ネスカフェなどのボトルコーヒーのカフェイン量ってどれくらい?

コーヒーのカフェインが気になる人

ボトルコーヒーのカフェイン量が知りたいです。

ネスカフェなどから発売されている市販のボトルコーヒーってどれくらいカフェインが入っているのでしょうか?

夏はついつい飲みすぎてしまうので、気になります。

他に知っておきたいことがあれば教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ボトルコーヒーのカフェイン量はどれくらい?
  • 他に合わせて知っておきたいこと
夏といえば、アイスコーヒーです。
水分補給もかねて、ついつい一度にたくさん飲んでしまうので、カフェインの摂取量が気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

本記事では、元コーヒー店員の私が、ボトルコーヒーのカフェイン量と、1日に摂取可能なカフェイン量など解説しています。
読み終えていただければ、夏のコーヒーに関する不安を払拭できるはずですよ。

 

 

  • ボタン一つでカフェクオリティのアイスコーヒーが自宅で飲める!
  • 1杯あたり約78円から。コンビニやカフェより安い!
  • もちろんホットコーヒーもカフェレベルが自宅で楽しめる。

\今なら12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッドお届け便を見てみる

※↑タップすると公式サイトへアクセスします

 

ボトルコーヒーのカフェイン量はどれくらい?

夏になると飲む機会が増えるのがペットボトル入のアイスコーヒー。

ホットだとあまり飲まないけれど、アイスコーヒーだとついついたくさん飲みすぎてしまうことないでしょうか。

そこで気になるのが、カフェインのとりすぎですよね。

今回は夏場に消費が増えるボトルコーヒーのカフェイン量について解説していきます。

 

ペットボトルコーヒーのカフェイン量

ペットボトルのコーヒーのカフェイン量はおおよそ100mlあたり、おおよそ50~60mg程度となっています。

 

商品によって異なるのですが、平均的には100mlあたり50~60mgと考えるのが一番無難でしょう。

メーカーによっては50~100mg程度と表記しているところもあるので、上手に分散されないのかもしれません。

 

メーカーによってペットボトルコーヒーも味が異なるのは感じているとおもいますが、カフェイン量にも差があるようです。

 

カフェイン量少な目なボトルコーヒーとは?

 

あっさりしていてごくごく飲めてしまうタイプはカフェインが少ないようです。

例えば、サントリーのクラフトボスシリーズやキリンのファイヤワンデイブラックなどはカフェイン量が少なめ。

 

・クラフトボス(ブラック)

カフェイン量100mlあたり約40mg

 

・ファイヤワンデイブラック

カフェイン量100mlあたり約40mg

 

 

これは、使用しているコーヒーの量を減らし、飲みやすくしているためと考えられます。

 

 

カフェイン量が普通のコーヒー

スーパーなどでよく見かけるネスカフェやブレンディの900mlのペットボトル入コーヒー

これらは、比較的濃い目です。

そのため、クラフトボスなどと比較すると、カフェイン量も少々多めと言えます。

 

 

ペットボトルコーヒーのカフェイン量は100mlあたり50~60mg程度ということでしたが。

次に、1日に摂取しても良いカフェイン量を紹介します。

 

 

1日に摂取してもいいカフェイン量とは

 

結論:1日に摂取していいカフェイン量は400mg

なお、妊娠中の方であれば、200mg程度に抑えたほうが良い。

 

日本では明確にカフェイン量の摂取上限が決められているわけではありません。

ただし、カフェインのとりすぎによる健康阻害は厚生労働省も注意喚起しています。

 

当然身体に良い物資ではないからですね。

 

バリスタネコ

ちなみに体重80キロ程度の方であれば、15g程度のカフェインを瞬間的に摂取すると致死量になるそう。

 

諸外国のカフェイン摂取ルールを紹介

このようにカフェインは割と健康に大きく影響を及ぼす物質なので、海外では摂取量目安があるのです。

それが1日400mgというわけです。

 

バリスタネコ
諸外国のルールを見てみましょう。

 

カナダ保険省

・健康な成人はカフェイン摂取量を最大400 mg/日(コーヒーをマグカップ(237 ml入り)で約3杯)まで。

妊婦や授乳中の方は最大300 mg/日(マグカップで約2杯)まで

 

英国食品基準庁

妊娠した女性は日当たりのカフェイン摂取量を200 mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)に制限。

 

なお、カフェインの摂取量については、お茶とコーヒー、カフェインはどちらが多い?眠気覚ましにおすすめは?の記事でも詳しく解説しています。

 

1日にペットボトルコーヒーはどれくらい飲んでいい?

