水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いを解説します。

コーヒー初心者

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いが知りたいです。

コーヒーショップで飲んだ水出しコーヒーが美味しかったのだけど、アイスコーヒーと何が違うんだろう。

自宅でも作ることができますか?

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いについて

水出しコーヒーとアイスコーヒーを自宅で簡単に作る方法

 

この記事を書いている私は昔コーヒー店員をしていました。

当時の知識+αで書いています。

 

 

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いとは?コールドブリューの話

冷たいコーヒーという点では同じですが、作成方法が大きく異なります。

アイスコーヒーというのは総称ですから、ここではアイスコーヒーを急冷式(ホットで入れて氷で冷やす)を指すこととします。

ちなみに、水出しコーヒーについてはコールドブリューと言うこともあります。

味風味や、抽出方法の違いを見ていきます。

 

作り方によるアイスコーヒーの風味や口当たりの違いは?

水出しコーヒーとアイスコーヒー(急冷式)の違いをまとめました。

水出しコーヒーアイスコーヒー
製法水出し急冷式
味わいまろやか苦味やキレが強い
香り急冷式と比較すると控えめコーヒー本来の香りを感じられる
日持ち1日程度作るのにかかり、2~3日程度2~3日程度
カフェイン量水出しコーヒーの方が多いです。
飲みやすさまろやかで飲みやすい苦味と風味を感じられるスッキリな飲み口

 

簡単にいってしまうと、水出しコーヒーの方が、あっさりとして飲みやすいということになります。

飲みやすい水出しコーヒーのですが、コーヒー豆の使用量も多く、熱を加えていないため、通常よりもカフェイン量が多いので過剰摂取には要注意。

 

抽出方法の違いをわかりやすく解説

水出しコーヒーとアイスコーヒーの抽出方法は大きく異なります。

 

水出しコーヒーは水から抽出するコーヒー。

アイスコーヒーはホットコーヒーを急速に冷やしたものになります。

 

水出しコーヒーの抽出方法は以下の画像の通りです。

抽出用のバッグに入れたコーヒー粉を水に浸すだけですので、作り方自体はとても簡単です。

しかし、3日程度時間がかかってしまうのが難点です。

水出しコーヒー用のポットも販売されているので、作ってみたい方は買ってみると良いかもしれません。

 

アイスコーヒーは通常のドリップコーヒーと同じように淹れるのですが、ドリッパーの下に氷で満たしたサーバーに落とすなどして、すぐに氷で冷やします。

水から抽出する方法とお湯から抽出する方法という点で異なります。

 

水出しコーヒーとアイスコーヒーを自宅で簡単に作る方法

ここからは水出しコーヒーとアイスコーヒーを作る方法をご紹介します

自宅でも簡単にできるので試してみてください

 

水出しコーヒーを簡単に作る方法

水出しコーヒーのつくりかたですが、家庭で行う方法はとても簡単です。

 

水出しコーヒー用のバッグを購入して容器に浸すだけです。

 

水出しコーヒーを作るのであれば、コーヒー豆は深煎りで中挽き程度がおすすめ。

冷たいコーヒーは酸味よりも苦味やキレなどが欲しい飲み物。

おすすめの豆はマンデリン、ブラジル、コロンビアなどがありますが、アイスコーヒー用にブレンドしているお店も多いと思いますので、そういったものを買うのが良いでしょう

送料無料【約120杯分入】水出しアイスコーヒーバッグ/簡単・便利・おいしい・まろやかなコク/グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

 

アイスコーヒーの作り方

ご存知の方も多いとは思いますが、アイスコーヒーの正しい作り方を紹介します。

ホットコーヒーをドリップなどで淹れる要領で淹れるのですが、コーヒーを受ける容器に氷をたくさん淹れることによって急速に冷やして作ります。

簡単に作ることが出来るので試してみてください。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら