ドルチェグストやネスプレッソのカプセルはなぜ高い?満足できる?

コーヒーメーカーを探している人

カプセル式コーヒーメーカーのカプセルって高くないですか?

値段が高いですけど、それだけコーヒーは美味しいのでしょうか

人気みたいだけど単価が高いので満足できるか不安です。

バリスタネコ
こういった疑問に答えます。

本記事の内容

カプセルはなぜ高いか?美味しいから?理由を解説

カプセル式コーヒーメーカーで満足出来るのはどんな人?

 

 

ドルチェグストやネスプレッソのカプセルって高くない?

多分この記事を見ていただいている方は、ドルチェグストやネスプレッソなどのカプセル式コーヒーメーカーはカプセル代があるので、コストパフォーマンスが悪そう・・・

って思っていることでしょう。

しかし、カプセル式コーヒーメーカーはお金の面だけでなく多方面的に考えるとコストパフォーマンスに優れているコーヒーメーカーです。

特に一人暮らし・二人暮らしくらいならなおさら。

なぜそう言えるのかという点を他のコーヒーとの値段の差・カプセル式は美味しいのか・そしてなぜ高いのかを解説していきます。

 

一般的なコーヒーとの値段の差とは

カプセル式のほうが、なんとなく高いんじゃないかって方が多いと思うので、どれくらい高いのか調べてみました。

カプセル式で一番売れているのがネスカフェドルチェグストです。

ドルチェグストを基準にすると、1杯あたり30円程度カプセル式の方が高いことがわかります。

ドルチェグストのコーヒーカプセルで一番メジャーなものが、980円で16個入りのシリーズ。

1杯あたり60円程度ということになります。

ネスレ日本 Nestle ドルチェグスト専用カプセル 「レギュラーブレンド ルンゴ」(16杯分) LNG16001[LNG16001]

 

対する一般的なコーヒーとして某輸入雑貨店を覗いたところ200g500円くらいのコーヒーが一番の売れ筋でした。

1杯につき10g使うと考えると1杯あたり25円にペーパーフィルター代を足すと30円程度です。

 

ドルチェグスト以外の主要なカプセル式コーヒーメーカーの1杯あたりの値段は以下になります。

ネスプレッソ 75円

UCCドリップポッド 68円

illy 110円

参考:インスタントコーヒー 10円程度

参考:コンビニコーヒー 100円

カプセル式だとドルチェグストが一番安いようです。

 

 

実際のところカプセル式コーヒーは美味しいのか

一番気になるのはコーヒーカプセルのクオリティーではないでしょうか。

味のクオリティーに関してはよほどコーヒーにこだわる人以外はとても美味しいものといえます。

 

メーカー・ブランド問わず、カプセル式コーヒーメーカーを使っている人の多くが味には満足しているのが、レビュー等々見てわかります。

また、家庭でコーヒーメーカーやハンドドリップで入れるとどうしても味にバラつきが出がちです。

※豆を挽いてから時間が立っていたり、コーヒー粉の量や水の量に差がでるため。

 

私自身ドルチェグストを利用しているのですが、カプセルの種類間でのあたりはずれはあるものの毎日美味しく愛飲しています。

コンビニコーヒーよりも美味しく感じます。

ちなみに、よっぽどのことがない限りは缶コーヒー(特にブラック)は飲みません。

おすすめのカプセル式コーヒーメーカーはこちらをどうぞ

 

ドルチェグストは高いのになぜ流行っているのか

ネスカフェのドルチェグストは国内で200万台以上、全世界6500万台以上売れているそうです。

世界的にカプセル式コーヒーメーカーは流行しているといえるでしょう。

なぜ流行っているのか。

理由は確実に圧倒的利便性という点につきると思います。

 

カプセル式は基本洗浄の必要もほとんどなく、抽出も1分程度。

ゴミの処理もカプセルを捨てるだけ・・・

従来のコーヒーを飲むという行動における面倒な点をすべて排除してくれています。

多少高くても、楽。

圧倒的利便性が流行りの原因でしょう。

 

利便性の話ですが、家庭でコーヒーを飲もうとすると以下の4種類の方法があります。

  • カプセル式コーヒーメーカーを使う場合
  • コーヒーメーカーを使う場合
  • ハンドドリップする場合
  • インスタントコーヒーを使う場合

 

カプセル式コーヒーメーカーを使う場合 電源をいれてカプセルと水をセット、ワンタッチで抽出、カプセルのゴミを捨てて終了。(所要時間2分)

 

コーヒーメーカーを使う場合 豆を挽いてフィルターと一緒にコーヒーメーカーにセット、5分~10分程度抽出を待つ。

飲み終わったあとはポットとフィルター部分は洗い物。

フィルターの中に残ったコーヒー粉のカスを捨てる。

 

ハンドドリップする場合 豆を挽いて湯を沸かしてフィルターにセットして・・・一番手間はかかります。

 

インスタントコーヒーを使う場合 粉をカップに入れてお湯で溶く。

 

もちろんコーヒーメーカーの機種によっては自動で豆を挽いてくれたりするものもあります。

しかし、やはり最大の魅力は洗い物が増えるというデメリットを解消してくれる点ではないでしょうか。

良いコーヒーメーカーについて知りたい方は下記記事をどうぞ

 

カプセル式コーヒーメーカーをおすすめできる人

カプセル式コーヒーメーカーについてなんとなくわかっていただけたと思います。

ここからは、どんな人に向いているのかということについてです。

 

面倒なことは良いから美味しいコーヒーが飲みたい人

カプセル式コーヒーメーカーが向いている方は、面倒なことは良いから美味しいコーヒーが飲みたい。

という人に向いていると言えます。

 

カプセル式コーヒーメーカーはカプセル代が一般的なコーヒーよりも高くつきます。

しかし、手間がかからないことや、毎回一定のクオリティーが保たれていることを考えると、1杯あたり30円~の値段差は妥当なものと言えるでしょう。

ちなみに代替品もあります。

 

あなたがもし、普段から良いコーヒーや専門店でしか飲まない方ならカプセル式コーヒーメーカーでは満足できないかもしれません。

しかし、インスタントコーヒーを飲んでいたり、スーパーや輸入雑貨店で買ったコーヒー豆で飲んでいる方ならきっと満足できるはずですよ。

忙しい朝なんかは簡単に美味しいコーヒーを飲めるので大変重宝することまちがいなしですよ。

こだわりたい方はフレンチプレスがおすすめ

 

主要なカプセル式コーヒーメーカー一覧

主要なカプセル式コーヒーメーカーは4種類あります。

機種によって値段もばらばらです。

  • ドルチェグスト
  • ネスプレッソ
  • UCCドリップポッド
  • illy

一番コスパが良いのはドルチェグストですが、好みで選んでいいと思います。

ネスカフェドルチェグストに関するさらに詳しい内容を知りたい方は「【コーヒーマシンはこれでいい】ドルチェグスト完全ガイド【徹底解説】」にまとめてあります。

購入検討中の方はご覧いただくと考えがまとまりますよ。

おすすめ記事

ドルチェグストが気になる人 ネスカフェドルチェグストが気になっています。 どんな感じなのかざっくり知りたいです。 コーヒー好きの方の評価なども知りたいです。   この記事ではこ[…]

  • ボタン一つでスタバ・上島珈琲などの本格コーヒーを自宅で再現
  • 1杯あたり80円~とコンビニや缶コーヒーより安価
  • 15,000円相当のマシンが無料で使える

今なら初回1980円キャンペーン中

キューリグ公式サイトで詳細を見てみる