ネスプレッソとドルチェグスト、あなたにおすすめなのはどっちか解説します

ネスプレッソとドルチェグストで悩む人

ネスプレッソとドルチェグストどっちを導入しようか迷っています。

自分のライフスタイルや好みに合っている方を選びたいので特徴などをおしえてください。

ついでにオススメの機種を教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ネスプレッソとドルチェグスト、あなたにおすすめはどっち?

ネスプレッソとドルチェグストのおすすめ機種

 

 

ネスプレッソとドルチェグストどっちがおすすめ【特徴を解説】

2つのマシンでは飲めるコーヒーと飲むユーザー層も別々になってます。

あなたが求めるコーヒーを明確にして選べるお手伝いをさせていただくため、比較形式で解説しています。

簡単に結論から言ってしまうと、エスプレッソが好きな人・少量で美味しいコーヒーが飲みたい方はネスプレッソ。

反対にいろんなコーヒーをマグカップサイズで飲みたい人・コスパ重視の人はドルチェグストが向いています。

 

機種を選ぶ前に飲みたいコーヒーをチェック

機械を選ぶ前に飲みたいコーヒーの種類は明確ですか?

 

ネスプレッソは基本的にエスプレッソマシンと言われる部類で、エスプレッソを抽出するための機械です。

ドルチェグストはレギュラーコーヒーを淹れるための機械です。

抽出されるコーヒーの種類が違いますので、用途を必ず確認しましょう。

 

ドルチェグストで抽出するレギュラーコーヒーはご自宅のマグカップサイズですので馴染みがあるコーヒーを飲むことができます。

エスプレッソは飲む機会が無い方も多いと思います。

簡単に説明しますと、通常のコーヒーよりも深煎りの豆を使うため、味が濃く、少量で満足でき。通常の半分~3分の1程度のカップで供される事が多いです。

 

実際に機械を使ったときの抽出量も以下の違いがあります。

 

ネスプレッソ リストレット25ml エスプレッソ40ml ルンゴ110ml

ドルチェグスト 120ml 200ml (他にも抽出量設定可。カプセルによって量が異なります。)

なお、両方カプセル式ですが、互換性はありません。

それぞれ別種類のカプセルを利用することになります。

関連エスプレッソはなぜ少ないのか

あなたはエスプレッソ派ですか?レギュラーコーヒー派ですか?

 

ネスプレッソとドルチェグストの各種比較表

ネスプレッソとドルチェグストの特徴を比較した一覧表を作成しました。

見ていただければ違いが一目瞭然だと思います。

 

項目ネスプレッソドルチェ
メニューエスプレッソ・エスプレッソ系メニューレギュラーコーヒーをはじめとして紅茶や抹茶なども
カプセルの種類28種約30種
コーヒー抽出量25ml~110ml120ml~200ml
1杯あたりの値段75円~162円55円~160円
カプセル購入場所ネット、ネスプレッソ店舗ネット、各スーパー、コンビニ
コーヒーの評価
マシンの価格8000円~35000円

安価なものにはミルクフォームが必要な場合あり

4000~13000円
雰囲気高級志向手軽に美味しいコーヒーを

 

ネスプレッソはコーヒーメニューだけで、28種あり、ドルチェグストはコーヒーメニュー単体では、23種になります。

 

大きな違いが抽出量になります。

一般的にエスプレッソは濃厚なため少量です。ドルチェグストは一般的なコーヒーサイズです。

 

1杯あたりの値段ですが、ネスプレッソで一番高額なのが、「マスターオリジンコスタリカ」ドルチェグストが「スターバックスラテマキアート」になります。(1杯あたり160円前後)

ドルチェグストについてはラテメニュー「カプチーノ・ティーラテ」などの単価が高くなりがちです。

コーヒーしか飲まないのであれば一番高値なのは1杯あたり81円になります。

 

コーヒーの評価ですが、コーヒーの味・風味などのクオリティーはネスプレッソで淹れたコーヒーの方が数段上手です。

ネスプレッソは一流レストランやホテルでも使われており、上質のコーヒーを供するために使われます。

 

ドルチェグストは手軽に美味しいコーヒーを飲むための機械です。

インスタントやドリップバック・コンビニコーヒーより美味しい、コーヒーメーカーで淹れたコーヒーと同等かそれ以上のコーヒーを簡単に飲めるのが特徴です。

個人の感想ですが、新鮮な豆を家で挽いてハンドドリップしたほうが美味しいコーヒーは飲めます。

「簡単に身近な美味しいコーヒーが手に入る」そんなイメージがちょうどいいと思います。

 

マシンの価格について、何種類かありますので、用途にあったタイプを選ぶことをおすすめします。

ネスプレッソは安価なものだと、ミルクフォーム(牛乳を蒸気で温める機械)がついていないため、ミルク系メニューにして飲みたいときは購入が必須です。

別途10000円くらいします。

ブラックだけで良いよって方は購入不要です。

ドルチェグストのミルクメニューはコーヒー用カプセルとミルク用カプセルを順番に淹れるだけですので、1つの機械ですみます。

 

ネスプレッソとドルチェグストのおすすめ機種を紹介

ネスプレッソとドルチェグスト

あなたのライフスタイルにあっているマシンはみつかりましたか?

