深みやコクのあるコーヒーが飲みたい!選び方など解説

コーヒーに悩む人
あっさりしたコーヒーよりも深みやコクのあるコーヒーが飲みたいです。
どういった選び方をするのが良いでしょうか?

 

バリスタネコ
本記事ではこういった疑問に答えます。

 

この記事を読んでわかること

  • コーヒーの深みやコクについて解説
  • 深みやコクのあるコーヒーが飲みたい人へのベストチョイス

 

コーヒーの深みやコクについて解説します

コーヒーの味わいを表す表現方法として、「深み」や「コク」という言葉が良く使われますが、具体的にどのような味わいなのでしょうか。
そして、どのようなコーヒーを選べば「深み」や「コク」に触れることができるのでしょうか
本記事ではそんなコーヒーの味わいについて深掘りしていきます。

コーヒーの深みとは?苦味とは何が違う?

結論から言ってしまうと、コーヒーの深みというのはコーヒーの様々な味わい(酸味・苦味・甘みなど)がバランスよく一つになった結果、複雑でおくゆきのある味わいが出ていることを表現する言葉になります。
とても簡単に言ってしまうと、一種類の味わいに特化することなく、美味しいということでしょうか。
そもそも深みのある味わいという言葉はコーヒー専門の言葉ではありません。
料理や他の飲み物(ビールなど)でもつかわれますよね。
一般的な深みのある味わいの定義としては、5つの基本味(甘み・塩味・酸味・苦味・うま味)がバランスよく重なっていることを深みのある味わいというそうですよ。
カレーやデミグラスソースなんかをイメージするとわかりやすく、また、深みという言葉が使われていることを思い返すのではないでしょうか。
コーヒーの話に戻りますが、深みのあるコーヒーという言葉の反対にすっきりした味わいのコーヒーという言葉があります。
こちらはストレートな味わいであることが多いため、複雑な味わいのことを深みがあるともいえるでしょう。

コーヒーのコクとは?

コーヒーのコクとはなんでしょうか。
なんと、料理界隈における「コク」というのは深みと同義なようです。
コクのある味わいと深みのある味わいという言葉がありますが、どうやら類義語に分類されているようです。
詳しくはこちらを参照
コーヒーやビール・カレーなどで「深みやコクのある味わい」なんて表現をよく見ますが、様々な味わいが絡み合ってバランスよく美味しいということになるようです。

深みやコクのあるコーヒーが飲みたい人へのベストチョイス

深みやコクのあるコーヒーが飲みたい場合どのような選び方をすればいいのでしょうか。
方法としては次の二つの方法があります。
  • ブレンドされたコーヒーを選ぶ
  • コーヒーの産地に注目する
では詳しく見ていきましょう

ブレンドされたコーヒーを選ぶ

コーヒーの深みやコクについては、味わいの複雑さが要因ということでした。
複雑な味わいを求めるならブレンドコーヒーを選びましょう。
一種類の豆しか使われていないシングルオリジンのコーヒーはブレンドコーヒーに比べるとシンプルな味わいであることが多いです。
一方ブレンドコーヒーは深みやコクなどを出すために複数種のコーヒーが混ぜられています。
深みやコクをイメージしてブレンドされたコーヒーを選ぶといいででしょう。
インスタントコーヒー、ドリップバックコーヒーユーザーはこちらの選び方がおすすめです。
関連記事:スーパーで買えるコーヒーをお探しの方は下記記事もチェックしてみてください。

コーヒーの産地に注目する

コーヒーは産地によって味わいが異なりますので、産地からコクや深みのあるコーヒーを選ぶのもありです。
コクのや深みのあるコーヒー豆といわれている産地は次のものがあります。(一部です)
  • モカ
  • グアテマラ
  • コロンビア
  • マンデリン
これらは味わいがそれぞれ異なるのですが、持ち味を生かしたコクを楽しむことができます。
コーヒー豆にこだわりたいという方はこちらの方法も検討するのはありでしょう
関連記事:美味しいコーヒー豆をお探しの方は下記記事もどうぞ。

まとめ:コクや深みのある自分に合ったコーヒーをさがしてみませんか?

この記事ではコーヒーのコクや深みという言葉について、そしてコクや深みのあるコーヒーの特徴を解説しました。

要点をまとめると次の通りになります。

 

コーヒーの様々な味わい(酸味・苦味・甘みなど)がバランスよく一つになった結果、複雑でおくゆきのある味わいが出ていること

 

ブレンドコーヒーにはコクや深みを味わえるものが多い。産地で選んでもOK。

コクのあるコーヒーというフレーズで売られているコーヒーは多々ありますが、実際の味わいは多種多様です。

ぜひお気に入りのコーヒーをみつけてみてくださいね。

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします