スタバのキャラメルマキアートと本場のマキアートは違う?

コーヒーについて知りたい人
スタバのキャラメルマキアートってエスプレッソのマキアートとは違うんでしょうか?
どうしてなんでしょう、どっちが正しいんでしょうか?
今度、本物と飲み比べてみたいなとも思います。
バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

スタバのキャラメルマキアートと本来のマキアート違いとは
カフェマキアートが飲めるチェーン店を紹介

 

 

スタバのキャラメルマキアートと本来のマキアートの違いとは

簡単に言ってしまうとスタバのキャラメルマキアートはマキアートというよりもカフェラテのキャラメルソース掛けなんです。

解説していきます。

 

そもそものマキアートってどんな飲み物?

マキアートはエスプレッソにミルクの泡で「染みを付ける」ことを意味します。

本場流ではエスプレッソに泡立てたミルクの泡だけを使い、エスプレッソに染みをつけます。

つまり使うのは少量のミルクのみということ。

メジャーなのは泡立てたミルクもそこそこいれるパターンで、上3つとの違いはコーヒーとミルクの比率です。

エスプレッソ:ミルクの比率が1:1~2くらいのものをマキアートと呼びます。

では、スタバのキャラメルマキアートはこれにキャラメルソースを加えたものなのでしょうか?

それにしては甘くてミルク感が強いような・・・

 

スタバのキャラメルマキアートとは

飲んだことがある方ならわかると思いますが、コーヒーというよりはミルク感の方が強いですよね。

マキアートはコーヒー感がより強いはず…と思って飲むと失敗します。

キャラメルマキアートは美味しいんですけどね。

スタバのキャラメルマキアートはキャラメルマキアート(固有名詞)であり、実際はカフェラテのキャラメルシロップ風味です。

 

カフェラテならよりミルクの量が多いということがわかります。

コーヒー(エスプレッソ)とミルクの比率も考えてみます。

トールサイズ(350cc)でエスプレッソは1ショット(30cc)なので割合は10対1くらいですね。

まあマキアートとは言えないですよね

コーヒーというよりは牛乳。どうりで女子うけするわけですね。

ちなみにウィキにもこのように記載があります。

キャラメル・マキアートはカフェラテをキャラメル味のシロップで味付けした飲み物である。スターバックスのキャラメル・マキアートは、ヨーロッパのいわゆる「マッキアート」(=イタリア語で「染みのついた」の意で、エスプレッソにスプーン一杯のミルクを加えたもの)ではなく、カフェラテに「バニラシロップ」を加え、さらに上から「キャラメルソース」を回しかけた飲み物である。

 

本物のカフェマキアートが飲めるお店

本当のマキアートが飲める店もあるんですよ。

チェーン店でも。

 

おまけとして、注文の際に気をつけることも紹介しておきます。

 

チェーン店ではエスプレッソマキアート

実はスターバックスでもエスプレッソマキアートというメニューでマキアートを飲むことができます。

スターバックスのメニューにもこのようにありますから、本当のマキアートを飲みたい場合は頼んでみるといいでしょう。

スターバックス公式より引用

 

また、タリーズカフェでも同様のメニューがありますので、飲み比べてみるのも面白いかもしれません。

コーヒー店によって、使っているコーヒー豆は違うものですので、味わいも異なることでしょう。

お店ごとの特徴や日によってのちがいを考えてみるのもコーヒーの面白いところです。

 

カフェマキアートを頼むときに気をつけたいこと

カフェマキアートを頼むときに気をつけたいことは、とてもコーヒーの量が少ない点です。

既に貼った画像を見ていただいたら察しはつくと思いますが、カフェマキアート(エスプレッソマキアート)はエスプレッソに少々の泡状のミルクを乗せたもの。

エスプレッソ自体が30cc程度ですからかなり量は少ないです。

 

例えば、スタバのキャラメルマキアートがトールサイズで350ccほどなので同じノリで頼むと悲しいことになるので気をつけましょう。

コーヒーは冷めてしまうと酸味が増し、まずくなってしまいます。エスプレッソは量が少ないのでより一層冷めやすい飲み物。

一気に飲み切ってしまうのがマナー?です。

カフェに長居する人も多いでしょうから、そういったときに頼んでしまうと大失敗です。

長居するために少しずつ飲んだりすると悲しい気分になるので気をつけてくださいね。

家でもカフェで飲むような香り高いアイスコーヒーを飲みたい方へ

 

バリスタネコ
冷たいコーヒーを家庭で淹れる一番いい方法のお知らせです。

暑い夏は暖かいコーヒーよりも、冷たいコーヒーに限りますよね。

 

UCCドリップポッドというコーヒーマシンが使用すると、アイスコーヒーに特化した抽出モードがあるので、簡単かつ、カフェで飲むような美味しいアイスコーヒーをおうちで飲むことができます。

 

家でもコーヒーが飲みたい人
いやいや、実際は味が微妙だったり、掃除や処理が面倒なんじゃないの?

 

バリスタネコ

そう思われる方もいると思いますが、ドリップポッドはひと味違うんです。

 

このドリップポッドですが、老舗コーヒーブランドである、UCC上島珈琲が手掛けているコーヒーマシンです。

そのため、カフェで飲むのと同じくらい美味しいコーヒーを簡単に自宅でいただけちゃうんです。

また、掃除やメンテナンスも、他のアイスコーヒーを淹れる方法と比べるとほとんど不要で、やることはグラスを洗うことくらい。

 

アイスコーヒーを作る方法を比較するとUCCドリップポッドの凄さがわかる

そもそも自宅でアイスコーヒーを淹れるとなると

  • コーヒーマシン(ドリップポッドなど)を使う
  • ハンドドリップに氷を淹れたり
  • コーヒーバックを水に浸して作る

 

といった方法がありますよね。

さて、おうちで飲むアイスコーヒーの淹れ方として、どれが良いのでしょうか。

 

 

バリスタネコ

正しく淹れるとどれも美味しく飲めるので、良し悪しは無いのです。

ただ、利便性・簡易性を考えるとコーヒーマシンを使うことをおすすめします。

 

ハンドドリップは手間がかかりますし、ホットコーヒーと分量が変わるので味わいのバランスが取りにくいです。

麦茶のようにパックに浸す方式は1日かかるのですぐ飲めない。

その点コーヒーメーカーを使うと一定量の抽出を簡単に行ってくれるので簡単に美味しいアイスコーヒーを飲むことができます。

 

一口にコーヒーメーカーと言っても、色々あって、どれを選べば良いか迷います。

バリスタネコ
そんな方にこそ、カプセル式コーヒーマシンがおすすめなんです。

コーヒーメーカーには

  • 粉をいれるお馴染みのタイプ
  • 専用カプセル入れるカプセル式

があります。

 

カプセル式コーヒーマシンは、お馴染みのコーヒーメーカーに比べ、抽出時間が十分の一以下で圧倒的に短く、計量等もないので簡単。

専用カプセルを使うので、自由度は下がりますが、普通にコーヒーを飲むなら何も困ることはありません。

 

そして、そんなカプセル式コーヒーマシンの中で、UCCドリップポッドは唯一、アイスコーヒーを淹れるための機能もついているのです。

もちろん冬場はホットコーヒーを淹れるのに大活躍してくれますから、UCCドリップポッドは夏の時期特におすすめなんです。

 

ここまで紹介したアイスコーヒーの作り方評価をまとめてみました。

UCCドリップポッド コンビニコーヒー ハンドドリップ(急冷法) コーヒーバックに漬ける 普通のコーヒーメーカー
美味しさ
手間・工程

(買いに行く必要あり)

抽出時間 ×
価格
総評 自宅で簡単に美味しい

コーヒーが飲める!

美味しいけど

コストと買いに行く手間が

美味しく淹れる技術が必要 簡単だけど飲むまでに

時間がかかる

アイスコーヒー専用で

淹れることができない

 

私は元コーヒー店員で、コーヒーには若干うるさい人間ですが、ドリップポッドのアイスコーヒーが簡単かつ30秒程度で作れちゃう、かつ美味しいので夏はドリップポッド一台で乗り切っています。

 

ドリップポッドになれると少なくともペットボトルや缶のコーヒーを飲む気はなくなっちゃいます。

 

ドリップポッド使うなら世界のコーヒーお届け便が必須

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたいので興味があります。

お得に使う方法も教えてください!

 

バリスタネコ
ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスがかなりお得です。

ドリップポッドを使うなら世界のコーヒーお届け便という定期購入サービスが圧倒的にコスパ◎

 

定期購入ではありますが、約16,000円もトータルでお得になるサービスだからです。(詳細はドリップポッド公式参照)

 

しかも、今なら新しくドリップポッドを申し込んだ方限定で、

初回1,600円の割引や、お試しカプセルがついてくるなど特典豊富となっていてかなりお得。

詳しい内容はUCCドリップポッド世界のコーヒーお届け便(公式)をチェックしてみてください。

 

 

\12,000円のマシンが無料で使える/

ドリップポッド世界のコーヒーお届け便を見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします