kyg電動コーヒーミルを元コーヒー店員がレビューします

コーヒー初心者

KYGの電動コーヒーミルをってどうですか?

リーズナブルな値段ですが、使い勝手などがしりたいです。

コーヒーミルは初購入なので失敗したくないです。

あと、コーヒーミルを選ぶときの注意点も教えてください。

バリスタネコ
こういったお悩みに答えます。

本記事の内容

kyg電動コーヒーミルを実際に使ってのレビュー

元コーヒー店員によるコーヒーミルの選び方

 

 

 

kyg電動コーヒーミルを実際に使ってのレビュー

kyg電動コーヒーミルの基本スペックと使用感(レビュー)を紹介します。

購入を検討している方、参考にどうぞ。

 

kyg電動コーヒーミルの基本スペックは?

値段 2169円 変動あり

引きの種類 プロペラ式

メーカー KYG

サイズ  21.2 x 14.9 x 10.1 cm

消費電力:300W

容量:約60g(最大)

重量:約587g

 

最大の特徴は電動コーヒーミルの中でも特に安く購入できる点

Amazon人気も1位の商品のため、初めの1台のコーヒーミルが欲しい、安価な電動ミルが欲しいという理由で気になる方は多いのではないでしょうか。

しかし、安すぎて不安という心配もありますよね。

実際に使ったレビューを紹介します。

 

実際に使って語るレビュー

豆から挽いてコーヒーを淹れるのは休日くらいだけですから、安いものでいいなと考えて購入したのがkyg電動コーヒーミルです。

 

安かろう、悪かろうなことは承知で買いましたが、思ってたよりも良い感じでした。

 

良いと思えた点は以下の部分です。

  • 操作が簡単で使いやすい
  • 掃除が楽
  • 挽く力が強く(パワフル)なため、手早く挽くことができる。

 

操作が簡単

操作面ですが、蓋をセットすればスイッチを押すことができる仕組み。

誤作動の危険性も無いですし、蓋をするのでコーヒー粉末が飛び散ることももちろんありません。

スイッチを押してる間だけ刃が動くので感覚で挽くことになりますが、状態チェックも容易ですので思っていたよりも苦になりませんでした。

 

掃除が楽という点について

内部の水洗いはできません。(蓋のみ水洗い可能。)

付属のブラシと水をつけて固く絞ったキッチンペーパーなどで軽く拭く程度の清掃でOK

洗い物の場所もとらず楽々です。

 

挽く力がが強い。

手動のミルだと1人分でも3〜5分ほどかかります。

ハンドルを回し続けるので結構大変そうですよね。

電動の場合は数十秒です。

他社の製品と比較することはできませんが電動ならではのハイパワーで挽くことができるため、とても素早く豆を粉に変えることができます。

下記が挽いたときの画像、参考までに。

 

駆動音が若干気になるかも

イメージ的にはミキサーやフードプロセッサーなので、駆動音が結構気になる方も居るかなと思います。

個人的には気にならないので、人によるのかもしれませんが、深夜に使うのはNGかなあと。

まあ深夜にコーヒー挽くってどんな人って感じもしますが。

朝などなら全然気にならないと思います。

 

元コーヒー店員によるコーヒーミルの選び方

ここからはコーヒーミルの選び方について、ご紹介しておきます。

コーヒーミル選びの参考にどうぞ。

 

電動ミルか手動ミルかを選ぶ

まずは手動か電動かを選ぶ必要があります。

どちらが良いというわけではなく、好みの問題ですから、どちらでも良いと思います。

 

電動ミルと手動のミルだとユーザー需要が大きく違っているからですね。

雰囲気を楽しみたい人、利便性重視な人と好みが分かれるんです。

 

電動ミルが良い人は利便性重視な人。

コーヒーは毎日飲むものだからさっさと挽いてしまいたい、コーヒーは飲むことで楽しみたいという方は電動でしょう。

 

反対に、コーヒー豆を挽くところから楽しみたいという方は手動のミルを使うのが良いでしょう。

一人分程度であれば挽くのにかかる時間は5分以内。

挽くことも楽しむと考えれば許容範囲ではないでしょうか。

 

最終的にはおそらく多くの方が電動に行き着くとは思いますが(楽なので)、手動のミルを試してみるのも良いと思います。

初購入なら自分の雰囲気に合ったものを選んでみては?

 

購入予算から豆の粉砕方法を選ぶ

無理して高いものを買う必要はないかなと個人的には思います。

 

2台目、3代目ならまだしも、1台目であればなおさら。

まずはどんなものか試してみる感覚で買うのが良いと私は思います。

 

コーヒーミルの値段にはなぜ格差があるのか。

値段差の大きな理由が、採用している粉砕方法です。

粉砕方法は主に「プロペラ式」・「コニカルカッター」「臼式」などと刃の形状によるところが大きいです。

名称が多くてややこしいのですが、値段=挽いたときの均等さやエスプレッソ用に細かく挽けると考えていだければOK。

価格帯有名なマシンを紹介します

Kalita ナイスカットミル

カリタという有名メーカーのナイスカットというシリーズ。

値段は2万円台できれいに挽くことができる、定番シリーズです。

値段が許されるのであれば万人におすすめのコーヒーミル。

 

Kalitaクラシックミル

コーヒーミルで連想されるのはこのタイプではないでしょうか。

値段は6000円台、結構高いと思いますが、定番を楽しみたい人にはおすすめです。

臼式のコーヒーミルで、引き加減の調整なども可能。

いかがでしたか?本記事について参考になれば幸いです。

 

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら一応教えてください!検討してみます。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスカフェドルチェグストというマシンなんです。
ドルチェグストなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ドルチェグストはなぜ簡単で美味しいのか?

ドルチェグストは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレが、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ドルチェグストは高い?

1杯あたり約52円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ドルチェグストのマシンサイズは

本体サイズ:幅16.5cm x 高さ30.0cm x 奥行23.1cm
重量:約2.6kg
タンク容量:650ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ドルチェグストがおすすめな最大の理由

ドルチェグストは簡単で美味しいのはもちろん、コスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも定期購入は一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。

\21,780円の最新マシンが無料で使える/

ネスカフェドルチェグストを見てみる

※タップすると公式サイトへアクセスします