深みやコクのあるコーヒーが飲みたい!選び方など解説

コーヒーに悩む人
あっさりしたコーヒーよりも深みやコクのあるコーヒーが飲みたいです。
どういった選び方をするのが良いでしょうか?

 

バリスタネコ
本記事ではこういった疑問に答えます。

 

この記事を読んでわかること

  • コーヒーの深みやコクについて解説
  • 深みやコクのあるコーヒーが飲みたい人へのベストチョイス

 

コーヒーの深みやコクについて解説します

コーヒーの味わいを表す表現方法として、「深み」や「コク」という言葉が良く使われますが、具体的にどのような味わいなのでしょうか。
そして、どのようなコーヒーを選べば「深み」や「コク」に触れることができるのでしょうか
本記事ではそんなコーヒーの味わいについて深掘りしていきます。

コーヒーの深みとは?苦味とは何が違う?

結論から言ってしまうと、コーヒーの深みというのはコーヒーの様々な味わい(酸味・苦味・甘みなど)がバランスよく一つになった結果、複雑でおくゆきのある味わいが出ていることを表現する言葉になります。
とても簡単に言ってしまうと、一種類の味わいに特化することなく、美味しいということでしょうか。
そもそも深みのある味わいという言葉はコーヒー専門の言葉ではありません。
料理や他の飲み物(ビールなど)でもつかわれますよね。
一般的な深みのある味わいの定義としては、5つの基本味(甘み・塩味・酸味・苦味・うま味)がバランスよく重なっていることを深みのある味わいというそうですよ。
カレーやデミグラスソースなんかをイメージするとわかりやすく、また、深みという言葉が使われていることを思い返すのではないでしょうか。
コーヒーの話に戻りますが、深みのあるコーヒーという言葉の反対にすっきりした味わいのコーヒーという言葉があります。
こちらはストレートな味わいであることが多いため、複雑な味わいのことを深みがあるともいえるでしょう。

コーヒーのコクとは?

コーヒーのコクとはなんでしょうか。
なんと、料理界隈における「コク」というのは深みと同義なようです。
コクのある味わいと深みのある味わいという言葉がありますが、どうやら類義語に分類されているようです。
詳しくはこちらを参照
コーヒーやビール・カレーなどで「深みやコクのある味わい」なんて表現をよく見ますが、様々な味わいが絡み合ってバランスよく美味しいということになるようです。

深みやコクのあるコーヒーが飲みたい人へのベストチョイス

深みやコクのあるコーヒーが飲みたい場合どのような選び方をすればいいのでしょうか。
方法としては次の二つの方法があります。
  • ブレンドされたコーヒーを選ぶ
  • コーヒーの産地に注目する
では詳しく見ていきましょう

ブレンドされたコーヒーを選ぶ

コーヒーの深みやコクについては、味わいの複雑さが要因ということでした。
複雑な味わいを求めるならブレンドコーヒーを選びましょう。
一種類の豆しか使われていないシングルオリジンのコーヒーはブレンドコーヒーに比べるとシンプルな味わいであることが多いです。
一方ブレンドコーヒーは深みやコクなどを出すために複数種のコーヒーが混ぜられています。
深みやコクをイメージしてブレンドされたコーヒーを選ぶといいででしょう。
インスタントコーヒー、ドリップバックコーヒーユーザーはこちらの選び方がおすすめです。
関連記事:スーパーで買えるコーヒーをお探しの方は下記記事もチェックしてみてください。

コーヒーの産地に注目する

コーヒーは産地によって味わいが異なりますので、産地からコクや深みのあるコーヒーを選ぶのもありです。
コクのや深みのあるコーヒー豆といわれている産地は次のものがあります。(一部です)
  • モカ
  • グアテマラ
  • コロンビア
  • マンデリン
これらは味わいがそれぞれ異なるのですが、持ち味を生かしたコクを楽しむことができます。
コーヒー豆にこだわりたいという方はこちらの方法も検討するのはありでしょう
関連記事:美味しいコーヒー豆をお探しの方は下記記事もどうぞ。

まとめ:コクや深みのある自分に合ったコーヒーをさがしてみませんか?

この記事ではコーヒーのコクや深みという言葉について、そしてコクや深みのあるコーヒーの特徴を解説しました。

要点をまとめると次の通りになります。

 

コーヒーの様々な味わい(酸味・苦味・甘みなど)がバランスよく一つになった結果、複雑でおくゆきのある味わいが出ていること

 

ブレンドコーヒーにはコクや深みを味わえるものが多い。産地で選んでもOK。

コクのあるコーヒーというフレーズで売られているコーヒーは多々ありますが、実際の味わいは多種多様です。

ぜひお気に入りのコーヒーをみつけてみてくださいね。

  • ボタン一つでスタバ・上島珈琲などの本格コーヒーを自宅で再現
  • 1杯あたり80円~とコンビニや缶コーヒーより安価
  • 15,000円相当のマシンが無料で使える

今なら初回1980円キャンペーン中

キューリグ公式サイトで詳細を見てみる