他と何が違うの?ドルチェグストジェニオ2の口コミと実際に使った感想

ジェニオ2の評価が知りたい人

ドルチェグストでどの機種にしようか迷っています。

そこで、ジェニオ2の口コミ評価などが知りたいです。

他の機種との違いはデザインや給水量だけなのでしょうか?

ほかにもドルチェグストについて知っておいたほうが良いことがあれば教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

ジェニオ2と他との違いと口コミ評価など。

ドルチェグストを購入する際に知っておきたいこと。

本記事を書いている私はドルチェグスト使用歴3年ほどです。

実際に使った感想を元に書いています。

 

 

ジェニオ2と他機種の違いとは?

ジェニオ2と他機種において大きな違いはありません。

マシンの使い勝手という面で差があるんです。

使い勝手という面を考えるとジェニオ2(後継機のジェニオアイも)がドルチェグストシリーズ最強のマシンだと思います。

使い勝手の差が値段の差、コーヒーの味わいが変わるわけではありません。

しかし、とにかく使い勝手が良いのがジェニオシリーズです。

そんなジェニオシリーズの中のジェニオ2について実際に使っている私や使っている方の意見を参考にまとめましたので、気になる方はチェックしてみてください。

 

すべての機種に共通していること

ジェニオ2の評価を知る前にすべての機種に共通していることを確認しておきましょう。

ぶっちゃけ大きな違いはほとんどないということを知っておく必要があります。

 

すべての機種に共通しているのが以下の項目になります。

・コーヒーの味わい

・1杯あたりの値段・使用できるコーヒーカプセルの種類

・使用する電力量

 

つまり、どのマシンを使ったところで基本的にはコーヒーの味は変わらないんです。

しかし、マシンの値段は4000円程度のものから約20000円ほどのものまでありますよね。

そんな中ジェニオ2は古いマシンですが、一番売れているマシンなんです。

こちらはネット通販サイトの売れ筋順の画像です。

後発でほぼ同じような機能を持ったドルチェグストルミオよりも古いのに売れ続けているマシンなんです。

ジェニオ2はどういった特徴があるのか、解説していきます。

 

ジェニオ2はここがすごい、一番売れている訳

ジェニオ2はドルチェグストマシンの中でも一番の売れ筋マシンです。

さらに、一番完成度が高いと言われているマシンシリーズでもあります。

コーヒーの味が変わるわけでもないのになぜ高評価なのでしょうか?

 

その理由はマシン間の微妙な違い・使い勝手にあります。

ジェニオ2と他のマシンとの違いはこちらになります。

・オートストップ機能搭載

・コンパクトなマシンサイズ

・奇抜なデザインではなくシンプルなデザイン

・カプセルケースが蓋付きではない

・給水口が広く、蛇口から直接給水できる

違いについて解説します。

オートストップ機能搭載とは?

ドルチェグストのマシンを選ぶ際に必ず必要な機能と言えるのがオートストップ機能です。

 

オートストップ機能がついているマシンとついていないマシンがあり、ついていないマシンでは、抽出湯量を使用者が手動で調整する必要があり、とても不便ですし、コーヒーの味にばらつきが出てしまいます。

オートストップ機能があれば、こちらが指定した湯量で抽出してくれますので、毎回同じクオリティーのコーヒーが飲めます。

また、前回使用した湯量をマシンが記憶してくれますので、とても便利です。

例えばこちらのカプセルは湯量が4メモリと指定されているので、オートストップ機能があればマシンのメモリを4に調整するだけ、機能がなければ目分量です。

コーヒーの湯量が超重要ですので、必ずついているマシンでなければいけません。

 

 

コンパクトなマシンサイズって

ドルチェグストジェニオシリーズはコンパクトなサイズが特徴的です。

 

サイズは38.4 x 38 x 21 cmとなっており、コンパクト。

 

ドルチェグストのマシンって大きめのものも多く、場所を取りがちです。

特に、一人暮らしだとキッチンスペースが狭い方も多いはず。

ジェニオシリーズはどこにでも置けるサイズなのでとてもありがたい。

 

奇抜なデザインではなくシンプルなデザインとは

サイズがコンパクトという話をしましたが、デザインもシンプルな形です。

 

ドルチェグストシリーズは奇抜なデザインも多く使いにくそうな感じもありますよね。

 

たとえば、こちらの3機種だとデザインが結構奇抜です。

好きな方は好きなのかもしれませんが、シンプルな方が使いやすいと私は思います。

 

カプセルケースが蓋付きではない

地味ですが、利便性の面で重要なのがカプセルケース部分。

蓋がついているととても不便なのですが、蓋がない点も非常に良いです。

蓋がついているカプセルケースは利便性が良くないです。

 

蓋付きのカプセルケースとそうでないものの画像はこちら

蓋付きのカプセルケースはこちら

蓋なし

このカプセルケースはコーヒーを抽出する際にコーヒーカプセルをセットする部分になります。

蓋付きのデメリットとしては

  • 蓋をきちんと締めることができないと液漏れを起こす。
  • 蓋がついているカプセルケースは毎回汚れるので洗う必要がある

つまり毎回の手入れが面倒です。

 

