甘いコーヒーとは?苦味・酸味に続くうま味について解説

甘みを感じるコーヒーを飲んでみたい人

ブラックコーヒーで甘みを感じるといいますが、よくわかりません

どんなコーヒーを飲めば甘みを感じることができるか教えてください。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 甘いコーヒーの銘柄や特徴がわかる
  • 甘いコーヒーの仕組みがわかる。

 

 

甘いコーヒーはどれ?そしてなぜ甘いのか

コーヒーの味わいについては苦味、酸味、そして甘味という表現が使われますよね。

苦味と酸味は分かりやすいと思いますが、甘味と言われてもよくわからないな…という方は多いのではないでしょうか?

そんなあいまいなコーヒーにおける甘みですが、品種や品質によっては、ブラックコーヒーでも感じることができます。

今回はコーヒーの甘味について深掘りしていきます。

 

甘いコーヒーとされている品種

甘みを感じられるとされるコーヒーですが、産地(銘柄)から紹介します。

  • モカ
  • コロンビア
  • ハワイコナ

 

これらは甘味が感じられるコーヒーとして一般的なものになります。

実際のところ、甘みのあるコーヒーとないコーヒーの根拠や違いなどは解明されておりません。

コーヒーの味わいはその土地の気候や土壌による影響が大きいとされています。

 

ちなみに、コーヒーの甘味にはチョコレート系、果実系などといった表現が使われます。

言葉の通り苦味と甘味、酸味と甘味が感じられるというわけです。

ちなみに上記でいうと、コロンビアがチョコレート系、モカやハワイコナなんかは果実系の甘みとなっています。

 

モカコーヒーについてはこちらの記事もどうぞ。

 

甘いコーヒーは焙煎と品質が重要

産地によってコーヒーの甘味が必ず出ているというわけではありません。

モカコーヒーはローグレードからスペシャリティコーヒーまですべてが甘いわけではないということです。

 

高品質なコーヒーをきちんと焙煎した豆で淹れたコーヒーでなければ甘味を感じることはできません。

 

甘味は、苦味や酸味に比べて微かな後味程度のものです。

雑味が多いと感じることができないため、品質が重要になってくるわけです。

甘みを感じてみたい、という方はコーヒーショップが焙煎したスペシャリティコーヒーを選ぶと失敗しにくいと思います。

 

甘いコーヒーはなぜできる?どのような甘味なのか

苦味・酸味と合わせて、甘いコーヒーがあるということは掴んでいただけたでしょうか。

次になぜコーヒーは甘いのか、そしてどんな甘味なのかについて、ご紹介していきます。

 

甘いコーヒーのメカニズムとは

甘いコーヒーは砂糖入りのコーヒーやココアのような甘味を感じることができるのかと言われるとそうではありません。

ふんわりとした甘味、例えるならお米の甘さのようなものを感じることができます。

 

コーヒーの甘みについては、生豆の成分の多くが糖類(多糖類)で構成されていることが理由の一つです。

糖類多めの生豆を焙煎すると、カラメル化などの化学反応が起こり、甘み・複雑な味わいになるのです。

 

実際のところコーヒーの味わいは科学的にきちんと証明されているわけではないそうです。

あくまでもさまざまな理論、法則から見出されるものと言えるでしょう。

甘味と苦味そして甘味も感じられる不思議な飲み物、それがコーヒーなのです。

 

コーヒーの甘みは後味のふんわりとした甘さ

コーヒーの甘さはどのような甘さなのでしょうか。

コーヒーの甘さは後味がふんわり香る程度の甘さです。

 

そもそもコーヒーの味わいは基本苦味と酸味です。

これらに比べると甘味はごくわずかなものとなっているんですね。

 

例えばお米なんかも甘いという表現を使いますが、砂糖のように明確に甘いわけではないですよね。

お米の香りの中に噛んでるとふわっと甘味を感じられるというのはわりと経験があると思います。

高品質なコーヒーを飲んでみると同じようなことを感じられると思いますよ。

 

甘いコーヒーならブラックでも飲めるかも?

ブラックコーヒーやコーヒー自体が苦手な方もいらっしゃいますよね。

しかし、高品質な甘さがあるコーヒーであれば飲めると思います。

 

甘味のあるコーヒーはその分酸味や苦味がマイルドであることが多いです。

そのためコーヒーの苦味が苦手という方にもおすすめできます。

 

ブラックは苦手・・・という方も甘みのあるいいコーヒーが手にはいたら、一度ブラックで飲んでみてはいかがでしょうか。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら