スタバのサイズ一覧と一番コスパの良いサイズを紹介

スタバが苦手な人

スタバで一番お得だったりコスパが良いサイズはどれなんだろう。

いつもなんとなくトールを頼むけど・・・どんなサイズがあって、コスパの良いサイズがあるのか知りたい。

ただでさえスタバの注文はよくわからないからサイズくらいはうまくやりたいなぁ

バリスタネコ
こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • スタバにはどんなサイズがあるかわかる
  • スタバで一番お得(コスパ)が良いサイズがわかる

 

 

スタバにはどんなサイズがある?

スターバックスのサイズは基本的に4種類あります。

 

ショート・トール・グランデ・ベンティの4種類。

右に行けば行くほど大きくなります。

サイズ名・ドリンク量・金額を表にしました。

ショート トール グランデ ベンティ
240ml 350ml 470ml 590ml
280円 320円 360円 400円

 

普段みなさんが飲むのはトールという中間のサイズであることが多いと思います。

実際多くのお客さんがこのサイズを注文していることが多く、「程よく飲みきれる量」が350mlなんでしょう。

実際ドリンクの中にはトールサイズしかないメニューもあります。(〇〇フラペチーノみたいなやつ)

人気サイズがトールということが言えますね。

 

なお、エスプレッソはソロとドッピオという2種類のサイズになります。

 

スタバのサイズ名ですが、ハードルが高い原因の一部ですよね。

しかし、昨今は日本人お馴染みのS・M・Lサイズ注文でも全然通用します。

サイズ名と商品名だけで注文は通りますので、ハードルは低く、気軽に入ることができます。

私の友人でも一人じゃ入れないという人がいるのですが、無駄に敷居を高くしすぎな方もいるので、もったいないですね。

 

スタバで一番コスパが良いサイズ(お得)とは

スターバックスではおおよそ4種類のサイズがあるという話でした。

実は4種類のサイズごとにコストパフォーマンスが異なるのはご存知ですか?

スターバックスではドリンクのサイズが大きくなっても、さほど値段が変わらないのです。

つまり、大きいサイズほどコスパに優れているということ。

以下ではサイズとコスパの話を深掘りしていきます。

 

スタバで一番コスパが良いサイズ

スタバにおけるコスパとはなんでしょうか。

価格とドリンク量の比率とドリンクの中身の差、2つがあります。

2つの面から見てもベンティがコスパ最優秀賞です。

 

まず、価格とドリンク量の比率ですが、すでに紹介した金額表から100mlあたりの金額を出すと以下の通りになります。

ショート トール グランデ ベンティ
121円 94円 79円 69円

すべてドリップコーヒーの値段を参考にしています

 

大きければ大きいほど価格のコスパは良くなります。

 

次に、中身の差について。

エスプレッソ系メニューは、ショートとトールではエスプレッソ1杯にミルクを、グランデではエスプレッソ2杯にミルクを、ベンティでは3杯分入っています。

つまり、エスプレッソ系のラテではサイズが大きくなればなるほどコーヒー感が強くなります。

エスプレッソショットの追加は50円かかりますから、お金のだけ見るとベンティは相当コスパに優れた商品ということになります。

 

しかし、コスパ最強のベンティ、頼んでいる人あまりいないですよね。

私も頼んだことないです。

なぜかって、量が多すぎるから。

約600mlとペットボトルよりも大きなサイズ、あまり需要ないですよね。

このようにお得なサイズ=注文すべきサイズというのはあまりにも早計すぎます。

では、どのサイズが良いのでしょうか。

 

コスパのいいサイズ=満足できるサイズ?

結局何を選ぶかはシチュエーション次第となってしまうのであります。

数十円ケチっても肝心のコーヒーを楽しめなけりゃ意味がない。

コスパだけで選ぶと後悔します。

コスパ最高のベンティを脳死で選ぶことは避けましょう。

 

量が多く飲みきれない。冷めてしまう。コーヒーの酸化がすすんでまずくなってしまう可能性が考えられ、結果として満足度はあまり得られないことも考えられます。

飲みきれる方なら良いかもしれませんが、コーヒーが美味しく飲める時間内に600ml飲み切るのはちょっと厳しいかな・・・と個人的には思います。

 

なぜ、ベンティはコスパが良いのでしょう。

ドリンクの量よりも人件費の方がかかるからと言われています。

人件費はドリンクのサイズに関係ありませんからね。

コーヒーの量を多少増やしても金額を等倍する必要なんか無いのです。

 

そもそもスタバのコーヒー代は高い?

スターバックスのコーヒーは他のコーヒーチェーンより割高なのはみなさん誰しもが思っているのではないでしょうか。

この価格差は、若干の値段差は居心地が良い空間作り代と個人的には考えています。

スタバは基本的には長居してもらうのがコンセプトのカフェチェーン店。

サードプレイスカフェなんて言いますよね。

実際Wi-Fiも使えますし、コンセントもあります。

このことからも場所代も含めたコーヒー代と考えれば、数十円の違いはあまり気にならないな思いませんか?

 

シチュエーション別おすすめのサイズ紹介

結局はシチュエーション次第ということになってしまいます。

 

全国津々浦々にあるスターバックスですので、利用用途は様々ですよね。

当然といえば当然ですが、シチュエーションに合わせて注文を変えるのがベストとなってしまいます。

滞在時間や理由に応じた飲みきれる量を注文するのがベストということになります。

 

実際はシチュエーションと言っても長居するか、そうではないかという部分しか無いと思います。

コスパを優先して長居するときはベンティ、そうでないときはトールとしても良いかもしれませんが、もう1ついい方法があるので紹介しておきますね。

ドリップコーヒーを頼むとき限定ではありますが、ワンモアコーヒーというサービスがあります。

これはドリップコーヒーを買ったときのレシートを持参すると100円でおかわりできるというもの。

このサービスを利用して、ショートを2杯飲むことをおすすめします。

380円で500ml分温かく、淹れたてのコーヒーをのむことができるのでおすすめです。

 

自宅でスタバのコーヒーを飲むのが最安値

スタバのコーヒーを少しでも安くのみたいと考える方がいれば、ネスカフェドルチェグストでスターバックスカプセルを利用することをおすすめします。

スターバックスで提供されるコーヒーを1杯あたり100円程度で飲めてしまうのでかなりお得だと思います。

ドルチェグストについて詳しくは下記の記事を見てみてください。

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします