フレンチプレスの魅力とおすすめのコーヒー器具を紹介します。

フレンチプレスに興味がある人

フレンチプレスで淹れるコーヒーに興味があります。

どのような魅力がありますか?

また、おすすめの器具についても教えてほしいです。

バリスタネコ

おしゃれな器具に簡単おいしいコーヒーを淹れることができるフレンチプレスはコーヒー好きならチェックしておきたいですよね。

この記事ではフレンチプレスについて、解説してきます。

本記事の内容

  • フレンチプレスとは?フレンチプレスの魅力を解説
  • フレンチプレス用器具を選ぶポイントとおすすめを紹介

 

 

フレンチプレスとは?魅力を解説

個人的にはフレンチプレスはもっとメジャーなコーヒーの淹れ方として普及してもおかしくないくらい良いものだと考えています。

誰でも簡単に美味しいコーヒーが飲めるってすごいことだと思うんですよ。

コーヒー豆の旨味がもろに出るので、美味しいコーヒーが飲みたいという方にもぴったり。

そんなフレンチプレスの魅力やおすすめの器具などを紹介していきます。

 

フレンチプレスの魅力とは?

いきなり結論からになってしまいますが、フレンチプレスの最大の魅力は誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができる点です。

 

コーヒーの淹れ方というのはメジャーなペーパードリップからエスプレッソのようにマシンを使うものまで数種類ありますが、多くは淹れる人のハンドスキルによってコーヒーの美味しさに差がでることがほとんど。

しかし、フレンチプレスは動作がとても簡単なため、方法さえ守れば誰でも美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。

コーヒー本来の味わいを失敗なく美味しくいただけるのがフレンチプレスの一番の魅力といえるでしょう。

 

簡単なだけ?って思う方もいるかもしれませんが、他にも次のような魅力があるのがフレンチプレスです。

  • 抽出が安定している。
  • 紙のフィルターを通さないため、コーヒー本来の美味しさを楽しめる。
  • コーヒーの味を自分好みに変えやすい

 

簡単だからって美味しくないわけではなく、簡単でペーパードリップやコーヒーメーカーよりも美味しいコーヒーを淹れることができる。

これが、フレンチプレスです。

魅力的ではないでしょうか?

 

フレンチプレス用器具を選ぶポイントとおすすめを紹介

フレンチプレスで淹れるコーヒーの魅力は伝わったでしょうか。

ここからは肝心のフレンチプレス器具の選び方や、おすすめの器具、ついでに揃えておきたいアイテムなどを紹介していきます。

 

フレンチプレス用器具の選び方

フレンチプレス器具の選び方は次の2点をポイントに選んでください。

・出来上がりの容量

・デザイン

 

機能とか考えなくていいの?って声が聞こえてきそうですが、フレンチプレスの構造はシンプルなので、ちゃちすぎるものでなければOK。

出来上がり容量ってのは何人分用のポッドかどうかってことです。

自分ひとり用であれば、350ml用(コーヒー2杯分)で良いですし、常に2人以上で使うという方は500ml用が良いのではないでしょうか。

もちろん大きいほうが値が張ります。

 

フレンチプレス用の器具は構造がシンプルなので、さまざまなデザインのものがあります。

また、素材もガラス製やステンレス製・陶器のものまで様々

インテリアにもなるおしゃれなデザインのものが多いので、見た目で選ぶのもありでしょう。

 

フレンチプレスでコーヒーを淹れる際、本体機器以外にも他に必要なものがあります。

時間を測るためのタイマー、軽量カップ、軽量スプーンなどですね。

多くの方のキッチンにあるものだと思いますが、もし持っていないのであれば、用意しておく必要があります。

タイマーはコーヒーをプレスするまでお湯につけておく時間を測るため、軽量カップはお湯の量、スプーンはコーヒー粉の量をそれぞれ測るためのアイテムになります。

料理と同じで、目分量では美味しいコーヒーは飲めません。

 

また、フレンチプレスの金属フィルター部分は劣化しやすいパーツです。

500~1000円程度で交換できますので、劣化して味が変化してきたら取り替える必要があることも覚えておいてくださいね。

 

まよったらこれを買え!フレンチプレスおすすめブランドもあわせて紹介

フレンチプレス器具ってたくさんあって結局どれがいいのだろう。

こんなふうに考えている方が選ぶべきはこちら。

ボダム シャンボール

フレンチプレスメーカーではボダムが一番有名。

ボダムはデンマークのキッチンブランドで、北欧特有のスタイリッシュなデザインが特徴。

そのボダムの定番アイテムになります。

おすすめの理由としては

  • 値段が高すぎない。
  • おしゃれなデザイン
  • 350mlから選ぶことができる(500ml・1000mlとあります)
  • カフェやプロにも選ばれるボダム製

 

私が実際に使っているのもこれの350ml版です。

最近はコーヒー豆からコーヒーを淹れる際は専らフレンチプレスで淹れているのですが、大満足の代物。

ガラス製ですが、割れたりすることなく丈夫ですし、消耗品のフィルターも500円くらいですから、ガンガン使うことができます。

 

他にもおすすめを何点か上げておきます。

 

ボダムケニヤ

【正規品】 BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10682-01J

某有名通販サイトで一番売れれているフレンチプレスはこちら。

おしゃれなデザインとお求めやすい価格、信頼のボダム製品です。

 

ハリオール ブライト N コーヒー & ティー フレンチ プレス 2人用

コーヒードリッパー・フィルターなどで有名なハリオ社製です。

お手頃な価格でしっかりした商品ですので、安心して購入することができます。

ハリオは日本の企業ですので、国内産が良いという方はこちらもおすすめできる器具ですよ。

 

本記事のまとめ

 

 

最後に本記事についてまとめます。

内容を簡潔にまとめると次の通り。

フレンチプレスは誰でも簡単に美味しいコーヒーを淹れることができるので、美味しいコーヒーを飲みたいと思うのであれば持っているべき。

器具も安価なため、手に取りやすいうえ、おしゃれなデザインなものが多いのも魅力

器具選びはデザインと淹れる量で選ぼう。

まよったらボダムのシャンボールがおすすめです。

本記事が参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら