ネスカフェなどのボトルコーヒーのカフェイン量ってどれくらい?

コーヒーのカフェインが気になる人

ボトルコーヒーのカフェイン量が知りたいです。

ネスカフェなどから発売されている市販のボトルコーヒーってどれくらいカフェインが入っているのでしょうか?

夏はついつい飲みすぎてしまうので、気になります。

他に知っておきたいことがあれば教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ボトルコーヒーのカフェイン量はどれくらい?

他に合わせて知っておきたいこと

 

 

ボトルコーヒーのカフェイン量はどれくらい?

夏になると飲む機会が増えるのがペットボトル入のアイスコーヒー。

ホットだとあまり飲まないけれど、アイスコーヒーだとついついたくさん飲みすぎてしまうことないでしょうか。

そこで気になるのが、カフェインのとりすぎですよね。

今回は夏場に消費が増えるボトルコーヒーのカフェイン量について解説していきます。

 

ペットボトルコーヒーのカフェイン量

ペットボトルのコーヒーのカフェイン量はおおよそ100mlあたり、おおよそ50~60mg程度となっています。

 

商品によって異なるのですが、平均的には100mlあたり50~60mgと考えるのが一番無難でしょう。

メーカーによっては50~100mg程度と表記しているところもあるので、上手に分散されないのかもしれません。

 

メーカーによってペットボトルコーヒーも味が異なるのは感じているとおもいますが、カフェイン量にも差があるようです。

 

例えば、あっさりしていてごくごく飲めてしまうサントリーのクラフトボスシリーズやキリンのファイヤワンデイブラックなどはカフェイン量が少なめ。

これは、使用しているコーヒーの量を減らし、飲みやすくしているためと考えられます。

反対にスーパーなどでよく見かけるネスカフェやブレンディの900mlのペットボトル入コーヒーは濃い目ですから、カフェイン量も少々多めになっていると言えます。

サントリーフーズ クラフトボス ブラック 500ml×24本 送料無料 全国配送 ケース販売 まとめ買い あす楽 箱

価格:3,032円
(2019/7/24 20:16時点)
感想(15件)

 

ペットボトルコーヒーのおカフェイン量は100mlあたり50~60mg程度ということでしたが、1日に摂取しても良いカフェイン量はいくらくらいなのでしょうか。

 

1日に摂取してもいいカフェイン量とは

1日に摂取していいカフェイン量は400mgと言われています。

なお、妊娠中の方であれば、200mg程度に抑えたほうが良いと言われています。

 

日本では明確にカフェイン量の摂取上限が決められているわけではありませんが、カフェインのとりすぎによる健康阻害は厚生労働省も注意喚起しています。

ちなみに体重80キロ程度の方であれば、15g程度のカフェインを瞬間的に摂取すると致死量になるそう。

このようにカフェインは割と健康に大きく影響を及ぼす物質なので、海外では摂取量目安があるのです。

それが1日400mgというわけです。

 

例えば、カナダ保険省では、健康な成人はカフェイン摂取量を最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)までとする。

カフェインの影響がより大きい妊婦や授乳中、あるいは妊娠を予定している女性は最大300 mg/日(マグカップで約2杯)までとする。

としていたり

英国食品基準庁では、妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を200 mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)、に制限するよう求めています。

 

詳しくはこちらの記事でも解説しています。

 

さて、ペットボトルコーヒーは100mlあたり50mgのカフェインが含まれているということでした。

そのため、1日あたり、800mlまでなら飲んでも良い量ということになります。

ペットボトル2本は飲み過ぎということになりますね。

 

1日400mgまでと言われていますが、毎日摂取することが良いこととは言えません。

たまにはカフェインを摂取しない日を作ると良いでしょう。

 

次にあわせて知っておきたいことをご紹介します。

 

ボトルコーヒーとカフェインについて他に合わせて知っておきたいこと

ペットボトルコーヒーに関してあわせて知っておきたいことを紹介します。

 

カフェインレスコーヒーもあるのは知っていますか?

近頃話題のカフェインレスコーヒーはご存知ですよね?

0ではないにしろ、ほぼカフェインが入っていないコーヒーのことです。

 

インスタントコーヒーなどにも増えてきていることもあり、ペットボトルコーヒーにもカフェインレスコーヒーが発売されています。

 

カフェイン摂取量が気になるけれど、コーヒーが飲みたいというときに良いのではないでしょうか。

ボトルコーヒーであれば、カフェインレスも普通のものも味に代わりはありません。

1度試してみてください。

詳しくはこちらの記事で解説しています

 

ネスカフェのボトルコーヒーを美味しく飲む方法

ペットボトルコーヒーのコーヒーを美味しく飲む方法を紹介します。

こちらは900ml入りのペットボトルコーヒー限定となってしまいますが、いつものアイスコーヒーを美味しく飲む方法があるんです。

それが、アイスクレマサーバーを使うこと。

アイスクレマサーバーを使うと、普通のアイスコーヒーがドラフトコーヒーになります。

ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー(1台)【ネスカフェ(NESCAFE)】

価格:1,980円
(2019/7/24 20:17時点)
感想(0件)

ドラフトコーヒーはアメリカ発祥の泡を発生させたコーヒーのことで、この泡がミルキーな味わいでとても美味しいと評判なんです。

 

こちらの記事で詳しく触れていますので、どうぞ。

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめます。

この記事では次の内容について、解説してきました。

  • ペットボトルコーヒーのカフェイン量は100mlあたり50~60mg
  • 500mlでは250~300mg程度になる
  • 1日のカフェイン摂取上限は400mgくらい
  • カフェイン量が気になるならカフェインレスコーヒーを飲んでみて。

参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら