ドルチェグストピッコロを買うのはちょっと待て!他との見逃せない違いを紹介

ドルチェグストを買おうと思っている人

ドルチェグストを買おうと思っていますが、一番安いのでピッコロという機種を買おうと思っています。

ドルチェグストを使っている方にピッコロで問題ないか聞いてみたいです。

さらになにをしりたい? ピッコロと比較対象となる機種などあれば知りたいです。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

最安価マシンドルチェグストピッコロはぶっちゃけどうなのか

ピッコロを買うならコレを買えというマシンを紹介

本記事を書いている私はドルチェグスト使用歴3年ほど

実際に使っている経験を元に記事を書いています。

 

 

最安価マシンドルチェグストピッコロはぶっちゃけどう?

ぶっちゃけてしまうとドルチェグストピッコロはドルチェグストユーザーからすると微妙なマシンとしか言えません。

初めてドルチェグストを購入する方にはおすすめできません。

理由など以下で深掘りしていきます。

 

ドルチェグストピッコロのいいとこ悪いとこを解説

ドルチェグストを検討することになると、まず候補にあがるのがドルチェグストピッコロだと思います。

なぜなら一番安いマシンだから。

ドルチェグストピッコロの良いところはマシン代が一番安い点です。

安価な代償にオートストップ機能がついていない、作りがチープである点が悪いところでしょう。

 

安価なマシンというコンセプトで作られているので仕方ないのかなと思います。

本当に最低限、コーヒーが飲めれば良いという需要に合わせて作ったのかなと。

 

ドルチェグストピッコロの良いところ。

唯一良い点としてあげられる値段、公式サイトでは3980円という家電としてかなりリーズナブルな値段です。

また、大手通販サイトでは3000円程度で取り扱っていますので、あまりコーヒーは飲まないからマシン代を安くしたいという目的で考えると一番ですね(値段の数字的に)

 

ドルチェグストピッコロの悪いところ

オートストップ機能の有無はドルチェグストを使ったことがある方なら、必ず重視する必須機能です。

詳細は後述していますので、そちらを見てください。

ドルチェグストピッコロにはオートストップ機能がついておらず、ピッコロ購入者でもオートストップ機能があるマシンを買えばよかったと後悔している方も多いです。

 

ドルチェグストピッコロはマシン代を安価にするかわりに作りがチープであると言われています。

抽出時にマグカップが振動で動いてしまう・抽出音が大きいなどの良くない評価もあります。

また、「初期不良だった」や「耐久性が低いのかすぐ壊れてしまった」などの故障報告も多いと言われています。

値段以外にも2010年発売の古い機種である点も理由になりそうです。

古いマシンは割と不良報告が多いです。(逆に最近のマシンは少ないです)

 

それでも安いマシンが良い、他のマシンは高いからそこまで出したくないと思う方も多いと思います。

そういった方へ本記事の後半で同じくらい安価でオートストップ機能がついたマシンやマシン代を浮かす方法などを紹介していますので、チェックしてみてください。

 

ドルチェグストピッコロについてまとめると以下の通り

ドルチェグストピッコロはマシン代が安いのが最大の特徴

しかし、オートストップ機能がついていない、作りがチープなどの課題も。

 

次にオートストップ機能がどれだけ重要なのか解説していきます。

 

ドルチェグスト必須の機能オートストップ機能

初めて使う方は必ずオートストップ機能がついているマシンを使いましょう。

 

「ドルチェグストを購入するときには必ずオートストップ機能がついているマシンを選んでください。」

おそらく、ドルチェグストユーザーなら私を含めてみなさんがこう思うでしょう。

ですから、ドルチェグストを検討中のあなたもオートストップ機能をついたドルチェグストを購入したほうが購入後の満足度は高いでしょう。

 

かなり重要視している機能ですが、まずオートストップ機能とはどんな機能なのでしょうか。

 

