ドリップポッドで市販のコーヒー粉を使えるって本当?

ドリップポッドに興味がある人
UCCドリップポッドを使えば粉でコーヒーを淹れることができるようですね。
詳しく知りたいです。
また、満足いくコーヒーを淹れることはできるのでしょうか?

 

バリスタネコ
本記事ではこういった疑問に答えます。

 

この記事を読んでわかること
  • UCCドリップポッドで市販のコーヒー粉が使えるかわかる
  • 市販のコーヒー粉を使うイメージが画像でわかる
  • ドリップポッドでコーヒー粉を使えるメリットがわかる

 

ドリップポッドを買おうと考えたときに気になるのが、市販のコーヒー粉が使えるという点ではないでしょうか。

 

私自身粉のコーヒーも使えるという点に惹かれ、ドリップポッドを使い始めた人間です。

 

この記事では、UCCドリップポッドと粉で淹れるレギュラーコーヒーについて、解説しつつ、お得なドリップポッドの入手方法まで具体的に解説していきます。

 

この記事を読み終えることで、ドリップポッドを使ってレギュラーコーヒーを淹れる雰囲気がわかるだけでなく、ドリップポッドがなぜ評価されているのか、わかると思います。

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッドお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします

UCCドリップポッドとは

まず、UCCドリップポッドについてざっくり解説します。

ドリップポッドは日本でおなじみのコーヒーブランドである、UCC上島珈琲が販売しているカプセル式コーヒーメーカーです。

 

UCCドリップポッドの特徴を解説

詳しいスペックなどは公式サイトを見ていただくとして、ざっくり特徴をまとめると、以下の通りです。

  • ドリップポッドカプセル式コーヒーメーカー。
  • プロの抽出技術を再現したマシン・カプセルなので、自宅でもボタン一つでプロのコーヒーが楽しめる
  • コーヒー豆はカプセルで密閉されているため、いつでも挽き立てと同等の味わいでコーヒーが飲める。
  • 世界中のコーヒー豆を使ったカプセルが用意されており、ブルーマウンテンやハワイコナなど高級ラインも。
  • コーヒー以外にも紅茶や緑茶などのカプセルもあり。
  • ドリップ式なので、抽出時もとても静か。

 

詳しくは公式サイトもチェックしてみてください。

≫【公式】UCCのカプセル式コーヒー UCCドリップポッド

 

UCCドリップポッドにはDP2とDP3の2種類ある

現在販売されているマシンはDP2(旧機種)とDP3(新機種)の2種類です。

2機種の特徴を分かりやすく表にまとめました。

 

横にスライドできます。

DP2 DP3
画像
本体サイズ 高さ22.4cm×奥行28.8cm×幅13cm 高さ22.4cm×奥行29cm×幅13.3cm
重さ 2.7㎏ 3㎏
カラー 赤・白・黒 ホワイト・ブラウン・アッシュローズ

アッシュブルー・ペールミント

水タンク容量 750ml 700ml
消費電力 1350W 1350W
立ち上がり時間 30秒 30秒
抽出時間 60秒 60秒~約90秒(strongモード使用時)
抽出量 ~200ml ~200ml
メニュー COFFEE/TEA/GREEN TEA COFFEE/TEA/GREEN TEA
抽出モード 1種類 3種類(strong・standard・iced)
コーヒー粉対応 あり あり

 

今から入手するのであれば、ドリップポッドDP3(最新機種)をおすすめします。

 

詳しくは、UCCドリップポッドDP3とDP2の3つの違いを解説。選ぶべきは…の記事で解説していますので、新旧機種の違いを知りたい方はチェックしてみてください。

 

 

UCCドリップポッドでレギュラーコーヒーが飲める

本ページのタイトルの通り、ドリップポッドは専用カプセルだけでなく、コーヒー粉を使って淹れることもできるコーヒーマシンです。
粉を入れる専用のフィルターが付属していて、コーヒー粉を淹れることで抽出が可能となっています。

 

 

レギュラーコーヒーとは

コーヒー不慣れな方向けに、レギュラーコーヒーについて、触れておきましょう。

 

コーヒー豆(を挽いた粉)の成分をお湯で抽出したもの・・・いわゆる普通のコーヒーです。

レストランやカフェで頼むと出てくるコーヒー全般のことを指します。

インスタントコーヒーはレギュラーコーヒーを再度粉状にしたものです。

 

バリスタネコ
カフェで頼むコーヒーや家で淹れるのも含めたオーソドックスなコーヒーのことですね。

 

淹れ方としては、ハンドドリップや

 

コーヒーメーカーを使って淹れる

 

などがあり、コーヒー粉を使って淹れる定番のコーヒーのことです。

 

 

コーヒー粉も使えるマシンはドリップポッドだけ

『粉を使って淹れることができる』というのは、カプセル式コーヒーマシンの中でドリップポッドが唯一無二の凄いところなんです。

 

そもそもカプセル式マシンは、各社カプセルの形や構造が違うため、決められたカプセルしか使えません。

 

そのため、簡単かつ味のばらけが無く美味しいコーヒーを淹れられるのですが、コーヒーの種類が限られているという弱点も。

 

しかし、コーヒー粉を使えたらどうでしょう。

 

弱点であるコーヒーの種類の少なさを一気に補うことができます。

 

1台でカプセルを使って素早く美味しいコーヒーを飲んだり、飽きてきたらコーヒー粉を使って雰囲気の違うコーヒーを楽しむ。魅力的ではないでしょうか?

