スタバで持ち帰りは損?テイクアウトはもったいない理由とは

スタバユーザー
スターバックスっていつも混んでるのでお持ち帰りにしてしまいます。

 

バリスタネコ
一番もったいない使い方ですね、持ち帰りならスタバの意味がないといえるでしょう。
本記事ではなぜスタバのテイクアウトは損なのか解説していきます。
本記事の内容
スターバックスのテイクアウトは確実に損である理由
美味しいコーヒーを飲みたいときにおすすめの方法

スターバックスのテイクアウトは確実に損である理由

ここではスタバのテイクアウトサービスについて基本的な部分を紹介したあとで、損である理由について解説していきます。
紹介する内容は次の通りになります。
  • スターバックスのテイクアウトとは(基本ルール)
  • テイクアウトのメリットとデメリット
  • スターバックス最大の価値とは
順番に解説していきます。

スターバックスのテイクアウト(お持ち帰りサービス)とは

スタバでテイクアウトする方ってお店の中ではわかりませんが、外を歩いていると結構見かけますよね。
店内でくつろぎながらいただくはもちろんですが、持ち帰りの比率もなかなか多いような気がします。
さて、スターバックスでは全てのメニューのテイクアウトが可能です。
コーヒーだけでなくフードなども可能です。
現に地方のスターバックスではドライブスルーを併設した店舗もあり、ドライブ中のユーザーでも気軽に購入できるようになっています。
店内で購入する際も、消費税の関係で店内飲食かテイクアウトか必ず確認されます。
持ち帰りたいときはその旨伝えれば、全商品持ち帰り可能なんですよ。

スタバでテイクアウトのメリットとデメリット

スタバでテイクアウトするメリットは次の3つがあります。
  • 持ち帰りすると紙袋に入れてくれる。
  • シーズンによって容器の絵柄が異なる。
  • 持ち手にやけど防止のスリーブをつけてくれる。
正直どこのお店でも同じようなサービスはありますから・・・それこそコンビニでも。
メリットとしましたが、大したものではないですよね。
持ち帰りのメリットは消費税くらいでしょうか。
ではデメリットはどうでしょうか。
デメリットは次の3つがあげられます。
  • ホットドリンクはぬるくなり、フラペチーノ系は溶ける。
  • 払ったお金はコーヒー代にしかならない。
  • 消費税が10%かかる
1つ目はすぐに飲んでしまえばデメリットでもなんでもないですね。
しかし2つ目は大きなデメリットです。
カフェの料金は場所代やスタッフの賃金込みなのはわかりますよね。
そして、スタバの場合は飲み物の値段が他のチェーン店と比較すると少々高いため、場所という価値が大きいといえます。

スターバックス最大の価値とは

スターバックス最大の価値は場所にあると言えます。
これは、お店のコンセプトに理由があります。
たとえばWi-Fiやコンセントがあって過ごしやすい店内、勉強や仕事などで何時間利用しても注意されないなど。
スターバックスは居やすい店内づくりを心がけているのは我々ユーザーも感じるところがありませんか。
また、地域によって演出が異なる店内なんかも楽しい空間ですよね。
実はこれら、スターバックスのコンセプトであるサードプレイスに由来するもの。
家と職場以外の第三の場所として使ってもらいたいという企業理念が反映されたものなんです。
ここまでは知っている方もいるかも知れません。
注目したいポイントは、これらの費用はコーヒー代に含まれているということ。
つまり、場所を使わず、コーヒーだけだと割高なのです。

美味しいコーヒーを飲みたいときにおすすめの方法

店舗を使わないとスタバのコーヒーが割高なのはわかりました。
では、スタバ並の美味しいコーヒーをコスパよく飲むためにはどうしたら良いのでしょう。
スタバ並の美味しいコーヒーを格安で飲むことのできる方法紹介しておきます。

スタバレベルのコーヒーを1杯50円で

スターバックスのコーヒーはドールサイズで1杯350円ほど、同じくらい美味しいコーヒーが家庭で50円程度で飲む方法があるのは知っていますか?
ネスカフェドルチェグストを使うとそれが可能になります。
ドルチェグストは1杯50円程度で様々な種類の本格的コーヒーを飲むことができます。
ドルチェグストはカプセル式コーヒーメーカーなので、使用するカプセルによって味が異なる仕様。
スターバックスとコラボしたカプセルやスペシャリティコーヒーもあります。(以下カプセルの例)
これらの本格的なコーヒーが安価で飲むことができますから、コスパ最強ではないでしょうか
コーヒーを求めている方にはぴったりと言えるでしょう。
今なら1万円以上する本体が無料で使えるサービスもやっていますので、いい時期といえます。
私も実際につかっています。おすすめ。詳細は以下をどうぞ。
家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします