カフェラテとカフェオレの違いをコーヒー店員がざっくり解説

コーヒー初心者
カフェラテとカフェオレって何が違うんでしょうか
また、カプチーノなどとの違いも知りたいです。
バリスタネコ
本記事ではこういった疑問に答えます。

 

この記事を読んでわかること
  • カフェラテとカフェオレの違いがわかる
  • カプチーノなどその他のミルク系コーヒーについて理解できる

カフェラテとカフェオレの違いとは

結論から言ってしまうと、カフェラテとカフェオレの違いは以下の2つです。
  • コーヒーがエスプレッソ(カフェラテ)かレギュラーコーヒー(カフェオレ)かの違い
  • ミルクがスチームミルク(カフェラテ)か普通の牛乳(カフェオレ)かの違いです。
つまり、簡単に言ってしまうとコーヒーもミルクも異なるということです。
では、個々についてもっと詳しく、以下で詳しく見ていきましょう。

カフェラテはエスプレッソ系である

カフェラテについてですが、エスプレッソのアレンジとして最も一般的な飲み物でしょう。
カフェラテというワードはいろいろなところで耳にしますよね、原型のエスプレッソよりも有名かもしれませんね。
 
カフェラテですが、前述のとおり、エスプレッソにスチームミルク・フォームミルクを加える飲み物です。
エスプレッソは通常のコーヒーと違い、圧力をかけ少量抽出するコーヒーの淹れ方です。
よりつまり濃厚なコーヒーになります。
 
エスプレッソとコーヒーの違いについて、詳しくは下記記事をみてみてください。
 

フォームミルクとスチームミルクの違いとは

二つの違いはフォームミルクが蒸気で泡立てられたミルク・スチームミルクが上記で温められたミルクという点です。
文字だけ一見するとわかりにくいですよね。
ミルクを作る工程を考えるとわかりやすくなります。
スチームミルクもフォームミルクも作る工程は同じで、ミルクフォーマーを使うのですが、蒸気で牛乳を温めるとミルクが泡立ちます。
泡立ちつつ温まるのですが、その際に泡の層とミルクの層ができます。
ビールみたいなものですね。
泡の部分がフォームミルク、ミルク層の部分がスチームミルクということです。
 
 

カフェオレはレギュラーコーヒーである

エスプレッソ系のカフェラテやカプチーノなどはイタリア発祥のメニューですが、カフェオレはフランス発祥のメニューです。
普通に淹れたコーヒー(レギュラーコーヒー)にミルクをいれるだけ。
つまり、ご家庭でコーヒーに牛乳を入れている飲み物はカフェオレになります。
コーヒー牛乳との違いについてはこちらをどうぞ

カプチーノなどその他のミルク系コーヒーの違いとは

カフェラテとカフェオレが本記事のメインなのですが、ほかのミルク系コーヒーについても、あわせて解説しておきます。
以下のメニューについて触れていきます。
  • カプチーノ
  • カフェマキアート
  • エスプレッソコンパナ
  • フラットホワイト

カプチーノもエスプレッソ系

カプチーノは簡単に言ってしまうとカフェラテの兄弟のようなメニューです。
エスプレッソ・フォームミルク・スチームミルクで作られる点は全く同じ。
違いはエスプレッソの分量になります。
カフェラテよりもエスプレッソの分量が多く、エスプレッソ・フォームミルク・スチームミルクの割合が1:1:1なのがカプチーノ。
なので、カフェラテよりもコーヒー成分が強く、濃い飲み物になっています。
カフェラテじゃ物足りないなって人はカプチーノをセレクトすると満足できますよ。

カフェマキアート・エスプレッソコンパナ・フラットホワイト

カフェマキアートとは

カフェマキアートはエスプレッソに少しだけミルクフォームを乗せたものになります。
ほとんどエスプレッソと変わらないと考えてOKです。

エスプレッソコンパナとは

エスプレッソコンパナは、エスプレッソにホイップクリームを乗せたメニューです。
生クリームなので、味わいは異なってきます。

フラットホワイトとは

フラットホワイトはエスプレッソにスチームミルクをいれたメニューです。
カフェラテのフォームミルク(泡部分)がないものと考えてOK
そのため、カフェラテよりコーヒーの味わいが濃いのが特徴です。

まとめ:気分にあったコーヒーを選択しよう

本記事ではカフェラテとカフェオレの違いを中心にミルク系メニューの違いをご紹介してきました。
以下の表にまとめてみました。
カフェラテ
カフェオレ
カプチーノ
カフェマキアート
エスプレッソコンパナ
フラットホワイト
コーヒーの種類
エスプレッソ
レギュラーコーヒー
エスプレッソ
エスプレッソ
エスプレッソ
エスプレッソ
ミルクの種類
フォームミルク
スチームミルク
ミルク
フォームミルク
スチームミルク
ミルクフォーム
ホイップクリーム
スチームミルク
比率(コーヒー:ミルク)
1:2;2
1:1
1:1:1
少量のミルクフォーム(泡だけ乗せるイメージ)
ホイップは少量
3:5
コーヒーはミルクと掛け合わせることで様々なメニューがあるので、ぜひいろいろなメニューでコーヒーを楽しんでみてください。

最も簡単においしいコーヒーを飲む方法【誰でもOK】

バリスタネコ
自宅でもカフェ以上に美味しいコーヒーを味わう方法があるのはご存じですか?
美味しいコーヒーが飲みたい人
どうせ実際は手順が面倒だったり、高いマシンを購入しなきゃいけないやつでしょ?
バリスタネコ
いえいえ、30秒でコーヒーを淹れることができてマシン代も不要です。
美味しいコーヒーが飲みたい人
なら教えてください。聞くだけタダなので。
美味しいコーヒーはカフェに行けば飲むことができますし、自宅でも時間とテクニック、機材があれば美味しいコーヒーを飲むことはできます。
しかし、いそがしい朝や仕事でくたくたの夜にそんな気力はありませんよね。
そこでお勧めしたいのがネスプレッソというマシンなんです。
ネスプレッソなら誰でも簡単にカフェクオリティーの本格コーヒーが自宅で味わうことができます。

ネスプレッソはなぜ簡単で美味しいのか?

ネスプレッソは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

世界一の食品メーカーであるネスレ傘下であるネスプレッソ社が、こだわりの厳選豆で挽き立てを再現する専用カプセル技術で簡単に美味しいコーヒーを実現。

コーヒーカプセルは20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ネスプレッソは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

カプセル式マシンとは?

カプセル式マシンの使い方は簡単で次の通り。
ドルチェグストは電源を入れカプセルと水をセットし抽出スタート
ものの30秒でコーヒーが出来上がります。
また、カプセルを捨てるだけで片付けもOKのため、洗い物の心配も不要。(コーヒーカップのみ)
めちゃくちゃ簡単ですよね。

ネスプレッソは高い?

1杯あたり約80円、インスタントコーヒーよりは高く、コンビニコーヒーよりは安い。
ちなみに自宅でコーヒー豆を買ってきて入れると40円~程度です。
しかし、コーヒー豆から淹れて失敗するリスクを考えると誰でも同じように淹れることができるネスプレッソを検討する余地はあるのではないでしょうか。
普通のコーヒーマシンと違って最新式のマシンが無料で手に入るサービスがあるため、コスパ◎です。

ネスプレッソのマシンサイズは

こちらの画像は、私が使っているエッセンサミニです。
本体サイズ:幅11cm x 高さ20.5cm x 奥行32.5cm
重量:約2.3kg
タンク容量:600ml
コンパクトサイズなので、賃貸のキッチンにも設置しやすいですよ。

ネスプレッソがおすすめな最大の理由

ネスプレッソは簡単で美味しいのはもちろん、マシンのコスパが良いというのもおすすめな理由です。(私が使っている理由)
なぜなら、コンパクトなマシンも上位機種も今なら100円で手に入ってしまうからなんです。
安いコーヒーマシンは数ありますが、100円なんてものはないですよね。
マシンを100円手に入れる条件は、コーヒーカプセルやアクセサリーに使えるコインを定期購入するだけ、しかも定期購入額は2日に1杯分程度とかなり割安。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、要はサブスクってやつです。電話1本でいつでも解約可能。
また、解約時はカプセルやアクセサリーをネットで売却すればリスクを抑えることができますから、とりあえず試すというのもありでしょう。
より詳しく知りたい場合は公式サイトをチェックしてみてください。
ネスプレッソ公式サイトはこちら