夜コーヒーを飲むのは体に良い?悪い?理由を解説【カフェインレスOK】

コーヒー好きの人
夜コーヒーを飲むのはやめたほうが良いと聞きます。
実際はどうなんでしょうか?

 

バリスタネコ
夜もコーヒーが飲みたいって気持ちはわかります。
しかしおすすめはしません。理由を解説しています。

 

本記事の内容

夜コーヒーを飲むメリットとデメリットどちらが多いのか
夜コーヒーならカフェインレスがおすすめ

 

 

夜コーヒーを飲むのはあり?なし?

夜にコーヒーを飲むということに対しては、メリットもデメリットも言われているというのが実際のところ。
例えば次のような意見が挙げられます。
  • カフェインの興奮作用のせいで眠くなる
  • ミルクを入れればカフェインの効果が薄まるから大丈夫
  • カフェインの効果で逆に目覚めが良くなる
結局のところ何が良いのでしょうか?
見ていきましょう

夜コーヒーのデメリット

夜コーヒーをのむデメリットは熟睡しにくくなる、眠れなくなるという点です。
カフェインの覚醒作用のせいで眠れなくなるというのは想像しやすいですよね。
少しでもコーヒーを飲むと眠れなくなるという話もよく聞きますよね。
また、カフェインには利尿作用があるので、寝ている間でもトイレに行きたくなってしまい目覚めてしまうということもあるようです。
ただ、カフェイン自体に睡眠を妨害したり、睡眠の質を下げる効果はないとされています。
あくまでもカフェインの効き具合は体質によって大きく異なるということを抑えておきましょう。
カフェインの覚醒作用等は摂取後1時間程度で働き始め、3時間程度で効果が半分に。
排出されるのに5時間程度かかります。
そのため、睡眠予定時間から考えて5時間以内のコーヒー摂取は控えるのが無難でしょう。

夜飲むコーヒーにも実はメリットがあるという話

反対に夜コーヒーを飲むことで得られるメリットは次の通り。
  • コーヒーの香りによるリラックス効果
  • 目覚めが良くなる
コーヒーの香りは豆の品種にもよりますが、リラックス効果があるとされています。
目覚めが良くなるというのは明確なエビデンスがあるわけではありません。
一部の方でコーヒーを飲むと目覚めが良くなるという話があるようです。
前者については、グアテマラやブルーマウンテンなどのコーヒー豆でリラックス効果が特に強い香りとされています。
実験によるとリラックス効果であるα波がよく検出されるようです。
後者については、人に拠るとしか言いようがありません。
しかし、昼寝などの短時間の睡眠であれば、カフェインの効果が効き始める摂取後1時間という時間を用いることで、効果的な睡眠が取れないこともないと言えるでしょう。
さて、夜コーヒーについてですが。
やはり多くの方は夜コーヒーでカフェインを取ることは避けたほうがいいと言えるでしょう。

夜コーヒーならカフェインレスがおすすめ

「夜コーヒーをどうしても飲みたい。」「コーヒーの香りのリラックス効果だけ享受したい」そういった方はカフェインレスコーヒーがおすすめです。

カフェインレスならいいとこ取りができる

カフェインレスコーヒーは夜用のコーヒーとして常備しておくことをおすすめします。
本記事で触れてきた通り、やはり夜のカフェイン摂取は気になりますよね。
「しかしそれでもコーヒーが飲みたい。」ってときにカフェインレスなら罪悪感なしでOKですから。
おすすめです。
コーヒーの香りにリラックス効果があると言いましたが、あたたかいコーヒーを飲むという行為にもリラックス効果を感じる方も多いのではないでしょうか。
夜のリラックスタイムでも安心してカフェインレスなら飲むことができますよね。

おすすめのカフェインレスコーヒーを紹介

カフェインレスコーヒーを選ぶなら、マウントハーゲン オーガニックカフェインレスがおすすめです。
インスタントコーヒーなのですが、アラビカ種のコーヒー豆を使っており、香りもよく飲みやすいコーヒーなのでおすすめです。
カフェインレスコーヒーって苦味がエグかったり、香りがしょぼかったりすることが多いのですが・・・
こちらは普通のカフェイン入りインスタントコーヒーよりも美味しいといえるコーヒーになっています。
普段はレギュラーコーヒーを飲んでいる方でも、カフェインレスならインスタントでも良いかなと思います。
私も夜コーヒー用で愛飲していて、おすすめできるコーヒーです。
オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー 100g|MOUNT HAGEN/デカフェ/マウントハーゲン/バターコーヒー/完全無欠コーヒー
なお下記のページでは他にも美味しいカフェインレスコーヒーを紹介していますので、興味がある方はどうぞ。
家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします