コーヒー1杯の豆(粉)は大さじ何杯?代わりに計れるものも紹介

コーヒーを淹れようとしている人

コーヒーを入れる際の豆の量は大さじ何杯か知りたいです。

コーヒー豆用のスプーンがありませんので・・・

また、大さじ以外にも代替可能なものがあれば知りたいです。

 

バリスタネコ
こういった疑問に答えるため、本記事ではコーヒー豆の計量について解説していきます。

 

この記事を読んでわかること

  • コーヒーを淹れる際の豆(粉)の量は大さじ何杯で計ることが可能か
  • コーヒー豆を計るのに使える身近な道具がわかる

 

 

コーヒー1杯分の豆の量はは大さじ2杯分である

結論から言ってしまうと、コーヒー1杯分(180ml)に必要なコーヒー豆の量はすりきり大さじ2杯分(10g)です。

 

補足知識を含めてもう少し詳しく解説していきたいと思います。

 

そもそもコーヒー1杯に必要な豆の量とは

すでに触れましたが、コーヒー1杯に必要な豆の量は10g、これは大さじでいうと、おおよそすりきり2杯分になります。

 

ちなみにお湯の量は140ml~180mlになります。

 

各コーヒーメーカー(チェーン)のサイトを見ると、推奨分量が表示されています。

また、コーヒーに関する書籍にも大体10gとされています。

180mlの水に対して大さじ2杯(10g)のコーヒーの粉がスターバックスのおすすめです。

https://www.starbucks.co.jp/howto/coffee/skill.html

スタバのコーヒーは焙煎度合いが強い、いわゆる濃いめ・苦めのコーヒーなので、水の量は少し多めなのかもしれません。

 

カップ一杯分(約140cc)あたり、10~12gが適量です。

https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/drip.html

 

分量は、1杯分=粉10g:出来上がり量120㏄です。

https://www.keycoffee.co.jp/story/culture/expert/paper

 

濃さは完全に好みですが、おおよそコーヒー豆の量は10g程度というのは共通ですね。

若干の差はコーヒー豆の焙煎度合いや好みで変えてもOK。という感じで問題ないでしょう。

 

 

せっかくなので実際に計ってみました、参考にしてみてください。

大体これくらいの量を2回すくって・・・

11gでした。いい感じではないでしょうか。

バリスタネコ
コーヒー1杯分の豆は大さじ2杯と覚えてしまいましょう

 

コーヒー豆を挽いた粉の場合は大さじ何杯?

コーヒー粉の場合も豆と同じですりきり2杯でOKです。

 

粉状で大さじ計量した場合の方が若干多くなりますが、誤差の範囲内です。

 

こちらも実演してみましたので、参考にどうぞ。

すりきり大さじ2杯で計量してみました。

 

9gでした。

少し足したら10gでしたので、私のはかり方が悪かったのかもしれませんね。

豆も粉もほとんど変わりないことがわかっていただけたと思います。

 

バリスタネコ
挽いた後のコーヒー粉も大さじ2杯=コーヒー1杯分です。

 

インスタントコーヒーの場合の計り方

ついでにインスタントコーヒーの場合も見てみましょう。

インスタントコーヒーの場合は、ティースプーン1杯分が適量になります。

大さじなら3分の1程度、小さじ1杯程度でしょうか。

 

この分量はインスタントコーヒーの適量である1.5~2gを計るための方法です。

 

コーヒーカップ(約140ml)に適量のインスタントコーヒーは小さじ1杯(約2g)ですが、お好みで味を加減してください。

インスタントコーヒー協会:https://instant-coffee.org/nyumon/howto_1/

インスタントコーヒー協会ではこのように紹介されていますので、2g程度が適量です。

 

コーヒーカップ1杯分なので、マグカップでインスタントコーヒーを飲む場合はスプーン1杯では足りないと思います。

お好みで、1.5~2杯程度いれましょう。

 

ちなみにインスタントコーヒーの正しい淹れ方は下記記事で紹介していますので、気になる方はどうぞ。

 

