加減してください。

インスタントコーヒー協会:https://instant-coffee.org/nyumon/howto_1/

インスタントコーヒー協会ではこのように紹介されていますので、2g程度が適量です。

 

コーヒーカップ1杯分なので、マグカップでインスタントコーヒーを飲む場合はスプーン1杯では足りないと思います。

 

お好みで、1.5~2杯程度いれましょう。

 

ちなみにインスタントコーヒーの正しい淹れ方は下記の記事で詳しく解説していますので、気になる方はどうぞ。

せっかく飲むなら美味しいインスタントコーヒーを飲みませんか?

厳選してわかりやすく紹介しています。

関連記事【店員イチオシ】めちゃくちゃ美味しいインスタントコーヒーを5つに絞って紹介

関連記事

美味しいインスタントコーヒーを探している人  一番美味しいインスタントコーヒーが知りたいです。 あと、できれば安く買いたいと考えています。   バリスタネコ こうい[…]

 

バリスタネコ

インスタントコーヒーの場合はこさじ1杯(ティースプーン1杯)程度が適量。

 

 

コーヒー豆をはかる際に使える身近なものとは

コーヒーを淹れる際の豆の計量ですが、ほかにどのようなもので代替できるのでしょうか。

 

身近なものとして以下の3つを紹介させていただきます。

身近な計量グッズ

  • はかり
  • ティースプーン・カレースプーン
  • ペットボトルのキャップ

 

コーヒー豆を計量するアイテム:はかり

まずははかりですが、これは言うまでもないですね。

10g計ってみてください。

ついでに水(お湯)の量も図っておきましょう。

 

ちなみにコーヒーを淹れる一連の動作をはかりの上で行うとスムーズに美味しいコーヒーを淹れることができます。

豆の量から蒸らしの量まできっちり図るとおいしいコーヒーができますよ、おすすめの手法です。

バリスタネコ
面倒でなければすべて完結できるはかりを使ってコーヒーを淹れることをお勧めします。

 

そのほかコーヒーに必要な器具等は下記のページでも詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

≫【コーヒー初心者向け】おすすめ器具と知っておきたいことまとめ【家でも失敗しない】

 

コーヒー豆を計量するアイテム:ティースプーン・カレースプーン

大さじのスプーンもないよって場合はティースプーンやカレースプーンでも応用可能です。

 

  • ティースプーンの場合は7杯
  • カレースプーンの場合は2杯

 

それぞれ摺り切り程度で。

若干の誤差は出ますが、お湯の量等でカバーできる範囲です。

 

ティースプーンはサイズにもよりますが1.5~2g程度の計量が可能。

カレースプーンは大さじ1杯と同等といわれています。大さじ同様に使います。

 

ティースプーン・カレースプーン両方実際に試してみました。

1杯目は2gでしたが、7回分計ると・・・

11gに落ち着きました。

 

カレー用スプーンですが、1杯5~6g程度でした。

画像は2杯目です。

バリスタネコ
個体差はありますが、ティースプーンなら7杯、カレースプーンの場合は2杯で代用可能です。

 

コーヒー豆を計量するアイテム:ペットボトルのふた

 

最後はペットボトルのふたです。

ペットボトルのふたを使う場合は4杯でコーヒー1杯分になります。

 

ペットボトルのふたは規格がほとんど同じなため、一定量を図ることができます。

 

ペットボトルのふたは大さじ0.5杯の計量が可能ですので、コーヒー豆を4回すくえばコーヒー1杯分ということになります。

もちろん試してみました。

 

都合上若干サイズが違うものを使わざるおえませんでした。

 

浅いタイプではない普通のものであれば4杯でいけそうです。

 

バリスタネコ
ペットボトルのふたなら4杯分でコーヒー1杯分です。

 

ここまでいろいろ紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

正直言ってしまうと、安いので1本くらいコーヒー用計量スプーンを持っておくといいと思いますよ。

 

 

自宅で至高のコーヒーを飲む方法とは?

