フレンチプレスにおすすめのコーヒー豆とは?

 

フレンチプレス似興味がある人

フレンチプレスでコーヒーを淹れるときはどんな豆がおすすめですか?

美味しく飲むために知っておきたいことがあれば教えて下さい。

あと、おすすめの商品があれば教えて下さい。

バリスタネコ

コーヒーの味わいを引き立たせるフレンチプレスですが、どのような豆が良いか迷ってしまいますよね。

本記事では選び方などを紹介いたします。

本記事の内容

フレンチプレスにおすすめのコーヒー豆とは?

フレンチプレスで美味しくコーヒーを飲むために知っておきたいこととは?

 

 

フレンチプレスにおすすめのコーヒー豆とは?

フレンチプレスはコーヒー豆の味がストレートに出る淹れ方と言われてしまうと、高いコーヒー豆じゃないと美味しくないのかな?と思ってしまうかもしれません。

フレンチプレスは確かに良いコーヒー豆を良いコーヒーに変えてくれますが、そこまで気を張るものでもありません。

コーヒー豆の選び方について、解説してきます。

 

フレンチプレスで淹れるコーヒー豆の選び方

フレンチプレスでコーヒーを淹れる際の豆の選び方ですが、次の2つに注目して選んでください。

・新鮮なコーヒー豆を使う

・中粗挽き・粗挽きのコーヒー豆を使う。

 

それぞれ説明していきます。

 

なぜ、新鮮なコーヒー豆?

フレンチプレスだけではありませんが、古いコーヒー豆を使うのは淹れ方に関わらず基本的にはNG。

古いコーヒー豆を使うとドロっとしてえぐみがあり美味しくないコーヒーができるのです。

ペーパードリップなどでは透過しないまずさもフレンチプレスならダイレクトに感じられてしまうんです。

豆の状態を反映する飲み方だからこそ、鮮度には敏感になってください。

 

 

フレンチプレスなら中粗挽き・粗挽きのコーヒー豆を使うべし。

コーヒーは淹れ方によって豆の挽き方(粒の細かさ)を変える必要があるのですが、フレンチプレスの場合は中粗挽き~粗挽きくらいで。

なぜかというと、細かすぎると金属フィルターを通り抜けてしまうためです。

細挽き代表といえば、エスプレッソなんかが挙げられるんですが、エスプレッソ用に挽いたコーヒーをフレンチプレスで入れるなんてことがあれば割と大変な感じになりますので、気をつけましょう。

挽き方なんてわからないよって方もいると思うのですが、コーヒー豆をショップ(街のコーヒー屋さんでもカルディコーヒーなんかでもなんでもOK)で買う際にフレンチプレス用に挽いてくださいと一言伝えればOKですよ。

 

フレンチプレスにおすすめのコーヒー豆

フレンチプレスで淹れる際におすすめのコーヒー豆ですが、どこ産でも良いのですが、ストレートコーヒーを選ぶと良いと思います。

※ストレートコーヒーは産地や品質などが単一のコーヒー豆を使用することで、ブレンドコーヒーの対義語と考えてもらえればOK。

 

コーヒーって産地や焙煎度ごとに味が変わるんです。

いわゆる個性のようなものがあるのですが、フレンチプレスは個性が輝く淹れ方。

せっかく豆を引き出す淹れ方だから、個性を楽しむということをどこのカフェなどでも勧めていることから、ストレートコーヒーを選んでみてください。

 

もちろんブレンドコーヒーを使うのも家庭で行うのであればもちろんOK。

まずくなるということはありませんが、ストレートの方が良いとして専門店などでは提供されます。

 

もし美味しいコーヒーに少しお金をかけられるのであれば、スペシャリティコーヒーを選ぶのもおすすめです。

スペシャリティコーヒーはその産地で取れる良い豆のみを使用したコーヒーですから、より際立った個性を楽しむことができ、至福のひとときを味わえますよ。

 

 

フレンチプレスで美味しくコーヒーを飲むために知っておきたいこととは?

コーヒー豆以外もフレンチプレスについて、知っておきたいことを紹介します。

意外と知らないことも多いかもしれませんよ。

 

お湯の温度は高めに、水に拘る必要はなし

フレンチプレスでコーヒーを淹れる際は95~100度(沸騰した)お湯を使うようにしましょう。

 

これは、コーヒーの風味が高温の方が抽出されやすいとされているためです。

ハンドドリップなどの場合は沸騰したお湯は避けるのにどうしてと思う方もいると思います。

確かに高温で入れると、苦味が増します。

コーヒーのそのものの風味などは出やすいのですが、苦味も出やすいといえるでしょう。

もし気になる、苦手だ、という場合は通常通りの95度程度で淹れてももちろんOKですよ。

 

人によっては水にも拘った方が良いという方もいるかもしれませんが、私は特に気にしなくていいと思います。

水道水が飲める地域であれば、ミネラルウォーターとあまり変わらない印象です。

若干酸味が抜けてまろやかなのかな?って程度かなと。

 

フレンチプレスは冷めやすい?

フレンチプレスで淹れたコーヒーは冷めやすいという声をたまに聞きます。

これは、器具を暖めていないことが原因。

コーヒーを淹れる前に湯通しするようにしましょう、できればマグカップも一緒にすると効果的。

温かさが長続きするので、コーヒーを美味しく飲める時間が増しますよ。

 

参考:おすすめのフレンチプレス器具

本記事を見ていただいている方の中で、まだフレンチプレス器具を持っていないという方がいれば、この機会に美味しいコーヒーが飲めるフレンチプレスを手にとって見るのはいかがでしょうか。

私のおすすめはボダムのシャンボールというフレンチプレス。

喫茶店などでもよく使われている、おそらく一番メジャーなやつです。

ボダムは北欧のキッチン用品メーカーなのですが、フレンチプレス界隈では一番有名なブランド。

値段も3000円程度とリーズナブルなため、1つくらい持っておくとコーヒーを楽しめますよ。

ちなみにその他のおすすめ器具についてはフレンチプレスの魅力とおすすめのコーヒー器具を紹介します。 をどうぞ。

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめます。

この記事の内容は次の通りでした。

  • フレンチプレスに使うコーヒー豆はブレンドされたものよりも単一のものを使うのがベスト
  • 入り方は中煎り〜深煎りで、つまり普通で良い。あとはお好みで。
  • 挽き方は中挽きや粗目が良い、細いと金属フィルターを抜けてしまうので要注意。

 

本記事が参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら