スタバのサイズ一覧と一番コスパの良いサイズを紹介

スタバが苦手な人

スタバで一番お得だったりコスパが良いサイズはどれなんだろう。

いつもなんとなくトールを頼むけど・・・どんなサイズがあって、コスパの良いサイズがあるのか知りたい。

ただでさえスタバの注文はよくわからないからサイズくらいはうまくやりたいなぁ

バリスタネコ
こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • スタバにはどんなサイズがあるかわかる
  • スタバで一番お得(コスパ)が良いサイズがわかる

 

 

スタバにはどんなサイズがある?

スターバックスのサイズは基本的に4種類あります。

 

ショート・トール・グランデ・ベンティの4種類。

右に行けば行くほど大きくなります。

サイズ名・ドリンク量・金額を表にしました。

ショートトールグランデベンティ
240ml350ml470ml590ml
280円320円360円400円

 

普段みなさんが飲むのはトールという中間のサイズであることが多いと思います。

実際多くのお客さんがこのサイズを注文していることが多く、「程よく飲みきれる量」が350mlなんでしょう。

実際ドリンクの中にはトールサイズしかないメニューもあります。(〇〇フラペチーノみたいなやつ)

人気サイズがトールということが言えますね。

 

なお、エスプレッソはソロとドッピオという2種類のサイズになります。

 

スタバのサイズ名ですが、ハードルが高い原因の一部ですよね。

しかし、昨今は日本人お馴染みのS・M・Lサイズ注文でも全然通用します。

サイズ名と商品名だけで注文は通りますので、ハードルは低く、気軽に入ることができます。

私の友人でも一人じゃ入れないという人がいるのですが、無駄に敷居を高くしすぎな方もいるので、もったいないですね。

 

スタバで一番コスパが良いサイズ(お得)とは

スターバックスではおおよそ4種類のサイズがあるという話でした。

実は4種類のサイズごとにコストパフォーマンスが異なるのはご存知ですか?

スターバックスではドリンクのサイズが大きくなっても、さほど値段が変わらないのです。

つまり、大きいサイズほどコスパに優れているということ。

以下ではサイズとコスパの話を深掘りしていきます。

 

スタバで一番コスパが良いサイズ

スタバにおけるコスパとはなんでしょうか。

価格とドリンク量の比率とドリンクの中身の差、2つがあります。

2つの面から見てもベンティがコスパ最優秀賞です。

 

まず、価格とドリンク量の比率ですが、すでに紹介した金額表から100mlあたりの金額を出すと以下の通りになります。

ショートトールグランデベンティ
121円94円79円69円

すべてドリップコーヒーの値段を参考にしています

 

大きければ大きいほど価格のコスパは良くなります。

 

次に、中身の差について。

エスプレッソ系メニューは、ショートとトールではエスプレッソ1杯にミルクを、グランデではエスプレッソ2杯にミルクを、ベンティでは3杯分入っています。

つまり、エスプレッソ系のラテではサイズが大きくなればなるほどコーヒー感が強くなります。

エスプレッソショットの追加は50円かかりますから、お金のだけ見るとベンティは相当コスパに優れた商品ということになります。

 

しかし、コスパ最強のベンティ、頼んでいる人あまりいないですよね。

私も頼んだことないです。

なぜかって、量が多すぎるから。

約600mlとペットボトルよりも大きなサイズ、あまり需要ないですよね。

このようにお得なサイズ=注文すべきサイズというのはあまりにも早計すぎます。

では、どのサイズが良いのでしょうか。

 

コスパのいいサイズ=満足できるサイズ?

結局何を選ぶかはシチュエーション次第となってしまうのであります。

数十円ケチっても肝心のコーヒーを楽しめなけりゃ意味がない。

コスパだけで選ぶと後悔します。

コスパ最高のベンティを脳死で選ぶことは避けましょう。

 

量が多く飲みきれない。冷めてしまう。コーヒーの酸化がすすんでまずくなってしまう可能性が考えられ、結果として満足度はあまり得られないことも考えられます。

飲みきれる方なら良いかもしれませんが、コーヒーが美味しく飲める時間内に600ml飲み切るのはちょっと厳しいかな・・・と個人的には思います。

 

なぜ、ベンティはコスパが良いのでしょう。

ドリンクの量よりも人件費の方がかかるからと言われています。

人件費はドリンクのサイズに関係ありませんからね。

コーヒーの量を多少増やしても金額を等倍する必要なんか無いのです。

 

そもそもスタバのコーヒー代は高い?

スターバックスのコーヒーは他のコーヒーチェーンより割高なのはみなさん誰しもが思っているのではないでしょうか。

この価格差は、若干の値段差は居心地が良い空間作り代と個人的には考えています。

スタバは基本的には長居してもらうのがコンセプトのカフェチェーン店。

サードプレイスカフェなんて言いますよね。

実際Wi-Fiも使えますし、コンセントもあります。

このことからも場所代も含めたコーヒー代と考えれば、数十円の違いはあまり気にならないな思いませんか?

 

シチュエーション別おすすめのサイズ紹介

結局はシチュエーション次第ということになってしまいます。

 

全国津々浦々にあるスターバックスですので、利用用途は様々ですよね。

当然といえば当然ですが、シチュエーションに合わせて注文を変えるのがベストとなってしまいます。

滞在時間や理由に応じた飲みきれる量を注文するのがベストということになります。

 

実際はシチュエーションと言っても長居するか、そうではないかという部分しか無いと思います。

コスパを優先して長居するときはベンティ、そうでないときはトールとしても良いかもしれませんが、もう1ついい方法があるので紹介しておきますね。

ドリップコーヒーを頼むとき限定ではありますが、ワンモアコーヒーというサービスがあります。

これはドリップコーヒーを買ったときのレシートを持参すると100円でおかわりできるというもの。

このサービスを利用して、ショートを2杯飲むことをおすすめします。

380円で500ml分温かく、淹れたてのコーヒーをのむことができるのでおすすめです。

 

自宅でスタバのコーヒーを飲むのが最安値

スタバのコーヒーを少しでも安くのみたいと考える方がいれば、ネスカフェドルチェグストでスターバックスカプセルを利用することをおすすめします。

スターバックスで提供されるコーヒーを1杯あたり100円程度で飲めてしまうのでかなりお得だと思います。

ドルチェグストについて詳しくは下記の記事を見てみてください。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら