夜コーヒーを飲むのは体に良い?悪い?理由を解説【カフェインレスOK】

コーヒー好きの人
夜コーヒーを飲むのはやめたほうが良いと聞きます。
実際はどうなんでしょうか?

 

バリスタネコ
夜もコーヒーが飲みたいって気持ちはわかります。
しかしおすすめはしません。理由を解説しています。

 

本記事の内容

夜コーヒーを飲むメリットとデメリットどちらが多いのか
夜コーヒーならカフェインレスがおすすめ

 

 

夜コーヒーを飲むのはあり?なし?

夜にコーヒーを飲むということに対しては、メリットもデメリットも言われているというのが実際のところ。
例えば次のような意見が挙げられます。
  • カフェインの興奮作用のせいで眠くなる
  • ミルクを入れればカフェインの効果が薄まるから大丈夫
  • カフェインの効果で逆に目覚めが良くなる
結局のところ何が良いのでしょうか?
見ていきましょう

夜コーヒーのデメリット

夜コーヒーをのむデメリットは熟睡しにくくなる、眠れなくなるという点です。
カフェインの覚醒作用のせいで眠れなくなるというのは想像しやすいですよね。
少しでもコーヒーを飲むと眠れなくなるという話もよく聞きますよね。
また、カフェインには利尿作用があるので、寝ている間でもトイレに行きたくなってしまい目覚めてしまうということもあるようです。
ただ、カフェイン自体に睡眠を妨害したり、睡眠の質を下げる効果はないとされています。
あくまでもカフェインの効き具合は体質によって大きく異なるということを抑えておきましょう。
カフェインの覚醒作用等は摂取後1時間程度で働き始め、3時間程度で効果が半分に。
排出されるのに5時間程度かかります。
そのため、睡眠予定時間から考えて5時間以内のコーヒー摂取は控えるのが無難でしょう。

夜飲むコーヒーにも実はメリットがあるという話

反対に夜コーヒーを飲むことで得られるメリットは次の通り。
  • コーヒーの香りによるリラックス効果
  • 目覚めが良くなる
コーヒーの香りは豆の品種にもよりますが、リラックス効果があるとされています。
目覚めが良くなるというのは明確なエビデンスがあるわけではありません。
一部の方でコーヒーを飲むと目覚めが良くなるという話があるようです。
前者については、グアテマラやブルーマウンテンなどのコーヒー豆でリラックス効果が特に強い香りとされています。
実験によるとリラックス効果であるα波がよく検出されるようです。
後者については、人に拠るとしか言いようがありません。
しかし、昼寝などの短時間の睡眠であれば、カフェインの効果が効き始める摂取後1時間という時間を用いることで、効果的な睡眠が取れないこともないと言えるでしょう。
さて、夜コーヒーについてですが。
やはり多くの方は夜コーヒーでカフェインを取ることは避けたほうがいいと言えるでしょう。

夜コーヒーならカフェインレスがおすすめ

「夜コーヒーをどうしても飲みたい。」「コーヒーの香りのリラックス効果だけ享受したい」そういった方はカフェインレスコーヒーがおすすめです。

カフェインレスならいいとこ取りができる

カフェインレスコーヒーは夜用のコーヒーとして常備しておくことをおすすめします。
本記事で触れてきた通り、やはり夜のカフェイン摂取は気になりますよね。
「しかしそれでもコーヒーが飲みたい。」ってときにカフェインレスなら罪悪感なしでOKですから。
おすすめです。
コーヒーの香りにリラックス効果があると言いましたが、あたたかいコーヒーを飲むという行為にもリラックス効果を感じる方も多いのではないでしょうか。
夜のリラックスタイムでも安心してカフェインレスなら飲むことができますよね。

おすすめのカフェインレスコーヒーを紹介

カフェインレスコーヒーを選ぶなら、マウントハーゲン オーガニックカフェインレスがおすすめです。
インスタントコーヒーなのですが、アラビカ種のコーヒー豆を使っており、香りもよく飲みやすいコーヒーなのでおすすめです。
カフェインレスコーヒーって苦味がエグかったり、香りがしょぼかったりすることが多いのですが・・・
こちらは普通のカフェイン入りインスタントコーヒーよりも美味しいといえるコーヒーになっています。
普段はレギュラーコーヒーを飲んでいる方でも、カフェインレスならインスタントでも良いかなと思います。
私も夜コーヒー用で愛飲していて、おすすめできるコーヒーです。
なお下記のページでは他にも美味しいカフェインレスコーヒーを紹介していますので、興味がある方はどうぞ。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら