ロブスタ種とアラビカ種の違いとは?ロブスタ種はまずいって本当?

コーヒー豆について知りたい人

ロブスタ種やアラビカ種について特徴などしりたい。

コーヒー豆にはロブスタ種とアラビカ種があると聞きました。

ロブスタ種は美味しくないと聞いたことがありますが・・・どのように違うのでしょうか。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ロブスタ種・アラビカ種の特徴を元コーヒー店員が解説します。

 

 

ロブスタ種・アラビカ種の特徴とは?

みなさんが普段飲んでいるコーヒーに使われているコーヒー豆はおおよそアラビカ種とよばれるものとロブスタ種とよばれるものです。

コーヒーの広告なんかには「アラビカ種100%使用」と書いてあったりするのを見たことがあるかたもいるかもしれません。

本記事では、コーヒーの種類について解説していきたいと思います。

目を通していただければ、少しだけコーヒーに詳しくなっていると思いますよ。

 

アラビカ種って?美味しいコーヒーに使われる品種の特徴

飲料コーヒーの多くはアラビカ種という種類のコーヒーノキから取れた種子を使っています。

このアラビカ種のコーヒーがブラジルやケニア、インドネシア、コロンビアなど世界中で育てられ、生産地名で呼ばれ取引されているのが一般的。

 

つまりブラジルやハワイコナなんて名でコーヒー豆が売られていますが、おおよそ全てのコーヒー豆はアラビカ種なんですよ。

そして、アラビカ種が世界で消費されるコーヒーのおおよそ70~80%。

 

何故アラビカ種が使われるかと言いますとずばり美味しいから。

育った地域の影響を色濃く受け、甘みや酸味、香りなどさまざまな変化がつくことで差別化されコーヒーを楽しむことができているのです。

 

しかし、アラビカ種は気候や土壌、病害などにデリケートな品種のため育てられる地域が限られており、現在は多く世界中で消費されているが一般的に高級品である。

 

品質は高地で生産された豆の方が酸味・甘み・コクが出ているため高値で取引される高級品となる。

 

ロブスタ種は不味いコーヒー豆なの?

ロブスタ種はアラビカ種に比べて味わいや風味が劣ると言われています。

味わいとしては、苦味や渋みがあって麦のような香り。

しかし、栽培条件がアラビカ種よりも緩く、収穫量も多いことからいわゆるコスト削減的には有効な品種です。

そのため、安価なコーヒーであるインスタントや缶コーヒーに使われることが多い品種とされています。

アラビカ種が育てられない低層な地域でも育てられるため、アフリカやアジアで育てられることが多く、ベトナムがブラジルに続く第二位のロブスタ種生産国として有名である。

 

ロブスタ種が入った高級コーヒー?

ロブスタ種はあまり美味しくないコーヒー豆とされていましたが、エスプレッソに用いられることが増えてきています。

エスプレッソ特有の苦味・コクなどを表現するためにアラビカ種とブレンドして使っていることが多く、高級なエスプレッソにももちろん使われているというのが現状です。

もちろん使われるのはロブスタ種のなかでも高品質なものになりますが。

ネスプレッソのカプセルにもアラビカ種とロブスタ種のブランドでバランスを取っていることが明記されています。

ロブスタ種=安物コーヒーではないということを覚えておいてください。

 

コーヒー豆について、他に知っておきたいことは?

コーヒー豆の品種について知っておきたいことや豆知識などをご紹介します。

 

第三の品種リベリカ種とは

コーヒー豆の品種はアラビカ種とロブスタ種が有名ですが、リベリカ種という種類もあります。

リベリカコーヒーノキと言われる木から採取した種子がコーヒー豆ですが、世界ではほとんど流通していません。

全体の1%程度だそう。

理由としては、まずアラビカ種のコーヒーの方が美味しいから。

生育条件が割とゆるいそうですので、これからの時代もしかすると流通することがあるかもしれません。

当分はアラビカ種の独壇場でしょうが。

 

本記事のまとめ

最後に本記事についてまとめます。

この記事の内容を簡単に要約すると以下の通り。

世界で飲用されている70~80%のコーヒー豆はアラビカ種であり、これは他種に比べて美味しいからと言える。

ロブスタ種は生産の管理がしやすく、低コストで大量に生産できるため、インスタントコーヒーや低品質なブレンドコーヒーのかさ増しに使われる。

ロブスタ種は苦味と独特の香りが強く、ストレートで飲むものではない。

リベリカ種という種もあるが、アラビカ種には及ばないので、需要が殆ど無い

 

本記事が参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら