フレンチプレスとエアロプレスどっちを選ぶ?違いやおすすめを解説

コーヒー初心者

フレンチプレスとエアロプレスの違いについてしりたいです。

コーヒーの味や風味などもかわるのでしょうか

おすすめはどちらになりますか?

バリスタネコ
こういった疑問にお答えしていきます。本記事ではフレンチプレスとエアロプレスについて、

本記事の内容

フレンチプレスとエアロプレス違いや特徴はどんなところ?

フレンチプレスとエアロプレスどっちを選ぶ?選び方を紹介

 

 

フレンチプレスとエアロプレスの違いや特徴はどんなところ?

フレンチプレスとエアロプレスって似たようなネーミングや抽出方法なんですが、できるコーヒーには結構差があるんですよ。

どっちか試してみたいなという方向けに情報提供しておきます。

 

フレンチプレスの特徴を簡単に紹介

私はコーヒー豆を使ってコーヒーを飲むときは基本的にフレンチプレスを使用しています。

もっとも手軽に美味しいコーヒーを淹れることができる方法だと思いますよ。

 

そんなフレンチプレスの特徴はざっくりまとめると次の通り

  • 抽出作業はめちゃくちゃ簡単(誰でも同じ味で淹れることができる)
  • 出来上がるコーヒーの味はあっさり目だがコーヒーオイルがよく出るのでコクがある。
  • コーヒー豆の味がよく出る淹れ方で、コーヒーの味は豆が新鮮かそうでないかなどに影響されやすい。
  • コーヒー豆は中挽き・粗挽きのものを使用する。
  • フレンチプレス器のデザインがおしゃれで複数種類販売されている。

 

フレンチプレスとエアロプレスで淹れるコーヒーの大きな差はコーヒーの香りや味わいの部分です。

フレンチプレスで淹れるコーヒーはコーヒー豆が粗挽きなので、マイルドな味になりやすい点。ろ過するフィルターの目が金属のため、紙では抽出されにくいコーヒーオイルが多く抽出されるため、コーヒーの風味やコクがよく出る点は抑えておきたいポイントです。

なお、抽出作業はどちらも簡単ですし、手入れも洗うだけ。同じようなものと考えて良いのかなと。

 

エアロプレスの特徴も簡単に紹介

エアロプレスというのは、2000年代に考案されたコーヒーの淹れ方で比較的新しい方法なんです。

フリスビーなどを作っているエアロビーという会社の社長さんが発明したので、現在もエアロビー社から器具は販売されています。

 

エアロプレスの特徴は以下の点が挙げられます。

  • コーヒーの抽出が簡単(誰でも同じ味で淹れることができる)
  • フレンチプレスよりも素早く抽出することができる。(1分程度で可能)
  • 出来上がるコーヒーはエスプレッソのような濃いめでかつコクのあるコーヒー。
  • フレンチプレスよりも片付けが簡単。
  • コーヒー豆は細挽きにしたものを使用する。
  • デザインなどは選べない。(エアロビー社の一点)

 

フレンチプレスよりも濃い目のコーヒーを淹れることがのがエアロプレスの特徴です。

エスプレッソのような濃さで、酸味や甘みが程よくでてすっきりとした味わいは抽出に時間をかけないことと圧力抽出の賜物。

掃除もフィルターが使い捨てなので、とても簡単です。

 

さて、どちらが良いのでしょうか

もちろん良い悪いはありません、次に選び方などご紹介していきます。

 

フレンチプレスとエアロプレスどっちを選ぶ?選び方を紹介

フレンチプレスもエアロプレスも誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができる器具です。

「どっちを買えば良いんだろう・・・」「どっちが向いているかな?」と思う方は、スキなコーヒーのタイプや飲み方で考えてみるのがいいかもしれません。

 

すきなコーヒーのタイプによって選んでみる

フレンチプレスで入れたコーヒーはあっさりとしているのですが、コーヒーオイルのコクが出ているコーヒー。

一方エアロプレスで入れたコーヒーはエスプレッソのように濃い目なのですが、酸味や甘みが程よくでてすっきりとしたコーヒーになります。

 

フレンチプレスはコーヒーをブラックで味わう方に向いていると言えます。

また、アイスコーヒー(コールドブリュー)もできるので、試したい方はこちらを。

 

エアロプレスは濃いコーヒーがすきな方や、コーヒーにミルクなどをいれて飲みたい方はおすすめです。

お好みのコーヒーに応じて選んでみてください。

 

器具がやすいので両方買うのもあり

もちろん両方選んで試してみるのもおすすめです。

 

別々のコーヒーが飲めるからってのもあるんですが、フレンチプレスもエアロプレスも器具が割と安価なため、購入しやすいからという理由も。

 

コーヒーメーカーなんかを買うと1万円ほどしますよね。

電気代もかかりますし、場所も取ります。

しかし、フレンチプレスもエアロプレスも3000円程度で買えてしまいますし、場所もさほど取らないにもかかわらず美味しいコーヒーを淹れることができます。

もちろん一度にたくさん作れないデメリットは両方にありますが、逆を言えば一人暮らしの方にはコーヒーメーカーよりもおすすめかもしれません。

 

本記事のまとめ

フレンチプレスもエアロプレスも、抽出作業も片付けも簡単。(片付けはエアロプレスに分がある)

抽出されるコーヒーの味わいは大きく異るので、自分の好きなコーヒーに応じて選ぶようにしよう

迷ったら両方手にしてみるのも良いかもしれません。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。

\21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします