コーヒー1杯で何グラムの豆が必要?一人分購入時の目安など教えます。

コーヒー初心者の人

コーヒー1杯で何グラムの豆を使いますか?

コーヒー豆を買ってみようと思うのですが、どのくらい買えばいいのかわかりません。

一人暮らしなので、そんなにたくさんは飲めないと思います。

また、買ったあとの保管方法も簡単に教えてください。

バリスタネコ
今回はこんなお悩みに答えるよ。
本記事の内容
コーヒー1杯で何グラムの豆を使うのか、一人ならどれくらいの量を買えばいいのかがわかる。
コーヒー豆を買ったあとの保管方法がわかる
この記事を書いているわたしは毎週コーヒー豆を買っています。
コーヒー豆の保管方法や分量に関しては昔勤務していた頃の知識と趣味で集めた知識になります。

コーヒー1杯で何グラムの豆を使うのか、一人ならどれくらいの量を買えばいいのか

コーヒー豆は200gや500gなど様々な量がグラム表記で売られていますが、一体何杯分なのでしょうか。

先に言ってしまうと

  • コーヒー1杯につき、コーヒー豆は10g使います。
  • 一人暮らしならできれば100gのものを買いたい。妥協しても200gまで。

では、理由などを紹介していきます。

 

コーヒー1杯で使う豆の量は何グラム?

コーヒー1杯で使う豆の量はレギュラーコーヒーでも10g程度、エスプレッソでもシングルなら同程度の量になります。

この1杯の湯量は140g程度ですので、大きめのマグカップ1杯250cc~300ccで飲むなら18gほど使うことになります。

 

1度に2杯以上淹れる場合は10g×人数分と考えてしまいがちですが、この量でドリップすると濃い目になってしまうので注意してください。

インスタントのように溶かすわけではなく、お湯を通して抽出するので、純粋に倍々とはなりません。

実際には2杯分なら18g・3杯なら25g程度が無難です。

 

インスタントコーヒーは1杯何グラム?

ちなみにインスタントコーヒーの場合は140ccの湯量に対し2gが美味しく飲める量です。

コーヒー粉とインスタントの粉で見間違えると悲惨なことになります。

 

一人暮らしなら何グラムのコーヒー豆を買うのがいいのか

一人暮らしの方なら100g~200g入りのコーヒー豆を買うのがおすすめです。

この量は1週間程度で使い切れる量を購入すべきとして提案している量になるので、1日あたりのコーヒー摂取量によって変わってきます。

コーヒー豆は焙煎してから数日たってからが使い時で、その後1~2週間程度で消費しってください。

賞味期限の記載があるとは思いますが、1年以上のものもあり販売元によってばらばらであるため、美味しく飲むための基準としてはいかがなものとおもいます。

 

下記のような商品は一見お得ですが・・・多すぎです。(家庭用ですね。)

 

一人暮らしなら贅沢に100g程度の美味しいコーヒーを選ぶのもいいと思います。

コーヒー豆を買うときのワンポイント

コーヒー豆を買う際にガチガチに密閉包装されているものは避けたほうが無難です。

ガス抜きされているため、鮮度が失われていることが多いです。

コーヒー豆は生鮮食品なので鮮度は命です。

 

コーヒー豆を買ったあと行いたい保管方法とは

コーヒー豆は買ったら早めに使うべきということはお伝えしましたが、どうしても使い切れなかったり、そもそも使い切るまでの間どう保存すれば良いのか。

といったことが疑問になると思います。

1~2周間程度で使い切れそうな場合と1ヶ月以上かかってしまいそうな場合と2パターンについて解説していきます。

 

1~2周間以内で使い切れる場合

1~2周間以内でコーヒー豆を使い切れそうな場合は、密閉したうえで乾燥した暗所で保存しましょう。

コーヒー豆の天敵は酸素・熱・光・湿気・強い臭いです。

そのため、これらを避けて保管する必要があるからです。

 

冷蔵庫で保管を考えている方も多いとは思いますが、湿気や食品などの強い臭いが考えられますので家庭では避けた方が無難です。

また、コーヒー豆には消臭効果がありますので、冷蔵庫以外でも強い臭いがあるものの近くには置かないでください。

合わせて抑えておきたいのですが、コーヒー豆をミルなどで粉状にした場合は劣化が豆よりも早くすすみますので、なるべく飲むタイミングに粉状にするようにしましょう。

 