結局のところ、どれくらいペットボトルのコーヒーを飲んでいいの?

 

バリスタネコ
500mlのペットボトル1.5本くらいですね。

 

さて、ペットボトルコーヒーは100mlあたり50mgのカフェインが含まれているということでした。

そのため、1日あたり、800mlまでなら飲んでも良い量ということになります。

500mlのペットボトル2本は飲み過ぎということになりますね。

 

なお、1日400mgまでと言われていますが、毎日摂取することが良いこととは言えません。

たまにはカフェインを摂取しない日を作ると良いでしょう。

 

次にあわせて知っておきたいことをご紹介します。

 

 

ボトルコーヒーとカフェインについて他に合わせて知っておきたいこと

ペットボトルコーヒーに関してあわせて知っておきたいことを紹介します。

 

  • カフェインレスコーヒーについて
  • ボトルコーヒーを美味しく飲む方法について

 

になります。

 

 

カフェインレスコーヒーもあるのは知っていますか?

近頃話題のカフェインレスコーヒーはご存知ですか?

0ではないにしろ、ほぼカフェインが入っていないコーヒーのことです。

 

インスタントコーヒーなどにも増えてきていることもあり、ペットボトルコーヒーにもカフェインレスコーヒーが発売されています。

 

関連記事カフェインレスコーヒーはカフェイン量がゼロではないって知ってた?

 

 

カフェイン摂取量が気になるけれど、コーヒーが飲みたいというときに良いのではないでしょうか。

ボトルコーヒーであれば、カフェインレスも普通のものも味に代わりはありません。

1度試してみてください。

 

カフェインレスコーヒーについて、お勧めの商品など詳しくはカフェインレスコーヒーのおすすめを種類ごとに厳選【もう迷わない】の記事で解説しています

 

 

ネスカフェのボトルコーヒーを美味しく飲む方法

ペットボトルコーヒーのコーヒーを美味しく飲む方法を紹介します。

こちらは900ml入りのペットボトルコーヒー限定となってしまいますが、いつものアイスコーヒーを美味しく飲む方法があるんです。

それが、アイスクレマサーバーを使うこと。

アイスクレマサーバーを使うと、普通のアイスコーヒーがドラフトコーヒーになります。

 

 

ドラフトコーヒーはアメリカ発祥の泡を発生させたコーヒーのことで、この泡がミルキーな味わいでとても美味しいと評判なんです。

ドラフトコーヒーの詳細について、詳しくはドラフトコーヒーとは?家でも作れるドラフトコーヒーサーバーも紹介の記事で解説しています。

 

 

おうちで美味しいアイスコーヒーを飲むなら、アイスコーヒー専用抽出が出来るUCCドリップポッドというコーヒーマシンがおすすめです。

詳しくは下記の記事でわかりやすく丁寧に解説しています。

オススメ記事UCCドリップポッドとは?カプセルと粉が両方使える画期的なマシン

関連記事

ドリップポッド検討中の人 UCCドリップポッドに興味があります。 良いとこや悪いとこ、他との違いなどいろいろ教えてほしいです。 バリスタネコ こういった疑問に答えます。 この記事[…]

 

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめます。

この記事では次の内容について、解説してきました。

  • ペットボトルコーヒーのカフェイン量は100mlあたり50~60mg
  • 500mlでは250~300mg程度になる
  • 1日のカフェイン摂取上限は400mgくらい
  • カフェイン量が気になるならカフェインレスコーヒーを飲んでみて。

参考になれば幸いです。

 

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします