コーヒー豆10gの測り方を画像で元店員が解説【大さじ2杯でOK】

コーヒーを淹れようとしている人

コーヒーを入れる際の豆の量は大さじ何杯か知りたいです。

コーヒー豆用のスプーンがありませんので・・・

また、大さじ以外にも代替可能なものがあれば知りたいです。

 

バリスタネコ
こういった疑問に答えるため、本記事ではコーヒー豆の計量について解説していきます。

 

記事を読んでわかること

  • コーヒーを淹れる際の豆(粉)の量は大さじで計るポイント
  • コーヒー豆を計るのに使える身近な道具がわかる

 

この記事は元コーヒー店員の私が、実際にコーヒーを淹れる際の参考情報として、作成しました。

 

コーヒーを淹れる際に、どうやって豆の量を計ろうか困っている方はチェックしてみてください。

 

コーヒー1杯の豆の量はもちろん、代表品を用いたはかり方まで解説していますので、覚えちゃえばどこでも、計量ができるようになりますよ。

 

 

 

ドリップコーヒー1杯分の豆の量はは大さじ2杯分である

結論から言ってしまうと、コーヒー1杯分(180ml)に必要なコーヒー豆の量はすりきり大さじ2杯分(10g)です。

 

補足知識を含めてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

ドリップコーヒー1杯に必要な豆の量とは

コーヒー1杯に必要な豆の量は10g、これは大さじでいうと、おおよそすりきり2杯分になります。

 

ちなみにお湯の量は140ml~180mlになります。

 

各コーヒーメーカー(チェーン)のサイトを見ると、推奨分量が表示されています。

 

また、コーヒーに関する書籍にも大体10gとされています。

 

有名コーヒーブランドのおすすめ量を見てみましょう。

 

スターバックス

180mlの水に対して大さじ2杯(10g)のコーヒーの粉がスターバックスのおすすめです。

https://www.starbucks.co.jp/howto/coffee/skill.html

 

スタバのコーヒーは焙煎度合いが強い、いわゆる濃いめ・苦めのコーヒーなので、水の量は少し多めなのかもしれません。

 

UCC

カップ一杯分(約140cc)あたり、10~12gが適量です。

https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/drip.html

 

キーコーヒー

分量は、1杯分=粉10g:出来上がり量120㏄です。

https://www.keycoffee.co.jp/story/culture/expert/paper

 

濃さは完全に好みですが、おおよそコーヒー豆の量は10g程度というのは共通ですね。

 

若干の差はコーヒー豆の焙煎度合いや好みで変えてもOK。という感じで問題ないでしょう。

 

実際に10gコーヒー豆を計ってみた

せっかくなので実際に計ってみました、参考にしてみてください。

大体これくらいの量を2回すくって・・・

11gでした。いい感じではないでしょうか。

 

バリスタネコ
コーヒー1杯分の豆は大さじ2杯と覚えてしまいましょう

 

補足:mlとCCについて

コーヒーの量を示すときにmlとCCという2つの単位が使われることがありますが、実際の量は同じです。

 

つまり100mlは100ccいうこと。

 

今はccって単位はあまり使わないそうです。(様々な表記がmlになっているはずです。)

 

コーヒー豆を挽いた粉の場合は大さじ何杯?

 

コーヒー粉の場合も豆と同じですりきり2杯でOKです。

 

粉状で大さじ計量した場合の方が若干多くなりますが、誤差の範囲内です。

 

こちらも実演してみましたので、参考にどうぞ。

すりきり大さじ2杯で計量してみました。

 

9gでした。

 

少し足したら10gでしたので、私のはかり方が悪かったのかもしれませんね。

 

豆も粉もほとんど変わりないことがわかっていただけたと思います。

 

 

バリスタネコ
挽いた後のコーヒー粉も大さじ2杯=コーヒー1杯分です。

 

レギュラーコーヒーについて、もう少し詳しく知りたい方は、下記ののページもチェックしてみてください。

≫コーヒー1杯で何グラムの豆が必要?一人分購入時の目安など教えます。

関連記事

コーヒー初心者の人 コーヒー1杯で何グラムの豆を使いますか? コーヒー豆を買ってみようと思うのですが、どのくらい買えばいいのかわかりません。 一人暮らしなので、そんなにたくさんは飲めないと思います。 […]

 

 

インスタントコーヒーの場合の計り方

 

ついでにインスタントコーヒーの場合も見てみましょう。

 

インスタントコーヒーの場合は、ティースプーン1杯分が適量になります。

 

大さじなら3分の1程度、小さじ1杯程度でしょうか。

 

この分量はインスタントコーヒーの適量である1.5~2gを計るための方法です。

 

日本インスタントコーヒー協会

コーヒーカップ(約140ml)に適量のインスタントコーヒーは小さじ1杯(約2g)ですが、お好みで味を加減してください。

インスタントコーヒー協会:https://instant-coffee.org/nyumon/howto_1/

インスタントコーヒー協会ではこのように紹介されていますので、2g程度が適量です。

 

コーヒーカップ1杯分なので、マグカップでインスタントコーヒーを飲む場合はスプーン1杯では足りないと思います。

 

お好みで、1.5~2杯程度いれましょう。

 

ちなみにインスタントコーヒーの正しい淹れ方は下記の記事で詳しく解説していますので、気になる方はどうぞ。

せっかく飲むなら美味しいインスタントコーヒーを飲みませんか?

厳選してわかりやすく紹介しています。

関連記事【店員イチオシ】めちゃくちゃ美味しいインスタントコーヒーを5つに絞って紹介

関連記事

美味しいインスタントコーヒーを探している人  一番美味しいインスタントコーヒーが知りたいです。 あと、できれば安く買いたいと考えています。   バリスタネコ こうい[…]

 

バリスタネコ

インスタントコーヒーの場合はこさじ1杯(ティースプーン1杯)程度が適量。

 

 

コーヒー豆をはかる際に使える身近なものとは

コーヒーを淹れる際の豆の計量ですが、ほかにどのようなもので代替できるのでしょうか。

 

身近なものとして以下の3つを紹介させていただきます。

身近な計量グッズ

  • はかり
  • ティースプーン・カレースプーン
  • ペットボトルのキャップ

 

コーヒー豆を計量するアイテム:はかり

まずははかりですが、これは言うまでもないですね。

10g計ってみてください。

ついでに水(お湯)の量も図っておきましょう。

 

ちなみにコーヒーを淹れる一連の動作をはかりの上で行うとスムーズに美味しいコーヒーを淹れることができます。

豆の量から蒸らしの量まできっちり図るとおいしいコーヒーができますよ、おすすめの手法です。

バリスタネコ
面倒でなければすべて完結できるはかりを使ってコーヒーを淹れることをお勧めします。

 

そのほかコーヒーに必要な器具等は下記のページでも詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

≫【コーヒー初心者向け】おすすめ器具と知っておきたいことまとめ【家でも失敗しない】

 

コーヒー豆を計量するアイテム:ティースプーン・カレースプーン

大さじのスプーンもないよって場合はティースプーンやカレースプーンでも応用可能です。

 

  • ティースプーンの場合は7杯
  • カレースプーンの場合は2杯

 

それぞれ摺り切り程度で。

若干の誤差は出ますが、お湯の量等でカバーできる範囲です。

 

ティースプーンはサイズにもよりますが1.5~2g程度の計量が可能。

カレースプーンは大さじ1杯と同等といわれています。大さじ同様に使います。

 

ティースプーン・カレースプーン両方実際に試してみました。

1杯目は2gでしたが、7回分計ると・・・

11gに落ち着きました。

 

カレー用スプーンですが、1杯5~6g程度でした。

画像は2杯目です。

バリスタネコ
個体差はありますが、ティースプーンなら7杯、カレースプーンの場合は2杯で代用可能です。

 

コーヒー豆を計量するアイテム:ペットボトルのふた

 

最後はペットボトルのふたです。

ペットボトルのふたを使う場合は4杯でコーヒー1杯分になります。

 

ペットボトルのふたは規格がほとんど同じなため、一定量を図ることができます。

 

ペットボトルのふたは大さじ0.5杯の計量が可能ですので、コーヒー豆を4回すくえばコーヒー1杯分ということになります。

もちろん試してみました。

 

都合上若干サイズが違うものを使わざるおえませんでした。

 

浅いタイプではない普通のものであれば4杯でいけそうです。

 

バリスタネコ
ペットボトルのふたなら4杯分でコーヒー1杯分です。

 

ここまでいろいろ紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

 

正直言ってしまうと、安いので1本くらいコーヒー用計量スプーンを持っておくといいと思いますよ。

 

 

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします