ドラフトコーヒーとは?家でも作れるドラフトコーヒーサーバーも紹介

ドラフトコーヒーについて知りたい人

ドラフトコーヒーってどんなコーヒーのことですか?

詳しく教えて下さい。

あと、家で飲むこともできるコーヒーですか?

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ドラフトコーヒーってどんなコーヒー?

ドラフトコーヒーサーバーを使えば家でも作れる

 

 

ドラフトコーヒーってどんなコーヒー?

ドラフトコーヒーについて、読めばわかるように解説していきます。

また、実際に試せるお店もご紹介いたします。

 

ドラフトコーヒーの由来と特徴

ドラフトコーヒーをご存知ですか?

別名ニトロコーヒーだとかナイトロコーヒーと言われているものです。

ドラフトコーヒーの特徴はアイスコーヒーの上にビールのような泡の層があるという点。

この泡は窒素(ニトロ)でできていることから、ニトロコーヒーと呼ばれますし、また黒ビールのような見た目からドラフトコーヒーと呼ばれます。

 

ドラフトコーヒーの始まりは日本ではなくアメリカ。

アイスコーヒーをビールサーバーで抽出したことが始まりです。

 

泡の層がミルキーな加減を生み出すことでまろやかで飲みやすく美味しいアイスコーヒーとしてアメリカで流行りました。

映画ではニトロコールドブリューと言うそうです。

日本名ではドラフトコーヒーと呼ばれるようになりました。

 

ドラフトコーヒーが飲めるお店は?

ドラフトコーヒーですが、お店で飲むことはできるのでしょうか。

一部の喫茶店で提供されているようです…では役に立ちませんよね。

全国どこにでもあるチェーン店をチェックしてみました。

 

結論ですが、ドラフトコーヒーが飲めるの全国的なチェーン店はスターバックスのみでした。

アメリカでもスターバックスなどのチェーン店で提供されたことで、流行りだしたため扱いがあるのは納得です。

 

しかし、スターバックスでも一部店舗(スターバックスリザーブバーという店舗)での提供のみとなります。

特別ラインの店舗のようで、首都圏や大都市のみであるようです、つまりそこらへんにお住まいの方でないと飲むのは難しいかもしれません。

こちらより探してみてください

スターバックスでニトロコーヒーが飲める店舗一覧

 

また、関西圏で展開されているグリーンベリーズコーヒーでも飲むことができます。

関西圏中心に7店舗ほどあるそうですから、関西の方はこちらで飲むことができそうですね。

 

窒素を加えて泡を作るため、専用の機械が必要なこともあって日本ではまだまだ飲めるお店が少ないようですね。

 

今後ブームが来れば、もっと多くのカフェでいただけるようになるかもしれません。

 

では、地方の人間は飲むことができないのでしょうか、実は簡単に飲む方法、家で飲む方法もありますのでご紹介します。

 

ドラフトコーヒーサーバーを使えば家でも作れる

お店で飲むにはちょっと敷居が高そうなドラフトコーヒーですが、マシンを使えば家でも飲むことが可能です。

安価なものもありますから、簡単に試すことができます。

 

ドラフトコーヒーが自宅でも作れるマシン

コーヒーに窒素を加えるマシンは業務用が多く、大型で数万円することから、一般家庭での導入は難しいでしょう。

しかし、コーヒーメーカーのネスカフェからドラフトコーヒーが簡単に作れるマシンが販売されています。

それが、ネスカフェアイスクレマサーバーです。

 

アイスクレマサーバーは1万円程度の据え置き型と3000円程度のハンディタイプの2種類を販売。

ネット通販ならさらに値引きがかかっているため、ハンディタイプであればかなり安い値段で手に入るため、気になる方は物は試しで購入してみてはいかがでしょうか。

 

なお、据え置き型のマシン(1万円相当)をただで使う方法もありますので、ご紹介します。

 

ネスカフェのアイスコーヒーサーバーなら無料でドラフトコーヒーが飲める

夏はペットボトルのアイスコーヒーを利用すると言う方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたはボトルコーヒーをまとめ買いすることで、ドラフトコーヒーが淹れられるネスカフェのアイスコーヒーサーバーが無料で手に入ります。

 

詳細は下記の記事でメリットや注意点など合わせて解説していますので、よかったら読んでみてください。

ネスカフェボトルコーヒーは定期購入がお得な理由とは

 

本記事のまとめ

最後にこの記事のまとめになります。

本記事でご紹介した内容は次の通りになります。

  • ドラフトコーヒーは窒素を混ぜて淹れたアイスコーヒー。
  • 見た目は黒ビールのようで、泡による生クリームのようなクリーミーな味わいが特徴
  • 首都圏・関西圏ならチェーンカフェでも飲むことができる
  • 自宅で作るなら、ネスカフェのアイスクレマサーバーを使うと安く簡単に作ることができるのでおすすめ

本記事が参考になれば幸いです。

 

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら