酸味の少ないコーヒーが飲みたい!豆の選び方や抑え方を解説

コーヒーの酸味が苦手な人

酸味の少ないコーヒーが知りたいです。

コーヒーの酸味が苦手です。酸味の少ないコーヒーの種類を教えてください。

他に酸味を抑える方法があれば教えてください。

バリスタネコ
このような悩みに答えます。

本記事の内容

・酸味の少ないコーヒーについてわかる

・酸味の少ない品種のコーヒー豆を紹介

・コーヒーの酸味を抑える方法がわかる

 

酸味の少ないコーヒーと酸味のあるコーヒーの違いって?

コーヒーの酸味とはなんでしょうか。

なぜ酸味のあるコーヒーと無いコーヒーがあるのか。

これを理解するためには酸味の原因を知る必要があり、原因を知れば、酸味を避けてコーヒーを飲むことができます。

 

コーヒーの酸味の原因とは?

コーヒーの酸味が苦手ということですが、酸味には2種類あります。

コーヒーが劣化することによる酸化と豆や煎り方によるって発生する酸味の2種類あります。

もし、劣化による酸味(酸化)が苦手な方は正しい感覚ですので、コーヒーの管理に気を使えば問題ないでしょう。

コーヒー本来の味としての酸味が苦手な方は豆や煎り方を変える必要があります。

 

まず、劣化による酸味ですが、コーヒーは淹れた瞬間から光や熱による劣化が始まり、その中で酸化による酸味が発生します。

この酸味にはエグみや酸っぱさを感じられるとともに美味みがなくなってしまうんですね。

酸化現象による酸味を苦手と言っているのであれば、淹れたてのコーヒーをきちん消化しきること、劣化した豆を使わないことを意識すれば問題ないでしょう。

 

コーヒー本来の味としての酸味が嫌な方は豆の種類・煎り方・淹れ方によって酸味が和らぐことがありますので、拘ってみましょう。

 

まずは、苦手な酸味がどのような酸味なのか確認してみましょう。

 

酸味のすくないコーヒー豆の種類とは

コーヒーは産地によって味わいが変わります。

酸味が特徴的なコーヒー豆、苦味が特徴・・・など、これらの風味付けは育った土地の気候や土壌などが影響します。

酸味の少ないコーヒー豆を3種紹介しますので、参考にしてみてください。

 

酸味の少ないコーヒーその1 マンデリン

マンデリンはインドネシアのスマトラ北部で生産されるコーヒーを指します。

マンデリンは苦味が特徴的なコーヒーです。

深いコクと苦味があり、甘い物にもピッタリな濃厚な味わいを楽しむことができます。

マンデリン スペシャルティーコーヒー ザ・シティー 300g 

画像タップでアマゾンに飛べます。

 

酸味の少ないコーヒーその2 ブラジル

酸味・甘味・苦味のバランスが取れていて、まずは試して欲しいコーヒーの一つがブラジルです。

名前の通りブラジル産のコーヒー豆。

三味のバランスが取れていると言ってもブラジルは標高が比較的低いため、酸味は抑え気味なことが多く、酸味が苦手な人にも試してもらいたい。

 

大量消費する家庭ならおすすめ!(Amazon人気No1)

【Amazon.co.jp限定】 ヒルス コーヒー(粉) リッチブレンド

画像タップでアマゾンに飛べます。

 

豆派のかたはこちらが良いと思います

ブラジル by Tokyo Coffee (豆のまま 200g)

画像タップでアマゾンに飛べます。

 

酸味が少ないコーヒーその3 トラジャ

トラジャはインドネシアのスラウェシ島産のコーヒー豆。

戦争で市場から消えかけたこともあり、幻のコーヒー豆と呼ばれています。

酸味が抑えめで深みのある味わいであって、重厚感のある苦味が特徴。

トラジャはちょっとお高いコーヒー豆ですが、苦味好きな方にファンが多い種です。

余裕があれば試してみてください。

キーコーヒー ドリップオン トアルコトラジャ

画像タップでアマゾンに飛べます。

 

おまけ:酸味のすくないインスタントコーヒー

インスタント派の方もいると思います。

インスタント派で酸味の少ないコーヒーが好きな方はこちらがおすすめ

ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド スティック 

画像タップでアマゾンに飛べます。

 

 

安い上に酸味も少ないです。

逆にネスカフェゴールドブレンドなどは酸味がありますので、おすすめできません。

 

インスタントコーヒーについてはこちらも要check

コーヒーの酸味を淹れ方などで抑える方法

コーヒーの酸味は上で紹介した豆の種類を前提に、煎り具合と淹れ方でさらに酸味を和らげましょう。

 

よくローストされたコーヒー豆を選ぼう

コーヒーに酸味と苦味は焙煎度合いによって差がありますので、じっくり焙煎された豆を選びましょう。

 

コーヒー豆の焙煎(豆を焼くこと)は短いほど酸味を強く感じ、じっくり焙煎するほど、苦味が増していくもの。

つまり、焙煎度合いが深いものを使えば酸味を避けることができます。

 

普段買える豆は中煎り(ミディアムロースト・ハイロースト・シティロースト)という煎り方。

酸味や苦味をバランスよく感じることが出来る煎り具合です。

この上が深煎り(フルシティ・フレンチ・イタリアン)になるのですが、見た目も真っ黒のコーヒー豆です。

この中でもフレンチローストやフルシティローストがおすすめ。

先に紹介した豆とも相性がいいので、試してみてください、

豆の種類とかよくわからないよって方は、黒目の豆を選ぶといいです。深煎りされている証拠ですので、酸味は少ないでしょう。

 

酸味が少ないコーヒーの淹れ方とは

酸味の少ないコーヒーの淹れ方といえば、エスプレッソやアイスコーヒーになります。

 

エスプレッソやアイスコーヒーは深煎りした豆を使うのがオーソドックスなため、苦味を活かす淹れ方といえるでしょう。

 

また、エスプレッソは少量ですので、すぐに飲み切ることができます。

アイスコーヒーは熱が無いため、酸化がしにくいです。劣化による酸味を感じにくいところもいいと思います。

 

こういう話になると、ドリップでも良いのでは?と思うでしょう。

そのとおりです。ドリップやフレンチプレスで淹れてもOKです。(エスプレッソで淹れてお湯で割るのも有りです。)

肝心なのはコーヒー豆の種類と煎り方ですから、淹れ方はアシスト的な話になります。

当然の話ですが、コーヒー豆は生鮮食品ですので痛みやすいです。

酸味が苦手な方は特に、新鮮なコーヒー豆で淹れるようにこだわりたいものです。

コーヒーの入れ方など下記記事でまとめています。

コーヒーの酸味が苦手な方は、酸味の感じにくい種類の豆を深煎りしてコーヒーを淹れるようにしましょう。

淹れ方のおすすめは、エスプレッソやアイスコーヒーになります。

新鮮な豆を使うことで、すこしでも酸味を感じにくく美味しいコーヒーを飲むことができますよ。

とりあえず、近所のコーヒーショップに行って豆買ってみます。
関連記事;コクのあるコーヒーについて解説しています。
参考:酸味の強いコーヒーについてはこちら

誰でも簡単に自宅で有名カフェのコーヒーを味わう方法

 

バリスタネコ
自宅にいながらカフェの美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがキューリグというマシンなんです。
キューリグなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

キューリグはなぜ簡単で美味しいのか?

キューリグは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

 

ところでキューリグって日本ではあまり聞きなじみがないですよね?

なんと、キューリグは全米No1シェアのコーヒーマシンで、なんと4分の1の家庭で利用されているんです。

つまりアメリカでは、知らぬ人はいないコーヒーマシンということです。

 

キューリグのコーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ぶっちゃけ元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

あまりなじみがないって人も多いのではないでしょうか。
日本だとネスプレッソやドルチェグストで有名なのが、カプセル式マシンです。
カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
キューリグは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

キューリグは高い?

1杯あたり約80円~、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると、誰でも同じように淹れることができる点で、検討する余地はあるのではないでしょうか。
後で触れますが、普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

キューリグがおすすめな最大の理由

キューリグは簡単で美味しいのはもちろんですが、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。
なぜなら、現在カプセルのみ購入すれば、15,000円相当のマシンが無料で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、タダなんてものはないですよね。
マシンをタダで使う条件は、コーヒーカプセル定期購入するだけ。
しかも定期購入額は1日1.5杯程度と必要最小限な量。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクやリースと同様のサービスです。
音楽や車など、様々な業界でこれらのサービスは着々と増えてきていますよね。
ユーザーの負担が少ないため、購入よりリースやサブスクの時代にシフトしていくのは間違いないと言われています。
コーヒーもその流れになるのは自然ではないでしょうか。
ちなみにドルチェグストやネスプレッソにも類似サービスがあったのですが人気があり現在は新規募集が休止になっています。
キューリグは日本の知名度が低めなので、まだサービスが続いていますが今後はどうなるかわかりませんね。
キューリグの定期購入もお得なサービスなので、そのうち新規募集中止になる可能性大です。
ちなみに、今なら初回の料金が1,980円(コーヒー1杯あたり27.5円)とインスタントコーヒーばりの格安になっていますので、超絶お得になっています。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
キューリグ公式サイトはこちら