ここからは初導入に向いているマシンを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

オススメ機種を2種類ずつ紹介します。

ネスプレッソのおすすめシリーズ

ネスプレッソ コーヒーメーカー イニッシア エアロチーノセット

せっかく美味しいコーヒーをネスプレッソでいただく機会があるならば、こちらのミルクフォーム付きをおすすめします。

通常8000円ほどのネスプレッソと1万円程度のエアロチーノ(ミルクを泡立てるマシン)がセットでこの価格は安いと思いますので、ミルク系メニューも飲んでみたい方はこちら。

 

 

上記機種は購入限定ですが、同じフォルムのマシンの上位互換であるネスプレッソ コーヒーメーカー ピクシークリップもおすすめです。

特に以下の条件に当てはまる方は上記のイニッシアでは損するかもです。

1日1杯は必ずコーヒーを飲む

マシン代はなるべく安く済ませたい

という方はエアロチーノがおすすめです。

理由は定期お届け便を使うとマシンが無料で手に入るため。

ドルチェグストについても見ていきます。

 

ドルチェグストのおすすめシリーズ

ドルチェグストシリーズはたくさん出ているのですが、(古い機種もあわせると10種類近く販売されています。)購入すべきおすすめはルミオとジュニオアイです。

 

種類や形がたくさんあるのでわかりにくいですが、一番重要なポイントがオートストップ機能がついているかついていないかという点です。

オートストップ機能  抽出量を設定した既定量で自動ストップ

オートストップなし  マニュアル動作で抽出量をストップ

 

この機能がないと、お湯の量調整が手作業なので、毎回味が変わります。

他はさほど重要ではないので、オートストップ機能がついている中で安いものを選んだのがおすすめの2機種になります。

この2機種は別記事で解説していますので、気になる方はどうぞ。

ドルチェグストルミオは購入するなら最コスパ!口コミや評価を解説します

他と何が違うの?ドルチェグストジェニオ2の口コミと実際に使った感想

 

ジュニオアイはネスプレッソのピクシークリップと同様に定期便サービスがあります。

最後に人によってはお得な定期便について触れておきます。

 

毎日1杯以上飲む方は定期便を使わないと損?

主張 毎日1杯以上コーヒーを飲みますか?

もし毎日のコーヒーが習慣なら、ネスプレッソ・ドルチェグストどちらにするにしろカプセル定期便を利用するのがお得です。

コーヒーメーカーが無料で使用できるカプセルコーヒーお届け便のこと

ネスプレッソは1回のお届けにつき、カプセルコーヒー5本(50カプセル)以上のご購入が必要です。(2ヶ月に1回か毎月か選択可能)

ドルチェグストは1回のお届けにつき、カプセルコーヒー4箱(約60カプセル)以上のご購入が必要です。(2ヶ月に1回)

なお、退会の場合は3回継続以降に限る

 

カプセル定期便がお得か、そうでないかは毎日コーヒーを飲むか飲まないか。

2ヶ月に1回50~60個のカプセルを購入する必要があるが、マシン代(約10000円)が発生しないので、毎日飲むなら使わないともったいないサービス。

 

本記事のまとめ

ネスプレッソとドルチェグストのについて、どちらがおすすめなのか比較検討しました。

もう一度要点をまとめると

あなたはエスプレッソ派ですか?レギュラーコーヒー派ですか?

高級志向の美味しいエスプレッソがのみたいならネスプレッソ(味・風味>コスト・量派)

喫茶店のような美味しいコーヒーが簡単に飲みたいならドルチェグスト(コスト・量>味・風味派)

 

コーヒーの抽出量が違うので注意しましょう

・ネスプレッソで抽出するエスプレッソは濃く、少量です。

・ドルチェグストで入れるレギュラーコーヒーが身近なコーヒーってやつです。

 

毎日コーヒーを飲む方はカプセル定期便を使わないと損です。

毎日は飲まないって人はマシンは買ったほうが良いです。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスプレッソというマシンなんです。
ネスプレッソなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ネスプレッソはなぜ簡単で美味しいのか?

ネスプレッソは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレ傘下であるネスプレッソ社が、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ネスプレッソは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ネスプレッソは高い?

1杯あたり約80円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると誰でも同じように淹れることができるネスプレッソを検討する余地はあるのではないでしょうか。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ネスプレッソのマシンサイズは

こちらの画像は、私が使っているエッセンサミニです。
本体サイズ:幅11cm x 高さ20.5cm x 奥行32.5cm
重量:約2.3kg
タンク容量:600ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ネスプレッソがおすすめな最大の理由

ネスプレッソは簡単で美味しいのはもちろん、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、コンパクトなマシンも上位機種も今なら100円で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、100円なんてものはないですよね。
マシンを100円手に入れる条件は、コーヒーカプセルやアクセサリーに使えるコインを定期購入するだけ、しかも定期購入額は2日に1杯分程度とかなり割安。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクってやつです。電話1本でいつでも解約可能。
また、解約時はカプセルやアクセサリーをネットで売却すればリスクを抑えることができますから、とりあえず試すというのもありでしょう。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスプレッソ公式サイトはこちら