1ヶ月以上の長期保管をする場合

長期保管する場合はアルミパックなどに入れて密閉し、冷凍しましょう。

生鮮食品を長持ちさせるには冷凍するしかないですよね。ただし、解凍したコーヒー豆は急激に劣化していきますので、使う分だけ解凍するようにしてすぐに使ってしまうよう心がけてください。

 

コーヒー豆ももともとはコーヒーノキに成る果実です。

果実を洗浄・乾燥させて、焙煎したものがコーヒー豆ですから、生ものとイメージしていただくと良いと思います。

 

 

使いきれないよって方はカプセル式もおすすめです。

本記事のまとめ

このページでは以下の内容について解説しました。

1杯あたり何グラムのコーヒー豆を使うのか。
一人暮らしなら何グラム入りのコーヒー豆を買うべきか。

 

コーヒー1杯あたり10g程度のコーヒー豆を使用するので、一人暮らしの方は100g~200gくらい入りのコーヒー豆を買うのが最適解です。

 

また、保管方法について

1~2週間以内で使い切れる場合・・・すぐに使い切れそうであれば密閉して暗く乾燥したところで保存すべき
1ヶ月以上の長期保管をする場合・・・冷凍するのが良い

ということでした。

参考にしてみてください。

 

【忙しい一人暮らしにおすすめ】何よりも簡単に、しかも安く美味しいコーヒーを飲む方法とは?

バリスタネコ
美味しいコーヒーを自宅や職場で簡単に飲むことができればとお悩みではありませんか?
または、インスタントや安いドリップバッグコーヒーなどのまずいコーヒーで困っていませんか?
もっと美味しいコーヒーを飲みたい人
できれば美味しいコーヒーを毎日飲めれば最高だけど・・・
私は一人暮らで仕事も忙しいから、片付けとか面倒なことは嫌。だから仕方なくインスタントコーヒーを飲んでいます。
私も以前はハンドドリップで淹れていたけど、仕事が忙しくて今は・・・
しかし、美味しいコーヒーを飲むことはできていますよ。
せっかくここまで読んでいただいたのでご紹介しますね。
Name
多少高くても美味しいコーヒーが簡単に飲めるようにしたいです。よろしくおねがいします。

 

コーヒーって1日何杯も飲むものですから、毎回淹れる時間と手間がかかるのは不便で避けたいですよね。

特に朝に飲むことが多いですよね。忙しい朝にすぐできる美味しいコーヒーがあればとてもありがたくないですか?

 

また、美味しいコーヒーを飲むために立派なコーヒーメーカーを買っても、毎日仕事で忙しいし、掃除やコーヒー豆を買ってくるのが面倒で使わなくなりそうって思ったりしませんか?

わたしもそうなのですが、特に一人暮らしだとコーヒー豆(粉)が美味しいうち(買ってから1週間程度)には使い切ることができないんですよね。

 

そんな「あなた」にぴったりのコーヒーマシンがあります。
それが、ネスカフェドルチェグストなんです。

ドルチェグストなら上記の問題をすべて解決できてしまうんです。

このコーヒーマシンは専用カプセルをセットするだけの「カプセル式マシン」なので、素早く簡単に美味しいコーヒーが飲めちゃうんです。

面倒なマシンの掃除やコーヒー豆の管理、豆を挽いたりする動作も一切なしの簡単仕様。
専用カプセルはコーヒーを含み20種類以上あり、あなたにあった味わいのコーヒーを選ぶことができます。

また、ブラックコーヒーはすべてレギュラーコーヒー(コーヒー粉を使っている、インスタントではないコーヒーのこと)で、素人が下手に自分で淹れるコーヒーよりずっと美味しいんですよ。

ドルチェグストのリッチブレンドは元コーヒー店員の私が自分で淹れるより美味しいです。

 

そんなネスカフェドルチェグストですが、公式価格13000円と結構お高め・・・
しかし今なら、1日1杯以上コーヒーを飲む方ならなんとタダで手に入れることができるんです。


安いコーヒーメーカーは多々あれど、無料で手に入るものはないですよね。
マシンをタダで手に入れる条件は毎日1杯分のコーヒーカプセルを定期購入するだけ、しかも一般価格より安く買えるんです。
定期購入と聞くと不安になる方もいるかも知れませんが、電話1本でいつでも解約可能。
そのため、まずはお試しといった使い方もコーヒーマシンを買わずに出来てしまうんです。

 

しかも今なら、2000円相当のラテグラスがタダでもらえるので、始めるには一番いい時期だと思いますよ。