元コーヒー店員の私が考える、自宅でのコーヒータイムを各段にレベルアップさせる

おすすめの方法をお教えします。

 

お手軽度優先インスタントコーヒー派の方向け 

「おうちでももう少し美味しいコーヒーが飲みたい」

「カフェのコーヒーは好きだけど家のは微妙・・・」

 

このような悩みの原因は99%は、なんとなくコーヒーを選んでいるから。

 

少しだけこだわりを持ってあげれば、家でも美味しいコーヒーが飲めますよ。

 

もうすこし美味しいコーヒーが飲みたいというあなたは、次の方法を試してみるのがおすすめです。

  • 正しい方法でインスタントコーヒーを淹れてみる
  • ちょっと良いインスタントコーヒーを買ってみる

 

下記の記事では、インスタントコーヒーの正しい淹れ方からおすすめの銘柄まで、詳しく解説しています。

関連記事

美味しいインスタントコーヒーを探している人  一番美味しいインスタントコーヒーが知りたいです。 あと、できれば安く買いたいと考えています。   バリスタネコ こうい[…]

 

コーヒー豆から淹れたいこだわり派向け

  • インスタントから本格的なコーヒーへレベルアップしたい
  • 豆からコーヒーを淹れているけど美味しくない・・・
  • 高い機材(ミル・コーヒーメーカー)に手を出そうとしている

 

・・・など考えている方へ

 

家庭で美味しいコーヒー飲むポイントがあります。

淹れ方でしょうか?機材でしょうか?

・・・

いいえ、コーヒー豆の質です。結局はどれだけしっかりした豆で淹れるかにかかってます。

 

そして、良い豆は近所のスーパーやショーケースでくたびれた豆を測り売りしているお店では手に入りません。

ではどこで手に入る・・・?

答えは通販です。

美味しいコーヒー豆を通販で購入しましょう。世界が変わります。

 

下記の記事でおすすめのコーヒー豆について解説していますので、詳しくはご参照ください。

関連記事

美味しいコーヒーを探している人 美味しいコーヒーが飲みたいです。 ネット通販でちょっと良いコーヒー豆を買いたいのですが、よくわかりません。おすすめを教えてください。 いろいろ試せるとうれしいです。  […]

 

美味しい上に初回の割引が熱いので迷っている方はコーヒーきゃろっとさん結構おすすめです。

関連記事

珈琲きゃろっと検討中の人 珈琲きゃろっとというコーヒー店が気になっています。 ネットで調べると怪しい・ステマなど出てきますが、大丈夫なのでしょうか 実際に利用したことがある方の意見を聞いてみたいです。 ここのコーヒー[…]

 

現役世代には美味しさと楽さを兼ね備えたカプセル式を一押ししたい。

美味しいコーヒーを飲むために必要なことは

  • 良い豆を使う
  • 正しい方法で淹れる

この2つが欠かせません。

しかし、お金も手間もかかります。

これを読んでいただいている方の多くが、「毎日忙しいしお金に余裕があるわけではない」のではないでしょうか。

 

そんな現役世代には、手間がかからず美味しいコーヒーを飲める「カプセル式コーヒーマシン」がおすすめです。

 

カプセル式を使えば、40秒程度で、コンビニで売っているような美味しいコーヒーを、半分以下の値段自宅で飲むことができます。

 

私も自宅で飲むコーヒーの90%はカプセル式コーヒーマシンを使っています。

 

カプセル式コーヒーマシンについては下記の記事で詳しく解説しています。

メジャーな5機種を比較し、選び方・おすすめポイント・コスパなど解説しています。

関連記事コーヒー店員が選ぶ一人暮らしにおすすめのカプセル式コーヒーメーカー5選

関連記事

コーヒーメーカーが欲しい人 カプセル式コーヒーメーカーのおすすめが知りたいです。 当方一人身なのでコーヒー粉を使い切れないため、カプセル式コーヒーメーカーを検討中です。 カプセル式コーヒーメーカーのメリ[…]

 

バリスタネコ

ちなみに私が一番愛用しているのはネスカフェドルチェグスト。

コーヒーの味わい・価格のコスパが一番良いと感じています。

 

ネスカフェドルチェグスト
5
価格帯 種類 容量
10,000円~(無料あり) カプセル式 1人~2人
特徴

  • カプセル式国内人気No1
  • コーヒーの味が良く、カプセル式で1番安いため、コスパ◎
  • マシンが無料で使えるサービスあり
バリスタネコ

ネスカフェドルチェグストはこんな人におすすめ

  • インスタントコーヒーからランクアップしたい人
  • 面倒なことなしにコスパ良く美味しいコーヒーが飲みたい人