蓋付きカプセルケースは安価なドルチェグストルミオなどで採用されており、残念ポイントです。

 

給水口が広く、蛇口から直接給水できる

ジェニオ2の給水タンクは給水口が広く使いやすいです。

給水口が狭く、使いにくいタイプのものもあります。

 

大きな違いは蛇口から直接給水する時です。

ペットボトルの水を使用する方はあまり影響がないと思いますが、気になる方は気になるポイントと言えるでしょう。

給水口が狭い場合は、給水タンクを拭いてあげる必要があり、手間がかかります。

 

 

ドルチェグストのマシンによる違いは使い勝手の点でメリットやデメリットになっています。

発売日が新しいからすべて良いというわけではなく、単純にコストの面でしょう。

ジェニオシリーズは使い勝手の点で特に不便なところのないことから一番良いマシンと言われています。

 

ジェニオ2を実際に使った口コミ評価を解説

ジェニオ2と他機種の違いをざっくり解説させていただきました。

次は口コミ評価などを紹介します。

 

ジェニオ2を使っているみんなの口コミ評価

ドルチェグストを使っている方の口コミ評価を紹介します。

 

マシンについての評価が中心のものをまとめています。

概ねいい評価が多く、ドルチェグストを気に入っている方ならジェニオ2に不満を持つ方も少ないようでした。

口コミ

扱いが簡単で、気を使わぬメンテナンスで使用できる点、細かく清掃をしなくても大丈夫、いっぱい53円弱のコスト、明確で手ごろで、味わいもこのコストでは味わえないですね。


コンパクトで場所を取らないので助かります。機械音痴の私でも大丈夫❗操作も簡単です

口コミ

サイズ・デザイン・専用カプセルの種類が多く味や風味も良い・滅多に汚れないので手がかからない

思ってたよりサイズが小さくキッチンに置いても邪魔になりません。使い方も簡単で美味しいコーヒーが楽しめるので買ってよかったです。


ミニミーからの買い替えですミニミーは造りが今ひとつで湯量も安定しないし、操作もガチャガチャした感じでしたが、これは操作感がスムースでストレスなく使えています。

口コミ

自動停止機能付か無しか迷いましたが

倍の値段でしたが、停止機能付を選んで正解でした。

何より楽です!


初代ピッコロが壊れたので、こちらを購入しました。

初代は抽出量は手動コントロールだったので手が離せなず、量の加減がよくわからないというディメリットがありましたが、こちらは待望の自動です。また、タンク量も600mlから1000mlに増えているので複数名分抽出に楽です。

カプセル表面記載の抽出量マークのとおりに、ジュニオ2をセットして抽出開始するだけです。

口コミ

このメーカーの機械は、アートっぽさを出そうとしているのか、最新の機械はデカすぎる為、前モデルのこちらを買いました。

シンプルかつ、お洒落なデザインの、ネスプレッソを見習って欲しいです。

 

いい評価が多いのはマシンに関するレビューのみ紹介しているからです。

ドルチェグストに対する良くない評価はもちろんありますが、他のドルチェグストシリーズと比較して、ジェニオ2が悪いという口コミはありませんでした。

他のマシンではよくあるんですけどね。

 

ジェニオ2よりもすごいジェニオアイが登場

ここまで書いておいてなのですが、2019年現在ではジェニオ2は古いマシンです。

 

理由は後継機のジェニオアイというマシンが登場しているからです。

 

後継機のジェニオアイはジェニオ2の機能にブルートゥースでのアプリ連動機能が追加されました。

この連動機能により、抽出量の設定やお湯の温度の設定が可能です。

便利な機能ですが、2019年現在でジェニオ2が8000円前後、ジェニオアイが13000円くらいですので、その価値はあるかは個人によると思います。

 

ドルチェグストを購入する際に知っておきたいこと。

ドルチェグストを購入するなら、ジェニオ2またはジェニオアイを選ぶのはとてもいい選択です。

しかし、ジェニオアイならば、無料で手に入れる方法があるので知っておきましょう。

 

ドルチェグストは定期便でジェニオアイがタダで使える

あなたがもし1日2杯程度コーヒーを飲む場合は、マシン無料カプセル定期便というサービスを使いましょう。

 

1日あたり2杯分のカプセルを定期購入することで、ジェニオアイを無料で貸し出してくれます。

 

メリットとしては貸出なので、飽きたらマシンを返すことが出来る・修理交換が無料という点です。

詳しくはこちらの記事でも解説していますが、毎日飲むようならば定期購入サービスを使わないと結果マシン代損することになります。

最後にまとめです。

 

本記事のまとめ

 

本記事では、以下の内容について解説しました。

ジェニオ2と他との違いと口コミ評価など

ドルチェグストを購入する際に知っておきたいこと。

ジェニオ2は今や古い機種となってしまいましたが、ドルチェグストでは一番売れ筋の良い機種です。

ドルチェグストが欲しいけど、機種とか考えるのは面倒だな・・・と思ったらジェニオ2を買っておけば問題はないでしょう。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスカフェドルチェグスト公式サイトはこちら