職場にアイスコーヒーを持参するときの注意点とおすすめの水筒

コーヒー好きの人

節約のためにアイスコーヒーを職場に持参したいです。

なにか気をつけることはありますか?

 

バリスタネコ
こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

職場にアイスコーヒーを持参する方法と気をつけたいこと

アイスコーヒーを持ち込むおすすめの水筒

 

 

職場にアイスコーヒーを持参する方法と気をつけたいこと

職場にアイスコーヒーを持参する方法といえば、買ったペットボトルや缶を持ち込む以外にも水筒で持ち込むということも多いのではないでしょうか。

今回はそんな水筒での持参について解説していきます。

 

コーヒーを水筒で持参する際に気をつけたいこと

コーヒーを水筒で持参するとコンビニや自販機で購入するのと比較して経済的にお得ですから、水筒で持参しようと考えるかたも多いと思います。

しかし、持ち込みの際には注意点がいくつか存在します。

ホットコーヒーもアイスコーヒーも注意点がありますので、あわせて紹介すると次の点が挙げられるんです。

 

  • ミルクを入れたときに腐敗や分離のリスク
  • 水筒が不衛生になる
  • コーヒーが酸化が進むことでまずくなる

 

夏場であれば、ミルクをコーヒーに入れて長時間常温経過してしまうと、傷んでしまうことが考えられますよね。

水筒についても、きちんと洗浄できれば問題ないですが、水やお茶に比べてコーヒーを入れて使ったほうが酸性の飲み物であるため、不衛生だったり、消耗が激しくなることが考えられます。

また、コーヒーは長時間熱や空気に晒されると嫌な酸味が出てまずくなってしまいます。

 

ただし、こういったリスクを恐れるのは夏場のホットコーヒーなのかなと思います。

アイスコーヒーであれば、衛生面だけ気をつけていれば割と美味しくコーヒーを飲むことができますし、ミルクに関しては入れなければいいだけの話ですからね。

 

アイスコーヒーの持ち込みならさほど気にすることでもないのかなと思います。

 

コーヒー用に水筒を持参するメリット

コーヒー用に水筒を持参すると、節約になる・美味しく淹れたコーヒーが味わえるといったメリットがあります。

 

家でコーヒーを淹れた場合は通常ドリップしても1杯30~50円程度だと思います。

インスタントコーヒーを使えば10円程度なんでかなり安くすませることができますね。

しかし、コンビニや自販機などで買えば100円以上しますし、カフェに行けば500円程度してしまいます。

節約効果は大きいでしょう。

 

また、缶コーヒーなどはあまり美味しくないと私は思っています。(個人差がありますが・・・)

高いお金を払って缶コーヒーを飲むのであれば、家で淹れたアイスコーヒーのほうが美味しいと私はおもいます。

 

アイスコーヒーを持参する際におすすめの水筒

Stainless and tumbler cup on wooden background

ホットコーヒーは職場でも淹れやすいと思いますが、アイスコーヒーとなると家から持参という形になってしまうという人も多いと思います。

そんなアイスコーヒーを持参する際におすすめの水筒と、持参する際に美味しいコーヒー淹れる方法を紹介しますので、もう少しお付き合いください。

 

持参用の美味しいコーヒーの淹れ方

水筒用のアイスコーヒーですが、まさかインスタントコーヒーの粉を水筒に淹れてお湯や水で溶いているだけ

なんて方はいませんか?

アイスコーヒーは美味しく淹れることができる方法があるんですよ。

毎朝ホットコーヒーを冷やすのも良いかもしれませんが、おすすめは水出しコーヒーを作って持っていくこと。

麦茶を作る要領で事前に仕込んでおくだけなので、毎朝は楽ちん。

こちらの記事で解説していますので、気になる方は見てみてください。

水出しコーヒーとアイスコーヒーの違いを解説します。

 

コーヒーの持ち込みにおすすめの水筒

職場にコーヒーを持参する際のおすすめ水筒をご紹介します。

本記事で紹介する水筒は次の3種類になります。

  • カファコーヒーボトル
  • カファコーヒータンブラー
  • サーモスステンレススリムボトル

 

順番に解説していきます。

 

カファコーヒーボトル

家でアイスコーヒーを淹れて持参したい方におすすめなのがカファのコーヒーボトルです。

こちらはコーヒーを美味しく飲める水筒というキャッチフレーズで作られた商品。

匂い移りがしにくく、飲み口が広いので熱いコーヒーが飲みやすいのももちろん大きい氷も入れることができるので、アイスコーヒーにもぴったりです。

ボトル内面にテフロン加工が施してあるため、耐用回数もしっかりしていますし、真空構造のため、当然保温と保冷はしっかりやってくれる水筒です。

 

カファコーヒータンブラー

職場など持ち出し先や自宅使用の場合はカファコーヒータンブラーをおすすめします。

水筒ではないので、中に飲み物をいれてバッグにしまうことはできません。

蓋をして飲む際にも、淹れたコーヒーの匂いを楽しめる専用の小さい穴が空いていたり、飲み口が広めに作られていたりとコーヒーを楽しむための仕様になっています。

タンブラーですが保温性に優れており、1時間以上温かいまま持つのでデスクワークに最適ではないでしょうか。

私も購入予定です。

 

サーモスステンレススリムボトル

水筒といえば保温機能、保冷機能。

保温・保冷といえばサーモスではないでしょうか。

飲むために蓋を開ける回数にもよりますが、半日以上たっても十分温かさが残っているほどの保温力です。

冷たいのみものもずーっと冷たいままです。

しかし、いわゆる通常の水筒ですので、飲みにくさはあるとおもいますので、こちらのスリムボトルの場合は移し替え前提の使用になるでしょう。

直飲みする場合は真空耐熱ケータイマグのほうが向いているでしょう。

 

 

本記事のまとめ

最後にこの記事についてまとめると次の通りになります。

  • 職場などにコーヒーを持参するときに気をつけたいのが衛生面とコーヒーの酸化による味風味の劣化。
  • アイスコーヒーはホットコーヒーと比較すると傷んだりまずくなったりしにくい。
  • アイスコーヒーを持ち込むと節約にもなるし、美味しいコーヒーが飲めて一石二鳥。

参考になれば幸いです。

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら