フレンチローストってどんなコーヒー?コーヒーの焙煎度合いや種類を解説

コーヒー初心者

フレンチローストについてしりたいです。

フレンチローストというコーヒー豆がお店にありましたが、どのような味わいでしょうか。

あと、コーヒーの焙煎度合いについて知りたいです。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

フレンチローストってどんなコーヒー豆?

コーヒーの焙煎度合いを簡単に紹介します。

 

この記事を書いている私は元コーヒー店員です。

当時の知識などを元に紹介します。

 

フレンチローストってどんなコーヒー豆?

コーヒー豆を購入しようとすると、様々な名称で売られていることがありますよね。

地域名なんか、例えばブラジルブレンド・コロンビアブレンド・ハワイコナ・・・なんかだと豆の種類なんだな。ということがわかると思います。

しかし、フレンチローストなどの場合はどんな豆か想像できませんよね。

今回はそんなフレンチローストを含むローストについて解説していきたいと思います。

 

フレンチローストはコーヒー豆の煎り具合

フレンチローストとはコーヒーの煎り具合を指します。

他と比較するとかなり深煎り、つまりよく焼いたコーヒー豆。

 

コーヒー豆の焙煎度合は大きく8種類あって、その中でもイタリアンローストに続いて2番目によく焼いたコーヒー豆なんです。

 

深煎りしたコーヒー豆はアイスコーヒーやエスプレッソ、カフェオレなんかに使われることが多いです。

ちなみに、一番深煎りした状態を指すイタリアンローストは豆本来の味わいが消えてしまうため、あまり用いられません。(逆にイタリアンローストを売りにしている店もあります)

そうなると飲料に適した最深煎りの豆は実質フレンチローストなのかもしれません。

 

フレンチローストという名前で売られているコーヒー豆の特徴

フレンチローストという名前で売られているコーヒー豆には以下のような特徴があります。

酸味が弱く、苦味が強い。

味が濃い

コクやキレがあるといわれる。

コーヒー豆が黒っぽく光っている

 

フレンチローストはかなり焙煎が進んだ豆を指しますから、コーヒー豆自体も茶色より黒っぽくなり、油分が浮き出てツヤが出ていることが多いです。

コーヒー豆の焙煎度合いが進むほど(深煎りになるほど)酸味よりも苦味が強くなり、味も濃くなることが多く、キレのある味わいになります。

そのため上記のような特徴になるんです。

 

フレンチローストで使われるコーヒー豆はケニアやブラジル、マンデリンなど味のバランスが取れているものや苦味がポイントのコーヒー豆を使うのが特徴。

コーヒーとして飲む際はハンドドリップやコーヒーメーカーで通常通り落とすのもいいですが、おすすめはエスプレッソやアイスコーヒーなど。

苦味がポイントとなる飲み方で使うためのコーヒー豆と考えるとわかりやすいと思います。

 

コーヒーの焙煎度合いを簡単に紹介します。

フレンチローストについて紹介しましたが、他の焙煎度合についても知っておきたい。

また、買って飲むのはどれくらい焙煎したものがいいのだろうという悩みもあるかと思います。

そこで、簡単に焙煎度合いなどを紹介いたしますので、気になる方はもう少しお付き合いください。

 

コーヒーの焙煎度合いを一覧で紹介

コーヒー豆の焙煎度合(焼き加減)ごとの特徴や種類などをまとめました。

大分類 煎り具合の名称 特徴など
浅煎り ライトロースト 飲むためのローストではなく、テスト用として用いられる段階。
シナモンロースト こちらもテスト用。シナモンのような色合いからこう呼ばれます。
中煎り ミディアムロースト 酸味が強いコーヒーはミディアムローストがおすすめ。コーヒーの酸味が苦手な方は避けたほうが良いかもしれません。
ハイロースト 日本で一般的なのがハイロースト。酸味も苦味も味わえるので、ブラジルなど味のバランスが良い豆におすすめ
シティロースト 焙煎が進み、酸味が消え苦味も抑えられた煎り具合。すべての豆はシティーローストでOKなため、迷ったらコレ。
深煎り フルシティーロースト コロンビア・ケニア・ブラジルなどでおすすめできるロースト。普通に飲むのもいいが深煎り好きの人のみかなと。
フレンチロースト 本記事の主役であるフレンチローストカフェラテ・アイスコーヒー・エスプレッソなどにどうぞ。
イタリアンロースト 一番深い煎り具合のため苦味や香ばしさが強いが、苦いだけということも多い焙煎具合です。フレンチロースト同様アイスコーヒーなどに用いることが多いです。
たくさんありますけど、用途と豆の種類によって使い分ける感じですね。
そうですね。あと焙煎度合いはお店によって異なるので迷ったらオススメを聞いてみるのも手ですよ。

コーヒー豆を買うときのおすすめの焙煎度合い

コーヒー豆を買うときに豆の焙煎具合を気にすると美味しいコーヒー豆に出会える確率が上がると思います。

コーヒー自体の味わい(苦味・酸味)を決める大きな要因が焙煎度合だから。

レギュラーコーヒーを飲む際におすすめの煎り具合はシティーローストという焙煎度合い。

 

中間くらいの焼き具合でどのような豆にでも対応できるタイプです。

豆の種類を気にする必要がなく、酸味と苦味のバランスが良いコーヒーを飲めるので一番良いと思います。

 

ちなみに、コーヒー豆の種類による特徴と焙煎度合をマッチさせるとなお良いとされています。

タンザニア、エチオピアなどカリブ海系の酸味が特徴的な豆は浅煎りに、マンデリンなどの苦味が特徴の場合は深煎りにするのがベターですよ。

 

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてのまとめです。

要約すると以下の通りになります。

フレンチローストとはコーヒー豆の焙煎具合(焼き具合)

市販のものでは最高レベルに熱を加えているため、苦味や香ばしさが強い

フレンチローストのコーヒー豆はエスプレッソやアイスコーヒーに使用されるためのもの

焙煎度合はおよそ8種類程度あり、ドリップコーヒーにおすすめのローストはーー(実際は豆の種類にもよります)

本記事でコーヒー豆の焙煎やフレンチローストについて理解できれば幸いです。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。

\21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします