酸味の強いコーヒーが飲みたい!おすすめのコーヒー豆や選び方を紹介します。

 

酸味が特徴てきなコーヒーを探している人

酸味の強い種類のコーヒーが知りたいです。

フルーティーな感じの酸味の強いコーヒーが好きです。

酸味の強い種類のコーヒー豆を買えば、フルーティーなコーヒーが飲めるのでしょうか。

コーヒーの酸味って豆の種類だけで決まるのでしょうか?

バリスタネコ
こんな疑問に答えます

本記事の内容

・酸味の強いコーヒーはどのようにして決まるのか。

・酸味が特徴的なコーヒー豆を紹介。

 

酸味の強いコーヒーはどのようにして決まるのか

コーヒーには酸味が特徴的なもの、苦味が特徴的なもの、香りもそれぞれ様々なタイプがありますが、どのようにしてその味わいが決まるのかを解説していきます。

 

コーヒー豆の煎り方で酸味や苦味が変わる話

コーヒーは苦味より酸味派の方はコーヒーの煎り方(豆の焼き方)をチェックするようにしましょう。

 

コーヒー豆は煎り具合によって、酸味を感じられるものと苦味を感じられるもの、風味をコントロールすることができます。

 

コーヒーは煎れば射るほど苦味がましていきます。一般的に豆が黒っぽく表面にツヤのような油が浮き出てくるくらい煎った豆を深煎りといいます。。

深煎りは酸味より苦味のほうが強いので酸味のあるコーヒーを希望する場合は避けましょう。

普通程度、栗色~茶色くらいの煎り方が中煎りと呼ばれるスタンダードな煎り方。

豆の特徴を活かせる煎り方です。

後々豆の種類を説明しますが、酸味が特徴的なコーヒー豆を中煎りで楽しんでみてください。

中煎りの中でも、ミディアムローストと呼ばれる煎り具合が浅いものがおすすめです。

 

コーヒー豆の種類による酸味や苦味とは

コーヒー豆は生産地域の気候や土壌、地形などで味わい(風味)に個性が出ます。

個性の種類が、酸味や苦味。

そのため、酸味が特徴的なコーヒーというものは一定数存在しています。

酸味が特徴的なコーヒーを中煎りで飲むことで美味しい酸味が特徴的なコーヒーをのむことができます。

 

コーヒーの酸味は果物のような爽やかさ、甘酸っぱい・フルーティーさなどと表現されます。

コーヒー豆も果実であり、他の果物の味わいを例に豆の風味を表現するんですね。

コーヒーを飲むときにどのような酸味が感じられるか意識してみるのも面白いですよ。

 

酸味といえば、気をつけることが一つあります。

それは、コーヒーの劣化による酸味です。

酸味よりもエグみ・苦味を含んだ酸味という感じではあるのですが、コーヒー本来の酸味ではありません。

冷めたコーヒーを飲んだら不味かった経験とかありませんか?

コーヒー豆の特徴の爽やかな酸味とは違い、コーヒーの劣化による酸化は嫌な酸味ですので、味わいを損ねてしまいます。

なるべく新鮮なコーヒーをいただくようにしましょう。

 

酸味が特徴的なコーヒー豆を紹介。

ここからは、酸味が特徴的なコーヒー豆を紹介します。

一般的に店頭で売られているコーヒー豆は様々な品種がブレンドされたものですが、ブレンドの名称として使われている場合もあります。

例えばモカ・ブレンドなんて表記だとモカの特徴を活かしたブレンドをしているので、ブレンドコーヒーしかない場合でも似たような表記のコーヒーを選んでみてください。

 

酸味が特徴的なコーヒー豆その1:キリマンジャロ

キリマンジャロはタンザニアの東北部のキリマンジャロという山脈からつけられた名称。

タンザニアのキリマンジャロ山脈の麓で生産されています。

味わいの特徴は強い酸味と甘酸っぱい香りに上品な後味。

あっさりとした飲み口のため、飲みやすいです。

 

酸味が特徴的なコーヒー豆その2:ハワイコナ

ハワイコナはハワイ島のコナ地区産のコーヒー。

生産量が少ないため高級なコーヒーですが、日本では人気のコーヒーです。

苦味が薄く、程よい酸味と甘い香りがあり、独特の味わいがある気品のあるコーヒー味わいが楽しめます。

 

酸味が特徴的なコーヒー豆その3:ゲイシャ

ゲイシャは中南米で栽培されるの高級品種のコーヒー豆です。

ゲイシャという名前はエチオピアの原産地の名前。

その味はレモンなどの柑橘系の爽やかな味わいに、花やフルーツのような香りが特徴的な味わいが特徴。

すっきりとした酸味があり、独特の味わいを楽しめます。

高級品ですが、酸味のあるコーヒーが好きなら一度はためしてみたい一杯。

 

酸味が特徴的なコーヒー豆その4:ケニア

ケニア産のコーヒーは強いアロマと爽やかな酸味が感じられます。

ベリー系のフルーツを感じさせるジューシーさ、リッチなコクが特徴的です。

ケニアはスペシャリティコーヒーの生産地としても評価が高く、ヨーロッパなどではメジャーな銘柄です。

 

酸味が特徴的なコーヒー豆その5:モカ

モカはイエメン産コーヒーとエチオピア方面のコーヒーを指します。

味わいはフルーティーな酸味の中に甘味を感じる点が特徴、苦味が薄いコーヒーです。

爽やかな香りは朝の1杯におすすめです。

モカといってもカフェモカとは違います。

 

本記事のまとめ

コーヒーの酸味は煎り方と豆の種類がポイントです。

煎り方も浅めのものが多いので、エスプレッソやアイスコーヒーではなく、ハンドドリップなどでいただくのが良いと思います。

苦味よりも酸味が特徴的なコーヒーが好きな方のコーヒー選びに役立てば幸いです。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。

\21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします