水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いを解説します。

コーヒー初心者

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いが知りたいです。

コーヒーショップで飲んだ水出しコーヒーが美味しかったのだけど、アイスコーヒーと何が違うんだろう。

自宅でも作ることができますか?

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いについて

水出しコーヒーとアイスコーヒーを自宅で簡単に作る方法

 

この記事を書いている私は昔コーヒー店員をしていました。

当時の知識+αで書いています。

 

 

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いとは?コールドブリューの話

冷たいコーヒーという点では同じですが、作成方法が大きく異なります。

アイスコーヒーというのは総称ですから、ここではアイスコーヒーを急冷式(ホットで入れて氷で冷やす)を指すこととします。

ちなみに、水出しコーヒーについてはコールドブリューと言うこともあります。

味風味や、抽出方法の違いを見ていきます。

 

作り方によるアイスコーヒーの風味や口当たりの違いは?

水出しコーヒーとアイスコーヒー(急冷式)の違いをまとめました。

水出しコーヒー アイスコーヒー
製法 水出し 急冷式
味わい まろやか 苦味やキレが強い
香り 急冷式と比較すると控えめ コーヒー本来の香りを感じられる
日持ち 1日程度作るのにかかり、2~3日程度 2~3日程度
カフェイン量 水出しコーヒーの方が多いです。
飲みやすさ まろやかで飲みやすい 苦味と風味を感じられるスッキリな飲み口

 

簡単にいってしまうと、水出しコーヒーの方が、あっさりとして飲みやすいということになります。

飲みやすい水出しコーヒーのですが、コーヒー豆の使用量も多く、熱を加えていないため、通常よりもカフェイン量が多いので過剰摂取には要注意。

 

抽出方法の違いをわかりやすく解説

水出しコーヒーとアイスコーヒーの抽出方法は大きく異なります。

 

水出しコーヒーは水から抽出するコーヒー。

アイスコーヒーはホットコーヒーを急速に冷やしたものになります。

 

水出しコーヒーの抽出方法は以下の画像の通りです。

抽出用のバッグに入れたコーヒー粉を水に浸すだけですので、作り方自体はとても簡単です。

しかし、3日程度時間がかかってしまうのが難点です。

水出しコーヒー用のポットも販売されているので、作ってみたい方は買ってみると良いかもしれません。

 

アイスコーヒーは通常のドリップコーヒーと同じように淹れるのですが、ドリッパーの下に氷で満たしたサーバーに落とすなどして、すぐに氷で冷やします。

水から抽出する方法とお湯から抽出する方法という点で異なります。

 

水出しコーヒーとアイスコーヒーを自宅で簡単に作る方法

ここからは水出しコーヒーとアイスコーヒーを作る方法をご紹介します

自宅でも簡単にできるので試してみてください

 

水出しコーヒーを簡単に作る方法

水出しコーヒーのつくりかたですが、家庭で行う方法はとても簡単です。

 

水出しコーヒー用のバッグを購入して容器に浸すだけです。

 

水出しコーヒーを作るのであれば、コーヒー豆は深煎りで中挽き程度がおすすめ。

冷たいコーヒーは酸味よりも苦味やキレなどが欲しい飲み物。

おすすめの豆はマンデリン、ブラジル、コロンビアなどがありますが、アイスコーヒー用にブレンドしているお店も多いと思いますので、そういったものを買うのが良いでしょう

 

アイスコーヒーの作り方

ご存知の方も多いとは思いますが、アイスコーヒーの正しい作り方を紹介します。

ホットコーヒーをドリップなどで淹れる要領で淹れるのですが、コーヒーを受ける容器に氷をたくさん淹れることによって急速に冷やして作ります。

簡単に作ることが出来るので試してみてください。

  • ボタン一つでスタバ・上島珈琲などの本格コーヒーを自宅で再現
  • 1杯あたり80円~とコンビニや缶コーヒーより安価
  • 15,000円相当のマシンが無料で使える

今なら初回1980円キャンペーン中

キューリグ公式サイトで詳細を見てみる