ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?ロブスタ種はまずいって本当?

コーヒー豆について知りたい人

ロブスタ種やアラビカ種について特徴などしりたい。

コーヒー豆にはロブスタ種とアラビカ種があると聞きました。

ロブスタ種は美味しくないと聞いたことがありますが・・・どのように違うのでしょうか。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ロブスタ種・アラビカ種の特徴を元コーヒー店員が解説します。

 

 

ロブスタ種・アラビカ種の特徴とは?

みなさんが普段飲んでいるコーヒーに使われているコーヒー豆はおおよそアラビカ種とよばれるものとロブスタ種とよばれるものです。

コーヒーの広告なんかには「アラビカ種100%使用」と書いてあったりするのを見たことがあるかたもいるかもしれません。

本記事では、コーヒーの種類について解説していきたいと思います。

目を通していただければ、少しだけコーヒーに詳しくなっていると思いますよ。

 

アラビカ種って?美味しいコーヒーに使われる品種の特徴

飲料コーヒーの多くはアラビカ種という種類のコーヒーノキから取れた種子を使っています。

このアラビカ種のコーヒーがブラジルやケニア、インドネシア、コロンビアなど世界中で育てられ、生産地名で呼ばれ取引されているのが一般的。

 

つまりブラジルやハワイコナなんて名でコーヒー豆が売られていますが、おおよそ全てのコーヒー豆はアラビカ種なんですよ。

そして、アラビカ種が世界で消費されるコーヒーのおおよそ70~80%。

 

何故アラビカ種が使われるかと言いますとずばり美味しいから。

育った地域の影響を色濃く受け、甘みや酸味、香りなどさまざまな変化がつくことで差別化されコーヒーを楽しむことができているのです。

 

しかし、アラビカ種は気候や土壌、病害などにデリケートな品種のため育てられる地域が限られており、現在は多く世界中で消費されているが一般的に高級品である。

 

品質は高地で生産された豆の方が酸味・甘み・コクが出ているため高値で取引される高級品となる。

 

ロブスタ種は不味いコーヒー豆なの?

ロブスタ種はアラビカ種に比べて味わいや風味が劣ると言われています。

味わいとしては、苦味や渋みがあって麦のような香り。

しかし、栽培条件がアラビカ種よりも緩く、収穫量も多いことからいわゆるコスト削減的には有効な品種です。

そのため、安価なコーヒーであるインスタントや缶コーヒーに使われることが多い品種とされています。

アラビカ種が育てられない低層な地域でも育てられるため、アフリカやアジアで育てられることが多く、ベトナムがブラジルに続く第二位のロブスタ種生産国として有名である。

 

ロブスタ種が入った高級コーヒー?

ロブスタ種はあまり美味しくないコーヒー豆とされていましたが、エスプレッソに用いられることが増えてきています。

エスプレッソ特有の苦味・コクなどを表現するためにアラビカ種とブレンドして使っていることが多く、高級なエスプレッソにももちろん使われているというのが現状です。

もちろん使われるのはロブスタ種のなかでも高品質なものになりますが。

ネスプレッソのカプセルにもアラビカ種とロブスタ種のブランドでバランスを取っていることが明記されています。

ロブスタ種=安物コーヒーではないということを覚えておいてください。

 

コーヒー豆について、他に知っておきたいことは?

コーヒー豆の品種について知っておきたいことや豆知識などをご紹介します。

 

第三の品種リベリカ種とは

コーヒー豆の品種はアラビカ種とロブスタ種が有名ですが、リベリカ種という種類もあります。

リベリカコーヒーノキと言われる木から採取した種子がコーヒー豆ですが、世界ではほとんど流通していません。

全体の1%程度だそう。

理由としては、まずアラビカ種のコーヒーの方が美味しいから。

生育条件が割とゆるいそうですので、これからの時代もしかすると流通することがあるかもしれません。

当分はアラビカ種の独壇場でしょうが。

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめます。

この記事の内容を簡単に要約すると以下の通り。

世界で飲用されている70~80%のコーヒー豆はアラビカ種であり、これは他種に比べて美味しいからと言える。

ロブスタ種は生産の管理がしやすく、低コストで大量に生産できるため、インスタントコーヒーや低品質なブレンドコーヒーのかさ増しに使われる。

ロブスタ種は苦味と独特の香りが強く、ストレートで飲むものではない。

リベリカ種という種もあるが、アラビカ種には及ばないので、需要が殆ど無い

 

本記事が参考になれば幸いです。

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします