ドルチェグストも飲みすぎると太るって本当?真相を解説

ドルチェグストに悩む人

ドルチェグストのコーヒー等は飲むと太りますか?

ドルチェグストを買おうと思うんですけど、コーヒー以外も飲めるんですよね?ドルチェグストで淹れるコーヒーなどの飲み物は太りますか?

最近体重などが気になってきているので知っておきたいです。

どのカプセルは飲みすぎると太るだとかあれば知っておきたいです。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ドルチェグストのコーヒーは飲みすぎると太るのか

飲みすぎると太るかもしれない?ハイカロリーなカプセルとは

 

 

ドルチェグストのコーヒーは飲みすぎると太るのか

始めに言ってしまうと、ドルチェグストのコーヒー等を飲みすぎると太るものがあるんです。

すべてがすべてではありませんが、飲みすぎると太ってしまうであろうものがありますので、紹介させていただきます。

そもそもコーヒーはダイエットに向いた飲料であるのになぜ太ってしまうのかなどもあわせて解説していきます。

 

本来コーヒーはダイエットに向いた飲料である

そもそもコーヒーはダイエットなどを含む健康効果のある食品として知られています。

 

コーヒーの中に含まれる成分であるカフェインなどが作用するためですが、他にもアンチエイジング効果などが期待できます。

 

ダイエット効果については、コーヒーに含まれるカフェインには脂肪の燃焼効果があり、同じく含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸には脂肪の分解・蓄積抑制などの効果が認められており、運動の際にコーヒーを摂取すると効果的と言われています。

コーヒーの効果について、詳しく紹介した記事はこちら

知れば飲まずにはいられない?コーヒーがもたらす健康効果とは?

 

ダイエット効果以外にも様々な健康効果が期待できるのがコーヒーという飲み物なんですよ。

こう聞くと、コーヒーは太るというワードとは真逆の飲み物と思いますよね。

ではなぜ、ドルチェグストのコーヒーを飲むと太ってしまう場合があるのでしょうか。

健康効果があるのはブラックコーヒーで飲んだ場合ということが鍵なんです。

 

ドルチェグストのコーヒーを飲みすぎて太る原因

ドルチェグストのコーヒー全てが飲みすぎると太るわけではありません。

前述の通り、ブラックコーヒーはダイエット効果が見込まれるので、真逆と言えるでしょう。

太る原因としては、糖質や脂質などを含むカロリーが高いカプセルもあるからです。

これらのカプセルはペットボトルのジュースや砂糖とミルク入りの缶コーヒーと同様のものですから、当然飲み過ぎると太る原因になります。

では、どのようなカプセルが太りやすく、どのカプセルブラックコーヒーなのか紹介していきます。

 

飲みすぎると太るかもしれない?ハイカロリーなカプセルとは

飲みすぎると太ってしまうカプセルは。甘くて美味しいチョコチーノ・ミルク感が美味しいアイスカプチーノなんかが挙げられます。

詳しく解説していきます。

 

飲み過ぎや寝る前は避けたいカプセル一覧

飲みすぎたら太ってしまう、いわゆるハイカロリーなカプセルはチョコチーノとアイスカプチーノです。

これは、単純にミルクや砂糖がカプセルに含まれているため。

チョコチーノはいわゆるミルクココアみたいなものです。

まあカロリーは高くなりますよね。

熱量:132kcal
タンパク質:4.5g
脂質:4.7g
炭水化物:18g
ナトリウム:47mg

全て一杯分の量
数値は公式サイトより引用

ただ、このチョコチーノですが、かなり美味いです。笑

ドルチェグストを導入したら1回は試して欲しいです。

 

アイスカプチーノはアイスコーヒー用カプセルです。

通常のホット用カプチーノとミルクカプセル(中は粉ミルク的なもの)の中身が違うようで、カロリー等々が高めです。

熱量:99kcal
タンパク質:3.7g
脂質:2.3g
炭水化物:15.9g
ナトリウム:56mg

全て一杯分の量
数値は公式サイトより引用

 

また、ラテマキアートやカプチーノもカロリーなどが高めです。

こちらは大げさになるほどではないのですが、気になる方は…という感じですね。

当たり前ですが、ブラックコーヒー以外はローカロリーとはいかないということですね。

 

ダイエット効果のあるブラックコーヒーカプセルはこれだ

画像は公式サイトより

 

ブラックコーヒーのカプセルはたくさんあるので画像のみとさせていただきます。

コーヒー豆の種類や煎り具合の違いなど、様々な違いがありますので、いろいろ試してみることができるのも魅力。

おすすめのコーヒーカプセルについて、別記事で触れていますので、気になる方はチェックしてみてください。

また、現在はスターバックスとのコラボ商品も出ていますので、自宅でスターバックスの味わいを楽しむことも出来ますよ。

 

 

本記事のまとめ

最後に本記事のまとめです。

ネスカフェドルチェグストは飲みすぎると太るのか?という内容でした。

結論としては

カロリーの高いカプセルもあるので飲みすぎると太ってしまう

飲みすぎると太ってしまう可能性があるカプセルはチョコチーノとアイスカプチーノ。

逆にブラックコーヒーのカプセルはダイエット効果がある

ドルチェグストの飲み物が気になるけど、健康も気になる方の参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら