ドルチェグストはぬるいコーヒーしか作れない?原因と対策を解説

ドルチェグスト検討中の人

ドルチェグストの導入を検討しているけれど、ぬるいというレビューがあって心配。本当にぬるいのでしょうか?

ぬるいと感じたら温かく飲む方法とかありますか?

バリスタネコ
こんな疑問に答えます。

この記事の内容

ドルチェグストはぬるいのか?真相を解説

ぬるいコーヒーを適温にするコツを紹介します

 

ドルチェグストはぬるいのか?真相を解説

「ドルチェグストはぬるいんですか?」という疑問をよく聞きます。

アンサーとしては、ぬるくはないですが、あつあつではありません。

そもそも熱々の美味しいコーヒーというものはありえないからです。

 

コーヒーの適温をきちんと知っていますか?

まずはコーヒーの適温についてです。

淹れるときは90度程度のお湯を使い、淹れたコーヒーは70度くらいが理想のコーヒーの温度です。

 

熱すぎるお湯ではコーヒーを淹れたときに雑味を拾ってしまうから。

また、臭いもコーヒーのいい匂いというよりは焦げた香りが立ちます。

 

コンビニのコーヒーや喫茶店・スターバックスもコーヒーを入れる際に沸騰したお湯は使いません。

店舗にもよりますが、概ね80℃~90℃くらいでドリップしグラス(紙コップ)に入る頃には70度程度

これが一番美味しくコーヒーを飲むための温度だからです。

もちろんドルチェグストも同じような温度です。

「ネスカフェ ドルチェ グスト」本体では、給水タンクから供給される水を本体内蔵のヒーターで急速加熱して使用しております。急速加熱された温度は味わいや安全性等を考慮して、沸騰水ではなく約90℃となっております。そのため、カプセルから抽出された飲料の温度は約70℃になっております。

公式より引用

 

ではなぜぬるいという人がいるのでしょうか。

 

ドルチェグストは適温なのになぜぬるいと感じる人がいるの?

一番コーヒーに適した温度で淹れているのに、なぜぬるいと言われてしまうのでしょうか。

 

この原因は以下の3つが要因になります。

  • インスタントコーヒーに熱湯を注いで飲んでいる人の声
  • 冬などで冷たいマグカップにコーヒーを淹れて飲んでいる方の声
  • コンビニやスターバックスなど蓋付きの保温容器に入ったコーヒーと比較している

 

熱湯で淹れたコーヒーがまずくなってしまうことは解説しましたので、比較するのはナンセンスでしょう。

やはり、家庭のコーヒーが冷えやすいのは店とは違い、棚から出した冷えたマグカップで飲むことが多いですよね。

つまり、容器に原因があるということになります。

ではどうすれば、適温の温かくて美味しいコーヒーを飲めるのか。になります。

 

ネスカフェバリスタやコーヒーメーカーでも同じような理由でコーヒーがぬるくなってしまうことがあります。

ぬるくなる原理は同じですが、バリスタならマシンの機能で対応できます。(詳しくは下記記事より)

ぬるいコーヒーを適温で楽しむためのコツを紹介します。

コーヒーの温度の次は適温で楽しむ方法です。

ぬるいと感じたら試してみてくださいね。

 

マグカップを温めておく

シンプルですが、一番効果的です。

マグカップを温めておきましょう。

 

ドルチェグストの場合、コーヒーカプセルを使わず、すすぎ用ツールを使うことでマグカップにお湯だけ入れることができます。

20秒もあればできますので、この手順のあとにコーヒーを入れると温かいのが長持ちするので、ぬるいという問題を解決可能。

 

外でコーヒーを飲む際に、カップの取っ手が暖かいことありますよね。

あれはカップもお店が温めてくれているということです。

ドルチェグストを使っても、ハンドドリップしても、インスタントでも、等しくお湯は使いますし、余るはず。

よかったら次回からはカップを温めてみてください。

 

保温カップを使う

コーヒー自体10分も20分もおいておく飲み物ではないのですが、どうしても長く暖かさを保ちたいということでしたら、保温性のあるカップを使いましょう。

 

陶器のマグカップは熱を逃しにくい材質ではありますが、保温をメインに考えられたものではありません。

蓋付きの保温マグカップなどがたくさん売られているので、気になる方はこちらでもOKです。

 

コンビニのコーヒーもスターバックスのコーヒーも蓋がついてますよね。

やはり、蓋つきの保温効果は大きいようです。

暖かさを長く保てるマグカップもやはり蓋付きに限ります。

仕事中などにも便利です。

 

職場などでのコーヒータンブラーならカファのやつが最強だと思います。

Qahwa カファコーヒータンブラー 310ml |水筒 コーヒータンブラー おしゃれ 水筒 qahwaコーヒータンブラー qahwa カフア コーヒータンブラー

本記事のまとめ

本記事のまとめは以下になります。

  • ドルチェグスト自体はコーヒーを適温で抽出している。
  • コーヒーは沸騰したお湯ではなく、90℃くらいのお湯で淹れるのが常識
  • 家庭で淹れたコーヒーの場合、カップを温めていないまたは、保温容器ではないので、冷えやすい。

この記事が役に立てば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら