ドリップコーヒーとインスタントの違いを解説。美味しいのはどっち?

コーヒーについて知りたい人

ドリップコーヒーとインスタントコーヒーの粉は何が違うのでしょうか。

どちらもコーヒーの粉だと思いますが、味がそんなに変わらないと思います。

それなら安価なインスタント一択ですが、ドリップ派も多いですよね。

本当は味に違いがあるのでしょうか。美味しいのはどちらなのでしょう。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・ドリップコーヒーとインスタントコーヒーの違いがわかる

・ドリップコーヒーとインスタントコーヒーはどちらが美味しいのかわかる

 

ドリップコーヒーとインスタントコーヒーの違いとは?

ドリップコーヒーもインスタントコーヒーもお湯を通す前は同じような粉ですよね。

小さい頃インスタントコーヒーのようにドリップ用のコーヒー粉にお湯を注いで失敗した経験とかないでしょうか?

あまりコーヒーについて、意識しない年頃だったので不思議なものでしたが、いまとなっては愚かな行為ですよね。

そんなインスタントとドリップコーヒー、違いははっきりとわかりますか?

 

インスタントコーヒーの特徴とは

インスタントコーヒーは一度淹れたコーヒーの水分を飛ばしたものを指します。

 

そのため、お湯を入れるだけであっという間にコーヒーが出来るという仕組みになっています。

 

インスタントコーヒーの作り方は大きく2種類。

スプレードライ法:高温の乾燥筒の中に、高温のコーヒー液を噴霧して素早く乾燥させる方法。一般的に気流乾燥装置と呼ばれる。製品は微粉状となる。冷たい水にも溶けやすいという利点があり量産性が高いが、製造時の熱によって香味をやや損ないやすい。

フリーズドライ法:コーヒー液をマイナス40℃以下で一度凍結させた後に細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方法。製品は2〜3mm程度の大きさで角が尖った粗い粒状となる。スプレードライ法に比して香味は損なわれにくいが、製造に手間がかかるためやや量産性に劣る。このため、スプレードライ法の製品より価格は高め

このようにインスタントコーヒーは方法は違えど、一度ドリップで淹れたコーヒーの水分を飛ばした粉ということです。

 

ドリップコーヒーの特徴とは

ドリップコーヒーはコーヒーの基本的な飲み方です。

コーヒー豆を挽いたコーヒー粉こお湯を透過させることで、コーヒー粉の風味や味を抽出したのがドリップコーヒー。

ご家庭から喫茶店まで、様々なところで使われている飲み方です。

ドリップコーヒーに使うコーヒー粉は豆を粉末にしたものであって、インスタントコーヒーの粉末はドリップしたコーヒーの液体を粉末にしたものですから、全然違うものなのでご注意を。

ドリップコーヒーの中でも手軽にたのしめるドリップバックという商品があります。

個包装で中にコーヒー粉とフィルターが入っているやつですね。

スーパーにも売ってますし、昔ブルックスの広告が一面にでていたあれです。

 

ドリップバックはインスタントと勘違いする方がいるのですが、中身はコーヒー粉です。

つまり、ドリップコーヒーの簡易版。

家でドリップコーヒーが飲みたいとき、器具を準備する手前を省いてくれる便利な商品です。

 

ドリップコーヒーとインスタントで味に違いはある?美味しいのはどっち?

ドリップコーヒーとインスタントコーヒーではどちらが美味しいのでしょうか。

結局ドリップコーヒーの方が美味しいコーヒーということになります。

ドリップコーヒーとインスタントは味に違いがあるのか比較してみる

インスタントコーヒーとドリップコーヒーではやはり味や風味に差が出てしまいます。

 

インスタントは一度淹れたコーヒーを再度粉末にしているので、味の劣化は避けられません。

ドリップコーヒーは淹れたてをその場で味わえるため、よりコーヒーの味を認識しやすいです。

 

また、ドリップコーヒーで使用するコーヒー豆の方が良い豆を使っている事が多いです。

種類的にも、グレード的にもランクが低い豆はインスタントコーヒーに使われることが多いからです。

 

インスタントコーヒーを粉末にする前はドリップコーヒーです。

味の差はありますが、インスタントコーヒーには利便性というストロングポイントがありますよね。

飲むだけでもゴミが出にくい、料理などにも手軽に使える点が評価されていると思います。

 

ドリップコーヒーを自宅で飲む場合、自分で豆を買ってくるパターンと個包装のドリップバックを買ってくる場合が考えられます。

自分で豆を買ってくる場合好きなものを買えますよね。高いものも安いものも。

個包装も拘っているものからローグレードなものまで、選ぶことができます。

 

コーヒーの種類は主にアラビカ種とロブスタ種の2種類あり、アラビカ種のほうが優れているのですが、インスタントコーヒーではこの2種をミックスして使うことが多いです。

また、同じ種のコーヒー豆でも4種類程度にランクわけされており、インスタントでは一番下のローグレードコーヒーという部分が使われます。

スーパーなどで売られているコーヒー豆は1つ上のコマーシャルコーヒーというランクのものが多いですから、コーヒーの種類とランクとで、ドリップコーヒーに分があるというわけです。

 

自宅で本格コーヒーを楽しむための手順・アドバイス・おすすめ器具・マシンを知りたい方は「【誰でもできる】おうちでコーヒー入門まとめ【初心者向け】」にまとめてあります。

購入検討中の方はご覧いただくと考えがまとまりますよ。

おすすめ記事

  家でも美味しいコーヒーが飲みたい人 自宅でも美味しいコーヒーが飲みたいと思っています。 わたしでもできるのでしょうか? バリスタネコ 元カフェ店員の私がこういった疑問に[…]

 

やはり美味しいのはドリップコーヒーです。

コーヒーのグレードの話や製法の話をまとめると、ドリップコーヒーのほうが美味しいコーヒーであると言えます。

 

やはり、より高品質で、新鮮なコーヒーを味わえるのがドリップコーヒーだからです。

 

外食などをすると最後にコーヒーが出てくる場合がありますよね。

ああいった場では、インスタントが提供されることはまずありません。

そして、締めに相応しい美味しいコーヒーが飲めるはず。

また、カフェに行くと出てくるコーヒーはすべてドリップなどのコーヒー粉から抽出する方法です。

これらからもドリップよりうまいインスタントは無いと考えてしまうのが懸命でしょう。

 

実際家で飲んだらあまり味の差は感じない。むしろインスタントの方が美味しい。

という方も居ると思います。

この場合考えられるのは、ドリップコーヒーをきちんと淹れることができていないという理由です。

ドリップコーヒーを淹れる際は、90度前後のお湯を使い、きちんと蒸らした後で適量注ぐことがポイント。

沸騰したお湯を一気に目分量で注ぐ方が多いのです。(私も昔はやってました)

これでは、まずいコーヒーになってしまいます。

 

結論、やはり美味しいコーヒーを飲みたい場合はドリップコーヒーを飲むようにしましょう。

豆から買うのが面倒な場合は、ドリップバックがおすすめ、今なら美味しいのがスーパーでも買えますよ。

  • ボタン一つでスタバ・上島珈琲などの本格コーヒーを自宅で再現
  • 1杯あたり80円~とコンビニや缶コーヒーより安価
  • 15,000円相当のマシンが無料で使える

今なら初回1980円キャンペーン中

キューリグ公式サイトで詳細を見てみる