 

 

UCC ドリップポッドでコーヒー粉の使い方

実際にドリップポッドでコーヒー粉を使う抽出方法を紹介していきます。

 

マシンを購入すると、コーヒー粉用フィルターがついてきます。
メッシュフィルターです

 

ここにコーヒー粉を10g程度淹れて、あとはマシンにセットして、抽出ボタンを押すだけ。

コーヒー粉をいれて
ふたを閉めて、マシンにセットするだけ。
抽出の際はコーヒーボタンを長押しすると、コーヒー粉用の抽出になります。

 

使い終わったコーヒー粉を捨てて、フィルターを洗う手間はありますが、画期的ですね。

 

専用フィルターの雰囲気は掴んでいただけたでしょうか。

 

次に専用フィルターに関してもう少し、深堀りしていきます。

 

ドリップポッドDP2もDP3も同じく使える。

 

ドリップポッドにはDP2(旧型)とDP3(新型)というマシンがあります。

 

ここで考えるのが、DP2(旧型)でも、コーヒー粉用フィルターは使えるのか?ということではないでしょうか。
大丈夫です。DP2でもDP3でも同じ仕組みでコーヒー粉を使うことができます。

 

ちなみに、専用フィルターは無料でついてくるのでご安心を。

 

ドリップポッドはお湯だけ出すことも可能。

 

ドリップポッドはコーヒーの抽出だけでなく、お湯だけの抽出も可能となっています。

 

コーヒーに適した90℃近くのお湯だけを抽出することや、お茶を淹れるモードもあるので、60℃付近のお湯を抽出することもできます。

 

カップラーメンなんかにも使えるでしょう。

 

ドリップポッドの抽出にはペーパーフィルターがいる?

ドリップポッドでレギュラーコーヒーを淹れる際にペーパーフィルター使用の有無もチェックしておきましょう。

 

ドリップポッドで粉を使いコーヒーを淹れる際はペーパーフィルターは使えません。

 

ドリップポッドの粉用のカップにはメッシュのフィルターが付いているため、紙のフィルターは不要です。

 

コーヒー粉でドリップポッドがまずいということがなくなる

コーヒー粉を使うという選択肢は、単にいろいろな種類のコーヒーが飲めるようになるというわけではありません。

 

ドリップポッドを買って失敗したな・・・というリスクを減らしてくれる効果もあるんです。

 

コーヒーが口に合わなくても粉コーヒーが使えるメリット

ドリップポッドを購入する際に気になるのが
  • コーヒーがまずかったらどうしよう
  • 口にあわないときは・・・

 

といったことではないでしょうか。

 

しかし、コーヒー粉が使えれば、万が一の「美味しくなかったらどうしよう」に対応可能です。

 

コーヒー粉を淹れれば、レギュラーコーヒーが一杯分抽出抽出することが可能なわけですから。

 

一杯ずつ淹れてくれるコーヒーメーカーってのも意外と貴重です。

 

UCCドリップポッドのおすすめの購入方法

ドリップポット購入予定の人
ドリップポッドを一番お得に購入する方法が知りたいです。

 

バリスタネコ

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便一択です。

圧倒的なコスパの良さなので、利用必須ですよ。

 

 

ドリップポッドのマシンは通常購入すると、1万円以上と結構高額なのでおすすめしません

 

ドリップポッドの購入方法としては、無料でマシンが使える、世界のコーヒーお届け便というサービスがおすすめ。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

マシンとカプセルをそれぞれ買うのは損するかもしれません

世界のコーヒーお届け便よる購入がお得なのは以下のような方になります。
  • 1日1杯以上コーヒーを飲む(カプセルを余さない)
  • まだドリップポッドのマシンを持っていない

 

お得な理由ですが、マシン代が無料で使えるというところが一つ。
そして、飲みきれるのであれば、カプセル1箱あたりの購入単価が定期便の方が抑えられているためです。

 

実際に計算してみましょう。

 

ドリップポッドのお届け便サービス
  • 初回・・・2,980円
  • 2回目以降・・・4,580円
  • 半年間合計・・・25,880円

 

お届け便を使わなかった場合

  • ドリップポッドDP3(定価)・・・13,200円
  • カプセル24箱・・・28,536円(公式参照)
  • 合計・・・41,736円

 

全部飲みきるなら、16000円程度お得というわけです。
詳しくは、UCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)ページの中段に詳細が記載しています。

 

おすすめは世界のコーヒーお届け便を使うこと

世界のコーヒーお届け便は、カプセルを定期購入する代わりにマシンが無料で使えるというサービスです。

 

他のカプセル式マシンでも同様のサービスを行っていますが、ドリップポッドの定期便は割引が良いので他よりおすすめ度高めです。

 

ドリップポッドのマシンつき定期購入サービスは大きく次の2種類あります。

 

世界のコーヒーお届け便・・・マシン無料(DP3)、毎月4箱(48杯)の定期購入
値段は4,580円/月 ※初回は2,980円(1杯あたり62円)

 

まとめ

最後に本記事のまとめです。

この記事でお伝えしたことは以下の通り。

  • UCCドリップポッドを使えば、コーヒー粉で淹れることもできる。
  • コーヒー粉抽出はDP2(旧機種)DP3(新機種)両方対応
  • 専用フィルターは無料でついてくる
  • コーヒー粉を使えるのはドリップポッドだけ、カプセル式の欠点も補ってくれる。
  • ドリップポッドを使うなら、世界のコーヒーお届け便が安い

以上参考になれば幸いです。

 

ドリップポッドが気になる方は、下記より公式サイトをチェックしてみてください。

UCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)

UCCドリップポッドについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

メリットデメリットからお得情報まで、あなたの役に立つはずです。

関連記事≫UCCドリップポッドとは?カプセルと粉が両方使える画期的なマシン

関連記事

ドリップポッド検討中の人 UCCドリップポッドに興味があります。 良いとこや悪いとこ、他との違いなどいろいろ教えてほしいです。 バリスタネコ こういった疑問に答えます。 この記事[…]