オートストップ機能とは、抽出時の湯量を自動で調節してくれる機能

ドルチェグストにはカプセルごとに最適な湯量を表すメモリが書いてあって、オートストップ機能がついているマシンであれば、マシンのメモリとカプセルのメモリを合わせることによって最適な湯量で抽出してくれます。

画像左のメーターのようなものと右側の数字「4」が抽出量を表すメモリです。

 

この機能がついていない場合、目押しでお湯の量を調節することになるので、毎回コーヒーが薄かったり濃かったりばらつきが発生します。

手間の削減と毎回同じ味でコーヒーを淹れるために必須の機能です。

 

ピッコロではオートストップ機能がついていませんから、コーヒーを淹れている間はマシンの前で慎重に抽出を見守り続ける必要があります。

 

たまにハンドドリップでコーヒーを淹れるので、あまり気にならないという方も居ると思います。

もし、このオートストップ機能の有無で1万円も価格差があるならたしかにあえて選ぶ必要はないかもしれません。

しかし、1000円程度で機能の有無が決まるので渋るポイントではないのかなと思います。

 

オートストップ機能をもう一度確認しておきましょう

オートストップ機能とは、抽出時の湯量を自動で調節してくれる機能

ドルチェグストピッコロにはついていないので、ピッコロの場合は目押しで抽出湯量調節の必要がある。

 

次はピッコロと競合となるマシンを紹介します。

 

ピッコロを買うならコレを買えというマシンを紹介

ピッコロが微妙というならどのマシンを買えば良いんだろう?

ということになると思います。

ピッコロを購入するならドルチェグストルミオを買ってください。

 

ドルチェグストピッコロを買うならドルチェグストルミオを買うべき理由

ドルチェグストピッコロを購入するならばドルチェグストルミオを購入しましょう。

理由としては、値段が1000円程度しか変わらない・2017年登場のマシンのため比較的新しく品質が保たれている

などがあげられます。

 

値段については、ドルチェグストピッコロが大手通販サイトでは3000円程度、一方ドルチェグストルミオは4000円程度と1000円程度しか変わらないです。

1000円の差でオートストップ機能がついている新しいマシンが手に入るのであればコスパもかなり良いと思います。

 

また、ドルチェグストピッコロは2010年登場でかなり年季の入ったマシン。ルミオは2017年登場で改良などが加えられた安価なマシンですので、新しい方を選ぶのがベストだと思います。

ドルチェグストルミオについては別記事で詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

ドルチェグストルミオは購入するなら最コスパ!口コミや評価を解説します

 

次にもっと安くマシンを使う方法を紹介します。

 

どうしてもマシンに値段を払いたくないなら・・

ドルチェグストにはマシンレンタルという制度があるのはご存知でしょうか。

マシンレンタルを利用するとドルチェグストならば、人気機種ジェニオ2の後継機であるジェニオアイがただで使うことができます。

定価で13,000円ほどの、高いマシンをタダで使えるわけですから、できればこちらを使いたいものです。

なお、マシンレンタルを利用するにはコーヒーカプセルを定期購入しなければなりません。

定期購入の内容は、簡単に言ってしまうと定期便サービスは毎日1杯以上コーヒーを飲む方なら元がとれてしまうサービスですので、自分のコーヒーを飲む量と相談したいところです。

 

定期便制度のメリットやデメリットを含めて別記事で解説していますので見てみてください。

ネスカフェバリスタ定期便のデメリットと後悔しないための方法とは?

 

本記事のまとめ

この記事では、ドルチェグストピッコロの購入を検討している方へピッコロの特徴や使ってみないとわからないデメリットなどについて触れました。

結論をまとめました。

  • ドルチェグストピッコロはオートストップ機能がついていないのでおすすめはできません。
  • オートストップ機能(自動抽出)はコーヒーを美味しく飲むための必須機能
  • ドルチェグストルミオなら定価で2000円・ネット通販の価格で1000円程度高いが、オートストップ機能がついているのでこちらを買うべき
  • どうしてもマシンにお金を払いたくない方には、マシンレンタル定期便が合っている

ドルチェグスト検討中の方の参考になればと思います。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら