ドルチェグストのカプセルの中身はどうなってる?使用後残る?

ドルチェグストを知りたい人

ドルチェグストを検討しているのですが疑問があります。

ドルチェグストのカプセルの中身はどうなっているかが知りたいです。

カプセルによって違ったりするのでしょうか。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ドルチェグストカプセルの中身がについてわかる

ドルチェグスト全カプセルの中身を紹介

 

 

ドルチェグスト用カプセルの中身は実際どうなっているのか

ドルチェグストだけでなく、カプセル式コーヒーのカプセルの中身がどうなっているか気になりますよね。

本記事ではドルチェグストの中身がどうなっているのか、実際に切り開いてみました。

中身からわかることもあるのでその辺も含めてご紹介していきます。

 

使用済みカプセルを実際に分解するとどうなる?

使用前が空だったらなんだこれって話になってしまいますから、使用済みカプセルについてです。

実際に分解すると中にはコーヒー粉がはいっています。

このコーヒー粉はいわゆるドリップコーヒーなどを入れた後のコーヒー粉と同じものです。

 

なぜならドルチェグストのコーヒーの多くはレギュラーコーヒー(インスタントではないコーヒー)だから。

では実際に分解したものを見てみましょう。

使用済みカプセルのフィルムを剥がしたものがこちら

中に黒いコーヒー粉が透明のフィルムで覆われているのがわかります。

コーヒー粉を包んでいるフィルムを剥がしてスプーンで取り出したのがこちら

ペーパードリップなどで淹れ終わった後のコーヒー粉と同じですね。

特徴としては粒が細かい(細挽きである)と感じました。

最後に空のカプセルの底を開けた写真になります。

黒いプラスチック状のパーツが入っていました。

ドルチェグストのコーヒーを淹れる際に内部でうまく役割を果たすパーツなのでしょうか。

 

使用後中身が入っているのはインスタントではないから

ドルチェグストに関してインスタントコーヒーなのでは?という意見を見ることがあるのですが、先程見た通り、使用済みコーヒーカプセルにはコーヒー粉が入っていました。

このことからわかるのはインスタントコーヒーではなくて、ドルチェグストはコーヒーメーカーやドリップコーヒーのようにちゃんと抽出しているということ。

 

インスタントだとすべて解けてしまうので、カプセルの中身が空っぽになるはずですよね。

 

実は中身がインスタントのものもあるのですが、ほとんどのコーヒーカプセルがレギュラーコーヒーです。

当然カプセルによって中身のコーヒー豆の種類は様々です。

ブレンドでもリッチブレンドとオリジナルブレンドでは風味・味わいがことなりますし、高級豆を使ったスペシャリティコーヒーのカプセルもあるので 手軽に様々な味を楽しむことができるんですよ。

 

また、コーヒー粉はコーヒー豆を粉状にしてからすぐに使ってしまわないと劣化(酸素に触れると傷んでしまう)のですが、カプセルに密閉することによって劣化を防ぐことができます。

そのため、賞味期限などを余り気にしなくても美味しいコーヒーを飲みたいときに飲めるというのもカプセル式コーヒーの魅力です。

 

ドルチェグストのカプセルにはインスタントもある?

ドルチェグストのコーヒーですが、すべてがインスタントというわけではありません。

そこで、レギュラーコーヒー(いわゆるコーヒー粉が入っているもの)はどの商品でインスタントコーヒーどの商品なのかを説明していきます。

 

ドルチェグストカプセルをレギュラーコーヒーとそれ以外に分けて紹介します

 

ドルチェグストのカプセルでレギュラーコーヒーのものは以下のカプセルになります。

ドルチェグスト×スターバックスシリーズ

ブラックコーヒー(ルンゴ・リッチブレンド・モカブレンドなど)

ラテマキアート・カプチーノ

 

インスタントコーヒーは以下のカプセルになります。

カフェオレ・フラットホワイト・アイスカプチーノ

インスタントコーヒーを使っているのはすべてブラックではなく、ミルク系メニューの一部です。

ネスレ日本 Nestle ネスレ ドルチェグスト専用カプセル 「アイスカプチーノ 」(8杯分) CPI16001[CPI16001]

 

ドルチェグストの中にはカフェラテやソイラテなどラテ系メニューと呼ばれるものがあります。

多くがコーヒーとミルク用のカプセルが2つついていて、コーヒーはレギュラーコーヒー、ミルクカプセルの中身は粉末状のミルクです。

ソイラテに関しては粉末状の豆乳が入っています。

ドルチェグスト本体は圧力をかけてお湯を出す機会ですので、カプセルの中身次第で味が変わるのです。

 

ここまで見ていただいたとおり、カプセルの中身はコーヒー粉が主で、ごく少数のカプセルのみインスタントコーヒーが使われています。

最後にドルチェグストについて実際に使ってみたレビューをお届けします。

購入検討中の方の参考になればと思います。

 

ドルチェグストはレギュラーコーヒーが簡単に飲めるのでおすすめです。

ドルチェグストはコーヒーを毎日飲む方で、「手作業で毎日淹れるのが面倒だな・・・」と思ったことがある人なら買うべきアイテムです。

 

コーヒーも美味しいですし、何より驚きなのが簡単さの部分。これが大きな理由です。

正直もっとコーヒーが美味しくなくても、例えばもう少し安くて中身がインスタントだったとしても使っていると言えるほど。

掃除などの手入れが不要で、すぐに淹れることができますし、手も汚れないってのは朝などの忙しい時間帯にはありがたすぎます。

一部の「コーヒーを淹れる作業が好き」という方以外であれば導入して後悔することはないでしょう。

 

ドルチェグストについて公式サイトで詳しく見たい方は下記のリンクよりどうぞ。

また、ドルチェグストについてもっと知りたいって方は下記のページも見てみてください。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスカフェドルチェグスト公式サイトはこちら