ドルチェグストはぬるいコーヒーしか作れない?原因と対策を解説

ドルチェグスト検討中の人

ドルチェグストの導入を検討しているけれど、ぬるいというレビューがあって心配。本当にぬるいのでしょうか?

ぬるいと感じたら温かく飲む方法とかありますか?

バリスタネコ
こんな疑問に答えます。

この記事の内容

ドルチェグストはぬるいのか?真相を解説

ぬるいコーヒーを適温にするコツを紹介します

 

ドルチェグストはぬるいのか?真相を解説

「ドルチェグストはぬるいんですか?」という疑問をよく聞きます。

アンサーとしては、ぬるくはないですが、あつあつではありません。

そもそも熱々の美味しいコーヒーというものはありえないからです。

 

コーヒーの適温をきちんと知っていますか?

まずはコーヒーの適温についてです。

淹れるときは90度程度のお湯を使い、淹れたコーヒーは70度くらいが理想のコーヒーの温度です。

 

熱すぎるお湯ではコーヒーを淹れたときに雑味を拾ってしまうから。

また、臭いもコーヒーのいい匂いというよりは焦げた香りが立ちます。

 

コンビニのコーヒーや喫茶店・スターバックスもコーヒーを入れる際に沸騰したお湯は使いません。

店舗にもよりますが、概ね80℃~90℃くらいでドリップしグラス(紙コップ)に入る頃には70度程度

これが一番美味しくコーヒーを飲むための温度だからです。

もちろんドルチェグストも同じような温度です。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」本体では、給水タンクから供給される水を本体内蔵のヒーターで急速加熱して使用しております。急速加熱された温度は味わいや安全性等を考慮して、沸騰水ではなく約90℃となっております。そのため、カプセルから抽出された飲料の温度は約70℃になっております。

公式より引用

 

ではなぜぬるいという人がいるのでしょうか。

 

ドルチェグストは適温なのになぜぬるいと感じる人がいるの?

一番コーヒーに適した温度で淹れているのに、なぜぬるいと言われてしまうのでしょうか。

 

この原因は以下の3つが要因になります。

  • インスタントコーヒーに熱湯を注いで飲んでいる人の声
  • 冬などで冷たいマグカップにコーヒーを淹れて飲んでいる方の声
  • コンビニやスターバックスなど蓋付きの保温容器に入ったコーヒーと比較している

 

熱湯で淹れたコーヒーがまずくなってしまうことは解説しましたので、比較するのはナンセンスでしょう。

やはり、家庭のコーヒーが冷えやすいのは店とは違い、棚から出した冷えたマグカップで飲むことが多いですよね。

つまり、容器に原因があるということになります。

ではどうすれば、適温の温かくて美味しいコーヒーを飲めるのか。になります。

 

ネスカフェバリスタやコーヒーメーカーでも同じような理由でコーヒーがぬるくなってしまうことがあります。

ぬるくなる原理は同じですが、バリスタならマシンの機能で対応できます。(詳しくは下記記事より)

ぬるいコーヒーを適温で楽しむためのコツを紹介します。

コーヒーの温度の次は適温で楽しむ方法です。

ぬるいと感じたら試してみてくださいね。

 

マグカップを温めておく

シンプルですが、一番効果的です。

マグカップを温めておきましょう。

 

ドルチェグストの場合、コーヒーカプセルを使わず、すすぎ用ツールを使うことでマグカップにお湯だけ入れることができます。

20秒もあればできますので、この手順のあとにコーヒーを入れると温かいのが長持ちするので、ぬるいという問題を解決可能。

 

外でコーヒーを飲む際に、カップの取っ手が暖かいことありますよね。

あれはカップもお店が温めてくれているということです。

ドルチェグストを使っても、ハンドドリップしても、インスタントでも、等しくお湯は使いますし、余るはず。

よかったら次回からはカップを温めてみてください。

 

保温カップを使う

コーヒー自体10分も20分もおいておく飲み物ではないのですが、どうしても長く暖かさを保ちたいということでしたら、保温性のあるカップを使いましょう。

 

陶器のマグカップは熱を逃しにくい材質ではありますが、保温をメインに考えられたものではありません。

蓋付きの保温マグカップなどがたくさん売られているので、気になる方はこちらでもOKです。

 

コンビニのコーヒーもスターバックスのコーヒーも蓋がついてますよね。

やはり、蓋つきの保温効果は大きいようです。

暖かさを長く保てるマグカップもやはり蓋付きに限ります。

仕事中などにも便利です。

 

職場などでのコーヒータンブラーならカファのやつが最強だと思います。

本記事のまとめ

本記事のまとめは以下になります。

  • ドルチェグスト自体はコーヒーを適温で抽出している。
  • コーヒーは沸騰したお湯ではなく、90℃くらいのお湯で淹れるのが常識
  • 家庭で淹れたコーヒーの場合、カップを温めていないまたは、保温容器ではないので、冷えやすい。

この記事が役に立てば幸いです。

【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?

バリスタネコ
美味しいコーヒーを自宅や職場で簡単に飲むことができればとお悩みではありませんか?
または、インスタントや安いドリップバッグコーヒーなどのまずいコーヒーで困っていませんか?
もっと美味しいコーヒーを飲みたい人
できれば美味しいコーヒーを毎日飲めれば最高だけど・・・
私は一人暮らで仕事も忙しいから、片付けとか面倒なことは嫌。だから仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいます。
私も以前はハンドドリップで淹れていたけど、仕事が忙しくて今は・・・
しかし、美味しいコーヒーを飲むことはできていますよ。
せっかくここまで読んでいただいたのでご紹介しますね。
Name
多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。

 

コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。

特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?

 

また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?

わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。

 

そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。
それが、ネスカフェドルチェグストなんです。

ドルチェグストなら上記の問題をすべて解決できてしまうんです。

このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。
専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

 

そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・
しかし今なら、1日1杯以上コーヒーを飲む方ならなんとタダで手に入れることができるんです。


安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。

 

しかも今なら、2000円相当のラテグラスがタダでもらえるので、始めるには一番いい時期だと思いますよ。