バリスタネコ

インスタントコーヒーの場合はこさじ1杯(ティースプーン1杯)程度が適量。

コーヒー豆をはかる際に使える身近なものとは

コーヒーを淹れる際の豆の計量ですが、ほかにどのようなもので代替できるのでしょうか。

身近なものとして以下の3つを紹介させていただきます。

  • はかり
  • ティースプーン・カレースプーン
  • ペットボトルのキャップ

 

コーヒー豆を計量するアイテム:はかり

まずははかりですが、これは言うまでもないですね。

10g計ってみてください。

ついでに水(お湯)の量も図っておきましょう。

 

ちなみにコーヒーを淹れる一連の動作をはかりの上で行うとスムーズに美味しいコーヒーを淹れることができます。

豆の量から蒸らしの量まできっちり図るとおいしいコーヒーができますよ、おすすめの手法です。

バリスタネコ
面倒でなければすべて完結できるはかりを使ってコーヒーを淹れることをお勧めします。

コーヒー豆を計量するアイテム:ティースプーン・カレースプーン

大さじのスプーンもないよって場合はティースプーンやカレースプーンでも応用可能です。

  • ティースプーンの場合は7杯
  • カレースプーンの場合は2杯

それぞれ摺り切り程度で。

若干の誤差は出ますが、お湯の量等でカバーできる範囲です。

 

ティースプーンはサイズにもよりますが1.5~2g程度の計量が可能。

カレースプーンは大さじ1杯と同等といわれています。大さじ同様に使います。

 

ティースプーン・カレースプーン両方実際に試してみました。

1杯目は2gでしたが、7回分計ると・・・

11gに落ち着きました。

 

カレー用スプーンですが、1杯5~6g程度でした。

画像は2杯目です。

バリスタネコ
個体差はありますが、ティースプーンなら7杯、カレースプーンの場合は2杯で代用可能です。

 

コーヒー豆を計量するアイテム:ペットボトルのふた

最後はペットボトルのふたです。

ペットボトルのふたを使う場合は4杯でコーヒー1杯分になります。

 

ペットボトルのふたは規格がほとんど同じなため、一定量を図ることができます。

ペットボトルのふたは大さじ0.5杯の計量が可能ですので、コーヒー豆を4回すくえばコーヒー1杯分ということになります。

もちろん試してみました。

都合上若干サイズが違うものを使わざるおえませんでした。

浅いタイプではない普通のものであれば4杯でいけそうです。

バリスタネコ
ペットボトルのふたなら4杯分でコーヒー1杯分です。

 

ここまでいろいろ紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

正直言ってしまうと、安いので1本くらいコーヒー用計量スプーンを持っておくといいと思いますよ。

 

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスプレッソというマシンなんです。
ネスプレッソなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ネスプレッソはなぜ簡単で美味しいのか?

ネスプレッソは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレ傘下であるネスプレッソ社が、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ネスプレッソは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ネスプレッソは高い?

1杯あたり約80円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると誰でも同じように淹れることができるネスプレッソを検討する余地はあるのではないでしょうか。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ネスプレッソのマシンサイズは

こちらの画像は、私が使っているエッセンサミニです。
本体サイズ:幅11cm x 高さ20.5cm x 奥行32.5cm
重量:約2.3kg
タンク容量:600ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ネスプレッソがおすすめな最大の理由

ネスプレッソは簡単で美味しいのはもちろん、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、コンパクトなマシンも上位機種も今なら100円で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、100円なんてものはないですよね。
マシンを100円手に入れる条件は、コーヒーカプセルやアクセサリーに使えるコインを定期購入するだけ、しかも定期購入額は2日に1杯分程度とかなり割安。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクってやつです。電話1本でいつでも解約可能。
また、解約時はカプセルやアクセサリーをネットで売却すればリスクを抑えることができますから、とりあえず試すというのもありでしょう。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスプレッソ公式サイトはこちら