ネスプレッソの互換カプセルは微妙?おすすめ品とメリットデメリットを解説

ネスプレッソの互換カプセルについて知りたい人
ネスプレッソに互換カプセルがあるのかを知りたいです。
ネスプレッソのカプセルって高いですよね、代わりになるようなカプセルってないでしょうか?
また、おすすめの種類やいい情報があれば教えてください。
バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

・ネスプレッソ互換カプセルのメリット・デメリット
・おすすめのネスプレッソ互換カプセルについて
・私は互換カプセルはおすすめしません。他の方法を紹介。

この記事を書いている私は、元コーヒー店員で大のコーヒー好き。

実際の経験や知識を元に書いています。

 

上にも書きましたが、ぶっちゃけ互換カプセルはおすすめしません。

便利さだけじゃなく美味さもネスプレッソ、本家に勝るものはありません。

 

ネスプレッソ互換カプセルの特徴

ネスプレッソ互換カプセルの特徴をメリット・デメリットの視点から解説しています。

※画像は正規品カプセルです。

ネスプレッソの互換カプセルを使うメリットとは

互換カプセルを使うメリットは1杯あたりの値段が下がるという点のみです。

 

大体が一杯あたり50~60円程度となっており、正規品は90円~程度するため、おおよそ半分程度のコストで済ませることができます。

 

互換カプセルで有名なカフェロイヤルは1杯約60円、キンボは1杯約77円、モカプレッソは1杯約56円と純正と比べるとかなり安いことがわかりますね。

他にメリットはありませんが、一番求めているコストパフォーマンスが良い面が最大のメリットです。

 

使うなら把握しておきたい、ネスプレッソ互換カプセルのデメリット

互換カプセルのデメリットは純正より味が劣ること・カプセル破裂や抽出失敗が起こりやすい・マシンが壊れた際に保証対象外になってしまうということがあげられます。

 

互換カプセルは安価ですし、味が本家より劣ることは諦めるしか無いでしょう。ネスプレッソはオリジナルの味わいが最強です。

本家と互換では、カプセルの形状が違います。

おおよそ抽出に問題はないのですが、カプセルの形や材質の関係から、カプセルの破裂や抽出に失敗するケースなどもあるようです。

また、マシンが壊れた際の保証も効かなくなってしまうので使用は自己責任ということにで。

 

互換カプセルは数種類あるのですが、あまり良い評判はありません。

安かろう悪かろう、値段の割には美味しいといった評価がほとんどです。

また、多くが日本では販売されておらず、賞味期限ぎりぎりのものが送られてくるケースもあるようです。(賞味期限ギリギリということはかなり昔に焙煎されたということですよね。)

 

カプセルの形状は以下の画像のように純正とは異なっており、マシンに上手くセットできなかった場合に抽出時の圧力に耐えられず破裂してしまうこともあるようです。

同様の理由で中途半端な抽出におわってしまうなどの現象もあります。

 

ネスプレッソの保証期間は2年間です。つまり、2年間は純正カプセルを使用していれば直してくれるということですね。

 

 

おすすめのネスプレッソ互換カプセルについて

おすすめのネスプレッソ互換カプセルをご紹介します。

個人的に飲んだ感想では1択かなぁと思いますよ。

 

ネスプレッソ互換カプセルなら〇〇〇一択です

ネスプレッソ互換カプセルなら、キンボの互換カプセルがおすすめです。

 

そもそも互換カプセルを使うことに懐疑的なのですが、こちらの商品は美味しかったです。

個人的な感想が推しの理由になってしまいました。スミマセン。

 

このカプセルの製造元のキンボという会社は、エスプレッソの本場イタリア、ナポリで超有名なコーヒーブランド。

ナポリの方が一押しするコーヒーブランドですから、味わいは本場のお墨付きなんです。

他の互換カプセルの多くでは味の薄さが問題になりますが、キンボの互換カプセルは豆の量が多く味が薄いということはありませんでした。

 

互換カプセルではカフェロイヤルが他に有名だと思いますが、私はそちらをあまりおすすめしません。

理由としては味の薄さとカプセルの質です。

値段相応の味わいしか感じられない点とカプセルの質が低く破裂や抽出ミスなどが発生しやすい点がきになります。

コストコで取扱があるので、手軽さはあるのですが・・・という感じです。

 

私は互換カプセルを使うのは反対派ですが、使ってみたいというのであれば、キンボのカプセルをおすすめします。

 

「互換はやめておけというがなにかいい方法があるのか」と思いますよね。

コスパを意識してコーヒーを飲みたいということでしたらドルチェグストも検討の余地があると思います。

 

互換カプセルを使うならドルチェグストを検討してみて

互換カプセルを使うくらいならドルチェグストをおすすめします。

 

「どうしてもエスプレッソしか飲みたくない。」という方であればコストダウンに互換カプセルを使うしか無いと思いますが、エスプレッソをルンゴやアメリカーノなどのお湯多めで飲んでいる方は、そもそもレギュラーコーヒーで良いのではないでしょうか。

ドルチェグストなら1杯あたりのコストは50円程度です。

互換カプセルと同じくらい、もしくは安いくらいです。

ちなみにエスプレッソ用カプセルもあります。

 

お湯多めのエスプレッソとドルチェグストで入れたレギュラーコーヒーでは、あまり味の違いもわからないという方も多いと思います。(抽出量を変えれば濃くすることも可)

コーヒーの量自体はドルチェグストの方が確実に多いのでコスパは良く、ネスプレッソにはない種類のカプセルを飲むことができます。

完全乗り換えではなく、両方所有して気分に応じてネスプレッソとドルチェグストを選択するという方法をおすすめしたいです。

 

もう一台マシンを購入するとなると、余計な費用がかかってしまうと思いますよね。

しかし、マシン台を無料にする方法があります。詳しくは長くなるので別記事で紹介しています。

 

ネスプレッソの互換カプセルはやはり味に劣ってしまいます。

また、破裂などのリスクもあるので、おすすめはできません。

エスプレッソを飲むことへのこだわりがある方は別ですが、美味しいコーヒーを飲みたいということでネスプレッソを使用している方はドルチェグストとの二刀流の方が良いのではないかと思います。

【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?

バリスタネコ
美味しいコーヒーを自宅や職場で簡単に飲むことができればとお悩みではありませんか?
または、インスタントや安いドリップバッグコーヒーなどのまずいコーヒーで困っていませんか?
もっと美味しいコーヒーを飲みたい人
できれば美味しいコーヒーを毎日飲めれば最高だけど・・・
私は一人暮らで仕事も忙しいから、片付けとか面倒なことは嫌。だから仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいます。
私も以前はハンドドリップで淹れていたけど、仕事が忙しくて今は・・・
しかし、美味しいコーヒーを飲むことはできていますよ。
せっかくここまで読んでいただいたのでご紹介しますね。
Name
多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。

 

コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。

特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?

 

また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?

わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。

 

そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。
それが、ネスプレッソなんです。

ネスプレッソなら上記の問題をすべて解決できてしまうんです。

このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。
専用カプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ネスプレッソのマスターオリジンシリーズは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

 

そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・
しかし今なら、マシン代1200円とほぼタダで手に入れることができるんです。


安いコーヒーメーカーは多々あれど、有名なものでここまで安く手に入るものはないですよね。
条件は、ネスプレッソコインプログラムを利用するだけ。

これは、定期購入などとは違い、毎月1900円で1800円分の引換券が貰えるもの。

 

しかも今なら、2000円相当のグラスやカプセルボックスがタダでもらえるウェルカムオファーもあって、始めるには一番いい時期だと思いますよ。